--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年10月16日 (月) | 編集 |
ああ、気づけば2月から放置…(^^;)

自分のブログを書かないだけでなく、仲良くしていただいていたみなさんのブログも読んでない。。。
皆様、お元気でしょうか?(笑)

去年は11月にオーストラリアへ。
ええ、ルルーの初海外。
出発の1ヶ月以上前から、ママ友の間で話題になるほどナーバスになったワタシ。
でも、大成功でした。
ええ、満喫しました。

で!!!
今年は、ハワイへ行くことに。
6月に調べまくって、おそらく当時の底値で申込み♥
やっぱり11月は安い。

「底値」なので、「航空会社未定」のまま。
出発の2週間前に案内が来るらしく、それまでは、一体何航空なのか、出発時刻が何時なのか不明という…(^^;)
安いってことは…安いってことは…チャイナエアかLCCかなあ…?

きっと、小学生時代の海外旅行はこれが最後。
たのしい思い出をつくりたい!

一度行ったから慣れたはずの「親子DE海外」
オーストラリア以上に日本人がいっぱいで、ひょっとしたら日本語が通じちゃって英語も必要ないんじゃ?と思う「ハワイ」
なのに、やっぱりまたナーバスになってきまして…。

バクバクバク(←心臓の音)

とりあえず、インフルエンザにかかる、とかだけは避けたい(><)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2017年02月03日 (金) | 編集 |
今日は合格発表の日。
結果から言うと、落ちました(T_T)

リーディング 23点、 リスニング 27点、ライティング・・・4点

ルルーは、自分ではライティングもそこそこ書けたと思っていたので、
ワタシがどれだけ「危ないよ」と言っても、もう受かったつもりでいた。

受験番号を書いてきていなかったので、ネットでは調べられず、
ルルーを英語学童に連れて行ったところで、試験を受けさせてもらったスクールへ電話。

まさかの結果に、涙がこぼれ落ち、目が真っ赤に。
それでも、涙を拭って学童へ向かっていったルルーに、精神的な成長を感じました。
(てっきり、「今日は行かない」って言い出すかと思っていたので)

タイトルの「大きな勘違い」って何かというと…
本編を書いた時に、「1週間前までライティングは捨てるつもりでいた」と書いた時点で、「え?」と思ったあなた!
(急に呼びかけてみる。笑)

そうです。

ワタシ、配点方式がこんなに変わっているとは知らなかったのでした。

てっきり、「2級にライティングが入る」=「(これまでの)準1と同じ」かと。
つまり、ライティングの配点は、全体の1割で、合格ラインは「65%の点数」なのかと。

なので、我が家の戦略的には「ライティングが0点でも、リーディングとリスニングで点を稼ぎ、合格する」
だったのでした(^^;)

ちゃんと事前に調べろって?? い、いや・・・そういうところ、適当な性格でして・・・(;^^A

教室からルルーの答案(問題用紙)をもらってきて、
自己採点して、
英検のHPを見て、
「合格点」が発表されていないことに気づき…

そこで初めて、リーディングと リスニングと ライティング の配点が「3分の1ずつ」であることを知り、顔面蒼白なワタシ。
しかも、点数じゃないのねっ? スコア判定なのねっ?

Σ(゚д゚lll) ガーーーーン ←こんな感じ。

ルルーのライティングのグダグダさを知っているだけに、「ダメだー」とママ友たちにLINE。

それでも、実はワタシも、ギリギリいけるんじゃないか?なんて思ってた。
戦術をさずけたしねっ♡
それに・・・、先日ルルーが、ダンナの書いた日本語を英語に翻訳していて、それを見たら、「これだけ書けるならいけるんじゃないか?」と。(←この件についてはまた後日)

ところがどっこい! まさかの4点 _| ̄|○
いやあ、これにはワタシもビックリ。

「そもそも、ワタシが授けたライティングの戦術が間違っていたのかも?」と思っていたところに、
同じ戦術を伝えたママ友から、「ライティングのスコアが一番よかった。Cassisさんありがとう♡」のLINEが来た。

ってことはやっぱり、ルルーのライティングがダメだったんだー( ̄_ ̄)

何を書いてきたのかって、もらえないんだよね??
ルルーは下書きしてないし、何が原因での4点なのか、謎のまま。

今のこの英検のシステムだと、ちょっと書ければ受かるはずなんだけど、
ライティングが鬼門のルルーには、相当厳しいわー(=_=)

ルルー、受かる気でいたから、周りの人にもガンガン「受けてきた」って、もう受かったかのような言い方してたので、辛いだろうな。
仕方ないけど(苦笑)

自信をなくさないといいけどなあ・・・

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2017年01月25日 (水) | 編集 |
すっかり洋書を読まなくなって、早1年余り。
英語学童へ行けば、何かしら目にしてはいるだろうけれど、それはあくまでも「リーディング素材」としてのプリント。
楽しむために読む本とは話が違う。

Graded readers (レベル分けされている本)はもう読まない、というので整理した時に、「一度も読んでいない本」があまりにも多く、そのまま捨てるのは惜しくて、「Mouse soup」「Mouse Tale」「Owl at home」あたりを一気に読んだけれど、
チャプターブック系はまったく見向きもしない。
しかも、ワタシがインターナショナルスクールのバザーでせっせと買っていた「Rainbow Magic」シリーズを
「あっても、きっと読むことはないから捨てていいよ」と言う。
せめて1回読んでくれーーーー(号泣)

そんなわけで一時期、まったく本は買わず、ワタシは「自分が欲しい絵本」に走った。
これなら、ルルーが読まなくても平気。 だって、ワタシのだもん♡


かと思えば、突然 「Wonderが読みたい!」と言い出す。
いや・・・それはちょっと・・・。
Amazonで中身を見せても、「読みたい」と言い張るので買ってみた。
数ページ読んでやめていた。
だろうね。
「読む」という習慣がなくなってからのルルーは、本を読むことへの忍耐力が低い。

先日、用があって久しぶりに、紀伊国屋新宿南店へ行った。
ああ~、たのしい~♡ ずっとここにいたい♡

そこで、3冊購入。


1つは、見た目は辞典だけれど、中身はマンガ。 ときおり写真やイラストが。
残念ながらアマゾンに取り扱いなし。 紀伊国屋には沢山置いてあったけどなー。

2冊目は、なんか可愛かったから~。こちらも、アマゾンでは中古かKindle
中身検索は見られます(^^)

問題は、本をどうやって読ませるかということなのだけれど、「読め」とは言いたくないし、かといって、そこらへんに置いておいてもルルーがページを開くことはない。

そうだ! 「読ませる」ことは諦めて、一緒に読もう。

というわけで、今、これ↓を寝る前に読み聞かせ。

全部一気に読んでほしいルルー。
疲れるから、チャプター3つ分くらいしか読めないワタシ。
字が大きいから、文章量は少ないけど、きっとそれがいいんだろう・・・
(Amazonの中身検索で見られます)

ものすごく気に入っているから、このシリーズで追加購入決定~♡

昔のワタシは、「ルルーが小2になったら、どんどんチャプターブックを読んでいるだろう」と信じて疑わなかった。
いやあ・・・読まないじゃん(><)
今後のこともあるし、なんとか多読の習慣をつけたいんだけどな~

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2017年01月24日 (火) | 編集 |
英検の受け方って、人それぞれだと思う。

現状の力を試すためだったり、受験で有利になる可能性があるからだったり、マンネリ化している毎日に刺激を与えるためだったり。
だから、満点を目指す受け方もあるし、ギリギリでいいんだ!という受け方もあるし。
なんの準備もせずにポンと受ける受け方もあるし、問題の傾向を調べた上で、対策をしまくって受ける受け方もある、と思う。

え? まわりくどい?? いいわけがましい??

いいんです!! 今回は、「対策」をしてみました!!

ルルーの問題は、1にも2にもライティング!
ああ、並び替え問題の方がよかった(;_;) しくしく

英検どうのこうのはまだ考えていなかった2016年の秋。
ルルーはまだ、「単語と単語の間にスペースがあけられない問題」を抱えていた。
久しぶりにルルーの書いているものを見て、愕然とするワタシ。
強攻策を伝授。

「ルルー。1個単語を書いたら、その後ろに小指を置いて、その小指の横に次の単語を書いて?」

そんな状態でのライティング。
ピリオドも、50%くらいの確率で忘れる。。。ををゥ。

そんなわけで、ライティングに関しては「捨てるつもり」でいた。

が!! 英検を週末に控えた月曜日。 念のため~と過去問を読んでみた。

2016年第1回と第2回は、出題の仕方が同じ。
「最近の傾向に関して述べたあと、今後どうなると思うか(増えると思うのか)」という聞き方。

ざっくり書くと、
「カジュアルな服装での出社を認める会社がある。 より多くの会社が認めるようになると思うか」
「農薬を使わずに野菜を育てる農家がいる。 そういうやり方の農家が増えると思うか」

求められているのは、「自分の意見」と「理由付け2つ」、「目安となる語数が80~100」

急遽、「英検2級、ライティング、対策」でネット検索。
すると、個人の英語教室の先生がテンプレート的なものを提示しているのが簡単に見つかった。

それを見て、ルルーにがっつり指示。

Some farmers grow fruits and vegetables without using chemicals.
Do you think more farmers grow fruits and vegetables in this way?

 ↓
I think that more farmers will grow fruits and vegetables without using chemicals.
First, because ~~(理由1).
Second, because ~~(理由2).
For these two reasons, I think that ~~~(1文目を丸写しせよ).

本来ならば、表現は繰り返しでない方がいい。
でも、ルルーの場合、
「0点を避け、基礎点の何点かでいいからもらう!スペルミスによる減点を回避」
が目的なので、これで十分。

しかしここで問題が。
without using chemicals. と言われても、chemicals が農薬だとつながるのは大人であって、都会暮らしの小2の子供には、なんのことやらピンと来ないらしい。
だって、農薬散布なんて見たことないしね。 ママ(=ワタシ)も「無農薬野菜」にこだわって買い物したりしないしね。

問題がよく理解できない中での理由付けは苦しい。

そこでさらに追加指示。
ライティング問題の下に、理由付けの参考として、3つのPoints(ヒント的なもの)が書かれている。
使っても使わなくてもいいものだけれど、子供には助かるはず。

「理由のところは、書けると思ったら、好きに書いていいよ。でも、よくわかんない、と思ったら、Points の欄に書いてあるものを見て。」

 Points 「●Cost ●Health ●The environment」

それを見て、ルルーが書いたのが、
「Because It's good for our health.」 「Because It's good for the environment.」

うんうん。それでいい。

第1回(出社時の服装)のPoints は、「●Buisiness culture ●Comfort ●Fashion」

そこから、「comfortable」と「Fashionable」という単語を導ければそれでいい。
なんといっても「論理性は問われない」のだから、それでいいの。ルルーはね(笑)
  (注* 今サイトを読み返したら、論理性が問われないわけではなく、それにこだわると書けなくなるからこだわりすぎるな、という話でした)

「80語~100語」に関しては、我が家は完全に無視作戦。
当てはまっていないと「減点1」らしいけれど、そんなの構わない。
長々と書いたら、スペルミスだけであっという間に点数がなくなるレベルだから(^^;)

本来ならば、理由付けの自由作文部分こそが、評価の対象となる部分なのだろうけれど、そこでの点数が狙えるのは、もっと思考力のある子、物知りな子、スペリングのしっかりしている子だと思う。

because のスペルを4回とも「beause」と書き、ワタシに「クッ!(phonics の k)」と言われたルルー。
「しょっしゅう、ビーコーズ(beacause) って書いちゃうんだよね~」と会場に向かう車の中で言っていたルルー。
練習をさせた水曜日、見事に全てのピリオドを書き忘れたルルー。

車の中で、「Firstのあと、コンマね!Secondのあともコンマね!! For these reasons のあともコンマね!」とうるさいワタシ。

「意見、理由1、理由2、結論」という形式が追えていれば、基礎点の何点かはもらえる、という意見を信じてみました。

で、当日。
試験後のルルーいわく、「増えるかどうか、っていう聞き方じゃなかったから、ママの言っていたmore ~は使えなかった」のだとか。
「自分なりに書いてみた」と言っていたので褒めたけれど、ルルーの「自分なりに」が吉と出るか凶と出るか(^^;)
ちゃんとピリオド打てたかなあ・・・( ̄_ ̄;)?

今回、土曜日受験は「洋画は英語学習に役立つか」で、日曜日受験は「ボランティアをする人が増えると思うか」だったらしい。
子供たちにとっては、テーマ的には土曜日の方が書きやすかっただろうな~。
でも、ボランティアだったら、練習したテンプレート通りに書けたから、我が家的にはどっちが良かったのか微妙だな~。

<参考にしたサイト>
① ESL club
② 英作文が苦手でも、20分で合格エッセイが書ける英検ライティング対策

【追記】今、上記②の最新記事を見たら、土曜日受験では、もう一つ「プロスポーツ選手がもっと日本でプレイするか」という出題もあったそうです。なんで、土曜日に2種類あるんだろう・・・?

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2017年01月23日 (月) | 編集 |
本編を書かずに、いきなり余談から始めるって何なんだ?!という気がしないでもないけれど、書きたいので書きます(^^;)

子供が英検を受けるときの大敵、それは睡魔。

午前中はいいけれど、午後の受験になると、お昼ご飯を食べた直後でもれなく眠くなるルルー。
そして、うちの場合、もうひとつの問題は、「トイレがそこそこ近い」ということ。

お昼ご飯のあとに、サブレを食べ始めたダンナとワタシ。
ルルーが「いい?」と言って手を伸ばす。

ワタシ 「ルルーは1個まで!トイレに行きたくなっちゃうといけないでしょ?」
ルルー 「大丈夫。テストのときでも行けるよ。準2のとき、途中でトイレ行ったもん」
ワタシ 「リスニングのときにトイレに行きたくなっちゃうかもしれないじゃん」
ルルー 「え~?」
ワタシ 「それに、きっと今回は、そんな時間の余裕はないよ」(←断言)

不満顔のルルー。 2個目は絶対に渡さないワタシ。

テストの終了時刻に案内ミスがあったようで、迎えに行ったら、すでにルルーは寒空の下、不安げな顔で待っていた。
ごめんよー(;_;)

ワタシ 「どう?眠くなっちゃった?」
ルルー 「大丈夫」
ワタシ 「お腹痛くならなかった?トイレは?」
ルルー 「うーん」

な、なに?その反応。

ルルー 「トイレに行きたかったけど、行けなかったの」
ワタシ 「お腹いたいの?大丈夫?」
ルルー 「あのね、リスニングの途中で、オナラが出そうになって。 オナラするならトイレかな、って思ったんだけど・・・」

( ̄□ ̄;) おなら・・・

ワタシ 「そんなの、出しちゃえばいいのに! 後ろの子は、ちょっと臭くてかわいそうかもしれないけど!」

今思うと、我ながらヒドイ(^^;)
逆の立場で、リスニング中に、前の席の子がオナラをプーっと出して、自分ちの子が集中できなくなったら、腹が立つけど(爆)

ルルー 「うしろには誰もいなかったの」
ワタシ 「じゃあ、出しちゃえばよかったじゃん! ルルーはいつも快便でお腹は元気だから、きっと臭くないよ。大丈夫!」

なんの励ましだ・・・

ルルー 「あのね、実はちょっと出しちゃったの。でも音はしなかったよ」

と、「すかしっ屁」報告。
リスニング中だもん。音がならなくてよかったね♡

土曜日受験なので、回答は持ち帰れず、会場となった某スクール側の事情で、ルルーの問題用紙を受け取れるのは明日以降。
おならと戦いながらのリスニング・・・気になります(=_=;)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。