--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年12月16日 (金) | 編集 |
今日は、来週のクリスマスパーティー用のプレゼントを探しに行ってきた。
予算「700円程度」
男子・女子どちらでもOKのものを探すのはなかなか難しい~。
で、探しているうちに、去年のことを思い出して、心が弱ってしまったワタシ。

トーンが暗めです  (-_-;) スミマセン

--------------------------------------------------------
プリスクールのクリスマスパーティーは、きっと他のスクールや幼稚園、保育園でのパーティーより熱量が高い。
他のプリのことは知らないので、「うちの」という注釈付きだけど。

初めてのクリスマスパーティーのとき。
ルルーは3才。
先生が「ドレスを着たかったら着て来てもいいよ~」というので、女の子はドレスアップ♡
その当時、コストコなら2,000円以下でドレスが買えたしね。

「子供たちのプレゼント交換用に」と指定された予算は500円(当時)。
Amazonのセールで、英語のクリスマス絵本とちょっとしたシール付きワークブックを買った。
ルルーがもらってきたのは、かわいい光る歯ブラシ。
外国の雑貨らしく、ブラシがデカかったけれど、大喜びで使っていた。

「わーっ」の声が大きい時もあれば、「わ~」と小さい時もある(笑)。
それは仕方のないことだけれど、「ものをいただいたときは、ちゃんと喜ぼうね」と言い聞かせたし、ルルーもそんな感じだった。

ワタシがプレゼントを探しに行くときに、一緒についてきて、一緒に「どれがいいかなあ」と悩んでいたから、買う側の気持ちも感じてたんだと思う。
「これは、ルルーにはちょっと・・・(子供っぽい)なんだけど、P2(年少)くらいのイメージで買ったのかもね~。うん、でも、可愛いよね」とか、
「ルルーのは誰のところに行ったかなあ。気に入ってくれたかなあ?」と言っていた。

ママたちも、限られた予算で子供が喜ぶものを、と思うから、プレゼント探しは毎年頭を悩ませていた。
途中から予算700~750円くらいになったけれど、それでもその金額でいいものを買うのは難しい。

でも、ママたちのノリが、
「結構予算オーバーしたけれど、喜んで欲しいからこっちにした」とか、
「アマゾンで通常750円のを500円で買えたから、まだあと2~300円くらい何か買ってあげられる」という感じで、
よりいいものを!という雰囲気だった。

もちろん、忙しかったり、そこまでの熱量がないママもいるだろうし、いただろうけれど、少なくともワタシの周りはずっとそういう雰囲気だった。

で、ルルーはというと・・・どっちかというと、熱量の低いママさんが買ったものが当たることが多くて(爆)、
「ちょっぴりがっかりだけれど、でも喜ばなきゃ。わーい。」という感じが続いた。

で、一昨年。。。
「100均で買ったものが6個」だった。
残念顔のルルーは、残念な顔をしたらワタシに叱られるとでも思ったのか、「このえんぴつ、かわいい。使おう」と言っていた。

ワタシはというと、ここで初めて、世間はそんなものなのか、と気づく。

毎年ドレスアップして、毎年、「喜んでもらえるプレゼントを!」と、うんうん言いながら選んでいたから、「プレゼント選びに時間をかけて、ちょっとくらい予算オーバーしても、もらった子が喜んでくれればOK!」というのが、いわゆる「普通」で、「一般的」で、なんなら「常識だ」くらいに思っていた。

でも、「幼稚園」として通っていて、自分の子以外の子どものこともよく知っている親と、習い事の一つとして週1回だけ来ている子の親とでは、熱量も違うだろうし、ひょっとしたら、プリスクーラーの親でも、他の子に興味のない人もいるのかもしれないね。

「500円じゃいいものが買えないよ!」と予算アップをお願いしたのは、仲のよかったプリのママ友たちなのだけれど、
ただの習い事の一つに過ぎない人にとっては、クリスマス会のプレゼント交換の予算700円って「多すぎる」と思うのかもしれない。

不満に思っちゃいけないな。
人それぞれだし。

で、去年。
クリスマスパーティーの帰り、ルルーは割と大きめの袋を持っていた。
家に着いたけれど、車の後部座席に座っていたルルーが、ここで袋を開けてもいいかと聞いてきた。

ワタシ  「いいよー」
ルルー 「なんだろう~? わくわくする~♪」

そう言ったまま、何も声がしなくなった。
振り返ると、目に涙をためて、こぼれるのを必死でこらえているルルー。

ワタシ  「どうしたの?」
ルルー 「That's not what I expected...」

目からはポロポロと涙がこぼれ落ちていった。
袋の中に入っていたものは、スーパーでよく売られている、お徳用サイズのチョコ、クッキー、パイ。
それぞれが200円~250円くらいだろうから、スクールの指定する予算から外れているわけじゃない。

でも、ルルーは傷ついてしまった。
人から、ぞんざいに扱われた気分になってしまったらしい。

ルルー 「クリスマスなのに。。。ルルーのことを思ってくれなかったのかな・・・」

違うよ。そうじゃないよ。 プレゼント交換だから、誰のところにくるか分からなかったよ。

そんなことを言っても、届かなかった。
「喜んでもらえるかな?」っていう贈り手の気持ちが欲しかったんだと思う。

こんなとき、「げー!なにこれ~!うれしくないー!」とか悪態をつけるタイプだったら良かったんだろうけれど。

そして、それはワタシも同じことで、傷ついて泣くルルーを見て、気持ちに共感して泣いてしまった。

こんなとき、「なに泣いてんのー。世間なんてそんなものだって~。食べられるからいいじゃん!」と笑い飛ばせる親だったらよかったのに。。。

-------------------------------------

プレゼントを探しながら、「去年みたいな悲しいことにならないといいけどなあ・・・」なんて思っていたら、落ち込んでしまって、お店で涙がポロリ、という、情緒不安定なワタシ(苦笑)

今年は小学校2年目。
温室ぐらしだったルルーも、色んな価値観の「世間」に揉まれて早2年。
今年は、もっと強くなってるかも。
もし、去年と同じくらいガッカリのプレゼントをもらったら、悪態をついても、そのほうがマシだ!許しちゃおう!

で、肝心の「ルルーが持っていく用」のプレゼントは、いまだ決められず。
子供が喜びそうなプレゼントってなんだーーーっ? ワタシ、プレゼントのセンスないからなあ・・・。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年09月27日 (火) | 編集 |
オーストラリアへ行くことになり、
ルルーは浮かれて「少しは出発に近づいたかな?」と数時間ごとに聞き、
ワタシも浮かれて、ビデオカメラを買い直したりしちゃったこの2日間。

ふと、大事なことを思い出した。
それは、ルルーの目のこと。
「0.3」 宣告を受け、それでもメガネを作るのではなく、視力回復トレーニングを選んだのは、
「成長期にメガネをかけると、眼球が前後に伸びて、ますます視力低下に拍車がかかり、強度近視になってしまう」という記事をいくつか読んだから。

ところが。。。3日坊主なワタシと3日坊主なルルー。
しかも、「ちゃんとやらないと!」って言われることで嫌になってしまい、ほんのちょっとのトレーニングが続かない。

多分、効果が出ないから、余計にね。。。

学校では1番前の席にしてもらっているから黒板は見えるらしい。
それ以外の生活では、ルルーは、徐々に悪くなっていった目で暮らしてきたので違和感を感じないから、特に不自由があるとは思っていない様子。

それにつられて、日頃はワタシもルルーの目のことを忘れがちだった。

一緒に何かをするときにだけ、急に思い出す。
映画館に着いてから、「あ、ルルー、この席で見える?」とか、
「ヤングアメリカンズの踊り、見えてる?」とか、「学校体験会での黒板の文字は見えた?」とか。。。

で、気づいた。
ルルーは、飛行機の窓から下の町並みを見ても、ボヤ~っとして何もわからない。
オーストラリアについて、遠くにある何かに気づかせてあげたくてもわからない。

ワクワクが、しゅーんと萎んでいった。
ダンス(YTJ)をやっているので、できればメガネでなく裸眼で過ごさせてあげたい。

そんなときに、本屋で立ち読みしたAERA Kids だか、日経の何かだったか、教育系の雑誌に、小学生の視力矯正の方法の一つとして「オルソケラトロジー」のことが載っていたのを目にした。
以前、ダンナがやっていた「オルソケラトロジー」
夜中に矯正用コンタクトを装着して寝ると、日中は裸眼で過ごせるというもの。

ダンナがやっていた頃は六本木にしか病院がなかったのに、今では、結構あちこちでやっている。

小学生への処方実績のある病院を探して、昨日行ってきた。

すると、「ちょうど今、治験をやっていて、そちらに参加することもできます」とのこと。
対象が、「8~12歳で、オルソケラトロジーをやる子」
治験の内容は、「視力低下を遅らせることに効果があると言われている点眼薬と併用をしたとき、効果が『相”乗”効果』になるか、『相”加”効果』になるか」というもので、参加者を「併用組」と「併用しない組」に分けるので(スクラッチくじ)、参加しても、併用しない組になったら、オルソケラトロジーのみ、ということに。

仮に併用する組になった場合も、併用することで、視力低下に促進がかかるようなことはないようなので、治験に参加することにした。
国からの研究助成金の一部が治験参加者に還元されるから、費用的にも助かる。。。

10月上旬に、夜間矯正用コンタクトレンズの装着テストをして、うまくいけばそのまま開始。
不器用な小2でハードコンタクトの装着ができるようになるのかっていうのが心配だけれど、よく見える状態で、過ごさせてあげたい。

こっちが一段落したら、次は、歯の矯正!
だーーーーっ(><) 次から次へ、色々とっ!!
がんばれ、ルルー! がんばれ、ワタシ(笑)!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ 
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年09月24日 (土) | 編集 |
この3年くらい、ずーーーーっと、「外国へ行きたい」と言っていたルルー。
「外国メモリー」とかいう袋を作り、猛アピール。

毎年、6月頃に旅行会社のHPを見ては、「高い、高いよー(><)」と、諦めてきたワタシ。

ついに!ついに! 実現に向け、動き出した♡ 
昨夜、ワタシの指が、申し込みボタンをポチっと・・・(^^;)

11月って、底値なんだよね~、ということで、学校休ませてでも行くことに決定♪

ルルーの初海外は、オーストラリア。
時差1時間だから、子供の体内リズムが崩れないし、夜のフライトで寝て、朝現地に着くからムダがない。

ルルーは「8時間・・・酔っちゃうかも」と心配そうだけれど、きっと大丈夫。眠いから(笑)

っていうか、ワタシ・・・外国へ行くの10年ぶり!

・・・と、ここまでは陽気に書いたものの、実はワタシ、すでにかなりナーバス。
外国・・・苦手なので (T_T)

ワタシ自身は、高校のときに1ヶ月アメリカ、大学のときに1年3ヶ月フランス+ちょこちょことヨーロッパ旅行、卒業旅行で3週間ヨーロッパ、大学院のときは、文献を探しに、ちょくちょくフランスへ。

だけど、だけど・・・外国苦手だし、外国の方も苦手で・・・石のように固まってしまう。
「Elle est treeeeeeeees timide ! (仏語)」(=She is sooooooooooo shy !) と言われる始末。

そんなワタシが、ルルーが生まれてからは頑張った。
同じような感じになってほしくなかったから。
「英語なんて、みんな話せるのよ♡ 世界では、何ヶ国語も話せるのが普通なの♡ 地球は狭いの。外国なんてすぐそこよ♡」
というスタンスで接してきた。

地球儀をクルクルと回し、色々な国に興味を持ってもらおう、「楽しそう!」って思ってもらおうとしてきた。

外国に興味津々のルルー。
体験させてあげたいワタシ。

あああああ。。。自分の首がしまる。 ぐえーっ(><)

旅行の間、ペットホテルに預けられることになる愛犬が、「捨てられたの?」って悲しむんじゃないか、とか想像して、涙がポロリ。

申し込んでからまだ24時間しか経ってないのに、もうヘロヘロ (;□;)
ダンナが半笑いで、「じゃあ、やめる?」とか言ってるし。
やめませんっ! くーっ (><)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ 
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年09月18日 (日) | 編集 |
勇気を出して挑んだオンラインレッスン(の、トライアル)

その後どうなったか、というと・・・

勇気が出せず、1度もやらないまま、無料体験7日間の最終日。
あきらめて、「退会」
勇気を出して踏み出したはずの一歩ですが、速攻で引っ込めてしまいました(^^;)

そんなこととは知らないルルー。

「ママ、英語のレッスンは?やらないの?」としつこく聞いてくる。

ワタシ  「もうやめたの」
ルルー 「えっ! じゃあ、どうするの?」
ワタシ  「うーん(-_-;)」
ルルー 「ママ、英語は全然出来ないの?」
ワタシ  「No~! I'm good at reading .」
ルルー 「読めるけど話せないの?」
ワタシ  「うん」
ルルー 「じゃあ、問題を出してあげるから英語にしてみてね」

ルルー 「かき氷」
ワタシ  「うーん、うーん。 Crashed ice!」
ルルー 「No~! Snow cone!」

ルルー 「ワタシはかき氷を食べたい」

( ̄□ ̄) なめてんのかっ! ふんっ! そのくらい、答えられるのさっ!

ルルー 「ワタシは、前はよく馬に乗っていました」

( ̄□ ̄) うげっ。 ってか、ワタシその例文を使うことあるだろうか・・・

乗っていました? 過去の習慣? フランス語なら「半過去形」だろうか?
英語は? えーっと? 過去完了??
ride, rode ・・・えーっと、過去分詞が分からない。 rode ?

ワタシ 「あ、I had rode a horse, before ・・・?」

はあ? みたいな呆れ顔のルルー。

ルルー 「I used to ride a horse.」

ああ~っ! なるほどね(^^;)

と、そんなことをしていたから、切っていたピーマンが一切れ、床に落ち、それを犬(ココア)がかっさらっていった。

ワタシ  「ああっ!! Cocoa stole a piece of ・・・うーん、うーん、ピーマン!(←英語っぽく発音)」

ルルー 「What? Pee-man?! A man is peeing in our house?!」

ゲラゲラと大笑いのルルー。
完全にバカにされた形のワタシ。

なんだっけー、なんだっけー(><) と頭を抱えていたら、おもむろに
「Pepper !」 と教えてくれた。 ああ!そうそう、そうでした。

そのあと帰宅したダンナに、
「パパ!さっきママと英語で話していたら、ママがピーマンのことを pee man って言って~。(≧∀≦)ケラケラケラ」

当然、何がどう面白いのか全くわからないダンナ。

「peeはオシッコのことだから、ママはピーマンのことを『オシッコ男』って言った、ってことだよ~。 A peeing man ~!ゲラゲラゲラ」

ルルーは、ちょうど、アフタースクールの宿題をやっていたみたいで、プリントを見ながら、
「benefit」を使って文を作れだの、「ワタシは銀行に借金がいっぱいある」を英語にしろだの言われながらの30分。

疲れた・・・( ̄_ ̄)

単語はワタシの方がいっぱい知っているはずなのに、文章は作れない。
なんかこう・・・慣用表現をいっぱい覚えるとかがいいんだろうか?? 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年08月30日 (火) | 編集 |
ずーっと、ずーっと、やりたいと思いながら挑戦できなかったオンラインレッスン。
勇気を出して、挑戦してみました!

誰が? って・・・ワタシが(爆)

「Native camp」というところが、8月中にトライアルに申し込むと7日間無料で試せる、っていうので。
予約いらないし、スカイプじゃなくていいし、とりあえずは無料だし♪

申し込んだはいいものの・・・勇気が出ず、なかなか「いますぐレッスンする」のボタンを押せないワタシ。

隣でルルーがケタケタ笑っているから、余計に勇気がでない。

そのうち、
「ルルーだってね、ヤングアメリカンズに挑戦したときは緊張したよ?」とか、諭し始めたので、母のプライドにかけて、「このままじゃいかん!」とクリック!!

とりあえずよくわからないから、コースを選択せずに「自己紹介」というのを選んで、初レッスン。
テキストと先生が分割画面で映るので、やりやすかった~。

「What's your name?」とかをリピートしているときは、「何やってんだ、ワタシ」感が・・・(^^;)

でも、「漢字を読めるけど書けない」のと同じで、「小説とかで出ていれば理解できるけれど、自分が話す時のボキャブラリーには入っていない」単語や表現がいっぱいなので、超「初歩の初歩」のレッスンでも、へ~っと思うものも。

わたし、hang out with my friends とか知らなかったし。
(でも、あとで調べたらこれ、若者言葉なのね。 ワタシ、使わないほうがよいのでは・・・笑)

最後に時間が4分余ったので、フリートークをすることに。
フリートークって難しいわ~。 
「もっとあなた自身について教えてください」と(英語で)言われたので、何を話そうか、何も言葉が出ずに
「うーん、うーん」と唸っていたら、横からルルーがカットイン!

犬を紹介したり、「娘さんはよく英語を話すのね」と言われて、「小さい頃プリスクールに行っていて~」とか、ルルーのことを説明して、
「ゴスペルが好きです」→「クリスチャンなの?」→「いいえ」→「あら。なんでゴスペルが好きなの?」→「うーん、うーん」
でタイムアップ(笑)

はあ、疲れた。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。