2009年11月30日 (月) | 編集 |
昨日から、「ボンジュ~ル」とルルーに言われたあとに「ボンジュ~ル、サヴァ? (こんにちは~。元気?)」と聞くようにしていたら、「サヴァ(元気よ)」と返事が返ってくるように。」

今までは、咳き込んだり、むせたりしたときん、背中をトントン叩きながら
「大丈夫?/Are you OK?/Ca va?」という使い方をしていたので、何度か、「サヴァ?」と声をかけたら、「大丈夫?」と聞かれているのだと思ったらしく、むせる振りをしたりしていた。

突然、「Ca va」に、「大丈夫」の意味と「元気だよ」の意味があることが分かったのは・・・なぜだろう?
TrotroのDVDかな?


昨日「Ca va」に感動していたら、今日は、生まれて初めての「Merci」が!!

今までは、私が
「ありがとう/Thank you/Merci」をその時々で使っていたのだけれど、今日は初めてルルーから「Merci」と言われた。
嬉しくて、「De rien(どういたしまして)」ではなくて、私も「Merci」と答えてしまった。

小さい子供は「r」が発音できないので、「メーシー」と聞こえる。
メイシーちゃんの絵本も「メぃシー」という感じなので、音だけ聞くと聞き分けるのが難しいけれど、お礼のときは、「どうも~」みたいな感じでいつも「横に首をかしげる」ので、ルルーの様子をみないとね。


「ありがと」と「Merci」は出てきたけど、「Thank you」が出てこないなあー。
私が「Thank you」と言ったら、横に首をかしげるお礼のポーズをしているから、意味は分かってるんだけどなあ。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月30日 (月) | 編集 |
 かねてから、ダンナに「井原さんちの英語で子育て」の付属CDを渡し、「帰宅の電車の中で聞いてね。」とお願いしていた。

「井原さんちの・・・」のフレーズは、超簡単なものなので、慣れれば英語が苦手なダンナでもちょっとくらいは参加できるかも?と思ったから。

 が…、ダンナの英語がルルーには理解できないみたいで、テレビの真ん前にいたルルーに

ダンナ 「ルルー! Move back~」
ルルー 「・・・?」
ワタシ 「Move back~」
後ろに下がるルルー

そういうことが何度かあったので、どうも尻込みし始めている。

その反面、妙にフランス語に参加してきた。
「ルル~♪ ぱんたろ~ん」

(=_=) う~ん。 ズボンはねえ、発音的には「パンタロン」じゃなくて「ポンタロン」なんだけどなー。

ルルー「Nounours?(クマのぬいぐるみを探している)」
ダンナ「ノノー」

(=_=) う~ん。「ノノー」ではなくて「ヌヌ~ス」なんだけどなー。

英語の発音に関しては「ダンナの発音が悪くても絶対にそのことで文句は言わない」と心に誓ったワタシ。
が、フランス語に参加してこられると、黙っていられない。
発音が悪いとか、そういうことじゃなかろ?

ルルー 「chausettes!chausettes!」
ダンナ 「ショセットって何~?」
ワタシ 「靴下はかせて、ってさ。」
ダンナ 「ああ、靴下かー。 OK!ショセ~ット」

(=_=) う~ん。 英語で参加してよぅ。

はて。どうしたもんだろう・・・。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月29日 (日) | 編集 |
ルルーとクリスマスツリー01
 ルルーは今日で1才6ヶ月。 おめでとう! パチパチパチ!

そんなことはすっかり忘れて、昨日も今日も、庭のブロック塀にせっせとペンキを塗っていたダンナとワタシ。
あ!でも、クリスマスツリーを出したもんね♪

英語絵本はなかなか最後まで見ていられなかったルルー。
でも、「しかけ絵本で興味をひく作戦」に出たら大当たり。

 特に、この大きさが良かったみたいで、「メシー」と言って持ってくるように。
そしたら今日、しかけのない絵本(サークルで借りた)「メイシーちゃんののりものだいすき」を、持ってきて、楽しそうに最後まで聞いてた。
乗り物の音を真似するのが楽しいみたい。トラクターの「Chug chug」とか。

この間から、ぐるぐる回るのが楽しいらしく、「Turn around~♪」と歌うと、喜んで余計に回っている。
この歌、どこで聴いたんだっけ? Hot book?
「Turn around~♪」のあとに「Clap your hands♪」という歌詞があるのでそのまま歌ってみたら、手を叩いている。
おお~!
こういうのって、教えなくてもなんとなく分かるものなのね。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月27日 (金) | 編集 |
語りかけ、超さぼり気味。
なんだか機嫌の悪そうなときは、つい避けてしまう。

ここ最近で言えるようになった単語は、
Shake(英「振る」 シェイク)
Chapeau(仏「帽子」 シャポー)
Chausettes(仏「靴下」 ショセットゥ)
Chaussures(仏「靴」) ショシュール)

とここまで書いて、気が付いた!!!

どうやら今は「シュ」「シャ」「ショ」がマイブームなのね。
(ああ、発音記号で書ければ、全部同じなのに・・・)

それにしても、chapeauは、暑い日に帽子をかぶせるときに使っていたけれど、もう冬だから今は使っていない単語。
なのに、今日、寝室で自分の帽子を見つけたら
「ボーシ、ボーシ。シャポー」
と言っていた。
覚えていたのね? すごいわ~。

そういえば、On y va!(オニヴァ)が「ア、ミ、マ!」になっていたルルー。
最近は「オ、ニ、マ!」になってきた。 惜しい!!


そろそろ、スペイン語も少し・・・と思うのだけれど、英仏で手一杯なので、音入れだけにしたい。
が・・・音入れにちょうどいいようなCDがないよぅ(>_<)

どなたか、超子供向けのお話CDとか、「ろばのトコちゃん」レベルのスペイン語アニメをご存じないでしょうか~?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
ランキングに参加してます。応援のポチ、よろしくお願いします(^^)♪

ところで・・・最近、拍手ボタンを時々クリックしてくださる方がいる。
ありがたや~♪ 見つけると、ちょっと嬉しいの♪

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月26日 (木) | 編集 |
ヤバイです。

もともと、本を買わずにはいられないたちで、家にはどんどん本が増えていく。

ルルーに多言語育児を!と思い立った10月。
そりゃもうすごい勢いで、あれこれ買いましたとさ。

たとえば、3歳とか4歳の頃に使うと良さそうな本でも、「良さそうだ!」と思うと、「その頃(ルルーが3~4歳になる頃)にいざ買おうと思っても、絶版になったり、本のタイトルを忘れて探し出せなかったりしたら、見つけようとする労力が余計にかかる!」と思ってしまって、つい・・・。

今月のカードの引き落とし金額を見て、びっくりした。
本とDVDだけで、10万円近い。

アマゾンフランスで合計39点っていう買い物が5万円くらいになっていて、あとは、1回あたり5,000円~10,000円くらいの買い物が頻繁に。

家のローンが月10万円なのに、月に10万も本を買ってどうすんだ~!

というわけで、ちょっくら反省しましたが、また今月も、ちょこちょこ買っちゃってます。
1冊525円でも、塵も積もればなんとやら。
昨日また10,000円になっちゃって。。。

洋服なんて去年の冬は1着も買ってないというのに。ワタシの出費、超アンバランス。

こんなこと、続くわけない。
CPTだのORTだのを見て「高い!」とクリックできなかったというのに・・・。
買えちゃうじゃん!

ちょっと、本もDVDもフランス語に偏りすぎていたけど、ちょこっと英語のものが揃ってくるし、もう打ち止めだ。とりあえず、今月はやめよう。
ああ、でも欲しい本がいっぱい。いっぱい・・・。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月23日 (月) | 編集 |
つい先日まで「GO AWAY!」がマイブームだったルルー。

昨日から、ブームが「ボンジュ~ル」に移ったようで、ちょっと目が会うとすぐに「Bonjour!」と言ってくる。

私はそんなに何度もBonjour!と言ってない。
これは、TrotroのDVDの影響なのかな?
それとも、ダンナが冗談気味に「ぼんじゅ~」とか言ってたのが面白かったんだろうか?


それと、もう一つのブームが「Caillou」だ。

11月第1週に実家に帰省してから、何かと「じいじ」「ばあちゃん」と言うので、そのたびに
「じいじは名古屋」「ばあちゃんも名古屋」と言っていたのだけれど、一昨日あたりから、それと一緒に「Caillou」と言うようになった。

「Caillou」はカナダの子供向けアニメの主人公なので、
「Caillouはカナダ」と答えると、「(カナ)ダ!」と言ったり、まだちょっと何かを期待する顔をしたり。
期待しているときは、
「Caillou, c'est moi. Je m'appelle Caillou♪ (僕はカィユウ。僕の名前はカィユウです。)」という主題歌の一節を歌うと、満足顔に。

でも、CaillouのDVDが見たいわけじゃないらしく、
「Tu veux regarder le DVD de caillou? (カィユウのDVD見る?)」と聞くと、「Non」と言われる。
実際にかけてみても、「Caillou!」と言った後は、すぐに興味がなくなってるし。

Bonjour!とCaillou! ・・・ひょっとして、口を突き出すようにして発音する「ウ(ou)」の音が気に入ってるのかなあ??


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月22日 (日) | 編集 |
英語育児サークルで貸してくれているCDを、何日か前に久々にかけた。

「Go away big green monster ! Go away~♪」とかかりはじめたら、おっぱいを飲んでいたルルーが急に「Go away!」と参加。

 ハロウィン前のサークルのときにみんなで歌ったけれど、確かそのときはおっぱいを飲んでいて、みんなが「Go away!」とやっているのを横目で見ていただけだったのに。

 1回やっただけのことを、よく覚えているもんだなあ・・・。

で、それ以降、「Go away ブーム」がおきていて、突然「Go away!」と言い出す。
言われた私は、ルルーが心置きなく「Go away!」と言えるよう、例の歌を歌わなくてはならなくなるわけで・・・。

 ショッピングモールだろうが、トイレの中だろうが、お構いなしだ。
ショッピングモールのトイレの中で歌うのは、ちょっと恥ずかしいよぅ(;_;)


 今日は、ルルーと私がお風呂に入って、ダンナがルルーを pick up。
一足遅れて私がリビングに行くと、ルルーが絵本を手に待ち構えていた。


今日の昼間に、「Mommy is under the blanket!」とかいいながら、かくれんぼというか、「いないいないばあ」みたいなことをしたからかな?
2回読んだ。
フリップフラップが大きめでめくりやすいみたい。
アマゾンで調べたら、「Where is baby's・・・?」というシリーズで色々あるらしい。

ルルーは、以前から「belly button」という響きが気に入って、お風呂でも毎回おへそを指差しているので、「Where is baby's belly button ?」を買うことに。
そしたら、スペイン語バージョンがあるのを発見!
でもな~、belly buttonっていう音じゃないと喜ばないだろうし。残念!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月21日 (土) | 編集 |
お風呂には、100均で買った、魚とか網とかのおもちゃがある。
湯船で、すくって遊ぶときに、「Red fish, please!」とか、「Oh! Flat fish! I like it!」とかやっていた。

最近は、お風呂の中でもフランス語のことが多かったので、「jaune(黄色)」が言えるようになって、「bleu(青)」も確率30%、「vert(緑)」も確率10%くらいで真似するようになってきていた。

昨日と今日と、英語でやっていたら、「yellow」を真似するように。

色って覚えやすいんだね。

今日は、昼寝をしていたら、NHKの「えいごであそぼ」を見逃した。
「ああ、モッチ見られなかったね」と言ったら、「モ~ッチ・・・」と残念そうにしていて、かわいそうだったけれど可愛くて・・・(^^)

寝る前は、サークルで借りてきたMaisyちゃんの絵本を読んだ。


最近、フランス語ばっかりやってたけど、
英語とフランス語を同じレベルでできないのであれば、やっぱり優先度は「英語>フランス語」
もう少し、英語にも触れさせようっと。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月20日 (金) | 編集 |
 今日は、「L'Ane Trotro fait sa toilette」(邦題:「ろばのトコちゃん身支度をする」)をルルーが持ってきた。
 いつも、持ってくる割には、1ページ目を読み終わらないうちに他ごとを始めるルルー。

日本語の絵本はちゃんと聞くのに、フランス語の絵本にはこの態度、というのは、単に意味が分かるかどうかの差なんだろうな。

 ところが今日は、「D'abord il se lave les mains.」と読んだら、手を合わせてゴシゴシしている。

キャー! おててを洗う、ってことが分かったのね。

 たったそれだけのことだけど、なんだかとても嬉しいわ♪
千里の道も一歩から!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月19日 (木) | 編集 |
実際に買ったものの中から、ルルーのお気に入り絵本やDVDを紹介します。

1才5ヶ月現在のお気に入りNO.1はTROTROです。
特にDVDは、フランス語がよくわからないはずなのに、大好きなので、「別に、フランス語には力を入れてないわ」という方でも、「音の種まき」に使えると思います。

       

TROTROの本やDVDが日本語で買えるサイトは
BELLE LA CLEA」さんと「451 books」さんです
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月19日 (木) | 編集 |
 大学時代にスペイン語を少しかじったのは、そう当時片思いしていた人がスペイン語ペラペラだったから。
 それに、マッチこと近藤真彦さんの「アンダルシアに憧れて」(古っ!)の、

「アンダルシアに憧れて バラをくわえて踊ってる 地下の酒場のカルメンと 今夜メトロでランデブー♪」を初めて聞いたときから、アンダルシアに漠然とした憧れが(笑)。

 私自身も、レベル的には初級だけれど、妊娠7ヶ月までフラメンコのレッスンに通っていたほどフラメンコが好きなので、ルルーが興味を示せば、ぜひルルーもフラメンコ教室に・・・と思っている。
 もし、ルルーに才能があれば、フラメンコ留学しちゃうかもしれないし・・・

と、まあ、あれこれ理由をこじつけたけれど、スペイン語も結構楽しいと思うので、ぜひ!と思う。


 とはいっても、自分自身のスペイン語が「超・入門レベル」なので、今ひとつ、上手に安くていい絵本やDVDを探せない。
 Amazon.comも見てみたけれど、どうも今ひとつ・・・。
 「Amazon・スペイン」とか「Amazon・南米」とかがあればいいのに(=_=)


 ところが、たまたま今日、Maisyちゃんの絵本を検索していたら、見つけてしまった。

   

全4タイトルで、「英語&スペイン語バージョン」と「英語&フランス語バージョン」がある。
とりあえず、「英語&スペイン語バージョン」を注文してみた。

まあ、ルルーが興味なくても、私が楽しめるからいいか。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月19日 (木) | 編集 |
今日は、お風呂で使える表現を中心にママはお勉強。
子どもたちは、歌ったり、踊ったり。

今日は珍しく、最初から最後までご機嫌がよくて、「Apple!」と叫んだり、「Yeah!」と返事をしたり、ホーキーポーキーを、ルルーなりに踊っていた。

いつも、習ったワンフレーズがすぐに使えるようにと、ポケットサイズの紙にして先生がくれるのだけど、今日は「お風呂で使えるように」と、ラミネートコートしてくれていた。
先生、気が効きます。(まあ、わざわざ持ち込まなくても覚えられますけども。笑)


 ところで、ルルーはかなり寝言を言う子で、昨日は夜中の3時に大きい声で、

「パパ! パパ! アゥワ!アゥワ! アポー!アポー!」と叫んでいた。

「アゥワ」というのは、ルルー語で水のこと。
もっと小さい頃、お風呂で「あれ!」とシャワーを指差すので「Shower」と教えていたら、どうやら水を指差していたつもりらしく、ルルーの頭の中では「Shower=水」となり・・・「sh」の発音が飛んで「アゥワ」。

パパに水を出してもらってリンゴでも洗う夢を見ていたんだろうか?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月19日 (木) | 編集 |
今日は、フランス語の先生アン(仮名)が来てくれた日。
彼女はいつも、色々と役に立つことを教えてくれる。

アンが言うには、小さい子は、フランス語の「R」を発音できないのだそうな。
ノドの筋肉が発達するまでは発音できないから、ルルーが発音できなくても心配しないでいいとのこと。

言われてみれば、ルルーは「Trotro」を「トォトォ」と言っている。

ネイティブの子も同じで、アンも小さい頃は「R」が発音できなくて(って、子どもは皆できないので)、よく大人にからかわれていたらしい。


 また、フランス人は赤ちゃんや小さい子どもと喋るとき、「これでもか!」くらい、大げさなというか、ちょっと変わったというか、言葉一つ一つ、音の一つ一つを強調した喋り方をするのだそうな。
 で、「それが大事だ」という専門家の記事を読んだ、と。
そのように話すことで、それを聞いた子供はシラブルを意識したり、単語の区切りを学んだりしてゆくらしい。
 フランスでも「子ども相手の話し方をせず、子どもにも大人と同じように話しかけるべきだ」という説を主張する人もいて、どちらが真実と思うかは、まあ、人それぞれなのだけれど、私はアンの説明に納得した。

 というわけで、私にとっては非常に充実したレッスンだったのだけれど、例によって例のごとく、ルルーはアンのことを「ママを独り占めするヤツ」扱いで・・・(=_=)

 でも今日は、アンに「どうぞ」とお菓子を一つあげることができたし、最後まで大泣きはしないで済んだ。

 クリスマス前には、「BELLE LA CLEA」さんで注文した、アルファベットパズルとフランス語の幼児用ファーストパソコンとフランス語を話す目覚まし時計が届く予定。
 気に入って遊んでくれるといいなあ・・・。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月18日 (水) | 編集 |
 ちょっと前から二語文を話し始めたルルー。
とは言っても、もっぱら「○○おいしい」とか「△△いっぱい」とかだけど。

果物が大好物のルルー。

「ブドウおいしい~♪」

 そうだね~。でも、アンタがすごいペースで巨峰を食べるから、ママは内心ひやひやだよ~。

「Appleおいしい~♪」

 それはリンゴじゃなくてAppleなのね~? なんでかなあ?すごくほめたから??

「バナ~ヌおいしい~♪」

 あれ?私って、バナナやbananaっていう言い方教えてないんだっけ?
 それだけはフランス語なのね・・・。


こだわりなのか、頭に入りやすい音なのか、私が「grapes」と言おうが「raisins」と言おうが、ブドウは「ブドウ」だし、私が「リンゴ」と言おうが「pomme」と言おうが、リンゴは「apple」しか言わない。
そして、バナナは「banane」なのだ。

バナ~ヌっていう言い方が可愛いわ~ (親バカですとも!)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月18日 (水) | 編集 |
 ややこしいけれど、先週行ったのが「英語“育児”サークル」で、この火曜日に行ったのが「“親子”英語サークル」。
 両方とも月2回なのだけれど、まあ…こういうことでもないと、家にこもりがちになるのでね。

 最初はモジモジしていたけれど、だんだんノリノリになるのがルルーのパターン。
「Are you ready?」の掛け声に、腕を突き上げて「Yeah!」と叫ぶルルー。

Head, Shoulder, Knees and Toes♪も、家で私が歌っていたので、嬉しそうに踊っている。
相変わらず、「Eyes、ears、mouth」は飛ばして最初っから「nose」で待機しているけれど。

 ルルーは楽しそうだから、いいの。
 英語を期待して参加しているわけでもなくて、お友達とワイワイする場がほしかっただけだし。
でも・・・もやもやすることが溜まってきた。

 言葉は「道具」だから、発音よりも「言おうとすることを伝える」ことの方が大事ってことは承知しているつもり。
 でも・・・
大学が外語大で、素晴らしく発音のいい友人に囲まれた生活をしていた私は、どうしても、モヤモヤしてしまう。

 文句を言うつもりなんてない。発音のいい人やネイティブの音しか聞き取れないようでは、言葉として使えないことも多々ある。

 けどね~~~。
どっちのサークルも、先生の「L」と「R」が・・・(>_<)
育児サークルの方は、まだ、「先生も気をつけていはいるけども、ときどき」レベルだからいいけれど、親子英語の方は、「LもRも、R!」みたいな感じ。

「おなか」は「berry」になっちゃってるし。

「berry?それじゃあ果物じゃん?!」と、思って調べてみれば、やっぱりbellyだし。

いくら安くともお金を払っている身の上としては、やっぱりビミョー。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月16日 (月) | 編集 |
 日本語も、言える言葉がドンドン増えていくわけなので、同様に、英語もフランス語も、言える単語が増えてゆく。

 なぜだか、昨日から、「Lion!」「Lion!」と、突然ライオンがお気に入り。
家の鍵にビーズで出来たライオンのキーリングがついているので、でかけるときに「Where is the lion?」と言いながらカギを探していたからかな。

 でも、それを言ったら、毎日のようにお風呂場でぞうさんのシャワーを「Elephant!」と呼びかけているのに、反応なし。
 日本語で「ぞうさん」といえば踊りだすんだけどな~(=_=)

 フランス語は、「Voila!(ヴォワラ 英語で言うところのHere you are)」を使うようになった。
すごいぞ、ルルー。

 それより気になるのは、フランス語の、「On y va!(オニヴァ 英語で言うところのLet's go!)」。
ルルーは、「ア、ミ、マー!」と言う。
間カンペイさんじゃないんだからさー (=_=)


 それと、もう一つ。
お風呂場で顔を洗うときに、「Eyes・・・、Nose・・・、Mouth・・・」と言いながら顔を洗ってあげているけれど、Mouthとかはさっぱり覚えないくせに、なぜか、アゴがお気に入りで、「チン!チン!」と喜んでいるルルー。
 最近は、ガーゼタオルをワタシから奪って、自分で「チン!」といってアゴを洗い、「チン!チン!」と言いながら、ワタシのアゴも洗ってくれようとするルルー。

 ありがとう。
でも、なるべく外では言わないでね。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月14日 (土) | 編集 |
毎朝、朝ごはんの仕度をしている時に、「Trotro」のDVDをかけている。

ルルーはTrotro(日本だと「ろばのトコちゃん」らしい・・・)が大のお気に入り。
最近は、「Trotro」と催促するようになった。

そして、ダンナまでもが主題歌を口ずさむように。

「え?!フランス語だよ? よく聞き取れたね」とダンナに言ったら、
「さすがに、あれだけ聞かされれば分かるだろう」との返事。

Trotroは、約3分ちょっとの番組なので、3分ごとに主題歌(数十秒程度のもの)が流れてくる。
毎朝のことなので、そりゃもう何十回も聞いているダンナ。


L'ane Trotro ~ L'ane Trotro ~ Trotro rigolo. L'ane Trotro, c'est l'ami qu'il nous faut. Trotro rigolo~♪

今朝は、ルルーも、rigoloの「lo」だけ一緒に歌いだした。

夕方になったら、本棚においてあった本を持ち出して「Trotro」と言っている。
普通の絵本は、破られてしまいそうなので、急遽、ボードブックの本をアマゾン・フランスで注文した。
これなら、帰省のときに持って帰っても大丈夫そうだし。

  コメントで評判の良かった2冊と、勘で「楽しそうだな」と思った2冊「Le gateau de Trotro」「La tartine de Trotro」で計4冊
まあ、そのほかにも色々と。

日本語は二語文を話し始めて、「ブドウ おいし~♪」とか「ふうせん いっぱい」とか言っている。

フランス語は、単語レベルで数語。「Kaka(うんち)」「Pipi(おしっこ)」「Oui(Yes)」「Non(No)」「D'accord(了解/いいよ)」「Nounours(クマちゃん)」
あとは、オウム返しで時々「voiture(くるま)」「chaussures(くつ)」

英語は、「Apple」「Bear」「Dog」「Hello」「Bye-bye」...あと何か言ってたかなあ?

ちょっと最近、英語もフランス語も、語りがけも流し聞きもさぼりがち。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月12日 (木) | 編集 |
サークルでその存在を知って、今やルルーのお気に入りとなった「The Wiggle Book CD付絵本
」。

今までは、耳を wiggle wiggle して、「I'm a rabbit ぴょんこぴょ~ん♪」の「ぴょんこぴょ~ん♪(←ワタシが勝手に付け加えた)」に合わせてウサギのマネをするのが好きだったルルー。

ハロウィーンの頃に、「I'm a ghost! Boo! キャ~!」と、ghostをフィーチャーしていたら、今度はそっちがお気に入りになったらしい。
お化けみたいに指を wiggle wiggle して、両頬に手をあてて「キャ~!」と。

可愛い・・・(親ばかですとも!)


「Head、Shoulder・・・」を歌おうと、お風呂で、「Knee!」「Toe!」と言いながら洗っていたら、あまりに簡単な音が気に入ったのか、「ニー!」「トー!トー!」と連呼のルルー。
道を歩いていても、突然立ち止まって、「トー!」とやっている。
それでなくても、「Down・・・Up!」と言いながら、しゃがんだり立ったりして遊んでいるので、ますます前に進まない。

今日、頭を抱えていたので何かと思ったら、「Head」のことだったらしい。
で、歌ってあげたのだけれど・・・
「Head, Sholder, Knees and Toes, ~♪」

「頭」の後は、「肩」をすっ飛ばして、「膝」で待機しているルルー。 

「Eyes and Ears and Mouth and Nose♪」

全部省略して「鼻」で待機するルルー。

う~ん。。。

フランス語バージョンだと、
「Deux yeux(目)、Un nez(鼻)、Une bouche(口)、Deux oreilles(耳)♪」という順番になるから、英語でのみ歌っている今はいいけど、そのうち鼻で待機してもダメになるよ?(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月12日 (木) | 編集 |
法事があったり、旅行の予定を組んでいたりして、9日間ダンナと自分のそれぞれの実家にいた。
そこでは当然のように日本語漬けだったわけで、そのせいなのか、多少反応がニブい(=_=)。

最近になって、あることに気づいた。
単語の名前を、英語もフランス語も言ってあげないと、一つの言い方でしかわからないってこと。

いやあ、当たり前といえば当たり前なんだけれど、「混乱するかなあ? 両方言ったらかえって覚えられないんじゃないだろうか?」と思って、自然とどちらか一方だけにしていた。

英仏両方とも教えるのはいいとしても、「この猫を指差したときはCatだったのに、あの猫のときはChat。 三毛猫はCatで真っ黒なのはChat?」みたいなことにならないだろうか、という疑問が。

「ネコ=Cat=Chat」なのよ、ってことを分かってもらわなければ!

今日は、赤ちゃんサークルに行く日だったので、ルルーを抱っこして歩きながら、そのリズムに合わせて「日・英・仏」で鼻歌みたいに言ってみた。


 イヌ!DOG!CHIEN! ワンワン♪
 ネコ!CAT!CHAT! ミャオ~ン♪
 ネズミ!MOUSE!SOURIS! チューチュー♪
 クマ!BEAR!OURS! ガオーッ♪
 サル!MONKEY!SINGE! キッキッ♪
 ブタ!PIG!COCHON! ブーブー♪
 ウシ!COW!VACHE! モ~ゥ~♪
 ウマ!HORSE!CHEVAL! ヒヒ~ン♪

うまく説明できないけれど、「!」のところで1拍休む感じで、単語はそれぞれ1拍分で、「ワンワン」で2拍という具合に言うと、全部で8拍。
なかなかノリノリで楽しく歩いた。

 「ワンワン」と「ミャオ~ン」は、なぜか最初からそのリズムで参加してきたルルー。
ちょっと毎日歌ってみよ~っと。 

 歌っていたら、駐車車両を「あれ!」と言って指差すルルー。
「voiture」と答えたら、「voiture!」と素晴らしいオウム返し。 ブラボー!

しかし・・・うっかり「車」と「CAR」を言い忘れた。 次のときは3つとも答えよ~っと。

 クルマ!CAR!VOITURE! ヴィ~ン(エンジン音?)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月11日 (水) | 編集 |
全6回分申し込んである「育児英語サークル」の3回目に行ってきた。
木曜日に行けなかったので、振替で火曜日に。
火曜日の方が人数が多くて盛況だった。

ルルーはというと・・・
朝、おっぱいが足りないまま連れて行ったのがいけなかったようで、到着するなり「おっぱーい!」と大声で主張。

いきなり授乳しながらのスタートに。
でも、開始するときの決まりごとで、「Give me a hug.」と言ったら、くるりと向きを変えて、「ぎゅ~」と言いながら抱きついてきた。
やっぱり、ハグは好きなのね(^^)


先週からノリノリで踊りだした「ホーキー・ポーキー」だけれど、今回は
  ホーキー・ポーキー < おっぱい
だったようで、おっぱいを飲みながら、ちょこちょこと手足を動かしている。
あんた、面倒くさがりなのね・・・。


おっぱいをたっぷり飲んでお腹がはったら、今度はテンションが上がってきた。
「phonics chart」の絵を見て、「キキっ」とお猿さんのマネ。
ワタシ 「うん、Monkey!」
ルルー 「キキっ」

ルルー 「これ」
ワタシ 「Apple」
ルルー 「Apple!」

ルルー (クマの絵を指差して)「Bear!」
ワタシ 「Oui~」(フランス語になってしまった)

ルルー (犬の絵を指差して)「アロン」(実家の犬の名前)
ワタシ 「アロン is a dog.」
ルルー 「dog!」

ルルー (ブタの絵を指差してから鼻に指を向け)「ぶーぶー」
ワタシ 「Pig」
ルルー 「ぶーぶー」
ワタシ (ブタのマネをして)「ぶーぶー」

なぜ、AppleとBearとDogは英語で言うのに、MonkeyやPigは振り付けなんだろう?
難しいのかなあ?
リンゴ、クマ、イヌは言えるけど、サル、ブタはまだ言わないから?
日本語と英語と平行なんだろうか???

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2009年11月11日 (水) | 編集 |
10月最後の木曜日、フランス語の先生が我が家にやってきた。
あちこちの「先生紹介ページ」で探しても、なかなか「女性」で「フレンチ・ネイティブ」の先生が見つからなくて、ようやく見つけた彼女。

子育て経験のない若い方なのが多少心配だったけれど、会ってみたら、と~~~ってもいい先生だった。

もともと、井原香織さんの『井原さんちの英語で子育て』を参考に、育児フランス語を教えてもらおうとしていたので、英語が分かる人の方がいいなあ、と思っていたところ、「彼女」はカナダに住んでいたこともあって、英語もOK。

英仏日OKなので、フランス語が思い出せなくても大丈夫だし(^^)

INALCOできちんと仏語教育法を学んでいるし、フランス語教育では有名な某教室で先生をしている人で、教えるのにも慣れている。


ただ・・・お昼寝をしていて、目が覚めたら「彼女」がいたのがマズかったのか、ルルーが大泣きだ。
う~ん、今度はルルーを起こしてから一緒に先生を迎えに行こう・・・。

できれば、ルルーがもっと大きくなったときには、「彼女」に教えてもらいたい。
ほんの数回の予定だけれど、仲良くなれるといいな~。
ルルー! Elle est vraiment sympa だよ!!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児