--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月10日 (火) | 編集 |
帰省中なのに投稿? いえいえ、「予約投稿」という便利なモノが(^^)
帰省前に書き溜めてます(笑)

------------------
今はフランス語の手遊び歌のサークルに参加中のルルー。

それはそれで楽しいのだけれど、この先どうする?となると、かなり悩み中。

幼稚園(あるいはプリ)、小学校と進むにつれ、どうしてもフランス語の比重は落ちてくるだろうし。
それでも、まだ小学校入学前なら、多少時間も割けるかも。

手遊び歌のサークルで、結構フランス語を話す、年の近いお友達が出来て、
「一緒にレッスンできるといいね」と、その子のママと話したのだけれど、お互いの住所が遠いのがネック。

とにかく、継続できる習い事として、きちんと先生につきたいとは思っている。

で・・・検索しまくった。

で・・・面白いものを見つけちゃった♪

フランス語のサマースクール!

子供フランス語夏季集中講習

「キュルチュール・インターナショナル・クラブ」という語学学校の夏期講習なのだけれど、もともと、日仏家庭のお子さんや、フランスへの引越しが予測されるお子さんを対象にしている学校らしくて、フランスの幼稚園や小学校のテキストを使ったりしている。

遠いので、なかなか難しいとは思うけど、夏季集中講習とかなら参加できるかも!

他にも、月2回、週末に、毎回3時間の「週末コロニー」や
フランス語でお料理やお菓子作りをする「子供料理アトリエ」(1回3,675円)など

面白そうだ~~!


あと、カナダ大使館で、英仏の絵本読み聞かせ会を開催しているらしい。
「英語あるいはフランス語で、指示が理解できること」が参加条件。

これらに参加できるだけのレベルまで引っ張ってあげられるといいな。

ルルーがどこまでフランス語への興味を持ち続けられるかがカギだけど、楽しそうなものが見つかったおかげで、ワタシのテンションは上がり気味♪

よっしゃーーー!! ルルーさん、がんばっていきましょ~っ!!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年08月08日 (日) | 編集 |
お絵かきをしていたルルー。

以前にワタシが描いた「傘と雨」の絵を見て・・・

ルルー 「It's rainy day.」(aが抜けてますけど)
ワタシ 「A-ha. Yeah. It's raining.」

ルルー 「雨が降ってきたの」
ワタシ 「ほんとだね~。雨が降ってきたね~」

ルルー 「En dehors.」(=お外で)
ワタシ 「Ah oui. Il pleut en dehors...」(ああ、お外で雨が降ってるのね)


日本語で言えるのはもちろんだし、
フランス語でも、Il pleut dehors.(お外で雨が降っている)と言える。
英語は...It's rainingは言えないけれど、It's rainy today.とかは言える。

なのに、なんでこうもゴッチャ混ぜにするんだろう(=_=)

区別がついていると思いたいのだけれど、
Richard ScaryのDVD(英語)を見ているときに、雨のシーンを見て「Il pleut.」(仏語:雨が降ってる)と言うし、
TrotroのDVD(仏語)を見ているときに、「It's rainy.」と言うし・・・


今から帰省します。これから3週間、実家暮らし。
一応、DVDを少しは持っていくけれど、どっぷり日本語漬けの生活。
3週間後、どうなってるのかな~。

ドキドキ。

え~、コメントをくださる皆様、お返事が3週間後になると思います(^^;)
ご勘弁を。。。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年08月08日 (日) | 編集 |
今朝、ルルーがのんびり寝ていたので、一人で前日の残りの皿洗い(!)をしながら、先日Carriexxxさんのブログに書かれていたのを見て買った、Richard ScaryのDVDを見ていた。

ほどなく起きてきたルルー。

ぼや~っと見ていたり、見ていなかったり・・・という感じだったのだけれど、
きっとどこかでそのセリフが出ていたに違いない。

ワタシ 「ルルー! ご飯食べるから、お片づけして~」
ルルー 「I know!(ニヤリ)」

(=_=) む・・・

ワタシ 「パパ来たよ~」
ルルー 「I know!」

もう、やたらと「I know」って言う。
なんかねえ・・・ちょっと、反抗されている気分。

文脈的におかしいところでも「I know」と言っているので、本人にとっては、きっと単なる「相槌」感覚。

く~っ!

同じく、「(I)Did it!」が気に入ったみたいで、お絵かきをして、丸を描いたら「Did it!」
紙をグチャグチャにして「Did it!」
嬉しそうなので、「上手だね~!」と褒めると、
ルルー 「I know!(ニヤリ)」

( ̄人 ̄)

I knowって言われるの、なんかヤダ!!

まあ、こういう「にわかブーム」は、きっと明日には忘れているだろうけど。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年08月07日 (土) | 編集 |
(超・長文です)

昨日、仲のいいママ友達とランチしていたときに、ワタシが「プリか幼稚園か」で悩んでいることを話した。
で、そのママ友達は、「うちは普通の幼稚園に行く」と言っていて、てっきりそれは、私たちの最寄りの「S幼稚園」だと思っていたのだけれど・・・。

ママ友 「I幼稚園が良さそうなんだよ」
ワタシ 「I幼稚園?!」

S幼稚園が徒歩4分の距離にあるものだから、他の幼稚園はまったくノーチェックだったワタシ。
(チェックしていたのは、年少少があるところだけだった)

調べてみたら、温水プールがあって1年中「週1でプール」があったり、体操とか、楽器演奏とかに力を入れていて、週1で「ネイティブの先生と英語遊び」があるらしい。
園舎を建て替えたばかりで、冷暖房完備。
週5の給食。

そうそう。家族で散歩していたとき、「へえ、ここにも幼稚園があるね。建て替えてるね~」なんて話してたアソコだ!
自転車で行くのが楽だけど、徒歩でも行けなくはない。

S幼稚園は10時~14時だけど、I幼稚園は9時~14時だしね。

で、「幼稚園ならIにしようかな~」と思いつつ、今日、プリスクールの見学に行った。


プリに着くと、子供たちが遊んでいるのが見えて、ルルーはもう入る気満々。 どうぞ、どうぞ。
アシスタントの人が、ルルーをプレイルームに連れて行ってくれた。

アシスタント 「Everyone! This is ルルー. Say hello to ルルー.」
子供A 「I know her! She came here another day.」
子供B 「Hello, ルルー.」
などなどの声が聞こえ、私はこっそりと隣室へ。

見学のつもりだったのだけれど、「せっかくだから体験を」と言われた。
ルルーは、あっという間にワタシのところに戻ってきていたので、離れるのはイヤだろうしな~と、ちょっと腰が引け気味。
でも、Clean upの歌が流れ、みんなが2階へ移動し始めたら、
「ルルーちゃんも行くよ~!」と大声で叫び、いさんで2階へ上がっていった。 あれ??

教室に入るや否や、おもちゃコーナーへ突進。 (前回遊んだことを覚えていたらしい)
数字のおもちゃを手に、満面の笑みでワタシに向かってくる。

「マモ~ン!ケスクセ~?」(=Mommy! What's this?)

いきなりフランス語かい!

フランス語で答えようか、英語にしようか、迷った一瞬のすきに、ルルーは再びおもちゃコーナーへ。
小さなアヒルを手にとって、また向かってくる。

「マモ~ン! Un canard jaune !」(=Mommy! A yellow duck!)

その直後、レッスンが始まった。

ルルーさん、ワタシにしがみつき、断固拒否!
先生と目も合わないようにそっぽを向いて、私の耳元で「おうちに帰るの!Non!Non!」と言い続ける。

そのあと、クレヨンを使うときに、急にやりたくなって、ちょこっと参加したり、みんなが先生に足を持ってもらって逆立ちしていたら自分もやりたくなって、自ら先生のところにやってもらいに行ったり。

拒否 → ちょこっと参加 → 拒否 →ちょこっと参加

を繰り返すうちに、だいぶ慣れてきた。
慣れて来すぎて・・・ちょっと暇になると、いきなり「こいのぼり」を熱唱したりした(=_=)
で、プリに入って3ヶ月の2歳の子に、「Don't say! OK?」と言われていた。
意味が分かってないルルーは、そのまま熱唱中。

ゴメンネ、みんな(=_=;)

ランチタイムになって、別室でアシスタントの人に質問タイム。
校長が躾には厳しいこと。
週2~週4の人は、欠席の場合、別の日に振り替えも自由なこと。
うちのように8月はほぼ欠席とかの場合、月謝は日割りや週割りが可能ということ。
などなど。
「身につく英語力のレベルには自信がある。他のプリで卒業が近い時期(12月~3月)の年長クラスを見学してもらえれば、分かると思う」とのことだった。

もう一組、2歳半の子も体験参加していて、アシスタントの人がその子のママに
「9月は、入園するにはいい時期だと思います。4月は、英語初めての子が入って、やっぱり多少バタバタするけれど、9月は落ち着いているし、もう他の子は英語オンリーで過ごしているから、環境にもなじみ易い。」と。

それを聞いて、ふと思いついた。
幼稚園と比べて「どっちにしようか」と考えていたから、プリにするとしても「4月から!」と思い込んでしまっていたけれど、別に4月に入る必要はないんだ!


で、結論。

来年の4月から、I幼稚園のプレに参加する。
幼稚園がどんな感じなのかも自分の目で見た上で、来年9月を目途に判断する。

「なんだ、それじゃあ、結論は先延ばしじゃん!」と思われるでしょうが、

そうです! 「“結論を先延ばしにする”という結論」に達しました(笑)

「家にいると煮詰まりがちな親子関係をどうするか」については、ボランティア運営による無料の子供お絵かきアトリエを発見したので、それに行ってみたり、3歳になったら、バレエ教室に行ってみたりしようかと思います。

ふう。 ちょっと落ち着いた(^^)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年08月05日 (木) | 編集 |
最近、絵本が大好きだ。
ただし、「フランス語のTrotroだけ」だけど。

どこかに出かけようとするとき、ベッドに行くとき、朝起きて居間に行くとき、
「絵本もっていく」と言って、全部運ばせようとする。
Trotroの絵本だけで10冊以上。

この間、予防接種に行ったときも、病院まで持って行った(重かった)。

以前、「絵本を読み始めた!」と書いたのだけれど、あれはまったくの親バカな勘違いで、「すごいわ」とコメントをくださった皆さんには非常に申し訳ない感じ。

「その話は、その本じゃないでしょ?」という…(=_=) 適当に言ってるのね?

持っていく割に、読むのは1~2冊だし。

それに、どうやら、
「What do you like?」と聞きたいらしくて、
床にTrotroの本を全部広げ、
「ママ? What do you like?」と聞いてくる。

本当は、Which one とかの話なんだろうけれど、WKEのDVDの中で、Maniが「What do you like?」と聞いているときに、手元にフルーツを広げているので、「What do you like?」を「"どれ"が好き?」の意味だと思ってしまっているらしい。
うーん(=_=) まあ、別に、いいんだけども、それでも。

とりあえず、私がルルーに聞くときは、Whichを使って言い換えているんだけど、Which文は浸透していないの様子。

本当は、この場面なら使うのはフランス語でしょ?と思わなくもないけれど、最近、ルルーは英語でも少しフレーズにトライしているっぽい。
「I like…」って、超・超・小声で言ってるし。
だから、とりあえずこのまま見守ろう。 ファイトだ、ルルー!


今朝は、
「ルルーちゃん、これからpetit dejeuner(=breakfast)」と言っていた。
相変わらず、ルー大柴。

でも、「petit dejeuner」は初めて言えたので、思わず褒めてしまって、言い換え忘れた。
ここで言ってもしょうがないけど…
Je vais prendre mon petit dejeuner…


明日は朝からプリの見学です。ドキドキ

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年08月03日 (火) | 編集 |
cottonさんが最近TROTROについて熱い!
で、同じくTROTRO好きな我が家としては、仲間がいると気分が盛り上がる・・・

というわけで、Carrieさんが「ないかな~」とおっしゃっていた中国語版を見つけようとしていて・・・

なぜか、アラビア語を学ぶDORAを見つけちゃいました(;^^A



で、TROTROなんですが・・・
これって、何語でしょう?
声や喋り方が、ワタシのイメージと違いすぎて、「これは無しでしょう!?」と、リキんでしまいました。

で・・・一体、何語でしょう???
一瞬映るタイトルが、アラビア語に見えますが・・・



にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年08月03日 (火) | 編集 |
WKEに申し込むと「サウンドプレイボード」というものがついてくる。
「カードを差し込んで、カードの絵の色々な部分を押すと名前を言ってくれる」というもの。
おそらく、語彙力を増やすためのものだろうけれど、ルルーは気に入ったものを延々と繰り返すタイプなので、
Level1で送られてきたカードの中でも、遊んだのは2枚。
Level2で送られてきたカードで、今遊んでいるのが1枚。

今のお気に入りは「Let's make a sandwich」
サンドイッチの具が書かれていて、押すと「Cheese」「Ham」などと答えてくれる。


晩御飯の準備をしているとき、夜勤上がりで家にいたダンナと一緒に、ゲームモードでボタンを押して遊んでいたルルー。

面倒なときは手抜きに限るとばかりに、「きゅうりを切って、もろみをそえただけ」とか「トマトを切っただけ」で一皿にすべく、せっせと切るワタシ。
で、きゅうりを食卓に置いたら、それを見たダンナが・・・

ダンナ 「キューカンバー スライシズ!」
ワタシ 「む!(=_=)」
ルルー ポチっとボタンを押す
機械  「Cucumber slices」


 (=_=) あんたたち・・・なんか文句でも?


相変わらず、「パパはフランス語の絵本は読めない」ということが分かっていないらしいルルー。
ダンナの話だと、
今日も、「絵本よもうか」と言いながら、ダンナに「Trotro」の絵本を差し出したらしい。

で、いつも、日本語で読もうとすると「違う」という顔でそっぽを向かれるので、今日はフランス語っぽく読んでみようと挑戦したダンナ。(無謀だ・・・)

ダンナなりに「フランス語っぽく」本を読み始める。
ルルーは・・・笑って立ち去ったのだそうな。

ダンナ、お疲れ様。

きゅうりのあと、枝豆をテーブルに置いた。
食べ始めるダンナ。 寄っていくルルー。

ルルー 「パパ、お豆プリーズ」
ダンナ 「OK!」

いやいや。それだと、「おまめ」で定着しちゃうじゃん!
え~っと、え~っと・・・枝豆って何?
頭真っ白で、ワタシのクチから出た言葉が、「Beans please.」
うちの英語、ヤバイと思う・・・

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年08月02日 (月) | 編集 |
すみません。この話題が続きます(^^;)

なんで、ここまでプリにこだわっているのか。。。

実は、アメリカから帰ってきた友達の話がすごーーーく心にひっかかっていて。

それまで、「子供の頃に何年間か海外にいれば、その後もペラペラになれる」と思い込んでいたワタシ。
でも、友達が言うには「キレイさっぱり忘れるよ」らしい。

「帰ってきてもペラペラ」でいられるには、少なくとも「小学校高学年くらいまでは向こうにいて」+「帰ってきてからも英語を使う環境を極力作っている」場合がほとんどだとか。

 彼女のお子さんは、二人ともアメリカで生まれて、小学校前くらいまで向こうにいたのだけれど、もうすっかり忘れて全く話せないらしい。
 だから、ワタシが「プリに入れられたら・・・」と話したときには、えらく懐疑的だった。

 でも、ワタシは彼女の話を聞いて、ますます「プリ、入れたいな」と思った。

それまでの「プリに入れたら(その後も)ペラペラになる」という考えが、間違いだというのは分かったのだけれど、うちのように、海外とつながりがない家にとっては、「小学校以降をどうするか」がカギになる。

公立小学校に入れる予定の我が家。
だからこそ、「英語で遊ぶお友達が欲しい!」と強く思った。

プリが、比較的家の近くにあったというのも、大きい。
遠かったら、なんだかんだと、卒園後は疎遠になるかもしれないけれど、近場だったら、ちょこちょこ遊んだりもするかもしれない。

Women's parkで、検討中のプリについて質問したときに、今現在お子さんを通わせている方から「少人数だから親同士もすごく仲がいい」と聞いたのも大きいかも。


あとは・・・きっと、一番心が揺れる理由は、ワタシが環境整備して提供する「家庭の英語」でどこまでいけるか、まったく自信がもてないことにあると思う。

だから、「両親が英語できなくても、プリに入れなくても、子供ペラペラになったよ」系の本やブログを読むと、「そうよね! 家でがんばるわ!」と、一瞬思うし、

「両親が英語できなくても」系のブログでも、「それでも、ワタシに比べたら、よっぽどできるじゃん!!」というのを読むと、「やっぱり、最低限そのくらいの英語力がないと、うまく誘導できないんじゃ? やっぱプリ?」と思うし、

方向性定まらなくてグダグダ。

あと、「英語もフランス語も!」という心理的負担も大きいかも。

近所のバレエ教室が、週2のレッスンで「8,715円」
プリに通うことを思えば、「普通幼稚園+週2でバレエ+フランス語教室+お稽古事1つ」くらいはできそう。
ああ、それはとっても魅力的!

今週の金曜日、今度は普通の時間帯にプリの見学に行ってきま~す♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年08月01日 (日) | 編集 |
昨日は、昔同じ教室でフラメンコを習っていた友達(2人+ダンナさん1人と1歳の息子さん1人)が、我が家に遊びに来てくれた。

会うのは1年半ぶり。
前回は、うちの子の顔を見に、仮住まい中のアパートに来てくれた。

家を建て替えてからは初めてなので、ちょっとドキドキ。

フランスのオークションで買ったホテルの看板とか、結構奮発したポストや表札とか、ダンナの部屋とワタシの部屋をつなぐ窓とか、聞いて欲しいポイントばかりを褒めてくれて、えらくご機嫌のワタシ。

自慢の「赤い壁のトイレ」を披露して、持って来てくれたケーキやお菓子を食べて、おしゃべりをいっぱいして・・・リフレッシュ!

あ~、楽しかった~♪

発表会のDVDを見たり、なぜかTrotroのDVDをみんなで見たりもした。
こういう時間って嬉しいわ~。

今は誰もフラメンコを続けていないのだけれど、私の「またやりたい!という思い」に火がついた。

ファルダ(フラメンコのスカート)、まだ入るかなあ?
妊娠&出産で腰まわりについたお肉が気になるわ~

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。