2010年11月29日 (月) | 編集 |
クリスマスツリー2010-1
今年も出しました。我が家の特大クリスマスツリー♪
今から2年前のシーズンオフに「210cm」のを4,980円で買いました。

ワタシは「わたしのアトリエ」と呼び、ダンナは「洗濯物置き場」と呼んでいる部屋に飾って、
リビングから見るのがお気に入り♪

昨日の晩、ルルーと一緒に、飾りつけをしたら、クリスマスツリーが大好きなルルーは大興奮。
一生懸命飾ってくれた。

今年はミニライトもつけて、点灯♪

ただ、今年は18日には帰省の予定。
去年もそうだったけれど、楽しそうに飾り付けるのはルルーとワタシで、片付けるのはダンナ。
申し訳ない(^^;)

クリスマスツリー2010-2
こうして画像で見ると、ツリーの足元が寂しいな~。
木箱に入れるとか・・・偽者のプレゼントを置いても仕方がないし。

ルルーはと言うと・・・風邪を引いて、鼻タレだし、咳は出るし、昨日は熱っぽいしでグダグダ。

早く良くなるといいなあ~(>_<)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月28日 (日) | 編集 |
ママと離れたくないルルーは、洗顔のときも洗面所についてくる。

先日、いつものように洗面所で顔を洗っていたら、ルルーが一言。

「It's white.」

ぶっ。

多分、ワタシの顔が洗顔料の泡で「真っ白」だと言いたかったのだろうと推測。
ルルーのボキャブラリーではこれが限界なのは分かるけど、It's whiteって・・・(;^^A

フランス語だと、真っ白は「tout blanc」
英語でいうところの「all」をつければOKなのだけれど、仏→英の直訳で「All white」では意味がおかしい。

英語ではなんて言うんだろう~?


ところで、日本語でもうまくいかないやりとりが。

お店やさんごっこが好きなルルーとお買い物ごっこをするのだけれど。

ワタシ 「これは何ですか?」
ルルー 「サンドイッチですよー」
ワタシ 「くださいな~♪」
ルルー 「どうぞ~」
ワタシ 「おいくらですか?」
ルルー 「おいくらですよー」

う~ん。そうじゃないの。

ワタシ 「100円ですか?」
ルルー 「100円ですよー」

スーパーで買い物すると、お値段を聞くっていうことがないからな~。

ルルーの中では、
「Is this おいくら?」
「Yes. It's おいくら」
という状態。

きちんと説明しないとわからなさそう(;^^A
面倒くさいけど、説明か~。 気付け、ルルー!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月28日 (日) | 編集 |
ルルーの記念すべき初の長文は
I don't know how to say.
だった(;_;)
(その記事はこちら

この間も、わざと知らない絵ばかり指差しては、
I don't know how to say... と言いながら、考えるフリをしていた。

今日、ちょこっとフランス語をぶつぶつ言っていたルルー。
よくよく聞いてみると・・・

Je ne sais pas comment dire. (=I don't know how to say.)

( ̄_ ̄) や、やっぱり・・・。

フランス語でも、同じことを言うらしい。
それは、私の口癖なのね・・・。

なんかちょっと恥ずかしい。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月27日 (土) | 編集 |
ルルーは、お気に入りのDVDがかかると、どんどん画面に近づいていってしまう。
今日も、テレビに超接近していた。

ワタシ 「ルルー、You are too close.」
ルルー 「・・・」

いつもは、英語かフランス語で「近すぎる」と言えば、後ろの方まで下がるのに、
今日は無言で見ている。

TVの前のベストポジションに、毛布をたたんでクッション代わりにしているので、「そこで見なさい」というつもりで、

ワタシ 「Go back to your blanket.」

ルルーは毛布の近くまで行くものの、キョロキョロするばかり。

ワタシ 「ルルー。 Go back to your blanket.」

キョロキョロ・・・キョロキョロ・・・キョロキョロキョロキョロ

キョロキョロが段々必死な感じになり、ほんのちょっぴりだけ泣きそうな顔になる。

これからおでかけなので愚図られたくないワタシは即座に日本語(根性なし。笑)

ワタシ 「ルルー? どうしたの?」
ルルー 「Black cat いないよ? Black cat いないよぅ(;_;)」

ハロウィンのときに100均で買ったBlack catのカバンを探していたらしい。

ワタシ 「ルルー。 Not "black cat". I said "blanket".」

キョトン顔のルルー。 (・_・)?

ワタシ 「This one. This is a blanket. Blan-ket.」

リーパーすみ子さんの本を思い出して、わざわざゆっくりシラブルに区切って言ってみた。

ルルー 「This one? Black cat?」(・_・)?

ええええええ~~っ!!
ルルー!! 
「Black cat」と「Blanket」は全然違うよーーーー??!

母の発音の問題か?
ルルーのヒアリングの問題か?

とりあえず、毛布という単語を知らなかったということに・・・しておきたいっ!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月25日 (木) | 編集 |
バーバパパを見ていて、フランス語モードなのか、
ルルーが「Je peux t'aider.」(=I can help you.)と言いながら、せっせとみかんをむいてはワタシの口に運んでくれてます。

が!
食後でお腹いっぱいなのに、みかんを4個も食べられません~(><)
苦しい・・・

バーバパパの真似なのか、ワタシの真似なのか、最近時々、語尾に「hein?(アン?)」をつけるルルー。

日本語で言うところの「でしょ?」みたいな感じ。

「C'est bon, hein?」(=おいしいでしょ?)

が・・・昨日から、日本語のあとにも付け出した。

ルルー 「ゆみちゃ~ん! おいしい, hein?」

(=_=) おいしい、アン? 変です、ルルーさん。

ルルー 「ワ~オ! すごい, hein?」

(=_=;) すごい、アン?  だから、変だってば。


別に、内容的にはごちゃまぜだからといってどういったことではないのだけれど、
両方外国語の「英仏」のごちゃ混ぜと違って、
「日仏」のごちゃ混ぜは、聞いた感じがすごく変。

きっとこれも一時のブーム。

面白いから、今のうちにダンナにも聞かせてあげたいな~♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2010年11月25日 (木) | 編集 |
最近になってだと思うのだけれど、コップの水やジュースを飲みほしたら、「Empty!」とワタシに見せるようになった。

言うのはいいのだけれど、
わざわざコップを逆さに向けて、「ほらね?」みたいなことをする。

子供的には「Empty」でも、親としては「ああ!しずくが垂れるっ!!」というかなり慌てた状況に。

ところで、ルルーの名前をフランス語で言えない問題は(そんな大したことじゃないのだけれど。笑)、ちんたら本の到着を待つ必要もないので、強硬な語りかけを敢行している。

いつもは、英語サークルの影響で、

ルルー 「Hello, what's your name?」
ワタシ 「My name is ○○.What's your name?」
ルルー 「My name is △△.」
ワタシ 「Oh,△△.Nice to meet you~♪」(人形同士が握手)

という定番パターン

今日、ルルーが馬とブタのおもちゃで遊んでいたので、すかさず馬を奪い(笑)…

ワタシ 「Bonjour. Comment appelles-tu?」
ルルー (フランス語には気付いて何かを言おうとするものの、声にならず)
ワタシ 「Bonjour. Je m'appelle cheval. Comment t'appelles-tu?」
    (=Hello.My name is horse. What's your name?)
ルルー 「・・・」
ワタシ 「(うながすような目線で)Je m'appelle・・・?」
ルルー 「Cochon.」(=pig)
ワタシ 「Oh! Cochon! Enchantee!!(=Nice to meet you)」(握手)

いつもと同じやりとりだから、雰囲気で何をしているか分かるはず!
英語でしか言えない表現のフランス語を他にも取り入れていくぞ~!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月24日 (水) | 編集 |
ダンナと、クリスマスに、Doraの関連で何か買ってあげようか~?とか話していた。

「Doraと同じ、紫のBackpackとか?」
「Bootsのお人形とか?」

でも、その前に、ルルーの好みを聞かなくては。

ワタシ 「ルルー、Doraの中では誰が好き?」
ルルー 「ルルーね、Isaが好きなの」

Isa? DoraやBootsじゃないにしても・・・なんでIsa?

ワタシ 「ダンナ~、ルルーねえ・・・Isaが好きなんだって」
ダンナ 「Isa? Ticoじゃなくて? っていうか、Isaって・・・DVDに出てきたっけ?」
ワタシ 「夜に読んでる本にはちょこっと出て来るんだよー」
ダンナ 「Isaか~ ・・・(=_=)」

好みが渋いわ~。
そういえば、ケボとモッチも「ケボが好き」って言ってたしな~。

というわけで、プレゼントは諦め、去年プレゼントしたけれど、まだ早すぎたようですぐに撤収した「フランス語のファーストパソコン(←子供向けのおもちゃ)」に決定。

あと、フランス語で時間を読んでくれる目覚まし時計。
これも、去年買ったらまだ早い気がして、箱に入ったまま眠っていたもの。

時間を聞いてくるクイズに答えたりしないと、時間を読んでくれる鳥がグレるという・・・ちょっぴりたまごっち感覚の時計だそうな。

BELLE LA CLEAさんで買いましたが・・・
この1年の間に、ファーストパソコンはリニューアルされ、「フランス語のみ」から「フランス語と英語のバイリンガル仕様」に(;_;)

お値段据え置き、っていうのがまた、去年買ったワタシにとっては悔しいところ。

欲しい方はこちらへどうぞ~。 今、在庫切れみたいですけれど。
BELLE LA CLEAさんでは、フランス語のDSソフトなんかも買えますよ~

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月24日 (水) | 編集 |
ルルーが発話しだした最初の頃は、英語とフランス語と日本語と、言える語彙がほぼ同じだった。
だから、1つの単語を、3ヶ国語で言えたわけで…。

ところが、かけ流しはほとんど定着せず(すぐにDVDを要求されるため)、絵本の読み聞かせもようやく最近になって寝る前にDORAを1~2話読む程度、語りかけもだんだんしなくなってしまった。

そうなると、日本語だけが突出するのは、当然なわけで…。

英語とフランス語は、両方言えることもあるけれど、片方でしか言えないことが増えてきた。
その結果、会話の中に英仏がゴチャ混ぜになってきた。

ひどいときは、
「It's …grande castle!」とか言い出す。
「Oh, yes!! It's a blg castle!」とさりげなく直せば、その場ではすぐリピートで「Big castle!」と言うのだけれど…。

「Regarde, maman!」(=Mommy, look!)
と言っておきながら、そのあと英語で言ったり。

どういう風にしたらいいのか…と悩んでいたら、名古屋でフランス語&英語&リトミックのサークルをされている方のブログで、お子さんをトリリンガルに育てたご両親の話が載っていた。

お子さんに話すとき、「日・仏・英」の三カ国語で話しかけていたらしい。

----------以下抜粋----------

犬さんは何をするのが好きなのかな?
Les chiens, qu'est-ce qu'ils aiment ?
What dogs like?

犬さんは、お風呂が好きだね。
Les chiens aiment se baigner.
Dogs like a bath.

----------------------------

一瞬、「なるほどそうか~」と思ったものの、この程度ならまだしも、いったんこれを始めても、話が難しくなったら、間違えずにこれをする自信がない。
1%もないっ!!

っちゅーか、これができる時点で、ご両親ともトリリンガルじゃんか!とパソコン画面に向かって突っ込んでみる。

はて…どうしたものやら。


ところで、最近になって気付いたことが。
ルルーって、DVDからフランス語を学んでいるから、自分の名前が言えない(笑)

そう。
英語は、サークルや歌やWKEのDVDでよくあるから、My name is ○○. って言えるけれど、
フランス語にはそういう機会もDVDもないから、Je m'appelle ○○. っていう言い方自体を知らない。

そのくせ、C'est moi qui as dessine.(=It's me who drew this.)とか言ったりする。

う~ん…
今まで、英語は英語で、フランス語はフランス語で…とやっていたけれど、ここにきて、リンクさせていくのもいいかもと思い始めた。
French for Children (Book + Audio CD) (Language for Children Series)
というわけで、ゴリママさんという方のブログでお勧めされていた(関連記事1関連記事2)という、英語圏の子供向けのフランス語教材をやってみようかと。
年内に届くかな~?

French for Children (Book + Audio CD) (Language for Children Series)
商品詳細を見る

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月22日 (月) | 編集 |
ステキなアドベント・カレンダーを見つけた♪

Eric Carle's Dream Snow Pop-Up Advent Calendar
Eric Carle's Dream Snow Pop-Up Advent Calendar

ポップアップになっていて、とってもキレイ~。

でも、今年はクリスマスには帰省していていないからな~。
わざわざ持って行くのもなあ・・・。

ポップアップの中身はこんな感じ
エリックカールのアドベントカレンダー
アマゾンUKでも気になっているものがある。送料込みでも1,000円しないし。



ただ、キリスト教徒じゃないから、クリスマスについてそれほど語れることがない。
ルルーみたいに小さい子だと、扉をどんどん開けたいだけで、毎日一つめくるドキドキ感とかがまだないんじゃないだろうか?

無印のアドベントカレンダー靴下
そう思うと、お菓子が入っているようなやつの方がいい?
←これは無印の。
一回買ったら、毎年使いまわせそうなのところがすごくいいわ♪
食べちゃった数字のBOXはひっくり返せば、真っ赤になって、最後には真っ赤なクリスマス・ストッキングが現れるという・・・。
去年は買い損ねたから、明日無印に行ってみようかな~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月20日 (土) | 編集 |
ママとキッズの英語体験 ハワイ&オーストラリアプチ親子留学のすすめ    地球の歩き方BOOKS
先日、フラメンコの合間にのぞいた古本屋で、「ママとキッズの英語体験 ハワイ&オーストラリアプチ親子留学のすすめ 地球の歩き方BOOKS」という本を105円で発見して、買ってきた。

親子留学に行く予定は全くないのだけれど、ちょっとどんなものか興味があったし、その場で立ち読みするような時間はないし、105円だし。

で、その中の体験談で、「ホストファミリーへのお土産で、一番ウケたのが『マツケンサンバ』のDVDだった」という一節が。

今、着物姿の人を街中で見かけることはほとんどないし、ギンギラの着物姿の人々が踊りまくる様子は、外国の方が見ても、楽しいに違いない!
なるほど~!

ルルーがもっと大きくなったら、ホームステイの受け入れをしたいな~と思っているワタシ。
我が家に来た人たちに見せてあげたら、ウケるかも?!

マツケンサンバII振り付け完全マニュアルDVD
というわけで、翌日、BOOK・OFFで「マツケンサンバⅡ」のDVDを105円で買ってきた♪

ワタシとしては、「105円で見つかってよかったね~♪」という話だったのだけれど、ダンナは「(それが流行ったのは)いつの話だ・・・(^^;)?」と、やや失笑ぎみ。

え~?( ̄_ ̄)
外国の人にはさ~、いま流行ってなくても関係ないって~。

将来我が家にホームステイに来るだろう、まだ見ぬアナタ!
見せますので、「Wow!」ってオーバーリアクション気味に喜んでくださいっ!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月20日 (土) | 編集 |
2才の誕生日に・・・ということでWKEに申し込んだ我が家。

最初のうちこそ、喜んで見ていたけれど、どうもフランス語が好きなルルーは、フランス語のDVDをリクエストすることが多いので、あっという間に尻すぼみに。

DVDやToyへのはまり具合も、
Stage 1 → Stage 2 → Stage 3

という感じで、「ありゃりゃ~(><) これは、家庭保育園の二の舞?」というイヤ~な予感が。
(注:我が家は家庭保育園に申し込んだものの・・・最初の4ヶ月だけで、あとはほぼ何も活用できず)

ところがどっこい!!

先日届いた「Stage 4」が、メガヒット!!

最初に、Stage 1の時に歌っていた「Hello! Hello! How are you~?」という歌で始まったら、ルルーは大喜び。
そして、この、一番最初の歌を再びもってきていることで、なんとなく「仕切り直し」の気分。

お店屋さんコント(?)の演者2人もすごくいい感じ♪

ルルーはまだ何を言っているか分かっていないだろうけれど、
現地の幼稚園児に「こういうとき、君はどうする?」という問いかけのコーナーが、大人が見ても面白い!

毎日2回は見たがり、Stage 4のおもちゃ(サンドイッチとお洋服)で遊びまくり。

歌も、気に入ったみたいだし、Stage 4 バンザーイ!!

折り返しになる「Stage 4」に、これだけ魅力的なものをそろえているWKEを熱く褒め称えていたら、ダンナがポツリとつぶやいた。

「当たり前だよー。2回目のお支払い 99,000円いただきますよ~ってハガキが来てたさ。」
(うちは2回払いなので)

残りの半分をもらうタイミングだからベネッセさんも頑張った、っていうのかい?
そんな現実的な・・・

いいんです。
ルルーさん、今までよりもちょこっと英語に興味沸いてるし!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月18日 (木) | 編集 |
本屋大好き・古本屋大好きのワタシ。

本屋・古本屋に行けない日々が続くと、ストレスが溜まる。
先週末、ルルーの昼寝の間に、お留守番をダンナに頼んでBOOK・OFFへ。

実は以前から気になっていたものの買わずにいたら、一時期見つからなくなっていた。
誰かが買っちゃったのかも・・・と思っていたら、再び発見!

五ヵ国語病気の訴え方ハンドブック―患部別用例860

アマゾンだと、中古なら2円から。
こんなに安かったとは・・・(泣)

監修が聖路加国際病院の院長、編集・発行がジャパンタイムス

中を見ると・・・細かい!

おそらく、これを患者さんに渡して指差ししてもらうと、看護士さんやお医者さんとコミュニケーションが取れるということなんだろう。

索引も「患部別」になっていて(笑)、分かりやすい。

「目」の項目だと、ちょっと見ただけでも
「目がちかちか」「目がひりひり」「目がちくちく」「目がずきずき」「目の中がゴロゴロ」
さらに、「目がかすむ」だの「視界がぼやける」だの「視野が狭くなった」だの、さらにもっと細かい話が延々と続く。

ちなみに、
「目の中がゴロゴロします」は、「My eyes feel sandy.」

5ヶ国語なので、日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語が書いてある。

正確に把握したい・伝えたい、という思いがこれほど細かいものを要求するんだろうな~と感心した。

この本、結構面白くて、ついつい見てしまう。

「頭がくらくらします」 → I feel dizzy.
「頭がぼおっとします」 → My head is fuzzy.
「頭が重く感じます」  → My head feels heavy.

とかを読んで、へ~なるほど~と思ったり。

フランス語だと、「頭が重く感じる」は、直訳で「私は重い頭を持っている」になるのに、英語だと、頭自体が感じる(feel)のね?
とか思ったり。

多分、使うことはないだろうな~というもの
(例:「ピルをやめれば、また排卵があるんですね?」 Once I stop taking the pill, will ovulation be normal?)から、
使うかもしれないけど、使いたくないな~というもの
(例:「指で歯茎を押さえるとうずきます」 The gums ache if I press them with my finger. →「歯槽膿漏だと思います」 I think I have pyorrhea.)まで。


海外旅行に行くときに持っていってもいいし、面白いもの買ったわ~♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月18日 (木) | 編集 |
先日の土曜日はワタシの誕生日♪
(キムタクと、ウーピー・ゴールドバーグと、フラメンコの先生ベニート・ガルシアと同じ誕生日♪)

というわけで、なるべくワタシに自由時間を・・・というダンナの配慮で、ダンナがルルーを公園へ連れて行った。

その晩、ダンナから報告が。

「俺にもガンガン フランス語で言ってくる(><) その場にいた子供たちがキョトンとしてた~」

(;^_^) うん、いつものことだよ・・・。


日曜日は、朝からワタシがフラメンコ教室へ行くので、10時~15時までは、ダンナがルルーの担当者。
また、公園に行ったらしい。

その晩、ダンナから報告が。

「自転車に乗っている子を見て、『おともだち、good job!だね~』って言って、近くにいたお母さんたちが、『あれ?』って感じで見てきた」
と。

(;^_^) それだけで済んでよかったね。
調子に乗っていると、自転車の子にかけよって、親指をたて、「おともだち~!!Good job!!」とすごく大きな声で叫ぶよ?


ところで、今、ルルーが毎日見ているのがバーバパパ。
毛むくじゃらの「Barbouille」がお気に入りらしい。
で、ワタシとルルーは、フランス語のバーバパパしか見たことがないから、そのキャラの名前は「Barbouille(バルブイユ)」なのだけれど、子供の頃にテレビでバーバパパを見たというダンナは、そのキャラのことを「バーバもじゃ」と呼ぶ。

「バーバもじゃって・・・」と苦笑いしてみたワタシ。

すると、夕飯の時にダンナが、「調べたけど、やっぱり日本名は『バーバもじゃ』だったよ」と。

( ̄_ ̄) こら。
夕飯の支度で忙しいときに、パソコンに向かって仕事かと思えば、「バーバもじゃ」を調べてたんかいっ!

ま、ダンナがどれだけ「バーバもじゃ」だと言ったところで、ルルーさんには伝わらないので・・・
さあ、ダンナさん、覚えてくださいよ~?
彼の名前は「バルブイユ(バーブイユ)」ですよ~?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2010年11月17日 (水) | 編集 |
先日、「間違ったチャンツを教えないで」という記事を書いたばかりなのだけれど・・・。

今日のサークルで、先生が妙なヤツを(;_;)

「バナナじゃなくて、バナーーナ♪ トマトじゃなくて、トメーィト♪
きゅうりじゃなくて、キ~ウィ♪

先生、そのチャンツ、いりません(;_;)


もちろん、レッスン中は沈黙しているのだけれど、
今日はなんだかいつもよりルルーが真剣に聞いている気がした。

で・・・夜、お風呂から出たときに、先生が使っているのと同じフォニックス・アルファベット表を見つけたルルー。

いきなり、ワタシを見て、Gのところにあるブドウを指差し・・・

grapeじゃなくて・・・♪

うぎゃーーー(>_<)
あの、妙なオリジナル・チャンツを覚えちゃってるじゃんか~~っ!!(泣)

ここでノッたら終わりだとばかりに、大人気なく、普通の発音で、普通の言い方で
grapes!」と返すワタシ。

ルルーはというと、ママがノッてくれなくてつまらなかったのか、それ以上は言ってこなかった。

ふ~、危ない、危ない。

先生のあのチャンツに合わせるなら「グレープじゃなくて、グレーイプ♪」になる。
グレーイプじゃないのよ、ルルーさん!!!

先生! 冗談抜きで、そのチャンツ、い・り・ま・せ・んっ!!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月16日 (火) | 編集 |
我が家は、フォニックスから入るのをやめよう、と思ったわけは・・・

フォニックスって・・・それから入ったからと言って「正しく」読めるわけではないな~と思って。

たとえば、「T」

単語の頭に来るときの「T」(Tea, Tableなど)と、語尾に来るとき(例えばthat)では違う。

「C」だって、最初に「ク」と教えておきながら、無音のeが後にきたら「s」という摩擦音になるわけで・・・
(もちろん、これ自体がフォニックスルールなのだけど)

最初にフォニックスのルールを教えるんじゃなくて、最初のうちに出会う一つ一つの単語を丁寧に発音する機会を作ろうと思った。
「音素」を教えるには、きちんとした先生を選ぶ必要がありそうだけれど、自分が習ってきたことを、少しなら教えてあげられるかもしれない。

フォニックスを教えるのをやめるのではなくて、フォニックス「から」入るのをやめよう、というだけのこと。
一つ一つの音を丁寧に発音していれば、おのずとフォニックスが分かるのは、体験済みだ。

「アメリカのお母さんたちはこうやって英語を教えている」(p.20)という項目で、「単語をシラブルで区切って、ゆっくりていねいに発音しながら教えている」と書いてあった。
(ba/by, gar/den など)

これも、小学校のときの英語教室でやってもらっていたことだった。
先生が丁寧に発音を教えようとすると、自然とシラブルで区切ることが多かった。
(当時はシラブルだとか知らないけれど)

自分自身、フランス語を教えたときにも、「正しく発音するには、ゆっくり発音する必要がありますよ~」と練習をしていて、やっぱり自然とシラブルで区切っていた。
子供のときに習ったから、自分の中でそれが普通になっていたのだろうな。

そっか。自分の子供に教えるときも、そうするのがいいのか~。


「フォネミック・アウェアネス」というのは、「話し言葉の音に注目させ、耳を鍛えることから入る」らしい。
「はじめの一歩として、ライミングとアリタレーションを大変重要視している」のだそうな。

アリタレーションって初めて聞いたけれど、ライムが語尾なら、アリタレーションは語頭。
同じ音で始まる単語を重ねていくものらしい。

で、そういうのが学べるものはというと・・・
マザーグースの歌とか、絵本とか。

Doraの絵本とかは、楽しむ分にはいいとして、もっと定番の絵本とかを読む努力をしてみよう!
以前「Goodnight Moon」にハマッたのも、ひょっとしたら、ライムが心地よかったのかもしれない。

と、言うわけで、ごちゃごちゃいっぱい言ったけれど、
自分の中では、この本を読んで「これだー!!」と思ったので、とりあえずは、紹介されていたライミングの本を買ってみよう~♪

Chicka Chicka Boom Boom: Book & CD Green Eggs and Ham Book & CD (Book and CD) The Cat in the Hat Book & CD (Dr. Seuss) Each Peach Pear Plum (Picture Puffins) Henny Penny 

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月16日 (火) | 編集 |
アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている―英語が話せない子どものための英語習得プログラムライミング編 リーパー・すみ子さんの『アメリカの小学校では、こうやって英語を教えている』という本を買った。

いつも、「目次」と「はじめに」を読んだら、気になった項目から読み始めるので、まだ全部は読んでいない。
けれど、すごく「ああ、そうだったのか!」と思うことがあった。

長いので、2部に分けて書きます。

---------------------------------

ワタシが英語を習い始めたのは小学2年生のとき。
そこから、高校1年まで、同じところでお世話になった。

で、ワタシの周りにも、「小学生のときから英語教室に行った」という人は結構いる。

そこで前々からすごく疑問だったのが、
なんでみんなこんなに発音が悪いんだろう?ということ。

感じていたのは、「ワタシは、とにかく厳しく(=丁寧に)発音を教わったのだ」ということ。

でも、この厳しくっていうのがどういう風だったか、今ひとつうまく説明できなくて、モヤモヤしていた。

それが、今回、このリーパーさんの本を読んで、
「ああ!ワタシが教わったのは、まさにこれ!」とスッキリ♪

第8章「音素と発音 ヘレン・ケラー式に、口のあけ方をきちんと学びましょう」

本ではもちろん、基本的なことにしか触れていない。
ワタシが習ったことはもっともっと細かかったけれど、ワタシが学んだのはまさにこの「音素」だったと思った。

教室には、口の形や、口腔内の舌の位置が描かれた絵が貼ってあった。
口のあけ方、舌の位置、どこら辺で音が出ているのか(口の前の方なのか、奥の方なのか、口の中に空気が含まれている感じなのか、喉が震えて鳴っているのか、などなど)

先生が、何回でもやって見せてくれた。
「Dog」だけでも、どれだけ沢山の説明と練習があったことか。。。

リーパー・すみ子さんの本の中に、こういう部分があった。
-「音素を学び、音に注意を払っていると、単語を楽に読めるようになります」-(p.102)
-「正確な発音を心がけて、正しく聞く耳をきたえておくと、正しいスペリングで書けるようにもなります」-(p.102)

まさに!
学生時代、ワタシにとっては、単語は読んで覚えるものだった。
「見れば読める(=発音できる)じゃん?読めれば(=発音できれば)書けるじゃん?」と思っていて、単語を書いて覚えている子がいるのが不思議でしょうがなかった。

音素をきっちり学ぶと、フォニックスは否が応でも身についた。

今、うちの子が参加している英語サークルなんかで「フォニックスの歌」とかやっているけれど、「こんな中途半端なことやっていいのかなあ?」と思っていた。
ルルーが小さくて、フォニックスの歌を、ただの歌としか思っていないから、別にかまわないか~と思えるのだけれど、もしルルーが小学生とかだったら、不安はもっと大きかったかも。

「ブ、ブ、Bear」とかいうけれど、そもそもこの「ブ」の音が正しくない。
日本語にはない強い破裂音は、意識させないと出ないのに。


本を読んでいくうちに、フォニックスから入るのはやめようと思うに至った。

これについては後半で。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月15日 (月) | 編集 |
アマゾンUKからメールが来ていて・・・5ポンド以下のDVDがいっぱい・・・

5ポンド以下のDVDはこちら

しかも、アマゾンUKって(アマゾン・フランスもそうだけど)、表示されているのは税込みで、ワタシのように国外からの購入の場合、税金が引かれるから、請求される金額は、表示金額よりもさらに安い!

リトルアインシュタインとか、おたすけマニー(Handy Manny)とか。

  

姪っ子Mimiのクリスマスプレゼント用に、DoraのUltimate pack。
5本入って、請求金額だと10ポンド台。

ブタのキャラ「Peppa pig」が以前から気になっていて、パソコンをのぞきこんでいたルルーが「見たい」と言ったのだけれど・・・


「テレビの見すぎだと思っているのに、これ以上キャラクターを増やしてどうする!」と、自分に言い聞かせたり、「でも77%オフだよ?!」と自分を煽ってみたり。
結論は出ないままカート入り。
(UKだと、カートじゃなくて“バスケット”。 こんなところも違うんだ~)

さらに、せっかく注文するのに「ついでに何か・・・」というスケベ心が。

欲しいのはこれ。

 

「I can cook」という、子供でもできるお料理を作る番組らしい。
4本入りで請求金額だと5ポンドくらいなのだけれど、気になるのは、収録時間。
「70分?」
え? 4本で・・・? 外国のことだし、これ、あってるのかなあ?

もうひとつ、気になるのが、「Mr.Maker」
こっちは、図画工作らしい。

ああ、もう1人英語に興味津々の姪っ子がいるから、その子にもDVDにしたかったんだけどな~。
リージョンフリーのDVDプレーヤーを持ってないから、あげても見られないしね。

とりあえず、姪っ子Mimiの分だけ、確保だ。 クリック!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月12日 (金) | 編集 |
以前から、「一度行ってみたいな~」と思っていたものの、都心に出てゆくのが億劫で申し込んだことのなかったワークショップ。

今回、初めての「埼玉開催」ということで、「Stage1」のワークショップに行ってみた。

正直、「会場に着いたら『ヤなの!』とか言い出して、外に出たがるかもな~」と思っていた。
朝から「バーバパパ」を見たから、ちょっとフランス語モードだったし。

受付をして入場したのが6番目くらい。
会場に入るなり、ルルーは、ちょっとワクワクしているっぽかった。

BGMでかかっていた「オブラディ・オブラダ」に気付いて、
「Bearのだね! Bearがね、Dance♪ Dance♪ するやつ!」と言っている。

トレードカードを見て、
「これ何?」と聞くので、
「これに、『ルルーです』って書いてあってね、先生やお友達と『Hello!』してから、交換するんだよ。『Here you are!』って渡すの。 先生にHelloしに行く?」と言ったら、
「行く!」と即答してカードを持って先生のところに走り出すルルー。

声は小さかったけれど、「Hello」も「My name is ルルー」も言えた。
年を聞かれて、「Two.」とピースサインを見せ、握手もハイタッチもした。

そのまま、他の子供たちとカードをどんどん交換するルルー。

驚いた。
初めての参加で、これだけできれば、ワタシとしてはもう満足!
えらいぞ、ルルー!

そのあと、抱っこをせがんだり、グダグダもしたけど、ノリノリに踊ったりもして、ルルーにしては上出来!

Fruits Quiz では、でかい声で「りんご!」と叫び、キャストと参加者の皆さんから笑われた。
でも、皆さんきっと、stage1じゃなくて、もっとステージが進んでいるんだと思う。
(ま、うちもstage3だけど・・・苦笑)
積極的に大きい声で英語で答える子が続出。
それを見ているうちに、ルルーも英語で答え始めた。


20組も参加すると知って、子供が騒いでグダグダになるんじゃないかと思ったけれど、
キャストのお2人は、さすが!
ほとんどの子がちゃんとキャストに注目している。

プログラムも、フルーツカードを交換し合ったり、パンケーキにそのフルーツカード(シール)を貼ったり。
このくらいの子供のこと、よく分かってる!

1つ1つが長すぎず短すぎずで絶妙だった。


実は、ワタシ自身は、外国の方たちとお話をするのがすごく苦手。
緊張してしまって、ついつい避けてしまう。
できれば、ルルーには、ワタシみたいになってほしくない。

今回はたまたまだったのかもしれないけれど、外国人キャストに物怖じしないルルーを見て、すごく嬉しかった。

これで、またWKE熱に火がつくと良かったのだけれど・・・
帰宅したルルーは、さっそくバーバパパ(フランス語)を見ているわ~(=_=)

でも、今日はとにかく大満足♪


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月10日 (水) | 編集 |
参加している英語サークルで、ここのところ気になっていることが。

もともと、先生は、「L」と「R」が、ノリで発音していたりして、
お腹が「berry」になっていて、「それじゃあ果物のベリーでしょうが!(笑)」と思ったり、
右手が「light hand」になっていて、「それじゃあ、手が光っちゃうよ。あはははは」と思いながら参加している。

でも、そこら辺は、ルルーの隣で私が歌っていれば、ルルーの耳に入るのは私の声だろうから、特に問題には感じていなかった。

が、最近、先生がチャンツを導入し始めて、それが私にはちょっと・・・。


もともとは、松香フォニックス研究所の「バナナじゃなくてbananaチャンツ」というもの。

サークルの先生のは・・・リズムがおかしい。

文字ではうまく説明できないけれど、bananaなら、リズム的には「タタータ」。
なのに、先生のは、「タターータン」
長母音が、一拍分多い。

「ばなーあーな」


サークルの先生のがあまりにひどいので、
「あの松香フォニックスがそんな間違えたリズムのチャンツをやるか?」と疑問に思って、本家のをネットで聞いてみれば、それは、まぎれもなくきちんとしたものだった。

発音が悪いのも厄介かもしれないけれど、リズムが悪いほうがもっと厄介だと思う。

先生、自分で「banana」って言っているときは、そんな変なリズムで言ってないのに、なんでこんな変なチャンツを始めちゃったんだろう?

サークルでは、先生のあとに続いてのリピートが求められていて、他のママさんたちは、先生の真似をするよう子供にうながしているけれど、ワタシとしては覚えてほしくないので、沈黙している。

ただ、うちとしては黙っていたいけれど、「あれ?なんで黙ってるの?」みたいに他の親子の邪魔になるのは避けたい。
レッスン妨害になるし。

ルルーは、というと・・・
キョトン(・_・)? とした顔で無言。

なんか、先生はこのオリジナル・チャンツを気に入っているみたいで、毎回やりそうだけど、覚えないでね~(>_<)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月10日 (水) | 編集 |
最近のルルーは、分かっているのか、分かっていないのか・・・とにかく「あまのじゃく」状態。

ワタシのやっているサークルでは、ルルーより小さい子が多いので、ルルーが一番英語のフレーズを話せるはず。
できれば、積極的に英語で発話して、リーダー的存在になってほしいのだけれど・・・。

現実には、「脱線のリーダー」になっている。

あちこち遊ぶところを見つけては、ワーワー騒ぐので、他の子が真似しまくり。

「ルルー! Come here~」と呼べば、

「ヤなので~す♪」という返事。 おいおい・・・(=_=)


他の子が、楽しいんでいて、「もっと!」とリクエストするので、英語のフレーズをインプットしようと、ワタシが
「One more time?」
と聞けば、ルルーが
「Encore une fois!」とフランス語で答える始末。

ワンモアタイム!って言えるでしょうが~~~っ!


昨日は、お友達と一緒に、以前から参加している英語サークルへ。

先生が、
「Let's count from 10 to 0!」
と言うと、先生の目の前に出て行って

「ウノ!ドス!トレス!クアトロ!シンコ!セイス!」
と、Doraの絵本に出ていた1~6のスペイン語を言い出した。

当たり前だけど、先生、思いっきり無視。
邪魔してゴメンナサイ・・・(=_=;)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月08日 (月) | 編集 |
以前から、会話が日英仏ごちゃまぜのルルー。

区別がついていないんだと思っていた。

ところが昨日の晩、なべを食べていて、ダンナがルルーの器に、好物の人参を沢山入れたら・・・

ルルー 「Many!Many carrots! Carrotsは人参♪」

あれ?

するとダンナが、
「昼間、『あしはleg』って言ってたよ」と・・・。

うなづくルルー。

ルルー 「Carrotsは~英語♪」

Σ( ̄□ ̄)えっ?気付いてる?

どうやら、英語と日本語は区別がついているらしい。

「ルルー、えいご好きなの♪」とも言っていたけど、これは、「えいごであそぼ」のDVDを見ていたときなので、ひょっとしたら、「ルルー、えいご(であそぼ)好きなの」の可能性大

それにしても、日本語と英語と区別していたとは驚いた。
ってことは・・・あのぐちゃまぜ会話はなんだろう?
言えるやつで言ってみた、とか、今の気分で言ってみた、とかなのかなあ?

英仏の区別はついているんだろうか?

ひょっとしたら、日・英・仏の区別はついているけれど、
「この人がこの言語を話す」っていうのが理解できていないのかも。

まあ、それは、本当なら、「1人1言語」が望ましいところを、ワタシ1人で3言語やることの弊害かなあ。。。

相変わらず、フランス語を話すと勘違いされているダンナ。

昨日も、
ルルー 「Il n'y a pas d'eau, ici! Non plus!」(ここにお水がないよ!もうないよ!)
と言われていた。

いつまでたっても、ダンナがバケツにお水を注いでくれないもんだから、段々大きな声で3回も言っていたルルー。

かと思えば、夕方、ルルーがダンナにビーズを見せて
「Quel couleur?」(どの色)
と質問したら、ダンナがフランス語の発音で、「Orange」と答えていた。


ルルーに悟らせるべき? ダンナのフランス語を育てるべき??

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月08日 (月) | 編集 |
単語カードっていうのかなあ?

3つのアルファベットでできている単語を作る、というか・・・絵合わせの延長戦というか・・・

3 Letter Words (Flashkids Flash Cards) ルルーにはまだ、絵のパズルでしかないけれど、頑張って絵を合わせようとしているうちに、単語が目に入ったらしいな~くらいの気持ち。

「337円なら、まあいいか~」と思って買ったけれど、届いてみれば、旧版も変わらないんじゃ?
旧版なら257円だったんだけどな~(セコイ)

絵の裏は、アルファベットが書いてあるだけ。
絵合わせに飽きるような年になったら、単語を作る「Scrabble」みたいな感じでも使えるかも?

絵が可愛いから、ルルーは「やってみる!」と積極的。
もっとも、積極的なのは1日に1度だけ、って感じだけどな~。

flash-card 3 letter

寝起きのパジャマ姿のまま、お布団の上で、せっせと絵合わせをするルルー。

CarとかPigとかはいいんだけど、「mop」とか、ルルーには微妙な単語もあるけど、まあ、それも追々ね。

実は、同時に「rhyming word」というカードも買ったのだけれど・・・こっちは明らかに難しすぎたので、当分はお蔵入り。

Rhyming Words (Flash Kids Flash Cards)
でも、絵合わせをしたら、ライムできている文章があらわれる、っていうのは結構いいかも~!
しかも、意味は、絵である程度分かるし。

 例えば、「My light is bright at night.」とか、「A small red ball hit the wall.」とか、「I think rice with spice is nice.」とか。

337円だし~♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月05日 (金) | 編集 |
2才のときに、WKEをはじめて、早5ヶ月。
あっという間にステージ3。

実は、今はお気に入りのDVDがあふれている状況で、WKEのDVDを見る頻度はかなり少ない。
一度も見ないまま2週間が過ぎた、なんてことはしょっちゅう。

ステージ3のDVDも、2度くらい見ただけで、その後は何も言ってこなかった。
皆さんが「ステージ3はよかった」とおっしゃっていたのに、うちはヒットしないな~と思っていた。

一昨日、久々に
「Mimi見てみる」と、リクエスト。

じゃあ・・・と一緒に見たら・・・
マンモスを作るシーンを見て、
「ルルーも!」と言い出した。

で、それからというもの・・・この2日間、折り紙を切りまくり、糊をぬりまくり、黒い画用紙に貼りまくってます。

Cut! (ジャキっ)
Glue~! (ベタベタ・・・)
Stick! (ぐちゃぐちゃ・・・)

机の上も、机の下も、ぐちゃぐちゃ。

はさみを手にして、ワタシに見せたルルー。

ルルー 「We are scissors!」

(=_=)? え? ママは人間だけど?


ワタシ 「・・・These are sciccors.(って言いたいのね?)」
ルルー 「YES!! We are scissors!」

ワタシ 「ん~。(自分もはさみを手にして) We have scissors!」
ルルー 「ママもscissors?」
ワタシ 「うん。ママもscissors!」(と、はさみを見せる)
ルルー 「いえ~い! We are scissors!」

(;_;) 違うってば・・・


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月05日 (金) | 編集 |
Letter Factory [DVD] [Import]
我が家でも活躍中のLeap frog「Letter Factory」
一日中そればかり見ようとしたこともあったほど。
おかげで、アルファベット26個については、どういう音か覚えた。

覚えた・・・
覚えたように見えた・・・
覚えたんじゃなかったのか・・・?

ルルーが時々参加している幼児英語サークルでは、先生が時々
「ェア、ェア、apple!」
「ブ、ブ、bear!」
「ク、ク、cat!」
とか言っているので、ルルーもそれを真似している。

真似している・・・
真似しているつもりらしい・・・

「ブ、ブ、apple!」

Σ( ̄□ ̄) こ、こら~っ・・・(汗)

「ブ、ブ、hamburger!」

Σ( ̄□ ̄) おいおい・・・

ルルー 「バナナ食べる~♪ ェア、ェア、banana~!」

( ̄_ ̄)・・・いまこそ「ブ!」ですけど?

「グ、グ、grapes!」

(^-^) そうそう。それは言えるのね?

「グ、グ、cookies!」

(-_-) なんかもう・・・お母さんは疲れたよ・・・


すごくよくできるお子さんの話を聞いて、「うちの子、分かってない~!」となりそうなところを、
「まだ2才5ヶ月だもん」と、自分に言い聞かせるワタシ。

カエルさんたち(Leap frogのキャラクター)・・・末永いお付き合いをよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月04日 (木) | 編集 |
Doraが使うから・・・ルルーが「Buenos dias(ブエノス・ディアス)」(=スペイン語で「こんにちは」)とか、「Vomonos(バモノ)」(=Let's go)とか言い出した。

英仏の境界線が曖昧なルルー。

スペイン語が英語とは違う言語って、分かってるかな~(=_=;)

スペイン語も取り入れたい気もするけれど、今の様子を見ていると、これ以上は混乱を増すだけという気もする。
とりあえず、Doraが話す単語だけにしておこう。。。


うちにあるDORAのDVDのうち、2枚「Suivez la carte (Map Adventure)」と「Le village des jouets (City of lost toys)」には、言語選択に「スペイン語」がある。

これを選ぶと、「基本的にスペイン語を話すDORAが、時々英単語を使う」という、このアニメの本来の目的とまるっきり正反対の状態に(笑)
このバージョンで見たら、自分の勉強になるかなあ?


実は、今度の日曜日から、妊娠してやめたフラメンコをまた習いに行くことになった。
優しいダンナが「いいよ」って言ってくれたから♪ 

習いに行く教室は、トップの先生がスペイン人だし、クラスの先生もスペイン帰りなので、用語はもちろんスペイン語、先生の指示に対する返事も「Si!(=Yes)」とスペイン語で。

そんなわけで、私自身がちょっぴりスペイン語に心引かれる日々。
簡単なことなら喋れるくらいになりたいな~

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月04日 (木) | 編集 |
サークルに来てくれているママさんに貸していたDVDが戻ってきて、ルルーは久しぶりのジェニーに大喜び♪

毎日1~2度「えいごであそぼ Sing A Little Song! 2009-2010」のDVDをかけては、嬉しそうに聞いている。

なかでも「MORE AND MORE」という歌が大好きで、一緒になって、この体操のような動きをしている。



で、お風呂に入っていたときに、ふと、同じDVDに入っている「What are you doing?」という歌を鼻歌で歌った。

NHK えいごであそぼ 2009-2010 ベスト
←音が聞きたい人は、こちらのページの下の方にある内容紹介欄で視聴が出来ます。

What are you doing?
What are you doing?
What are you doing when you do this?
(ここでジェニーがジェスチャー)
Guess!
Sweeping the floor~♪(←ジェスチャーの答え)

ちょうどワタシが顔を洗っていたときだったので、答えの部分を「Washing my face~♪」と歌ったら、ルルーは大喜び。

そこで、
「combing my hair」だの、「washing my teeth」だのと歌いながらジェスチャーゲーム。

楽しかった~♪

これ、いいかも。
ルルーは、「I'm coming!」以外に現在進行形を知らないから、-ing形を覚えるきっかけになるかも~♪
それに、「何してるの?」は、いつも日本語かフランス語だったけど、この歌で「What are you doing?」を覚えられるかも~♪

当分、お風呂が楽しくなりそう~

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月03日 (水) | 編集 |
今、ルルーが好んでかけるDVDが、思いっきりフランス語に偏っている。

思いがけずフランス語担当になった「Ni-Hao Kai-Lan」
英語の時は興味を示さなかったのに急にフランス語で見始めた「Les freres KOALA(Koala Brothers)」
3枚入りDVD×3巻で、計9枚入って27ユーロという激安だった「バーバパパ」

おかげで、発話がフランス語に偏ってきたルルー。

小児科へ行くのに自転車に乗っていたら、鳥の大群が見えた。

ルルー 「Regarde, maman!」(=Look, mommy!)
ワタシ 「Ah oui! Les oiseaux s'envolent」(=Oh, yes. Birds are flying.)
ルルー 「Ils volent!」(=They are flying!)

自転車に乗っている間中、興奮していたので

ルルー 「Yuppie! C'est rigolo~!」(=きゃっほう、楽しい~)

と叫び続け、遊歩道に茂った草を指差して

ルルー 「Regarde, maman! C'est magnifique! Qu'il est beau~」
(=Look, mommy! It's magnificent! How beautiful it is!)

(英語って、magnificentって使うかなあ? It's wonderful.ってとこかな(;^^A)

などなど。

今日は、もうとにかく「フランス語気分」だったらしくて、なにやら1人でぶつぶつ言っていたりする。

草抜きをしていたら、
「Qu'est-ce que tu fais?」(何してるの?)と聞いてくる。
草抜きってなんていうのかわからなかったので、
「ん~? 草抜き」と答えた。

が、また聞いてくる。
「Qu'est-ce que tu fais?」

何回「草抜き」と答えても、また聞いてくる。
ええええ~(=_=) フランス語で答えるまで言ってくる気?

知恵を絞って答えるワタシ。
「J'arrache des mauvaises herbes.」(悪い草を引っこ抜いてるの)

そしたら・・・本日初の英語の発話が返ってきた。

ルルー 「I know!」

( ̄人 ̄) むむむ~(怒)

そして、新しいフレーズを、ワタシの肩をポンポンと叩きながら言ってきた。

ルルー 「What do you know, mommy?」

( ̄□ ̄メ) なんじゃそりゃー!!!


一時期、やたらと「I know!」と言うので、ワタシが「You know what?」とか「What do you know?」とか言い返していたから覚えたんだろうけど・・・

ルルーさん、その言い方でそのセリフは一触即発ですぜ?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年11月02日 (火) | 編集 |
おととい、「ダルい~」と熱を測ったら、35度7分。 完全な低体温(-_-;)
かと思えば、昨日は夕方から寒気が来て、あっという間に38度5分。

ルルーは、鼻水も止まらず、夕方になると咳き込みすぎて吐く日々。

それでも、1日1度は、庭で水遊び(!)をしたがるので、ぐったりし始める夕方以降は、DVD三昧の我が家。

体調管理、皆さんはどうされているんでしょう~?

Dora's Storytime Collection (Dora the Explorer)
評判がいいみたいなので、これと、もう1冊同じような青い表紙の本と、両方買ってみた。
ずっしりとした本。
これで1,000円を切るのは確かに安い。
DVDのストーリーが丸々入ったエピソードが全部で7つ。
最後には、スペイン語の索引もある。

が・・・まだ難しかった~(>_<)

ルルーは、まだ長いストーリーをじっと聞くことに慣れていないし、
ワタシも長いストーリーの読み聞かせには慣れていない。

にも関わらず、ルルーはベッドに入ると「Doraを読むの~」とせがんでくる。

気が重くなる私。

最初、「短くかいつまんで」読もうとしたのだけれど、私の英語力では無理~(>_<)。

で、ようやく、こっちの黄色の本に入っている「Mami's birthday」が一番簡単で短めであることを発見。
もっぱらこればかり読んでいる。

ルルーは、Mapの歌を歌って、Swiperを見つければ満足らしい。

2冊あることを知っているルルーが「今度は青い本~」と言うのだけれど、「ママ眠いの~」とはぐらかす日々。
青い方も目を通して、簡単そうなやつを見つけなきゃ~(>_<)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児