2010年12月24日 (金) | 編集 |
今日は、実家から来るまで30分くらいの場所で開催された、WKEのグローバルライブショーに行ってきた。

説明していなかったので、今日はどこへおでかけなのか知らなかったルルー。
出かけるときに、
「今日は、MimiやManiを見に行くよ~」と伝えた。

ルルー 「Mimi?Maniも?わーい」

口で言っているだけで、あまり感情がなさそう。

会場に着くと、MimiやManiの看板を発見。

ルルー 「あ!Mimiがいる!こっちはMani!」

よしよし。いい感じ♪

入り口で、チケットの半券をちぎる人に、ルルー自らがチケットを手渡した。

係の人 「Here you are.」

うわ(=_=) ヒドイ。何がって、はつお・・・ あ、いやいや。ま、いっか。

ワタシ 「Can you say "Thank you"?」
ルルー 「・・・」

次にネイティブのお兄さんが、プログラムとかの入った袋をくれる。

お兄さん 「Here you are!」
ルルー  「Thank you!

Σ( ̄□ ̄) 声、でかっ!!

さあ、ルルーさんにスイッチが入ったぞ。
そこからは、デカい声で、
「Mommy! Come on!」とか言い出した。
英語モードだ~ \(^o^)/

前半はとっても楽しそうに手拍子したり、歌ったり♪
そして・・・不規則発言の数々(笑)

さらには、あまのじゃく。

キャスト 「What color is it?」

他の子供たちが、「Red!」と叫ぶ中、ルルーだけ・・・

ルルー 「I know!」

こら( ̄_ ̄)

キャスト 「What shape is it?」
ルルー  「I know!」

こらーーーっ( ̄_ ̄;) (苦笑)

後半は飽きちゃって、「外へ行く!」と愚図りだし、会場から出たり、なだめたり、大変だったけれど、本人が「楽しかった♪」というのだから、まあ、いいんじゃないだろうか~?

今回は、まだ2歳なのでワタシのひざの上での観覧がOKだったけれど、どうやら本人は一人で席に座りたかったらしい。
となると、次回からは2席確保?
ちょっとコストが高いから、当分なしだな~(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月22日 (水) | 編集 |
つい先日、ワンダーママさんの「No David!のクリスマス版みたいだけど・・・?」という記事を読んだ。

スペイン語版の、クリスマス版の「No David!」

Llego La Navidad, David! / It's Christmas, David!Llego La Navidad, David! / It's Christmas, David!
(2010/09)
David Shannon

商品詳細を見る


400円台だった。

以前、「Biscuit」のスペイン語版、「Biscocho」を読んだりしたこともあったのだけれど、2冊しかないので、続かないでいた。
絵も面白そうだし、いけるかも!

ワンダーママさんの記事で紹介されていた文も簡単で、
「これなら読める(発音も分かるし、意味も分かる)」と思った。

思ったの・・・。

思い切ってポチ。
400円台の本だけ注文してごめんなさい、アマゾンさん。
送料を考えたら、赤字ですね?

翌日、本が届いた。

「わ~!」と声をあげるルルー。
ひざに乗せて早速読む。

よ、よむ・・・。
よみたい・・・。
よめれば・・・

簡単だったのは、いくつかの文だけ。
あとは・・・よく分からない(><)

ま、親がこれだから、ルルーが楽しめるはずもない。

それに、英語とフランス語なら、多少意味が分かるのに、スペイン語だと全く分からないからなんだろう。
ルルーの表情が硬い。
最後まで読んだら、ルルーはすっと立ち上がり、立ち去った。

撃沈。

でも、もうこれですっきりした。
かけ流しはいい。
でも、それ以上の働きかけを他の言語でするのはやめよう。

今やって混乱したり、ルルーを戸惑わせる必要はない。

2011年は、すっきりと英仏に専念だ~!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月17日 (金) | 編集 |
今日は年内最後のフランス語サークルの日♪
ドアツードアで1時間ちょっとかかって行ってきた、神楽坂まで。 はあ・・・しんどい(苦笑)

今日はクリスマスの歌をフランス語で歌ったり、クリスマスに関する単語を習ったり。

で・・・実はクリスマスに関しては、
「DoraのクリスマスのDVDを好んで見ているから、英語はわかってもフランス語はどうかな~?」と思っていた。

先生がクリスマスの単語カードを見せて聞いた。

先生 「Qu'est-ce que c'est?」(=What's this?)
ルルー「Sapin de noel」(=Christmas tree)

え。フランス語で答えたじゃん!

先生 「Qui es-il?」(=Who is he?)
ルルー「Pere noel」(=Santa Claus)

え。またフランス語だ。。。

そのあとも、一人で塗り絵をしていて、くじらを見て「Baleine」と言っていたりして、どうやら「ここはフランス語の場所」と分かっている様子。

そうなんだ~。

普段、英仏が混ざるのは、ボキャブラリーが足りないからなんだろうな。
あと、ワタシがどっちでも答えるから・・・っていうのも大きいんだろうな。
フランス語のサークルだと、フランス語で答えないといけないって思うんだ・・・。

やっぱり、たまにはこういうのに参加するの、いいと思う。
フランス語だけをアウトプットしようとすることで、どれが英語でどれがフランス語なのか、区別がつくみたいだから。

ルルーがもっと楽に話せるように、インプットしなくっちゃ~!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月15日 (水) | 編集 |
ルルーが今、時々参加している英語サークルは、参加者のほとんどが1学年上。
とはいっても、ルルーは5月生まれだから、半年程度しか違わないかもしれないけれど。

(念のため言っておきますが、こちらは、例の妙なチャンツをする先生のサークルではなくて、ルルーのお気に入りの先生がやっているサークルです)

今月は、いわずもがなのクリスマスシーズンなので、歌もクリスマスにちなんだものだった。

「What do you want for Christmas?」の歌詞は、

What do you want for Christmas? Christmas, Christmas♪
What do you want for Christmas? Santa is on his way.
I want a ________ .
I want a great big ________ .

となっていて、下線部に色々な単語が入るようになっている。

で、みんなで歌い終わったあとに、先生が、みんなに聞きだした。

先生 「What do you want for Christmas?」
Aちゃん 「・・・Ribbon!」
先生 「Wow! That's nice!」

先生 「Bちゃん、What do you want for Christmas?」
Bちゃん 「・・・Ribbon!」

と言う具合に。
で、ぐる~っと回って、最後が最年少のルルーの番。

先生 「ルルーちゃん、What do you want for Christmas?」
ルルー「??」

まるで分かっていない感じ。

先生 「Santa will give you a present. What do you want?」
ルルー「(・_・)?」

先生 「Teddy bear? A robot?・・・」

と、先生が歌の歌詞にあったおもちゃの名前を言い出した途端、座っていたルルーが立ち上がり、右手を高々と上げて叫んだ。

ルルー 「Merry Christmas!

みんなが笑って、「おあとがよろしいようで・・・」みたいな雰囲気になり、そのまま次のコーナーへ。

サンタがプレゼントをくれるというような仕組みが分かっていなかったのか、
先生の言っていることが分からなかったのか。

苦し紛れにしては、ハツラツとしていたので(笑)、ま、いっか(^^;)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月13日 (月) | 編集 |
小さい頃から地球儀に触れさせると、「世界」というものをなんとなく分かるようになるからお勧めだと聞いていて、まだ子供が生まれる前に色々と見に行ったこともあった。

が・・・高い。
しかも、本当に子供が見るようになる頃には、どこかの国の名前が変わったり、独立や分裂をする国があるかも。

と思って買えずにいた。

最近、苺ママのブログで、100均にも小さい地球儀があることを知った。
それがきっかけで、再び気になりだした。

本当は、地図も以前から欲しかったのだけれど、私が欲しいヤツは・・・おしゃれなヤツなので、今のルルーにはまだ早い。

JANOD パズルワールドマップJANOD パズルワールドマップ

JANOD

商品詳細を見る


そこで、ちらりと検索したら・・・
フロアマットのワールドマップを見つけた。

ワールドマップフロアマット

定価は5,250円なのだけれど、B級品なのかな?
楽天市場で「やわらかワールドマップ」で検索すると、時々1,000円台のところが見つかる。
ワタシが買ったのは「プロ工具のNABEYA」さんというところで、「送料・消費税込み」で1,280円。
在庫残り3のところをGET!
楽天ポイントも使ったから、880円♪

これは96ピースのやつで、もっと大きい252ピースというのもあるのだけれど、「197cm×125cm」はさすがにデカイし、今6~8ピースのパズルがやっとのルルーに、252ピースはハードルが高すぎ(笑)。

そのくらいのものが作れるくらいになったら、例のオシャレなヤツを買えばいいしね♪

そんなわけで、地球儀を探していたはずが、ワールドマップを購入。

「バーバパパはフランスで、Doraはアメリカで・・・」って話しながらやったら興味を持ってくれるかな?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月11日 (土) | 編集 |
今日は、「石ころを集める!」というルルーとともに、家の前で石拾い&石でお山作り。

うちの家の前は、駅やスーパーから帰るご近所さんたちの通り道。
家の前にいると、何人も横を通って行く。

そのたびに、ルルーが立ちあがって叫ぶ。
「What's this?」

あの人は誰だ?と言いたいのだろうけれど…。
うう。
人を指差して「What's this?」は困りもの。

年配の方が多いので、何を言われているか分からない可能性が大だけれども。

ルルー 「Mommy! What's this?」
ワタシ 「Who is she? …I don't know who she is.」

ご近所さん 「こんにちは~」
ルルー 「(後ろ姿に向かって)What's this?」
ワタシ 「Who is she? 今井さん」

ルルー 「What's this?」 正面からビシっと指差し。
ワタシ 「ルルー、人に向かって指差したらいけないんだよ~。ね~?」

  ↑ここは、指差された人に「ちゃんと注意してますよ~」と知らせるためにも日本語!

あああああ。
家の前で石拾い、疲れる~~。

これ、本を見ながらとか、写真を見ながらとかで、「人の時はWho」ってのを地道にインプットしないと、理解しない気がするぞ~(><)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月10日 (金) | 編集 |
姪っ子へのクリスマスプレゼントをAmazon.UKで買った(DoraのDVD5本パックで10ポンドちょっと)ときに、気になっていたDVDが。
その次の注文の時に、買ってみた。3ポンド以下だったし。


Olive, The Other Reindeer [DVD]

可愛い表紙と、「新たなクリスマスの定番?」という謳い文句に惹かれたワタシ。
中身は・・・結構英語が早くて、ルルーにはまだ無理っぽい。
ワタシもよく聞き取れてないし。

「トナカイが怪我をしたため、サンタがクリスマスのプレゼント配布を断念するとラジオで聞いた犬のOliveが、トナカイの代役をしようと、北極へ向かうのだが・・・」
というストーリー。

ルルーが寝ているときに、1人で見ていたら、ルルーが起きた。
TV画面を見て、「Dora見る」と言うルルー。
が・・・結局、子供には多少英語が難しくても、なんとなく分かるものらしくて、そのまま最後まで一緒に鑑賞。
悪者の乗っているトラックを指さして
「Mail truck!」と叫んだり、
Oliveが悪者にさらわれる場面で「あああー!」と真剣な顔で叫んでいたりしたので、
それなりに楽しんだみたい。

個人的には、先日cottonさんがブログで紹介されていた「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」の方が気になるのだけれど、
どうやら、Oliveも、英米ではもう10年以上親しまれているらしいので、ルルーが小さいうちは毎年出番が来るかも。

Oliveは、とっても現代的。
トナカイが酒場で飲んだくれていたり、サンタの動向をテレビ各局が北極からリポートしていたり(笑)
夢があるような、ないような・・・

声はドリュー・バリモアらしい。 名前は知っているけど・・・どんな女優さんだっけ?(;^^A

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月08日 (水) | 編集 |
最近になって気付いたことが。
ルルーは、楽しくて興奮すると外国語になるらしい。

自転車に乗ると(興奮度3)、お決まりの言葉が。

「ゆっぴ~! C'est rigolo. Au revoir, voitures!」
(=きゃっほー。楽しい~。バイバイ、車たち!)


先日、公園に行って、陽気に滑り台を滑っていた(興奮度4)

ルルー 「Three, two, one・・・Zero! ゆっぴ~!」

すると、二台並んだとなりの滑り台に座った男の子(ちょっと年上)が、
「ご!よん!さん!に!いち!」と叫んで滑り始めた。

叫ぶ仲間がいて嬉しくなったルルー。
明らかにテンションが上がっている。(興奮度Max)

ルルー 「One, two・・・Ten! C'est parti!」

(・_・)こ、こらこら。 1、2、10って・・・しかもそのあとはフランス語だし。

しかし、これを聞いた先ほどの男の子にも、対抗心の火がついて・・・

男の子 「ご~っ!よんっ!さんっ!に~!いち~っ!!」
ルルー 「ワン! トゥー! テンっ! ゆっぴ~!」
男の子 「ごーーーーーっ!よんっ!! さ~~~んっ!!」

先に滑り降りていたルルーが男の子に叫ぶ。

ルルー 「おともだち~っ! No screaming!!」

いやいや。アンタもだってば。それに、通じませんってば。

一つしかない滑り台の階段で、先を越されたルルーが再び叫びだす。

ルルー 「A moi! A moi!」(=わたしも!次は私の番)

興奮しているので、その後も、
「Arrete des betises.」(悪ふざけはやめて~)だの、
「おともだち~!Assis-toi!」(ここに座って)だの、
連発して・・・
当然のごとく何も伝わらず。

それでも本人は楽しそうなので、放っておくのだけれど、あまりにも大声でみんなに通じないことばかり叫ばれると、段々、親の方は居心地が悪くなる。

それにしても、驚くのは子供たちのコミュニケーション能力。

男の子 「ルルーちゃん、こっち、こっち!」
ルルー 「Attends! Attends!」(待って、待って~)

きみ!なぜルルーの名前が分かった?!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月07日 (火) | 編集 |
色々な人のブログにお邪魔していると、紹介されている本やDVDが欲しくなる。

もちろん、ほぼ同い年のお子さんの親御さんのブログもあるけれど、多いのは「少し年上」のお子さんの親御さんが書いたブログ。

そうすると、
「これ、よかった」と書かれていても、正直言うと「うちの子にはまだちょっと早いかな」というものが多い。

そのとき悩むのが「今買うのか」「もっと後に買うのか」。

学生時代、勉強していたのが、割とマイナーな分野だったワタシ。
そうなると、専門書の類は、「見つけたときに買わないと、欲しいときにはもう売っていない」かもしれなかった。
そのときの習性なのか、
「見つけた!」と思うと、すぐに買いたくなる。

昔から「良書」と呼ばれている児童書なんかの類は、まあ別に今買わなくてもなくなったりはしないだろう。

でも、それ以外の本は?

最近だと、
My First Amazing Game (Amazing Game Board Books)
My First Amazing Game

ちょっと早いかな~と思って、買わずにいたら、新品の取り扱いがなくなった!

と、思って再検索したら、画像無しで同一のものと思われる新品情報あり。
ハラハラした~。

You Choose!」とか、「A Year Full of Stories: 366 Stories and Poems」とか、気になるけれど、今買っちゃっていいのか~?
寝かしているうちに、タイミングを逃して(忘れて)しまうんじゃないか~?

欲しいものをどんどん手に入れていたらお金がなくなる(=_=)

待っていたら、本当に必要かわかる気もするし、
待っていた挙句、「やっぱりあれが欲しい」となった時に手に入らなかったら悔しさ大爆発になりそうだし。

むむむ~

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月06日 (月) | 編集 |
リーパーすみ子さんの本で、最初はライムなど、音のリズムに親しめるものを沢山耳にするといいというのを読み、早速買ってみた「Chicka Chicka Boom Boom: Book & CD

が、実は私自身が買うことに乗り気じゃなかった。
以前、アメリカ帰りの友達がDVDを貸してくれて見たのだけれど、一体何がいいのかさっぱり(=_=)
ちっとも面白くないし。
Chicka Chicka Boom Boom: Book & CD
でも、まあお勧めされているし、Ray Charlesの朗読CD付きだというし、無駄になってもいいか・・・くらいの気持ちで買った。

最近、本にはあまり興味を示さないルルーだが、付属のCDを、DVDと勘違いしたらしい。

ルルー 「これ、見る」
ワタシ 「ルルー、これはDVDじゃなくてCDだから、絵は出ないよ。音だけだよ?」
ルルー 「見る~!」

(=_=) わかってない。 ま、いっか。

DVDプレーヤーに入れてみた。
テレビには、静止画面が。 そして流れる朗読。

ルルーは不思議そうな顔をしていた。
不思議すぎたのか、テレビの前で正座して、ポカーンとしていた。

が、以外にも、何パターンも続く朗読を延々と聞いている。

ワタシには良さがよく分からないけれど、楽しいの?
これって、「Goodnight Moon」の時と同じパターン?

とりあえず、せっかく買ったのだから、盛り上げねば!

オムツがモコモコ(パンパン?)の状態になってオムツを替えるときに、
「オムツを替えるよ~! モコモコ・ブン・ブーン!」と言ってみたり(盛り上げ方がおかしい?)していたら、
昨日、またルルーが「これ見る~!」とCDを持ってきた。
イスに座ったまま、リズムに合わせて体を揺らしながら聞いている。

そして、今日、そこら辺の木を指さして
「Coconut tree!」と叫んでいた。

恐るべし、Chika Chika Boom Boom!

たま~にしかお呼びはかからないけれど、細々と「たまに聞く」が続くといいな~(^^)♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2010年12月04日 (土) | 編集 |
12月に入って、街中がクリスマス♪

ワタシにとっての、「クリスマスといえばこれ!」な映画(DVD)は・・・

34丁目の奇跡 [DVD]34丁目の奇跡 [DVD]

商品詳細を見る

男性(夫)のウソに傷ついた経験のあるママは、「ウソはいけない」と信じている。「本当のことを知ることが大事」と。
ママから「サンタはいない」と教えられている娘スーザンは、クリスマスに浮かれる街を見ても、「あれはビジネス」と冷めた目で見つめる。 でも、心の中では、本当はサンタを信じたくて・・・

「サンタクロース」を名乗る男性が裁判にかけられたことから、街中が「あなたはサンタを信じるか」と問いかけられることに。

クリスマス・イブの夜、みんなに起きた奇跡とは・・・

--------------

子供がクリスマスに対して冷めているのが面白かったり、好きな人に対して素直になれないママの気持ちにちょっと同感したり。
そこらへんの家庭では、Thanks givingってこういう感じなのね?とか。
日本ではサンタのパレードはないよね~とか。

デパートのサンタさん役をしている「サンタ」が、ジングルベルを手話で歌うシーンがあって、そこがすごく好き。

英語も簡単だし、英語字幕も出るし~♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月03日 (金) | 編集 |
色々ありまして、「フランス語サークルを始めようかな~」という感じになっていて、ただいま、手持ちの教材を見直し中。

で、そういえば記事にしていなかった「さわこの一日」フランス語版について。
さわこの一日 フランス語
フランス語のかけ流しが「歌」ばかりだったので、何かかけ流せるものを・・・と探していたワタシ。
その頃偶然、色々な人のブログで「さわこの一日」についての記事をたてつづけに見た。
「これ、いいかも!」とそれから何度かヤフオクで入札するも、思ったより値段が高騰して玉砕。
「この値段じゃ手が出ないな~」と半ばあきらめていた。

そうしたら・・・ブログを通じて知り合ったHさんという方が、なんと「さわこの一日」をくださった!!!
(ありがとう! Hさんっ!)

↑この画像は、七田のページから拝借した「最新版」のもの

というわけで、わがやのかけ流し素材に加わったさわこちゃん♪

ルルーの反応はというと・・・
そもそもうちは、かけ流しが機能していない。
ルルーは音が流れているのに気付くと、すぐに「DVD見る!」と言い出すから。

でも、これ(=さわこ)、すごくいいと思う。
まず、DVDよりも断然ゆっくり話しているし、テキストがあるから、何を言っているのか(読める人なら)確認ができる。
童話や歌では、日常会話の表現が出てこないから、家で語りかけようにも、フレーズが分からない。
「さわこの一日」は、まさにルルーくらいの年の子供の日常なので、日常会話のフレーズを知ることができる。

英語以外のかけ流し素材を見つけるのが難しいという現状を考えると、今のところこれが一番かなぁ。

ルルーは、DVDのセリフを拾って使ったりするわけだから、耳が慣れていないってことはないと思う。
かけ流しが機能すれば、いい感じに覚えてくれそうなんだけどな~(><)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月02日 (木) | 編集 |
ショッピングモールへ行く道の脇に、ステキな欧風建築の建物が。
「あれ? これ何? お店?」と、興奮気味に目をやると・・・

それは、宗教団体「幸福の科学」の建物だった。

で、普通は「な~んだ、お店じゃないのか」で終わるところなのだけれど、建物に書いてあった英語名が・・・気になる!!

その名はズバリ 「Happy Science」

違和感がある~(>_<)

「Science of happiness」とか「Science for happiness」とかでなく・・・?

総裁(?)が東大卒ということを考えると、単純に間違っているとは考えにくい。
となると、一番考えられるのは・・・
社会科学が「Social science」なのに対抗して、あえて「Happy science」にすることで、一つの研究分野として確立しようとか思った・・・とか?

でも、パッと見たら、「Science」というものが「Happy~♪ルンルン♪」ってスキップしているみたいに感じてしまって・・・


駅前のスナックの名前が「A votre」で、英語にすると、「To your」。
それを見て、「To your...what?!」と思ったとき以来のモヤモヤっぷり。

今日も、その道を通って、モヤモヤしてます。
誰か、すっきりさせてください。
Happy Scienceって、これで違和感ないものでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月02日 (木) | 編集 |
Carrieさんが、時々今の取り組みを書き出して、今後の方針を書いてらっしゃるのに刺激を受けた。

書き出すことで、客観的に見られるんじゃないかな~と思って。

ということで、早速マネしちゃお~っと。


---【英語】---

<DVD>
 DORA、WKEをメインに、時々Talking factoryとか、Maisyとか、Huckleとか

<かけ流し>
 一応CTPの音源がi-podにはあるものの、ほぼ実現できず

<読み聞かせ>
 寝る前にDoraの絵本を2話程度

<その他>
 WKEのToyで英語遊び

---【仏語】---

<DVD>
 バーバパパを中心に、Caillou、T'choupi、Ni-Hao Kai-Lan、Didou

<かけ流し>
 一応、「さわこの一日」を時々流すものの・・・10分くらい

<読み聞かせ>
 今は、特になし

---【その他の言語】---

<スペイン語> Doraに出てくる数字を言う程度
<中国語>   なし


う~ん、こうしてみると、かけ流しができていないから、圧倒的にインプットが足りていない感じだ。
読み聞かせは、英語は「寝る前のDora」が習慣化したから、細々と続けられている気がする。
一方で、フランス語が全然だ。


~★今後の課題★~

【英語】
・かけ流しを習慣化 →どうしたらいいだろう?
・せっかく音源があるCTPを読むようにする

【フランス語】
・絵本の読み聞かせをできるように ルルーが手にしたくなる工夫
・寝るときに、お話CDのかけ流し

【その他の言語】
・今は積極的には進めない スペイン語や中国語でBGM程度にかけ流せるものが手に入ればやってみる

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2010年12月01日 (水) | 編集 |
ワタシが子供の頃、「やりたい」と言い出した習い事は、一つを除いて全部させてもらっていた。

ワタシの父は、子供の頃、学校に通うこともままならないほど貧乏だったらしい。
中学までしかいけなさそうだった父に、「もったいない」と、昼間は事務員をして夜は夜間の部へ通える高校を、中学校の担任が探してきてくれたという。
高校を卒業して就職してからは、夜間で大学と大学院へ通った。

そういう人だったので、「どんなに貧乏でも教育費だけはケチらない」というのが、父の思いだったらしい。

というわけで、保育園のときには、ピアノと習字をやっていたし、その後も、英語、そろばん、少林寺拳法、塾、バンド(!)・・・曜日が重なって掛け持ちという日もあった。

(まあ、長続きしないものも多くて、長続きしても何一つ身についていなくて、申し訳ない感じなのだけれど)

ただ、一つだけ、やりたいと思っていても、口に出してはいけないような雰囲気があったものが。
それはバレエ。

大きくなって「バレエを習いたかったんだ~」と話したら、「ピアノかバレエか、と思ったんだけれど、バレエは高すぎた~(笑)」と母が言っていた。

とはいっても、父の月給の5ヶ月分もするピアノを「清水の舞台から飛び降りるつもりで買った」のだから、それを思えば通えたんじゃないかという気がしないでもないけど(;^^A

そういうわけで、バレエは私にとってずっと憧れだった。
まだ結婚していない頃から、
「将来子供が生まれたら、バレエを習わせたい」と思っていたほど。

ルルーが今2才半。
一番近所のバレエ教室が「3歳から」なので、いよいよ現実の話になってきた。
とはいえ、本人が気が乗らないのに習わせるわけにもいかない。

ここ最近は、バレエに興味を持たせようと、それとなく、NHKでやっていたバレエの録画をかけてみたりしている。
で、昨日の晩、録画のバレエをかけていたらルルーが踊りだした。
机に手をかけて、足を一生懸命あげている。

きゃっほ~~っ! (>▽<)

ルルーがずーっと足を上げて遊んでいたので、「今のうちに・・・」と思って、ワタシはフラメンコの練習をし始めた。
鏡に向かって腕の練習をしていたら、ルルーが寄ってきた。

「ルルーもピヨピヨする!!」

ぴ、ピヨピヨ??

ムスメに「ピヨピヨ」と表現されてしまうワタシのフラメンコって一体・・・(=_=)?

ルルーがバレエに興味を示さなかったら、そのうち一緒にピヨピヨしようかと思います。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児