2011年02月23日 (水) | 編集 |
ちょっと前から、サイトワードをどう取り組もうかと研究中。
(研究っていうか・・・皆さんのブログを巡回しているだけ。笑)

で、今考えているのは・・・

(1)今やっている、「本のタイトルの単語を指さしで叫ぶ」を継続し、
(2)苺ママさんのブログで見た「単語を書いたマグネットシート」をおもちゃ代わりに置いてみて
(3)ワンダーママさんのブログで見た「サイトワード表に色を塗る」というのをやってみようかと・・・

で、(2)や(3)をやる場所としては、本当は「トイレ」がいいんだろうと思う。
狭い空間の方が学習能率がいいらしいし、一日に何度も行くところだし。
リビングが漆喰壁なので、ちょっと紙を貼ったりは難しいし。

が・・・実は、我が家のトイレは、私の希望で、家を建てるときに思いっきり好きなようにさせてもらった場所。

2階のトイレ1 2階のトイレ2

インテリアを崩すのがためらわれるわけで・・・

で、今、考えているのが、「マグネットOKの大きいブラックボード」を置くことだけれど、希望する「90cm×180cm」だと、なんと17,850円。
非常に非現実的(;_;)
となると、もっと小さいサイズで、「80cm×110cm」で2,880円のこれ↓あたり?


うーん。
うちの場合、サイトワードするとしたら、英語だけじゃなくて、フランス語もしたいところ。
いっそのこと日本語も?
いくら安くても3枚も買ったら8,640円。
十分に、非現実的(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月22日 (火) | 編集 |
ずーーーっと以前に、たまたま100均で見つけたアルファベットポスター。
絵が可愛くて、ワタシのお気に入りだった。
もちろん、ルルーも大好き。

他にもシリーズがあったので、買ってきた。
が・・・お風呂場の貼るスペースには限りがあることを考えていなくて、もういっぱい。
100均ポスター1
100均ポスター2
日本地図が、結構いい。
都道府県名は全部ひらがなで、各都道府県ごとに、ご当地の名物のイラストが。
ちなみに、今住んでいる埼玉は「草加せんべい」、地元名古屋は、ご存知「しゃちほこ」
ルルーは、「しゃちほこ」を見て「Dragon」と言っていた。

和歌山の「梅干」の絵が分かりにくかったり、香川が「うちわ」で「そうなの?」と思ったり。
秋田の「なまはげ」を見て、
ルルーは「ルルー、鬼みつけた~♪ 包丁持ってるの。あぶないの。にんじんやだいこんを切らんといかん(名古屋弁:切らないといけない)」と毎回主張。
なまはげって悪者じゃないんでしょ? 秋田の皆さん、ゴメンナサイ。

「ルルーがいるのは、ここで~。ばあちゃんちは、ここで~」と時々言ってみる。
別に今は理解できなくてもいい。
なんとなくでも「離れている」ことを感じてくれたり、日本に興味が沸くといいな~と思う。

これ、耐久性もあって、我が家的にはかなりヒット♪
これが100円×3なんて~。

このほかには、「九九」しかないんだけれど、「世界地図」を作ってくれないかな~。

お近くにCanDoがある方は是非見てみてください♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月21日 (月) | 編集 |
今朝、ワタシが顔を洗っている間、寝室で待っていたルルー。
Doraの絵本を見ていた。
「読んで」というので読み出したら・・・ところどころ声に出して読み出した。
を!覚えてるんだ~。

そういえば昨日、「Dear Santa」を一人で読んでいたんだった!

ルルー 「Too bouncy, thought Santa. I ▽*○@□ something else.」
    「Too messy, thought Santa. I ▽*○@□ something else.」

I'll send のところがよく分からなかったらしい。

Sight World Readersも、タイトルのところだけ、指さしで読もうとするようになった。
言えるのは
「New socks」
「Up and down」
「My dog」
「This is a peach」

うんうん♪いい感じ♪

ところで・・・先生の真似事をするのがマイブームだと以前にも書いたのだけれど、ルルー先生は今も健在!

ルルー 「Everybody~!Stand up!」
(=_=)ええ? めんどくさいよー
ルルー 「Down, down, down.」
(=_=)せっかく立ったのに・・・
ルルー 「Say, "Banana!"」
ワタシ 「Banana!」
ルルー 「Ok! Say, "Banana is great!"」
ワタシ 「Banana is great!」

( ̄_ ̄) なんじゃ、そりゃ(笑)

日々、妙な文章をリピートさせられるワタシ。

そしてすぐ、「What's wrong?」と聞いてくるルルー。
答えにくい・・・。

ルルーさん、こんな感じで日々成長(?)しています。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月21日 (月) | 編集 |
今日はプリ3日目。

1回目、2回目と順調に通っていたのだが、今日はボロボロ。
最近早起きのルルー。
今朝は5時半起き。プリに送っていく頃にはすでに眠い。

いつものように、カレンダーの「今日の日付」のところに一つシールを貼る。
「今日はここね? 青の日は何だった?」
「幼稚園。お勉強しに行くの」

(^^;) お勉強なんて言葉、どこで覚えた?

しかし、「幼稚園=ママとバイバイ」ということが、すっかり頭に入ったルルー。
プリに着いたら、もう涙。
「ママも!ママといっしょにいきたかった!」と泣いて手を離さない。

条件反射的に言うはずの「See you!」も返事が返ってこない。
それでも、「See you、ルルー!」と言い残して立ち去った。
今までで一番の大泣きが建物の外まで聞こえてくる。

先生ごめんなさいね。よろしく~~(^^)/

お迎えに行ってモニターを見たら・・・今まではノリノリのルルーが映っていたのに、無表情でいつ泣き出してもおかしくない感じのルルーが映っている。
うわ~っ。テンション低っ!
12時になって、先生が「Good-byeの時間だ」と言った途端に、ルルーが「Mommy? Mommy? うわ~~~ん!!!」と大泣き。

どうやら先生が時計を見せて、「12のところに針が来たらママが来る」と説明し、「OK!」と言って泣き止んでいたらしい。そんなわけで、針が12のところに来たのを見せられて、我慢していた涙が一気に・・・。

泣きながら控え室に入ってきたルルー。
ワタシを見つけて抱きつき、「My backpack」と言いながらリュックを開け、水筒を出して「Nothing」と説明している。
ワタシ 「Did you drink all?」
ルルー 「Yes. ひっく、ひっく」
そのあとも、工作タイムに書いた絵を見せてくれた。

クラスメイトがルルーのところへ来て
おともだち 「ママが来てよかったね」
ルルー   「Yes. ひっく、ひっく」
他のクラスメイトが、親を見ると日本語モードになるなか、ルルーだけが英語モード(笑)

先生が来て、ルルーは今日は泣いたり泣き止んで参加したりを繰り返していたそうな。
そこで、説明。
ワタシ 「She got up at 5:30 this morning. So, she is too sleepy and...too grumpy.」
先生  「Oh, I see・・・(笑)」

来週も大泣きかな~(><) う~っ

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月20日 (日) | 編集 |
「お気に入り」に登録済みの、ぬりえや工作の無料ダウンロードサイトをご紹介します♪

◆「ゆってぃ先生のわくわく子供英語」(日本語)

◆「ぬりえで遊ぼう!」(日本語)
  イラストの塗り絵から、ひらがなやアルファベットの塗り絵まで。とにかく沢山。

◆「ぬりえやさん」(英語)
  とにかく沢山♪ 絵がとてもキュート。色を塗って大判のフラッシュカードにも

◆「Starfall.com」(英語)
  一見の価値有り!
 「ABC’s」をクリックして、ページ上部の「For teachers」をクリック →アルファベット塗り絵&ワーク
 「Learn to Read」をクリックすると、フォニックスを習いながら読むページに。結構面白い。

◆「Speekaboos」(英語)
  動画絵本(?)のサイト ワークシートのコーナーがある。ただ・・・小学生向き?

◆「First-School Preschool Activity and Crafts
  まだ、塗り絵くらいしかやったことないけれど、字体が選べたりして面白い

◆「Kizclub.com
  とにかく、種類が豊富。
  お気に入りは「Story&Props」と「Nursery Rymes」。
  絵本や、歌のストーリーに絡む絵があって、白黒の方の絵を使えば塗り絵になる。
  一見の価値あり♪
  工作ページも色々あるし、フラッシュカードのところは、サークルで沢山使わせてもらった。

雨の日で退屈していたら、お試しください~♪
そして、もっといいところがあったら、是非教えてください~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月19日 (土) | 編集 |
今日(金曜日)は、朝から雨だったのと、灯油の宅配がくる予定だったので、おうちで遊ぶことに。
いつもと違うことをしようと思って、ぬりえをした。

サークルのときに、おうちでもアルファベットを見たりしましょうね~ということで、
アルファベットのぬりえとか、アルファベットのサイコロとかを無料サイトからダウンロードしていた。
欠席の人の分が余ったりしていたので、それを利用♪

さて、ルルーの塗り絵の実力は・・・?
ぬりえAB
2才8ヶ月。

細かい作業、苦手かも・・・です。
とりあえず、「神の手と呼ばれる外科医」とかにはなれなさそうです(笑)
でも、カラフルなのも大胆なのも、可愛いということで♪
ちなみに、力いっぱい塗ったので、「ant」は消えかけています。
「What's this? I can't see it!」と言いながら、ムンクの叫びみたいなポーズで「Oh, no~!」とやったらウケてました。

「Dogは?」と聞くので、「CとD」をプリントアウト。

ぬりえCD
が・・・
自分で「もっと」と言っておきながらこのやる気のなさはどうよ?(苦笑)
はみ出さずに塗ることを教えようとした、ワタシの「オレンジ色」だけが輝いてます。
青い犬・・・青いドーナツ
よく言えば前衛的?(爆)
CとDなんて、「絶対に塗る気ないよね?」状態。

アルファベットのサイコロ
ルルーが塗り絵をしている間、ワタシはせっせとサイコロ作り。
が・・・面倒で、1個作っただけで断念。
画用紙にプリントアウトするか、厚紙に貼ってから作るかしないと弱すぎる。
そういえば、ワタシが配るたびに自宅で作ってくれていたらしいママさんは、「牛乳パックに貼ってから作った」と言っていた。

なんだかんだで、ぬりえで遊んでいたのは30分くらい?
たまにはこういう日もいいな~♪

ぬりえは
ゆっちぃ先生のわくわく子供英語」から
(左メニューバーの一番下に、無料のアルファベットぬりえがある)
サイコロは
KIZCLUB」から
(こちらは、無料の素材が満載)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月18日 (金) | 編集 |
(本日、ちょっと下ネタです。キライな方は素通りしてください)

いつも、ルルーをお風呂に入れるのはワタシの役目。
ダンナがいるときでも、そう。

先日、湯船から出て、洗い場でルルーの体をタオルで拭いていたら・・・ルルーが私に言った。

「What's this?」

指さしている先は・・・ワタシの・・・

反射的に「It's・・・」と言い出したものの、これは答えるべき? ごまかすべき??

自分にないものを不思議に思うのは、自然なこと。
ここは、意を決して答えるべきかも!

ワタシ 「It's・・・It's my underhair(* ̄o ̄*)」
ルルー 「Underhair?」
ワタシ 「Yes. Underhair.」
ルルー 「UNDERHAIR~!!」(←大喜びで叫んでいる)

やめて~~っ (/>д<)/

ご近所に聞こえていませんように。
万が一聞こえていたとしても、英語がわかりませんように。
(っていうか、そもそもunderhairで合ってるんだろうか?)

  *追加更新:コメント欄でものぐさハハさんが教えてくださいました。正しくはpubic hairというようです(英辞郎でも確認済み)
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月18日 (金) | 編集 |
(こちらは後半です。できれば先に前半をお読みください。&長文ご容赦ください)

覇織さんもMarinkoさんも、おそらく「言語はコミュニケーションのツールなのだから、時と場合と相手に応じた使い分け(切り替え)が必要」とおっしゃっているのだと思うので、そこに関しては完全に同感。

で、「子供がきちっと使い分け(切り替え)をするにはどうしたらいいんだろう?」と、それぞれが家庭でどういう風だったのかを紹介されていて、どちらもきちんと切り替えが出来ている様子で、「子供ってちゃんと分かるんだよね」という・・・

こういう流れも、時々他の方のブログでも拝見しているので、すんなり(^^)

が・・・ワタシの頭がグルグルになったのは、
覇織さんのお話が、バイリンガル教育のネガティブイメージを避けるための方法として展開されていたから。
読んだ直後は「なるほど」と思ったはずなのに、半日たつあたりからどうにもモヤモヤしてくる。
そして、再読。

モヤモヤの原因は「周りに合わせる」という点だと分かる。
公園に外国の方が沢山いるようなこととか、外国の方とお付き合いする可能性がある覇織さんちと違って、うちの場合、「周り」に合わせていたら、「対ママ」以外で英語や仏語にする機会が非常に少ない。
ワタシのスタンスとしては、「周り」ではなく「コミュニケーションしたい相手に合わせる」だな(^-^)と。
あ~スッキリ♪

と思ったのも束の間、また半日たったあたりからモヤモヤし始める。
そして再読。

モヤモヤの原因は、「ネガティブイメージを避ける」という点だと気付く。
そもそも避ける必要があるのか?と・・・。

「いつの世も、どこにいても、全員が満足するなんてことはありえない。何か文句をいったり、陰口をたたく人がいる。でも自分が悪いことさえしていなければ、萎縮する必要なんてない。言いたいやつには言わせておけばいい」と言われて育ったワタシ。

もし、ネガティブな態度や発言をされたとしても、
通り魔的な批判(言い逃げ)に対しては、相手にしないし(言い逃げだから、相手のしようがないけど)、
親切の仮面を装った批判に対しては、
「スゴ~イ!そうなんですかー。ワタシなんかついつい、周りがやっていると焦っちゃって(^^;)」とか、嘘八百を言ってみる。

こういう知らない他人に説教じみた批判がしたい人って、大抵自己顕示欲が強いから、褒めておけば、いっぱい自慢&説教(「人に流されてちゃダメよ」とか「うちの子なんてやらなくても出来たわよ」とか)したら満足して去って行ってくれるし。

というより・・・ピリッとした空気は感じたことがあっても、ネガティブなことを言われたことが・・・ない気がする。

相手が英語育児に批判的だろうが、何か言ってこようが、別にそんなのはどうでもよくない? と思った。

が・・・またしても半日ぐらいしてからモヤモヤ。

実は、何度か覇織さんには実際にお会いしたことがある。
だから、「そんなに『人からどう見られているか』を気にして行動決定する人かなあ?」という疑問が。
そうこうしているうちに、先日、幼稚園のプレ教室の体験に行ったときに、英語で話してくるルルーに対して英語でかえすか、一瞬とまどったことを思い出した。

で、再読。

それでようやく気がついた。
そっか。これからルルーがワタシの手を離れて少しずつ社会に出て行くっていうことは、他人のネガティブな感情がルルーに向かうこともあるってことか・・・と。
(今頃気付くのって、遅い?笑)

強くなって欲しいから、きっとワタシが母に言われたように「言いたいやつには言わせておけ」って、ルルーにも言うとは思うけれど、まだそれを理解して行動するにはルルーは幼いだろうと思う。
外国語育児って、ルルーが望んでしているのではなく、ワタシがしたくてしているわけなので、ネガティブな反応がワタシに来るのはかまわないとしても、ルルーに向かうのは・・・イヤだわ。

覇織さんが言いたかった「ネガティブイメージを避ける」っていうのも、自分にふりかかってくるネガティブイメージというより(それも多少あるとしても)、娘さんにふりかかってくるネガティブイメージのことを言っているんだと解釈した。

で、我が家はと言いますと・・・
来年からはいい環境にあるな~と思って。
プリに行くときは「このお友達とは英語」だし、幼稚園のプレに行くときは「このお友達とは日本語」だし。
こういう恵まれた環境の中で、ルルーに自然に使い分けを身につけてもらうためにも、きちんと使い分けルールを実践して見せるのはワタシの役目。

をを~(=_=) 頑張ろう~~~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月17日 (木) | 編集 |
(長文です。前半です)

この1週間くらいで、言語の切り替えや、それに関するルールについて、興味深い記事を立て続けに読んだ。

一つは、覇織さんの「バイリンガル教育のマイナスイメージを避ける
(↑タイトルはこうですが、中身は主に言語の切り替えやルールの話です)

もう一つは、Marinkoさんの「生活の中での英語⇔日本語の切り替え
(↑昨年末の記事を今頃読みました)

ワタシ、この手の記事を読むと、頭の中がグルグルするタイプです(苦笑)

なかでも一番考えさせられたのが、覇織さんの記事内にあった、「英語と日本語を混ぜて使わない」という部分。
こういうのってよく聞く話。
実は覇織さんご本人からそのことを聞いたこともある。
が、そのときは、理解していなかった。 いわゆる、ルー語みたいに混ぜるのはダメということなのかと思っていた。

----------------以下引用-----------------
『英語のDVDを観ている時に、日本語でコメントするのはNG。というようなルールです。
「ママは英語を聞いている時は英語で考えてるの。だから、日本語で話されると分かんなくなっちゃうから、英語にしてね。」と言い聞かせました。

これは、「I want to go to お風呂。」というチャンポンを否定するわけではないんです。

英語で何かをする時は英語、日本語で何かをする時は日本語、というルールです。英語で話していたのに、唐突に日本語を文単位で混ぜてくるのはダメ、という事です。

「ねえねえ、これ見て。すごく上手に出来たの。I'm happy! ママはどう思う?」みたいな言い方ですね。分かる英語だけを、突然英語で言う。これは我が家ではダメです。日本語で話している時は、「嬉しい!」と言えばよろしい。

逆に、"Mommy, when I went to the park, I wanted to play with my friend, えーと、それでね、でもね、I couldn't talk to them." もダメ。"well, ... " "then," "but" と言わないと英語は伝わりません。おかしい言い方なだけであって、伝わってないよ。と教えます。』
----------------引用ここまで-----------------

で、この2つあとくらいの記事で、覇織さんは、このルールをまず親自身が徹底することで、ルールは0歳からでも教えられるとおっしゃっています。

Marinkoさんは、子供に「ルールはこう」と口で説明することはしないけれど、親自身がルールを守っていれば、子供は理解すると書いてらっしゃいました。

で、我が家はというと・・・「英語(フランス語)を話しているときに、文単位で日本語を混ぜる」ということはないけれども、「日本語で話しているときに、文単位で英語やフランス語を混ぜる」は、日常茶飯事 (/>д<)/
あと、英語(フランス語)のDVDを見ているときに日本語で話したりは・・・する(笑)

この、「英語のDVDを見ているときに、日本語で話しかけたりしない」というのは、タエさんもおっしゃっていたこと。

というわけで、ここ数日、かなり意識しているけれど、これが結構厳しい~(><)
忙しいときとか、「それどころじゃない」感じ。

で、これだけだとそんなに頭がグルグルしないのだけれど、もう一点についてはこの後の記事で。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月16日 (水) | 編集 |
先週の月曜日は、ルルーにとって2日目のプリ(今は週1だから)。

前回と違うのは、だまし討ちのように置いていかれた(前回)のではなく、今回は「ママに置いていかれる」と最初から分かっていたこと。

プリに行かなきゃいけない時間ギリギリまで、お気に入りの「レザニモー(Les animaux=動物たち。フランス語担当)」と遊んでいたルルー。
「幼稚園、行かない」と主張する。

おもむろに水筒にリンゴジュースを入れて、
「リンゴジュースが入っているからね。ジュースの時間に飲んでね」と言ったら、
「ジュース、ジュース~♪」とご機嫌に。
さすが子供。単純だ(爆)

玄関に着いたら、ルルーはめっちゃ涙目。
ルルー 「ママ。ママも。」
ワタシ 「See you!」
ルルー 「See you・・・」(条件反射のリピート。目は涙でいっぱい)
ワタシ 「Enjoy!」

(そして、自分時間を満喫♪)

30分前にお迎えに出向いた。

控え室にはすでに2組の親御さんが。
以前、マイナーなこの学校のことを知りたくて、women's parkでトピックをたてたときに、在校生のママさんがお返事をくれた。
そのときに、「親同士も非常に仲がいいですよ」と書いてあった。
その理由が、分かった。

控え室が和室で、掘りごたつがあって、お茶も飲める。
モニターがあって、子供の様子が見られるから、遠くの人だと、朝からそこでモニター見ていたりするし、お迎えの人も、15~30分前くらいには控え室に着いて、モニターを見ている。
なんというか・・・ちょっと「囲炉裏」風?(笑)
そんなわけで、毎回モニターを見ながら、
「○○ちゃん頑張ってるね~」とか、「あ、うちの子が叱られて連れて行かれた~!(苦笑)」とか「この間、家でも△△って英語で言っててさ~」とか、おしゃべりに花が咲いている。

もともと少人数だから、顔もすぐに覚えるし。

有名だったり、校舎が立派だったりするのがいいわけじゃないよね~と思う。

モニターで見たルルーはというと・・・
今回はかなりきちんと座っていられた(びっくり!)。
アルファベットを習っていて、それも楽しそうにやっていた。

てっきり、前回と同じくらい陽気に戻ってくるのかと思ったら・・・
控え室でワタシを見つけるなり、一気に涙目に。

ルルー 「Mommy~! Mommy cat!」(なぜかわからないけれど、ルルーはワタシをこう呼ぶ)

抱きしめあうワタシたち。
今日も頑張ったんだね~。エラかったね~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月15日 (火) | 編集 |
ルルーにはもう遅すぎるのだろうけれど、WKEのStage4にブタさんの「Wee~wee~wee, all the way home♪」という歌が入っていたので、去年のクリスマス前にこういうものを買ってみた。
フランス語の手遊び歌にもブタが5匹出てくるヤツがあるから、フランス語サークルにも使えるかも・・・と思ったし。
Little Piggy
手のひらにある小さな本を開くと、歌の歌詞があって、めくりながら歌う方式に。

で、「ママ、Pig歌って~」と持ってくるので、
絵本を開く前に、一つずつ指さしながら、ワタシが
「This!」「Little!」「Piggy~!」と叫んでいたら、ルルーも一緒に指さしながら叫ぶように。

とりあえず、この3つはサイトワードできるように・・・なったかも?
Piggyはともかく、「This」と「Little」は最初に覚えるにはいい単語♪

千里の道も一歩から。
とりあえず、最初の一歩を踏み出した。

このシリーズは他にもあって、甥っ子には「Old MacDonald had a farm」をクリスマスにプレゼント♪
妹も歌ってるかなあ?

This Little Piggy: A Hand-puppet Board Book (Little Scholastic) Old Macdonald: A Hand-Puppet Board Book (Little Scholastic) にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月15日 (火) | 編集 |
ルルーは今日からパンツ♪
2才8ヶ月にして、ようやくトイレ・トレーニング。

2週間前からカレンダーに赤丸をつけて、「この日からパンツだよ~」とインプット。
今朝は「今日から、ミミちゃん(仮名:ルルーのイトコ)になる」と喜んでいた。

が・・・
ルルー 「ママ、もれちゃった(><)」
ワタシ 「うん。今日からパンツだからね。おし○こが出たら、パンツがぬれちゃうんだよ~。今度は、『出そう』って思ったら、ママに教えてね!」
ルルー 「うん(;_;)」

次も・・・次も・・・

トイレに行くのを嫌がって「出ない」と主張。
そしてその直後にまた・・・

午前中だけで、4回パンツ替え。

こういう事態を予測してパンツは大量に買っていた(8枚)のだけれど・・・
このペースでは足りなくなる。
というか、パンツはともかく、ズボンが足りないっ!

ルルーが「眠い」というので、「お昼寝のときはオムツだよ」と、オムツに交換。

その前から「オムツがいい!」と主張していたルルー。
「これでもうぬれない? これでもう大丈夫?」とホッとした様子。

ま、初日はこんなものか。。。
無理はしないことにした。
「みんな、こういうのを乗り越えてきたのね~」と、先輩ママさんたちを尊敬した。

で、オムツはずしとともに、問題になるのが、春からのお弁当。
ルルーは、肉がキライ。卵がキライ。マヨネーズがキライ。

つまり、子供の喜びそうなものは、ほぼ全部NG。
玉子焼き×、ウィンナー×、ハム×、ハンバーグ類×、ポテトサラダ×、からあげ×、
なんてったって、アンパンマンカレーとかに微量入っているミンチ肉までも気付いて出すくらいだから・・・。
サンドイッチも、食べてくれるような具がない・・・。

好きなもの・・・
お豆腐、メカブ、お味噌汁に入っている人参ともやし、納豆、焼き魚、市販の安い餃子(肉を感じない)、白米

う~ん(=_=)
焼き魚と餃子くらいはお弁当のおかずになるか・・・。

が、どっちみち大問題なのが・・・ルルーは冷めたものがキライ (/>д<)/

お弁当どうしよう~~~!?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月14日 (月) | 編集 |
節分をし忘れたことで、お雛様も出し忘れた(;^^A

億劫で先延ばしにしていたけれど、「これ以上は延ばせない~!」ということで、ようやく出したお雛様。

お雛様2011
「お雛様だよ~」と教えたら「おひめさま」と聞き間違えたらしい。
う~ん、まあ、間違ってはいないような・・・。

「これはルルー。大きくなったらこういう風になるんだよ~」と言うと、大喜び♪
「お嫁さんになる」という意味だったのだけれど、
「大きくなったらお姫様になる」と思っているような気がする。

ま、いっか。

最近、気付いたことが。
それは・・・「実は読み聞かせできてないんじゃ?」ということ。

うちは、「読み聞かせ=寝かしつけ」なので、
ベッドに入って、仰向けに寝転がって本を読む。
IKEAで試しまくって選んだベッドスプリングだけに、寝転がるとあっという間に眠くなるワタシ。

ひどいときは、1話読みきる前に寝そうになる。
寝そうになると、本が手から滑り落ち、ルルーの顔面に激突。
怒って「あーー!」と大声を出すルルー。

読み聞かせ、している気になっていたけれど、していないんじゃ・・・?

いやいや、0.8冊でも、5日たてば4冊分に?
「5日で4冊?」
0冊よりはマシでしょう!(笑)

少し頑張ろう!とやる気になった途端、ルルーが選んだのは、ワタシの本棚に入っていた日本語絵本。

てんてん
(2004/01)
ピーター レイノルズ

商品詳細を見る


うちには、家庭保育園で届いた日本語絵本が結構あるのだけれど、そちらはさっぱり選ばない。
いつも、ワタシの本棚から抜いてくる。
階段脇にあって、目に付きやすいからなのかなあ?
絵本好きのワタシが、「自分用」に買ったものなので、ルルーにはまだ早い(=理解が難しそうな)ものばかり。
でも、絵本の趣味が合うのかな?と思うと、ちょっと嬉しい。

英語もフランス語も絵本を読まないので、危機感いっぱいでいたら、3日前あたりから、Sight Word Readersの本を持ってくるようになった。
Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!
今までは、箱に入ったまま本棚にあったのだけれど、完全にお蔵入りだったので、100均で買った木箱に入れて見えるようにそこら辺に置いたのが良かったのかも。
まだ1日に1冊(8ページ)だけれど、千里の道も一歩から!
かけ流しの音源に入れてみよ~っと。
あ・・・かけ流しはフランス語にしてるんだよな~。 ま、これくらいはいっか♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月13日 (日) | 編集 |
先週の月曜日、初めてプリの準備クラス(月曜 9:30~12:00)へ行ってきたルルー。

一気に英語に傾きだした。
Doraを見ながら、英語と宇宙語で画面に語りかけたり、私に「Look!」と言っては、Doraの身に何が起きているかを説明しようとしたり。
(ちっとも説明できていないけれど、気持ちは伝わってくる。笑)

今日は今日で、公園に行ったら、砂場にスワイパーがいると見立てて、Doraごっこ。

ルルー 「Do you see swiper? There he is! Behind the gate!」
ワタシ 「We have to stop him!」
ルルー&ワタシ 「Swiper, no swiping!(×3回)Oh, men! 」

そのあともずっと英語。
いつもなら、同じくらいフランス語でもあれこれ言うのに。。。
「週1の午前」を1回でこれか~(><)

というわけで、ワタシの心の中では猛烈に「フランス語~~っ!!」という気分に。

英語だけでも大変だというのに、英語環境を作っておきながら、フランス語をゴリ押ししようとする母。
ワタシって、いじわるかも??
ここ数日、英語のかけながしは一切せず。
ひたすらフランス語をかけ流し。

タイミングよく、AmazonフランスからDVDと絵本が届いた。
早速、ひとつ見てみたのだけれど・・・

ルルー 「Cajou、ちょっとむずかしい」

( ̄□ ̄;)えっ、やっぱり?
フランス語のレベルは高くないけれど、内容が地球環境絡みのものが多くて、2才のルルーにはよく分からないに違いない。

今、Amazonフランスでは、「子供のDVD、この中から4巻選んだら、そのうち安いほうの2巻分はタダ」というキャンペーンを実施中。
で、「この中」というのに、先日紹介したPeppa pigのフランス語版が3本入っている。

今まで、「1キャラ1言語」を守ってきたけれど、買っちゃおうかな~(^^;)
 

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月09日 (水) | 編集 |
よく、「ダンナは、すぐに買ってあげちゃって」とか、「ダンナに子供を任せると、もてあまして買い物に連れて行って、妙なものを買ってくる」とか聞く。

が、うちの場合、それはワタシ。
ダンナは・・・そういうところは結構厳しい。

もてあますとすぐに買い物に行ってしまうのはワタシ。
公園に連れて行くのはダンナ。

ついついアイスとかを買っちゃうのはワタシ(自分が食べたいし)。
滅多に買わないのはダンナ。

先日、買い物があって、みんなでショッピングモールへ。
おもちゃで遊べるキッズスペースの目の前にはマクドナルド。
ひとしきり遊んだルルーは、マックを指さしてワタシにねだる。
「ルルー、あそこに行く」

キャ~(><) 時々来てるのバレちゃうじゃん!

ワタシ 「パパに聞いてごらん? パパが『いいよ』って言ったらね」
ルルー 「パパ~!」

その後、ダンナの耳元でねだっていた様子だけれど、気付けば、ダンナと手をつないでマックではない方向へ歩き出している。

ワタシ 「スゴイね。(ルルーが)よくあきらめたねえ」
ダンナ 「いや、『う~ん』って言ってたら、ルルーもそれ以上言わなかったよ?」
ワタシ 「そうなんだー。悟ったのかなあ?」
ダンナ 「なんか、『I like potato.』とか言ってたけど(笑)」

あら、ルルーちゃん、そこは複数形よ?とかの前に・・・

ルルーさんっ!! それではただの「じゃがいも好き」になってしまいます!!

いや、まあ・・・私自身「French fries」とか言ったことないから、ルルーに「言え」というのも無理な話だけれども。

結局この日は、ワタシが食べたくてダンナにねだり、マックポテトとシェイクを食べましたとさ。
めでたし、めでたし(爆)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月09日 (水) | 編集 |
なんか、いつも、発音に関しては強気な発言を繰り返してきた。

が・・・先日、きちんと言えていないことを初めて認識した。
先日って言っても、年末なんだけど(笑)

妹と子供たちがクリスマスケーキを作っているときにDVDを回していて、そのときにルルーに向かってちょこっとだけ英語で話しかけたところがあったのだけれど・・・

自分の発音にビックリ!
録画を見るまでもなく、発音した瞬間に「あれーー?!言えてない!!」と思った。
ずっと、「言えているつもり」でいて、自分の音をちゃんと聞いていなかった。
冷静になったら・・・いやもう、崩れまくり。

英語を言わなくなってから早15年以上。
そりゃあ、言えなくもなるわ。

言っていないと、口の周りの筋肉が衰えて、思うように口が動かない。
これは、フランス語に関しても同じで、「なんで言えないの~? こんな発音、前は余裕だったのに(><)」と思うことがしょっちゅう。

思えば、中学や高校は、週に英語が何コマもあるわけで、教科書を読むのが回ってこなかったとしても、単語は書かずに口に出して覚える派だったので、多少は口にする。
それに、週1で、例の「発音に厳しい英語教室」へ通っていたので、少なくともそこではきっちり口を動かしていたはず。

大学の時も、部活のメンバーが「酔うと英語」だったし、「酔うと外国語カラオケ」だったので、まあ動かしていたんだろう。

ただ、「どういう発音なのか分かっていない」のではなくて、「分かっているけれど、思っている音を出せない」という状態なので、例えば、「sh」と発音すべきところが「s」の音になる(Sheと言うべきところがSeeみたいな音になる)みたいなことはなくて、「sh」と言っているのだけれど、「ああ、この音は正しくない~。完成度が70%っていう感じ~」という・・・
伝わるだろうか?
「Big」とか「Book」とかの「B」の破裂音が「違うなー。もっと強くないと!」みたいな・・・。
伝わる??

多分、ネイティブか、ちゃんと発音を学んで身につけた人以外には・・・そんなにバレないと思うけれど、英語を口にするたびに「ああ、こうじゃないのに」と思うのは、結構ストレスが溜まる。

毎晩の読み聞かせがねえ・・・(=_=)
ま、読み聞かせの良し悪しに、ママの発音は関係ないらしいから、気にしないようにするしかないのだけれど。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月08日 (火) | 編集 |
昨日は、プリの準備クラスの初日。

先週水曜日あたりから、ダンナがもらってきてくれた卓上カレンダーに青色で印をつけ、毎日1つずつシールを貼ってきた。
ワタシ 「今日はこの日だよ。(ルルーが日付の上にシールを貼る)。青い日はなんだっけ?」
ルルー 「ようちえん!」
ワタシ 「あたり~! 英語の幼稚園だよ。楽しみだね~?」
ルルー 「たのしみ~!」

ママが一緒にはいないことも、さりげなく、何度か伝えるようにした。

当日の朝、黄色のリュックを背負ってご機嫌なルルーを自転車に乗せ、いざ出発!
陽気なルルーに、語りかける。

ワタシ 「今日ね、ママは中には入れないの。」
ルルー 「ルルーは入れる?」
ワタシ 「ルルーは入れるよ。ママは入っちゃダメなの。でも、ルルーが頑張ってたら、お昼ご飯のころに、ママが迎えに行くからね?がんばってね?」
ルルー 「はーい」

分かってるのか分かってないのか・・・。
学校(見た目はただの一軒家)に近づく頃になったら、急に口数の減ったルルー。
ワタシの緊張が伝わったのかもしれない。

玄関をあけると、アシスタントの先生がいて、出迎えてくれた。

先生 「Wow! Your backpack is so cute !!」

表情が少し硬いルルー。
不安げな顔で「ママも」と言う。

ワタシ 「ルルー。See you~♪」
ルルー 「See you・・・」

「See you」と言われて「See you」と返すのは、我が家では完全に条件反射(笑)

玄関を閉めて、さっさと自転車に乗った。
泣き声が聞こえてこないことを願いながら。(ま、泣いたところでどうしようもないけど)

母子分離って、親のほうもドキドキなのね。

家に帰って、洗濯物を干したりパソコンしたりして・・・お迎えに。

学校にはモニターがあって、子供の様子が見られるようになっている。
他のお母さん方はもう控え室にいてモニターを見ていた。

ママさんA 「あ、新しく入った子の?」
ワタシ   「はい、よろしくお願いします」
ママさんA 「泣いてたよ~(笑)」
ワタシ   「やっぱり?(苦笑)」
ママさんA 「でも、そのあとは、一緒にやってたよ。初めてとは思えないくらいよ~」

アシスタント先生いわく、最初の30分は、泣いたり、「ママ(のところへ)行く」と言っていたらしい。
でも、ママがいないのを悟ってからは、一緒に参加したのだそうな。

モニターに映るルルーは、楽しそうにはしゃいでた。
そして、集団生活のルールが分かっていないルルーは、やたらと席を立ち、注意されたり、アシスタント先生に連れ戻されたりしていた(笑)
子供6人に先生が2人。贅沢な環境だわ♪

控え室に続々と子供たちが帰ってくる。

・・・? あれ? ルルーが来ない・・・?

そしたら、先生が笑って連れてきてくれた。
プリスクールの子たちと一緒に自分もランチを食べる気でいたらしい(^^;)

先生に「ネイティブとのレッスンの経験があるのか」と聞かれた。
「すごく自然な言葉が出てる」とお褒めの言葉。
「『It's broken!』とか言っていて驚きましたよー」と、アシスタントの先生。

(=_=;) え、ルルー、何か壊しましたか? それとも壊れていたんでしょうか~?(ヒヤヒヤ)

ルルーは、とにかく楽しかったらしくて、興奮したままの状態で家に帰ってきた。
お気に入りのピンクのワニを見つけて、
「Bebe crocodile~♪」(=赤ちゃんワニ~♪)と、抱きしめ、
「ママ、遊ぼ~♪」と、フランス語担当の動物たちと遊び始めた。

初日としては大成功?
これから何があるかは分からないけれど、とりあえず、やっていけそうな気がします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月06日 (日) | 編集 |
明日から、いよいよ母子分離でプリの準備クラスへ行くルルー。

この週末は、教室に持って行く水筒とリュックサックを買いに行った。
先週見学に行ってからというもの、毎日カレンダーに1つずつシールを貼って、
「今日はこの日だよー。青色がついている日(月曜)は幼稚園(プリ)へ行くんだよ~」とインプット。

好き嫌いがすごくハッキリしているルルー。
気に入るリュックサックが見つからなかったらどうしよう~(><)とドキドキしていたワタシ。
が、意外にもあっさりと、ワタシが選んだものを気に入ってくれた。

気分を盛り上げねば~!ということで、リュックサックのことは「Backpack」と呼ぶことにした。
(これで、ちょこっとDoraの気分?)
ルルーはというと・・・

「It's my backpack!」と大喜び。

家の中でもBackpackを背負って、水筒で水を飲んでいる。
しめしめ(^^)

明日は、9時半にプリへ送っていったら、玄関先でアシスタントの先生にルルーを預け、ママは立ち去るお約束。
一度、母子分離の体験で泣きすぎて吐いたルルー。
明日も大泣きかな~(><)

さっき、持ち物に名前を書いていたら、私の方がすでにドキドキ。
親にとっても、子にとっても、大きな試練。母子分離。

ルルーが頑張れますように・・・♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月04日 (金) | 編集 |
最近、ふと気付いたことが。
今まで、ルルーの発話における英仏のバランスは、「ほぼ同じか、若干フランス語優位」だった。
が、ここにきて、「ほぼ同じか、若干英語優位」になっている気がする。

今、フランス語ではまっているDVDがなくて、先日届いた「Peppa pig」にハマりまくっているのが大きい。
英語はサークルがあったり、プリの見学に行ったりして触れる機会が多いのに、フランス語に触れる機会がほとんどなくなっていたせいもある。

今月から、プリスクールの準備クラスに(週1だけど)通うことになったルルー。
4月からは週3だ。

決めてきたのは自分だけれど、今、すごく不安。
英語で言えることが増える反面、フランス語のレベルが上がらなかったら、言いたいことが言えないフランス語で発話することがなくなってしまうんじゃないか?と。

そんなわけで、家での取り組みをフランス語寄りにしたい。

したい! したいのよーーーっ!!
と思うのは、ワタシの勝手で、ルルーはそんなことお構いなし。

Peppa pig、こんなにハマるなら、フランス語で買えば良かった~(><)
アマゾンUKだと、3巻セットで5.5ポンド(約730円)
アマゾン・フランスだと、1本で10ユーロ弱(約1,200円)だったんだもん・・・(;_;)

かけ流しも、少ない語りかけも、DVDもフランス語寄りにしたいし、フランス語に触れる機会をもっと!!

昨日お会いした、英語教室の先生の息子さんは、4歳になったら急に「ママ、英語はNo!」と言い出したらしい。そういえば、ワタシがお世話になっているサークルの先生の息子さんも、幼稚園に上がる頃にママが英語で話しかけてくることを完全拒否したそうな。

親の思惑がモノを言うのも今のうち・・・ということで、ただいま、フランス語の取り組みを真剣に検討中!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月02日 (水) | 編集 |
もう感覚が慣れてしまって、スーパーとか、公園とか、その場にいる人と今後のつきあいがないような場面では、ルルーが何語で話しても、(周りの目は気になるものの)そんなに動じることのないワタシ。

が・・・さすがに昨日は恥ずかしかった(><)

先日の記事で、ルルーが先生の真似みたいなことをする、と書いたのだけれど・・・どうやらあれ、今のマイ・ブームらしい。

昨日、ショッピングモールのキッズスペースにいたら、突然、一段高いところに立ったルルー。
そして、始まった。

ルルー 「Say "Jingle bell"!」

ワタシが返事をしないと、返事をするまで声が大きくなるルルー。

ルルー 「Are you ready? Say "JIN-GLE BELL" !!」
ワタシ 「Jingle bell.」
ルルー 「OK! Everybody~! Say "Jin-gle bell" !!」
ワタシ 「Jingle bell.」
ルルー 「Great!」

なぜ今、ジングルベル?
それに、「Everybody~」とか言われても、他の人は答えませんって。

「ちゃんと、“Jin-gle bell”と音節に区切っていたわ」とか「everybodyっていつ覚えたんだろう? Everyoneでなくて?」とか、ごちゃごちゃ頭の中で考えたものの、それより何より
「やめて~~っ!恥ずかしいから~~っ!」と心が叫ぶ。

ルルーにはそれと気付かれないように、でもワタシの中ではめいっぱい「コソコソと」ルルーを連れてその場を後にした。

で、今度はおもちゃ売り場のキッズコーナーへ。
ここは、置いてあるおもちゃで自由に遊べるようになっている。

キティちゃんのボタンを押すと音が流れて、弾いている気になれるバイオリンを手にしたルルー。
歌いだした。
ひょえーーーっ (/>д<)/

ルルー 「I'm singing~♪ I am singing~♪」

ちょっと小さくなっているワタシ。

ルルー 「ママ、“Wow!”ってして! “Bravo, ルルー!”ってして!」

えええええっ(;>д<)

ルルー 「I'm singing~♪ I am singing~♪
ワタシ 「Wow! Bravo, ルル~
ルルー 「It's for you~♪ It's for you, mommy~♪

(;^^A  ・・・愛の歌? ありがと、ルルー。

3回くらい歌って、「歌いきったわ!」みたいな満足げな顔で、思いっきりガバっとハグしてきた。

あ、ありがとう、ルルー。
ママは周りの視線が痛いんですけど・・・このまま抱っこで立ち去っていいですか?

今度のマイ・ブームは、かなり恥ずかしい~(汗)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月02日 (水) | 編集 |
DVDに関して、うちはこれで正解だった、と思うことがある。
それは、日本語で見られるDVDがほとんどないこと。

うちは、10ヶ国語に挑戦しているマルチリンガル育児の方のブログに触発されて始まったので、最初はフランス語からだった。
そんなわけで、最初に買ったDVDもフランス語のTROTRO。

以前からワタシが自分用にAmazonフランスでDVDを買ったりしていたので、そもそも持っているDVDプレーヤーが、欧州の方式(PAL)に対応しているものだった。

最初のうちは、DORAすら、フランスAmazonで買っていたし。(英仏両方見られるから)
だから、最初にDORAを見せたときも、フランス語で見せた。
当時は2才くらいで、まったく無視されたけれど。

その後、Leap frog見たさにマルチリージョンのDVDプレーヤーを買い・・・現在にいたる。

で、ふと気付いたら、日本語で見られるDVDが、ほとんどない。

姪っ子(3歳)は、日本語でも見られることに気付くとかならず日本語を要求していたし、
別の姪っ子(5歳)も、Maisyのときに「英語はイヤ。日本語にして」と言っていた。

が、うちの場合、そもそも日本語で見られるものがないので、
英語で見るのがイヤなら、フランス語で見るしかないし、それでもイヤなら、スペイン語だのオランダ語だの、とにかく収録されている外国語でみるしか選択肢がない(笑)

多分、もう・・・こういうものだとルルーは思っているに違いない。

日本のものを買わないのは、単に「高いから」の一言に尽きるのだけれど、
日本のものが高い以上、これからもきっとAmazon.UK、Amazon.France、Amazon.comで買うと思う。

が!!!
ここにきて、ワタシが欲しいDVDが~~~っ。



高い・・・高すぎる・・・(;_;)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年02月01日 (火) | 編集 |
今日は、以前にも2度見学に行ったことのある、比較的近所(自転車で行ける距離)のプリへ、また見学に行ってきた。

前回(8月)は、プリスクールの様子を見たのだけれど、今回は、プリに入るための準備クラス(プリPrep)。

驚いたのは、ルルーと同じくらいの年の子が、ちゃんと座って(床にだけれど、自分のクッションに座って)きちんと先生の話を聞いていたこと。
レッスンが始まったときなんて、みんな自然に正座していた。

ずっと、色の名前をどんどん増やしているようで、今日も一通り色の話をしたあとに、お絵描きをしたのだけれど、ママと片時も離れられないはずのルルーが、ワタシと少し距離のあるところで、みんなと一緒にきちんと座って挑戦していた。

それに、クレヨンの持ち方まで、先生がちゃんと教えてくれていた。
今日は欠席が多くて、ルルーを入れて、Prepクラスは4人。普段は、ルルー抜きで6人らしい。
でも、その6人に先生が2人つく(ネイティブ先生とアシスタントのバイリンガル先生)
少人数だからきちんと目が届くんだ。


先生が「しつけ」をすごくきちんとしようとしていることが、まず「いいかも!」と思うきっかけだった。
それに、ルルーが自分で、みんなと同じように何かをしようとトライしているのが、後ろから見てもはっきり分かった。
親といると甘えが出るけれど、ひとりで頑張る意欲がこんなにあるんだ!と思った。

来年度の1年間、ただワタシとだけいることがいいことのようには思えなかった。
本人の「やろう」としているのを応援したい。
お友達が大好きなルルー。

年少からは幼稚園に行く予定なので、1年間だけの予定のプリだけれど、きっと無駄じゃないと思う。
ママ抜きで、お友達や先生と過ごす時間は、ルルーを成長させてくれるはず。
まあ、結果的に無駄になるかもしれなくても、今正しいと思う方向にとりあえず進んでみよう!と思った。

その場で、入会申込書を書いた。

ルルーは、2月から、毎週月曜9:30~12:00、プリの準備クラスへ行くことになりました。
4月からは、週3の予定で、縦割り保育のプリへ進む予定です。

ちなみに・・・ルルーが通う、プリの準備クラスは、
「毎週月曜 9:30~12:00 で、1ヶ月7,000円」
今払っている英語サークルの費用を思えば、かなりお得感ありです。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
 
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児