--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月30日 (月) | 編集 |
今年のルルーの誕生日は、実家からみんなが駆けつけてくれて盛大になるはずだった。
が・・・出発当日に姪っ子が高熱でダウン。
次々と風邪をうつして、家中が総倒れ。

そんなわけで家族だけで、にぎやかにお祝い~!
の予定が・・・
ワタシはここ数日調子が悪く、
ルルーさんは、誕生日当日にまさかの発熱(;_;) ををぅ・・・

もともと体力のある子なので、38度5分になっても結構元気♪
そんなわけで、みんなからもらっているプレゼントを次々に渡してお祝いタイム☆

--------------------------
妹からもらったのは・・・
シルバニアファミリー おでかけファミリーカー V-01シルバニアファミリー おでかけファミリーカー V-01
(2011/02/12)
エポック社

商品詳細を見る

バンパーが取り外せてピクニックセットになるという・・・
ありがとう♪

--------------------------
で、ばあちゃんからもらったのは・・・
CASIO デジタルカメラ EXILIM Z800 ピンク EX-Z800PK 1410万画素 光学4倍ズーム 広角27mm 2.7型液晶CASIO デジタルカメラ EXILIM Z800 ピンク EX-Z800PK 1410万画素 光学4倍ズーム 広角27mm 2.7型液晶
(2010/09/10)
カシオ

商品詳細を見る

ボタン操作が超簡単なので、あっという間に覚えてしまった。
ありがとう♪

--------------------------
で、私たちからのプレゼントは・・・
JANOD パズルワールドマップJANOD パズルワールドマップ
()
JANOD

商品詳細を見る


当初、音の出る地球儀を買うつもりだった。
でも購入者のコメントを見ていたら、子供が小さいと、ガンガンやられて、あっという間にペンが壊れたり、ペンで擦れて地球儀の表記が消えてしまったりするらしい・・・
ということで、インテリアを損ねないので以前から気になっていた壁掛けのマグネット地図に変更。

ワールドマップ
ルルーは「エッフェル塔」が好きだし、ワタシが習っているので「フラメンコ」が気になっているから、ここは重要なポイント♪
印字がずれて、国の名前が切れちゃっているあたり・・・さすがフランス製。適当すぎる(涙)

早速、「マドレーヌはフランスで、Trotroはベルギーで・・・Caillouはカナダで、Doraはアメリカにいるんだよ~」と。
で、「ルルーはココだよ~」と、「極東」にある、しかも形が適当にされてしまっている日本を指差してみる。
ああ、これで分かるんだろうか???

--------------------------
それともう1つ。
実は、プリでプレゼントをもらってきた。
あけてみたら、小さいホワイトボード(マグネット付き)と、お弁当用の、ケースに入ったフォーク。
ルルーのフォークセットのケースが壊れているのをご存知だからこそのチョイス?

まさか、(お値段が張らないものとはいえ)普通にプレゼントをくれるとは思っていなかった。
すごく嬉しかった。
ルルーも喜んでたし。
この間なんて、お休みの子がいたりして、生徒が3人の日があった。
経営、大丈夫でしょうか~(><)
ああ、生徒を増やすことにご協力できたらいいのに!
ママの似顔絵
ルルーが描いてくれた記念すべき「3才になっての初作品」
ルルーいわく・・・

「Mommy is so scared. Because it's stormy today.」

雰囲気が出ていたので、記念にパチリ。
その後、すぐに消されていた。

明日は朝から病院だ~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月28日 (土) | 編集 |
去年は楽しんでみていた「えいごであそぼ」
最近は、さっぱり。というか、軽く拒否。

代わって、お気に入りになりつつあるのが「プレ基礎英語」。
前半部分の、世界の色々な国で質問しているのが楽しいらしい。
「ちょこっとワールドワイドキッズっぽい」と思うのはワタシだけかなあ?
Cowdojiさんも、なかなか悪くないと思う。

で、ものぐさハハさんに教えてもらった「Gabby」も、割と見る。
「プレ基礎英語」ほどではないけれど。
あの、異様なほどわざとらしい、ゆっくりとした話し方が、大人はイラッとするけれど、子供は構わないのかなあ?
あれを失笑するほどの英語力はない、ということなのかも。

DVDにも、新しいお気に入りが登場♪

先週、ルルーが急に聞いてきた。

ルルー 「ママ、ルルーのおうちにもスパンジバがあるの?」
ワタシ 「スパンジバ・・・? スパン??」

(・_・) ひたすら考えるワタシ。

はっ! 分かったぞ~!
スポンジボブね?

ガーーーーン
ごめんね、ルルー。「スポンジ・ボブ」じゃないの(;^^A

DoraのDVDが当たり前のように多言語版だったので、よく考えもせずに買ったスポンジ・ボブ。
届いてみたら、英語が入っていなくて、フランス語のみだった。

そんなわけで、我が家にあるのは、ボブ・レポンジュ(Bob l'eponge)。

ルルーは、DVDの棚でこれを見つけたらしい。

気に入っているみたいだけれど、買い足したくないので、もっとハマるようなら、Youtubeのお世話にならねば~。



にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月24日 (火) | 編集 |
土曜日は、Sports Day(運動会)だった。

埼玉の、こじんまりとした学校ばかり3校合同で。
親が参加するスポーツもあったり、各校4種目参加できるようになっていたり。

色々考えて準備をしてくださったんだな~というのが伝わってきて、楽しかった。

楽しかった・・・楽しか・・・た、楽し・・・(=_=)

行きの車の中でのルルーは、かつてないほどノリノリ♪
ずーーーっとSchool Songを大声で歌っていたり、ワタシとダンナが話していると、「No Japanese please!」とか言って、自ら英語モードに突入したり。

ところが・・・いざとなったら、ルルーは大泣き。
ワタシの首にしがみついて離れようとしない。

そんなこんなで、ワタシもずーーーーっと抱っこしまくり。くたびれた~(><)
ルルーは、プリの先生がいる前では、これまで見たことがないほど日本語三昧。
なのに・・・
家に帰ってきたら再び、「No Japanese please!」と連呼。
1人っ子だから、親の関心を独り占めしてきた。そのせいかもしれない。
ダンナとワタシが話していると、すぐに「No Japanese please!」と割り込んでくる。
おかげで、土曜日以降、ルルーがいると、夫婦の会話が進まない・・・
ダンナ、my love!
ダンナと思う存分話がしたいよぅ(;_;)

もうすぐルルーの3歳の誕生日♪
水曜日に、母と妹と姪っ子・甥っ子が遊びに来るので、散々散らかった家を、必死で片付けている。
そう・・・必死で片付けないといけないほど、家の中が散らかりまくっている。
ああ、ワタシってば片付けられないオンナなのね?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月20日 (金) | 編集 |
実はここ最近、ネットで購入したものでトラブルが。

1つは、マーケットプレイス。
日本のアマゾンで買ったのだけれど、出品者はドイツの人だったようで、ドイツから、すごーーーーーく時間がたって届いた。
そう、買ったことも忘れていたほど(笑)

が、あけてみて何か違和感。ん?ん?
いくら絶版とはいえ、こんなものにこんなに出して買っただろうか?

アマゾンの商品ページで見ていたら、「Audiobook」となっていて、商品説明のところにも、「本+60分のCD」と書いてあったのに、届いたものは32ページの薄い本のみ。
ガーーーーン(=_=)

ダメもとでメールを出してみた。
「返品&返金をお願いします!」と。

お返事がなかなか来なくて、「こりゃあ、日本語が分からなかったとか? あるいは、無視?」と思っていたところに、メールが届いた。

「返品・返金でもいいし、他の業者から購入して再送することもできるので、どちらがいいですか?」と。
マーケットプレイスで今から買おうとしたら、ワタシの購入金額の3倍出しても買えない。
そんなわけで、「再送でお願いしますっ!!」と。

さっき、「送りました。2~3週間お待ちください」との連絡メールが。
よかった、よかった。

しかも、今手元にある本は、「送り返さなくて結構です」だそうな。 ラッキー(なんだろうか?)

-----------------------

もう1つは、楽天で買った「マントルピース」
マントルピース
GW前に届いていたのだけれど、ようやくこの前の日曜日に組み立てようと開いたら・・・
天板の裏がバックリ割れている。

ふつう返品交換って、購入日から7日間とかが多いよね~(=_=)
もうとっくに過ぎてるし・・・。 組み立てちゃえば、見えないor目立たないかもしれないし・・・
と思ったものの、なんと27,000円も出したので、諦めきれない!
ダメ元で連絡したら・・・

返品交換してもらえることに。
しかも、乾燥が原因でその手の事例がいくつか出ているらしくて、まずは店舗で3台用意して、開封して1週間様子を見たうえで、問題がなかったものを送ってくれるとのこと。

店長さん、ありがとう。

もちろん、こっちのを送り返す送料とかってかからないよね?(←聞き忘れた)

立て続けにトラブルがあって、ちょっと凹んでいたので、なんとなく、円満に解決できて嬉しい。
さてと・・・家の中を片付けなくてはっ!!!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月18日 (水) | 編集 |
4月某日、ワタシはルルーを連れて、ある方に会いに行きました。
英語とフランス語の通訳&翻訳のお仕事をされている方で、親子英語の先生をなさっています。
その方に、親子仏語のサークルの先生をしてもらおう!と思い、細かいお話をしに行ったんです。
(以下、その方のことは「Aさん」と表記)

「具体的にどういうことがしたいのか」というワタシの希望を聞かれ、
ワタシの答えは・・・

・プライベートでなく、グループレッスンかサークル形式
  (他にもフランス語を話すお子さんとお友達になりたい)
・できればルルーと似た年齢、似たレベルのお子さんたち
・子育て表現も教えてもらってワタシもレベルアップ
・同じように仏語育児をしている方々とお友達になりたい

などなど。
とりとめなくワタシが話したら、Aさんからピシャリ!

(1)まず、レッスンしたいのは、自分なのか子供なのか
(2)優先順位をはっきりさせる
   何にプライオリティーを置くかがはっきりすれば、
   それ以外のことについてはどこまで妥協するかの問題

我が家の悩みは、ルルーのフランス語レベルがとっても中途半端な微妙な位置づけにあること

日仏家庭のお子さんの場合、今は発話が少なくても、インプット量が違うので、きっとあっという間に抜かれるはず。
かといって、日本人同士の家庭で、我が家みたいにフランス語に取り組んでいる人はほとんどいないだろうから、ルルーくらいのフランス語を話すお子さんが近くには見当たらない。

この<我が家の悩み>については、Aさんも同意。

Aさんいわく
 日本人で「一緒に習えるような距離に住む子で、ルルーと同じくらいの理解度・発話の同世代の子」というのは、まずいないだろう。
ルルーはまさに中間にいる。
とすれば、上に合わせるのか下に合わせるのかということ。

(a)ネイティブレベルに合わせる(日仏の学校へ通わせる)のか、
(b)趣味程度で「ちょっとやらせてみようかと思って」という日本人ママさんたちとその子供と一緒に、仲良くやるのか

「しかしこれも、あなた(=ワタシのこと)が、「他の子と一緒にやりたい」と最初っからずーっと言っているから。そこが第一優先なの? そこが第一優先でないのであれば、ルルーちゃんは、わたしでもなく、ネイティブの先生にプライベートで見てもらうのがいいと思う」とのこと。

言われてみれば確かに、ワタシが「同じレベルの他のお子さんと一緒に」と思うから話が難しくなるわけで・・・。

本当は、一緒にやりたい子(日仏ダブルのお子さん)がいた。
年齢も近いし、仏語レベルも似た感じ。 一緒にやれたらな~と思っていた。
でも、その後事情が色々と変わってきた。

なんだかずっと、ルルーのフランス語環境をどうしようかと模索中。
久々にもっと積極的に検索かけたりしてみようかな~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月17日 (火) | 編集 |
たびたび、あちこちのブログで話題になる「外で英語で語りかけできるか?」という問題。

ワタシは、「大して英語(仏語)ができなくても、平気でできる派」だと、コメントしてきた。

が・・・さすがに今日は厳しかった(;^^A

プリからそのまま公園に直行したワタシたち。
滑り台を滑ったりして陽気に遊んでいたルルー。

トンネル型の遊具をのぞいていたルルーが、ふと振り返る

ルルー 「On va (faire) le cache-cache!」(かくれんぼしよう!)
ワタシ 「OK!」
ルルー 「Un, deux, trois, ・・・dix! J'arrive!」(1,2,3,・・・10! いくよ~)

かくれんぼの時は、フランス語だな~。
英語でなんていうか知らないからだろうなー。

最初の3回くらいは、普通にかくれんぼしていたのだけれど、さっぱりとした公園だけに隠れるような場所がない。
滑り台の下とか、もう「丸見えでしょうが!」みたいなところだけ。
大人としてはつまらなくなるので、ベンチの裏に隠れてみた。

ルルー 「・・・10! Attention! J'arrive!」(・・・10! 気をつけて~、行くよ~!)

(・_・)?? キョロキョロしているルルー

ルルー 「マモ~ン(Maman)? ウーエッチュー(Ou es-tu? どこにいるの?)」

すぐに気付けなかったルルーは、不安になったのか、ワタシを真剣に探し始めるのだけれど、ワタシがいるのと正反対の方向へどんどん進んでゆく。

ルルー 「マモ~ン? ウーエッチュー? チュエラ?(Tu es la? ここにいるの?)」

遊具をのぞいたり、キョロキョロしながら、「ウーエッチュ?」だの「チュエラ~?」だの言っている。
不安になって、声はどんどん大きくなる。
そしてワタシから遠ざかる。

ああ、ヤバイ。早く見つけさせてあげないと。泣いちゃうかも? どこか遠くへ行っちゃうかも~!!

早くルルーを止めたいワタシ。
けど・・・こんな遠くからルルーを呼び止めるの?
意味不明の言葉を発しながら何かを探している様子のルルーに、すでに注目が集まっているこのタイミングで??

でも、「ルルーを止めなきゃ!」という一心で、意を決して遠くのルルーに向かって叫ぶワタシ。

ワタシ 「クックー!(Coucou! ばあ!ここだよ~!)」
その瞬間、公園にいた人たち全員の視線が、バッとワタシに向けられた。

ひぃーーーーっ (/>д<)/

さすがのワタシもノックダウン。
フランス語モードを即解除。

ワタシ 「ルルー! ルル~っ!」(早く見つけて~~~!泣)

今まで豪語していたことを反省。 まだまだ度胸が足りなかった・・・(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月16日 (月) | 編集 |
ルルーがワタシによく言われるセリフ、それは
「No screaming!」
小さい頃からよく奇声を発したり(って、こう書くと変な子みたいだけど)、大声をあげるので、よくこう言って注意していた。

他にも、ブーブーと言ってツバが飛ぶので「No booing!」とか。

すると最近、自分からあれこれと指示してくるように。

ルルー 「ママ! No touching! OK?」
ワタシ 「OK」(=_=)何も触ってませんけど??

ルルー 「No junmping, Mommy! OK?」
ワタシ 「・・・OK・・・」(=_=)飛んでませんけど??

今日は、食後に甘夏をむいていたら、遊んで欲しかったらしくて

ルルー 「Mommy! No peeling orange! OK?」
ワタシ 「ええ~っ(=_=)」
ルルー 「No peeling!!」 ワタシの服をひっぱり、手から甘夏を引き離す。

(>□<)ワタシのあまなつ~~~っ!

「No ~ing」のブームが来たらしい。なんか、文句言われっぱなし(^^;)


ところで今日は、少し早いけれど、お誕生日の記念撮影をしに、スタジオアリスへ。
毎年グズって、去年は無愛想な顔のものを1枚撮れただけ。
3歳目前の今年は・・・

ええ。例年と同じように愚図るルルー。
ご機嫌をとったり、禁断の「モノで吊る作戦」まで決行。
ご褒美は、「マックでランチとロリポップ購入」

肝心の取り組みは・・・
ペネロペの本に、ロリポップ・キャンディを持っている話があって、絵本はそれ。
自分もロリポップを片手に、嬉しそうに聞いていた。
そして・・・今日、ある方にいただいたDVDを見せたら、ツボだったらしく、朝、夕方、晩ご飯のあとと3回も要求が。
お風呂のあとにも見ようとするルルーをダンナが「テレビはもう寝ちゃったんだよ~」と阻止。ふぅ(;^^A

Peep & Big Wide World: Chirp Flies [DVD] [Import]Peep & Big Wide World: Chirp Flies [DVD] [Import]
(2005/10/11)
David Huband、Jamie Watson 他

商品詳細を見る

英語も聞き取りやすいし、チョコボールのキョロちゃんみたいなキャラが可愛かったりして、ちょうど今頃が楽しいんだろうと思う。
聞き取れた単語やフレーズを言おうとしているし、いい感じ♪
これは、かなりのヒットになる予感だ~っ \(>▽<)/



にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月13日 (金) | 編集 |
昨日は、ルルーが「お店に行きたい!」というので、近くのショッピングセンターへ。
お昼はうどんのつもりが、「ポテトのお店がいい~」だの、「あ!M!」だの言うので、マクドナルドへ。

ルルーは「肉がNG」なので、フィレオフィッシュのセットを頼んだら、「ポテトは準備中」ということであとから持ってきてくれることに。

そして満を持してポテト登場!
うきうき顔のルルー。 チャンス!

ルルーが短いポテトを盛った瞬間にささやく。

ワタシ 「It's short! (とびきり長いヤツを手にとって)I got a long one!」
ルルー 「Ah-oh!」

そこから、お互いにポテトを取り合っては、shortだのlongだのと言い合う。

ふと、フランス語ではまだ覚えられていないだろうな、と思い・・・

ワタシ 「Tu sais comment dire en francais?(=Do you know how to say in english?)」
ルルー 「(-_-)う~ん・・・ petit?(=little, small)」
ワタシ 「No~n. C'est "courte".(※)」

(※ 仏語をかじった方へ:フライドポテト pomme frite は女性系なので、短いcourtも女性系です)

で、そこからはフランス語で courteだのlongueだのと言い合う。

使っている単語や文章は、大したことない。

「long / short」 ・ 「long / court」
「I got a long(short) one.」 ・ 「J'ai une longue / une courte.」
「This is mine.」 ・ 「C'est a moi.」
「Who eats the last one?」 ・ 「Qui mange la derniere?」

でも、ゲームっぽくて楽しかったり、ちょっと小声でコソコソしている感じが楽しかったりする。
それに、こういうのちょっとしたことが、「いきなり外国語モード」の練習になっているかな~と思う。

昨日は「木曜日はフランス語」という目論見どおり、ちょっとフランス語が多め。
3種類のDVDを見て(見すぎ。苦笑)、
先日ラミネートしたカードで先生ごっこ。

もっとも、先生役はルルーなので、ルルーの発する言葉といえば、
「Qu'est-ce que c'est?(=What's this?)」くらいのもの。
延々と単語を答えたワタシ。 優等生だわ~(笑)
きっとこれも、インプットになる・・・と信じましょう(=_=)

<昨日の取り組み>
DVD:Penelope、T'choupi、Caillou(我が家は仏語、リンクは英語版)
かけ流し:「Baby's first steps in french」
絵本:No David!×2回、しまじろう(こどもちゃれんじプチ昨年の8月号)

   にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月11日 (水) | 編集 |
最近の工作ブーム(?)に背中を押され、「やらなきゃ」と思ったまま放置していたラミネート作業に着手!
子供が起きているときには出来ないので、深夜1時半から、せっせと作業♪

La nouvelle imagerie des enfantsLa nouvelle imagerie des enfants
(2006/10)
Emilie Beaumont

商品詳細を見る


フラッシュカード付きの、子供用で超初歩の絵辞典がある。
絵の下の文字部分が切り取り線で取れるようになっていて、そのまま遊ばせるとすぐに外れてどこかへいってしまいそう。
というわけで、まずは100枚を名刺サイズでラミネートした

フランス語フラッシュカード1 フランス語フラッシュカード2

100枚って結構大変(><)

ただ、これをどうやって使おうかまだ決められない。
そのままだと、楽しくないよね?
ワンダーママさんみたいに、思い切ってマグネットをつけてしまおうかな。

それとも、穴をあけてリングに通す??

とりあえず、残りの分のラミネートシールを買ってこなくては。
まだまだラミネートしたいものがいっぱい!
やりだすと面倒だけれど楽しいかもっ!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月09日 (月) | 編集 |
この前の記事でも書いたのだけれど、我が家では、出産祝いやお年玉などを、「これで何か買ってあげて」と明言された場合を除いて、ほぼすべてルルーの口座に貯金している。

しかも、ただ貯金をするのではなく、極力「誰からいただいたか」が分かるようにしている。
その方法は・・・

ダンナの口座から、ルルーの口座への振込みは、「同一銀行・同一支店で、銀行の指定する預け入れ金額(50万円)がダンナの口座にあれば」、振り込み手数料が無料になる。
そこで、
(1)ダンナの口座にいただいたお金を一旦入金し、
(2)ダンナの口座からルルーの口座へ振り込み(手数料無料)
(3)振り込む際に、振込み人名の欄を、そのお金をくださった方の名前に変更

これをすると、ルルーの貯金通帳には、誰からいくらもらったのかが表示されることになる。

お年玉の時期なんて、1歳や2歳のことなので「500円」をいただくケースが多く、作業自体は多少面倒そう。(振り込み手続きは、ダンナがネットでやっている)

現在、約84万円。
まだ、3歳にもなっていないルルー。結構なお金持ちだ。

実は、なんでこんなことをせっせとやっているかというと、(本人が望めば、だけれど)将来のルルーの留学費用に充てたいから。

どこからか「降って湧いた」ようなお金ではなくて、みんながルルーのことを思ってくださったお金を使って勉強しに行ったのだと理解して欲しいから。
これまでの、みんなの思いが、ルルーの現在を支えてくれているのだと、知って欲しいから。

というのは、
わざわざ留学させてもらったのに、苦手な授業を欠席しまくったり、日本人同士でつるみまくっていた自分の過去を反省していまして・・・(;^^A

ま、留学に限ったことでなくて、本人が何か夢をかなえるために必要になったときに、渡そう(使おう)と思う。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月09日 (月) | 編集 |
ただいま、ダンナの実家にお邪魔中。
今日(すでに昨日ですが)は母の日だったのと、ルルーのお誕生日をフライングしてお祝い♪

実際にはまだ2才のルルー。
一昨日行った遊園地で、「3歳以上かつ身長95cm以上」というアトラクションに乗るため、年齢詐称で「3才」と言う練習をしたルルー。

今日は、ケーキも食べて、プレゼントももらったので、すっかり「もう3才」なのだと思い込んでいる様子。
今まで、うがいができなくて、プリのアシスタント先生からも連絡を受けていたのだけれど、今日は自分からうがいの練習。
本人いわく、「3才になったから出来る」らしい。
かわいい(笑)

で、義両親からのプレゼントはというと・・・本とお金♪
今年いただいたのはコレ↓
パパ、お月さまとって!パパ、お月さまとって!
(1986/12)
エリック カール

商品詳細を見る


ルルーは「お月さま」が大好きなので、大喜び。
エリック・カールの本は結構持っているのだけれど、この本は、英語版にするか日本語にするかを悩んだ挙句買わなかった本。
かぶらなくて良かった~♪
お義父さん、お義母さん、ありがとうございます!

夕食後にリビングで3回読んで、お布団に入ってから3回読んだ。
ダンナとも1回読んでいたから、計7回。
ふゥ・・・

いただいたお金で何かを買うのか、はたまた何も買わずにルルーの口座に貯金するのか悩み中。
出産祝いから始まり、「ルルーちゃんに」ともらったお金は、「これで何か買ってあげて」と明言された場合を除けば、全部貯金してきた我が家。
ルルーさんは、すでに84万円持っている。大金持ち!!
せっかく「誕生日祝い」としてもらったのだから、貯金しちゃうんじゃなくて、何か買ってあげようかな~。

最近、ルルーは急に反抗期(苦笑)
すごーーーく大きな声で「イヤ!」「もうイヤ!」とか叫ぶ。
昨日なんて、「ママ、もうイヤ!」「ママはもういらない!」なんて言われたし(;_;)
「キック!」とか言って、弱弱しく蹴ってくるし。
ダンナのお母さんが、ルルーにお洋服を買ってくれるということでお店に行ったのだけれど、ルルーは洋服よりおもちゃでママと遊びたくて、洋服選びを促すと、「イヤ!」と叫んで反抗する。
すごく時間がかかってご迷惑をかけたのだけれど、
「自我が芽生えてきたんだね。成長だね~。よかったね~」と言ってくださるお義母さん。

結婚するときに、ワタシの知らないところで息子(ダンナ)に、「これからは、仮に私たちと何かもめるようなことがあったとしても、アンタはゆみさんの味方につかなきゃダメだよ。」と言ってくださったらしい。。。

ワタシが大好きなダンナを育ててくれた義両親は、裏表のない、付き合いやすい方々です。
ワタシ、幸せ者です。ルルーもね!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月07日 (土) | 編集 |
ここのところ、フルハウスがブーム(?)のようで、あちこちのブログで記事に書かれていたりする。
うちも、一応シーズン1があるので、「GWがあけたら(ワタシが)見てみよう~」と思っていて。。。
ふと思い出した。

買ったまま、放置状態のDVDを。

それは、BBCのドキュメンタリー、「Blue Planet」と「Life」

きっかけは、「Marinkoさん」と「ゆうくさん」の記事を読んだから。
お2人が(そしてお子さんが)、いかに感動して興奮しているかは、過去記事をご覧いただければ分かるはず。

Marinkoさん 「凄い!美しい映像のDVD!もう興味や楽しみのための教材は要らない」 
Marinkoさん 「更にハイレベルな映像が美しすぎるDVD!
ゆうくさん  「BBCのBlue Planet

しかも、これが高いならいざしらず、アマゾンUKでの購入価格が、約7ポンド(Blue planet 4枚組)と10ポンド(Life 4枚組)だったのだから、送料を考えても「これは買いでしょう!!」と、思わずクリック!

が・・・そんなワタシに落とし穴が。

実はワタシ・・・いきものが苦手。
(ええ、ワタシも人間・・・いきものなんですけれども。)
中学校の時、いきものの写真や絵が怖くて、「理科の便覧」という本が開けなかったワタシ。
もちろん高校も、生物の授業が怖くて泣きそうだった。

ええ、そうですとも!
DVDを買ったはいいものの・・・怖くて見られない。
というわけで、開封すらしていない始末。
Blue Planetの方はまだ大丈夫な気がするんだけれど、Lifeは・・・DVDの表紙を見てノックダウン(><)

「ワタシがルルーと一緒に見る」というのは不安なので、これは「ダンナさんの所有物」と勝手に決定!
もしダンナが見ていたら、「少し遠くから覗き見してみて、大丈夫そうだったら近づく」という作戦を取ることにした。

Marinkoさんや、ゆうくさんみたいに、熱い記事を書いてみたかったのだけれど・・・
そんな日がもし訪れたら、是非「ブラボー!」とコメントください!(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年05月07日 (土) | 編集 |
まだまだGW中の我が家。
ルルーが晩ご飯中に寝てしまったので、ダンナの実家で久々のパソコンタイム♪

春休みの帰省(1ヶ月半)では、すっかり日本語モードだったルルー

今回は、新幹線での帰省で荷物に制限があるものの、英語もフランス語も絵本やDVDを少し持ってきた。
ところが、やっぱり帰省中は落ち着いてお布団に入る雰囲気ではなくて、絵本も読んでないし、DVDも見ていない。

にも関わらず、ルルーは少し外国語モード。

なにやら適当な「英語風」の言葉をゴニョゴニョ言って、「OK?」と聞いてきたり、英語でルルーの方から話しかけてくる。
中華料理屋さんに行ったときも、店員さん呼び出しボタンを見つけて、ワタシに
「No pushing! OK?」とか言ってきて、その後も何か見つけては「Look, mommy! It's a ○○!」と、やたらと言ってきた。

今日も、ワタシの実家からダンナの実家へ移動する車中で、約1時間、70%くらい、英語または英語風のゴニョゴニョを言ってきた。

どうやら、英語やフランス語で話していたら他の子(姪っ子とか)が割り込んでこれなくて、ママを独り占めできると思っている気がする。

ところで・・・
今回の帰省では、買ったままになっていた本を自宅から持ってきた。
読んでみて、すごくその気になったのがこれ。

「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ (講談社プラスアルファ文庫)「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ (講談社プラスアルファ文庫)
(2010/09/21)
アンドリュー.J・サター、ユキコ・サター 他

商品詳細を見る


タイトルに「天才」という言葉があるけれども、これは多分、買ってもらうためにあえてつけたのだろうと思う。
中身は、決して「天才」を育てるための方法というものではなく、子供をいかに「自分から学ぶ」「学ぶことを楽しいと思える」子にするか、というもので、そこに求められている親の努力は、「教育を与える」ことではなく「子供を信頼して我慢すること」というもの。
自立できる子供を育てようという考えなのもうかがえて、ワタシの心にバッチリ入ってきた。

ワタシがこの本を手に取ったのは、帯のタイトルが「本でいっぱいの本棚を子供に見せよう」だったから。
ついつい本を買ってしまうワタシ。
誰かに肯定して欲しかったのン♪(笑)

本でいっぱいの本棚、
日ごろから読書をする姿を子に見せている親、
子供への読み聞かせ、
分からないことを本で調べると言う作業・・・
本には楽しいことがいっぱい!
本には自分の知らない未知の世界がいっぱい!

本が大好きになった子供は自ら学ぶ、らしい。

ただ本があればいいというのではなくて、子供を観察し、何かに興味を示しているようなら、それに関する本をすぐに(タイミングよく)与えるのがすごく大事。

そして、この本の根幹は、自分の子供を心から信じ、信頼すること。
自分の子供を自分が信じなくて誰が信じるのか。
「この子はステキな子、素晴らしい子」と心から思えたなら、他人と比較することもない。

これを読んでいて、
孫正義さんが、お父さんに、まさにこんな感じで育てられた話をしていたのを思い出した。
親戚に、腎臓の病気を乗り越えて、東大を出て弁護士になっていて、人格もすごく尊敬できる人がいるのだけれど、その人のお母さんが、まさにこの本に書いてあるような話をしていたのを思い出した。

そして、「子供の興味を観察して、その力を引き出すように本を与える」というような教育的刺激は皆無だったけれど(爆)、ワタシの母が、常に信じていてくれたのを思い出した。
そして、それがどれほど嬉しくて、支えになったかを。

本の中には、信頼するってどういうことなのかとか、もっと色々と書いてある。

読んで良かった!と思ったので、今はダンナに「読んでみて?」とレンタル中

ルルーは何に興味があるんだろう?と観察中なのだけれど・・・観察力が今ひとつのワタシ。
まだ、ちーーーっともつかめないっ(><)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。