2011年12月30日 (金) | 編集 |
クリスマスイブがお通夜、クリスマスがお葬式となった我が家。
実家に帰らなくてはならないので、クリスマスどころではなくなった。

アドヴェントカレンダーの最後の「24」の箱を開けて、大喜びのルルー

ルルー 「イエーイ! I did it !! I win !!」

(・_・)若干、喜び方が間違っている気がするけど??
勝ち負けって関係あったっけ?

ここでサンタビデオの登場。
ダウンロードできなかった、フランス語版のMagic Santaをダンナのパソコンで表示し、そのパソコン画面をビデオカメラで撮影した。
画像は荒いけれど雰囲気は出ているはず。

前日、イトコたちと遊んだので
「昨日のR子ちゃんちのビデオを見よう」と誘い、見ているうちにサンタビデオに切り替わるという仕掛け。
ことは順調に進み、サンタ登場!
にんまり顔のワタシ。

ルルー 「(むっちゃ無言)・・・・・・・・・怖い~(>д<)消してー、止めてー」
ワタシ 「ルルー、ほらっ!サンタさんだよ?? あ!ほら、ルルーちゃんこんにちは、って言ってるよ?」
ルルー 「サンタ怖い~(>д<)」

ええええ( =_=) 昨日、4時までかかったのに~。

クリスマス・イブ大失敗。

翌日のクリスマスには、ダンナから写メを送ってもらった。

ワタシ 「ルルー!見て!パパからだよ!サンタさんからルルーのおうちにプレゼントが届いてたんだって!」
ルルー 「ふーん」
ワタシ 「何だろうね~? サンタさんは何をくれたんだろうね~?」
ルルー 「知らない」

ええええ ( =_=) これのために、わざわざプレゼントを並べてから帰省したのに~。

クリスマスも大失敗。

過ぎたことは仕方ないので、来年に期待。
あ!もう今年なのか!今年のクリスマスに期待!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
 
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年12月24日 (土) | 編集 |
前回の記事で、「我が家には、イブの日に本当にサンタが来る!」と書いたのだけれど・・・イブの日にサンタに来てもらうことができなくなってしまった。

火曜日に実家の母から「おばあちゃんが危ないわ。今日か明日か・・・。年内にやらなきゃいけないことを済ませて、いつでも来られるように準備して。」と電話が。
で、22日の晩、おばあちゃんが天国へと旅立ちました。

とはいえ、孫思いの母。
「ルルーちゃん、24日のクリスマス会に行きたいでしょ? お葬式を25日にしてもらうわ」と。

で、ワタシはというと、自分とルルーだけが帰省してダンナに残ってもらい、サンタの写真を撮ってもらおうと思ったのだけれど、
「それは、同義的にどうなの? ダメでしょ~(苦笑)」とダンナ。

ダメかー(;_;)

そんなわけで、プリのクリスマス会だけ参加して、家族みんなで帰省することに。

24日の晩は実家。
今年のプレゼントはこれ↓
レゴ 基本セット ピンクのコンテナデラックス 5560レゴ 基本セット ピンクのコンテナデラックス 5560

新幹線でルルーにばれずに持ち運べるわけがない(-_-)
イブの日にあげることができないのね。
「サンタさんはおうちに届けてくれた」と言うしかないか~

しくしく(;_;)


そんなわけで、予定していたクリスマスというわけにはいかなくなったので、急遽、サンタからのメッセージを作ることに(今頃かっ?!笑)

なおぱぱさんが去年、おととしと作ったという「BBIQ
日本語なのと、名前の読み方がコンピューター合成でちょこっと不自然なのが気になる。
でも、無料でダウンロードできるのは嬉しい~♪

続いて、ものぐさハハさんの記事で知った「Portable North Pole
強調文断然こっちの方がいい~!
でも、これってそのうち見られなくなるんだよね? ダウンロードしたいとなると、6.99ドル(-_-)
今って円高だよね??(笑)

で、さらに!(まだ作るのか、ワタシ!笑)
これまた先ほどの、ものぐさハハさんの記事で知った「Magic Santa」なのだけれど、右上に「francais」の文字を発見!
きゃっほ~!
フランス語版がある! →「Pere Noel Magique

ダウンロードできないのが残念(>_<)

明日、どれを見せようかな~!
イブにはプレゼントは受け取れないけれど、サンタさんはきっとおうちに持ってきてくれるって信じさせてから帰省したい~!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年12月19日 (月) | 編集 |
嘘じゃないです。
我が家には、クリスマスイブの日に、本当にサンタがやってくるんです。

実は、プリスクールの先生が、サンタの格好をして、家に来ます。
しかも・・・冗談でなくて、本当に「サンタがいる」と信じさせるために。

クリスマスイブの日、親たちは、本当に速攻で子供たちを寝かしつけなくてはなりません。
サンタは、寝ている子供のところにしか来ないはずなので。

子供が寝ている間に、サンタに化けた先生が自宅にやってきて、プレゼントを置いていく。

できればパパと写真を撮る。
こうすることで、「サンタはパパではない」と証明できる。
ただ、サンタがプリの先生だとバレてはいけないので、正面からの写真はNG。
後ろ姿のサンタと出迎えるパパ。
ワタシがうまく写真に収めなくては(><)!


先生がサンタの格好をしているだけで、まるで家庭訪問のよう。
各家庭では、クッキーと牛乳を用意。
(ただし、先生は全家庭で飲んだり食べたりしたらお腹をこわすので、持ち帰れるように工夫)

我が家には22時15分頃にサンタが来る予定。
いつもは、22時30分~23時に寝ているルルー。
何がなんでも、21時台に寝てもらわなくてはっ!!!

そんなわけで、我が家のクリスマスイブは、のんきなものではなく、ミッションを遂行するための緊迫感に満ちたものになりそうです。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年12月16日 (金) | 編集 |
ルルーは相変わらず「アメリカに家があって、イサちゃんという友達がいる」という想定にどっぷりハマっている。

「ルルーのアメリカではね・・・」と日本語で言うだけでなく、
英語で話しているときも、「In my America」という始末。

しかし、アメリカにしか目が向いていないのが少々気になるワタシ。
ルルーには、もっと色々な国を「感じて」欲しい。

そんなわけで、おままごと中に早速実験。

ルルー 「ママ~、何が食べたい?」
ワタシ 「ん~、バナナをくださいな」
ルルー 「はい、どうぞ」
ワタシ 「もぐもぐ。お!美味しいですね。このバナナはどこのものですか?フィリピンですか?」
ルルー 「・・・はい。フィリピンです」(←意味が分からなくてもリピート。笑)
ワタシ 「さすが!バナナといえばフィリピンですもんね~。美味しいですね~」(しめしめ。笑)

机の向こうに、意味ありげな笑みを浮かべているダンナの顔が。

ワタシ 「何か言いたいことでも?」
ダンナ 「いやいや、いいことだと思いますよ~」
ワタシ 「(-_-)じゃあ、笑わないで。」
ダンナ 「はいはい」

そんなわけで、チョコを食べたら、「このチョコはコロンビアで作ったヤツかな~?」とか
おままごとでスパゲティを出されたら、「おお!イタリアで食べたときと同じくらい美味しいですよー」とか、
「世界」をゴリ押し中のワタシ。

で、今のところどんな成果があるかというと・・・

先週あたりからルルーが「ベルギーにも家がある」と言い出した。
家が増えていくだけ??
(=_=)う~ん・・・ま、いいか。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年12月13日 (火) | 編集 |
子供向けのお話でよく見られる定番のものといえば・・・「魔法」

ルルーも魔法に魅せられ、すっかり魔女気分。

プリに遅れそうで急いでいるときに、信号が赤だと「一連のやりとり」が始まる。

ワタシ 「Oh, no! The signal is red. Can you change it to green? 」
ルルー 「Sure! (杖を振るフリをして)トゥルリ~ン!」
ワタシ 「Oh, no. It doesn't work. Did you cast a spell?」
ルルー 「Ah-oh! I forgot. アブラカダブラ~トゥルリ~ン!」
(信号が青に)
ワタシ 「Wow! Super!! You're great. Thank you so much! You are a really witch!」

信号が変わるタイミングを見計らってルルーに呪文をかけさせているので、信号が変わるのは当然なのだけれど、ルルーは本当に得意げ。

で、すっかり魔女気分なので、道でも公園でも、魔女の必需品を探している。
それは Magic Wand 。
程よい長さの枝を見つけては、
「Look! I found a magic wand !」と持ちかえるので、家の中にはどんどん枝がたまっていく(-_-)
コーヒーショップに置いてある、コーヒーにミルクや砂糖を入れたときにかき混ぜるための木の棒みたいなヤツとかも。
ワタシのコーヒーに浸されて、半分くらい色が変わったようなヤツでも、本人にとっては大切な Magic wand 。

そして、杖を見つけては、ワタシをプリンセスに変身させてくれる。

ルルー 「Mommy~! You become a princess! トゥルリ~ン!」
ワタシ (くるりと1周まわって)「Wow! I・・・I am a princess!! Oh, thank you~~♪」

公園でママ友と話していても魔法をかけてくるので、

ワタシ 「うん、うん。へ~。(魔法をかけられて、くるっ♪)Now, I'm a princess! Thank you ♪ それでさ~(井戸端会議を続ける)」という状態。

人がいっぱいいるところでは、くるっと回るのも恥ずかしいし、「I'm a princess.」などというおこがましいことを言うのも恥ずかしい。

でも、毎回カエルに変えられて、「Ribbit」と言いながらジャンプさせられるダンナよりはマシかも。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年12月12日 (月) | 編集 |
日曜日に、ケビン先生の読み聞かせ会に行ってきた。

開始30分前に着いたときにまず驚いたのが・・・「スペースこれだけ?!」という・・・。
いやあ~、狭かった(笑)

ルルーは11番目くらいだったかな。
いよいよ、子供たちが座るスペースに入れるという段階で、

ルルー 「ママ・・・トイレ」
ワタシ 「えっ!!!(ば、場所がなくなっちゃうよ~!)」

大きいほうがしたいと訴える娘に「もうちょっと我慢して!ネームシールをもらって、場所を取ってから行こう!」と伝え、半ば無理矢理場所を取り(苦笑)、トイレへ直行。
トイレから戻ったら、そこにはもう黒山の人だかり。

とりあえずルルーを座らせたものの、ママたちがひしめき合う通路側だったので、ルルーはその雰囲気にやられてしまって、緊張している。
一緒に参加するはずだった友達親子2組がいずれも「遅刻かも!」という状態で、一人ぼっちだったから余計に不安げ。

開始直前に、プリスクールのお友達が到着したはいいのだけれど、その子の座るスペースを作ったことで、ルルーはますます通路側へ。

う~ん(=_=) 波乱の予感。 泣くなよ~?

ケビン先生は、あの手この手で子供たちを惹きつけていく。
笑わないルルー。

ああ、ヤバイかも(;_;)

結局、ルルーは微妙な反応のまま、後ろの方で見られない子供たちのために場所を開けるべくワタシは後ろへ移動。
その後どうだったのかはよく分からなかった。

けれど、読み聞かせが終わったら、自らケビン先生のところへ言って、「Good-bye」と言って先生とタッチしているルルーを見つけた。
ということは、楽しかったのかな?(;^^A

周りにも、子供に英語で話しかけているお母さんが沢山いた。
安心した反面・・・いつも適当に、間違いだらけの声かけを平気でしちゃっているワタシは、
「あの人、あんな間違ったこと言っちゃって」と思われていないかと心配してしまって、気後れも。

シオママさんや苺ママさんもいらっしゃる予定と聞いていたので、お会いしたくてキョロキョロしたのだけれど、人数が多すぎて結局分からず仕舞い。

名刺も持って行ったし、遠くからでもルルーを紹介できるようにと派手な格好をさせていたんだけどな~(笑)

また開催されるようなら行ってみたいな。
ルルーがキャラクターたちに慣れてきたら、ORT導入のいいきっかけになりそうだし♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年12月06日 (火) | 編集 |
今、我が家で久々のヒットとなったDVDが「Ben & Holly」

正確には、その仏語版で「Ben et Holly」

BBCのアニメで、雰囲気はもろにPeppa pig

それはもう・・・Peppa pigを見た人なら、すぐにそう思うに違いない。
声優もひょっとしたら同じ?(笑)
主人公がブタか、妖精かという違いはあるけれど、「文章簡単&毒なし&短いエピソード」 いい感じ♪

<英語版 Ben & Holly>


 

それにしても、英語版(UK)と仏語版では随分値段が違うな~(><)
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年12月06日 (火) | 編集 |
以前からずっと気になっていたフランス語の学校がある。
1回で3時間授業。
フランス語も教えてくれるんだけれど、工作をしたり、絵を描いたり・・・

「フランス語を」教えてくれるだけでなく、「フランス語で」何かをするということをやってくれそうで、興味津々。
ところが、そこの学校までは、電車だけで1時間近く
Door to Doorなら、1時間20分~30分。

月に2回とはいえさすがに遠い。

でも、本当に魅力的♪

つい先日まで、今すぐにでも体験レッスンに行って、通わせたい気持ちでいっぱいだった。

が・・・先日、教育費を計算したことでクールダウン(笑)。

1時間半もかけて通うのは、体力的に厳しいに違いないと。
まだ3歳のルルーに、親がやらせたいというだけでそこまでさせていいのか?と。
それに・・・今さむいし(笑)

いつか通うかもしれない。
それまで、頑張って、フランス語の糸を切らさないためには・・・?

考えに考えた結果、思ったのは「基本に帰る」ことだった。

先日アマゾン・フランスで買った本は、どれもこれも難しい(長い)から、当面は使えないかと思っていたのだけれど、意外にもルルーが食いついてきた。
1つは「Petite sirene」(=リトル・マーメイド)
もう1つは、フランスアニメの人気キャラクター「Samsam」
本棚にある本ももう一度見返して、出してみたら気に入ってくれたのが日本でもおなじみ「ペネロペ」の本。

夜の読み聞かせも、ルルーがそれらフランス語の本をほぼ毎日のように選ぶので、ここ数日、フランス語を読まなかった日がない。
このタイミングに新しいDVDを!と見せたら、それも当たり。
そうなると、不思議とDVDもフランス語のものを選ぶようになってきて・・・。

そういうわけで、今は、基本に戻って、フランス語の「読み聞かせ&DVD」に力を入れているところ。
これに「語りかけ」が加わればバッチリなのだけれど、ワタシの勘が戻らず、こちらは苦戦中。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

2011年12月05日 (月) | 編集 |
ずっと以前のことなのだけれど、1週間の間に、やたらと
「英語しゃべれるのね~。すごいのね~」と、知らない人に声をかけられたことが。

そのとき、ルルーは「その場にいる人の人数を数える」のがブームで、
「One, two, three・・・three boys and・・・one, two・・・two girls!」と。

まずはIKEAで、その場にいた子供を数えていた。
すると、近くにいたヤンママさんたち2人組みが褒めてくれた。

ヤンママさんたち 「すごいね~♪」
ルルー 「にっこり」


次の日、駅前ビルのエレベーター内で、また人数を数え始めたルルー
「One, two, three, four, five, six, seven, eight! Eight people!」

おばちゃん 「すごいね~。英語を習っているの?」
ワタシ   「はい~。英語の幼稚園に行っていて」
おばちゃん 「うちの孫も、幼稚園で英語があるって言ってたわ~。うちの孫も喋れるようになるかしらね~」
ワタシ   「そうですね~(^^;)」

さらにその2日後。
お店で、ABC song を歌っていたら、その場にいた他の女の子2人が一緒に歌い始めた。
「A~、B~、C~、D~♪」
楽しくなったルルーが、違う歌を歌い始めたら、
「そんな歌、知らないし! そんな歌、ないよね!」と詰め寄られていた(笑)

で、こういうのが続いて、気付いたことがある。

ルルーが、あれこれ話そうとしていると、滅多に話しかけてられないのに、数字とかABCの歌だと沢山話しかけられる。

きっと、「このくらい」が3歳として波風を立てない英語力に違いない(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2011年12月02日 (金) | 編集 |
先週の日曜日は、千葉に来ていた「じぃじ」と「ばぁば」に会いに行った。
義弟の家での食事だったので、あまり負担をかけないようにと、朝から、お稲荷さん、ハンバーグ、ポテトサラダの作成にいそしむワタシ。

ルルーは、ワタシのドタバタ感を察して、「お絵描きする~」と言い出した。

うわ~、1人遊び! 助かる~♪ ありがとう、ルルー!

絵の具と紙を渡したら、せっせと絵を描き始めた。
しばらくして

ルルー 「ママー? 見て~?」
ワタシ 「うーん。今、手がお肉だらけでそっちへ行けないよー。見せに来て~」
ルルー 「はーい。 ほら、ひつじ~」
ワタシ 「へえ~。」ちらりと一瞥。

Σ( ̄□ ̄) そっちか!!!

kanji-02.jpg

ワタシのびっくり顔に大満足したルルーは、ダンナにも見せに行き、ダンナが「うわーーー!」と叫んだことで大満足。
そっか~、子供にとっては、漢字もお絵描きのひとつだよね(^^;)

漢字カードはというと・・・その存在すらすっかり忘れていたのだけれど、これをきっかけにまた再開。
今、読めるのは20個くらいかな~。

ちなみに、先日のこと。
水道工事業者さんがくれたマグネットを冷蔵庫に貼っていて、それを見ていたルルーが自ら読んだ単語、それは・・・「水まわり」

おめでとう、ルルー(笑)「水」が分かるからこそ読めたんだよね!

ルルーの原動力はやっぱりシールかな。
「読めたらカードにシールを1個。シールが5個たまったら卒業」というシステムだから、シールがいっぱい貼れる。
このやり方が定着しているから、英語のサイトワードを漢字カードと同じやり方でやろうかと♪
というか、漢字カードのやり方自体がそもそも、ワンダーママさんやCarrieさんのサイトワード表からヒントをもらったものだったから(過去記事「漢字でサイトワード表」)、この流れは当たり前かな(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児