--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年05月27日 (日) | 編集 |
ずーーーっと更新をサボっていました ( ―_―)

水面下で(?)フランス語も進行中です。

自分が主催しているフランス語サークルに参加してくださっている日仏家庭のママさんのおかげで、お知り合いが増え、ルルーと同じ年頃の子たちで、もう一つフランス語サークル活動を始めました。

こっちは、「以前参加させていただいていたサークルの先生に来てもらう」という形で、「ずっとフランス語」でやっている。
(まあ、自分のサークルも、ほぼずっとフランス語なのだけれど、ワタシの仏語力では限界が。苦笑)

で、子供たちはというと・・・

先日は3回目。
場所にもお友達にも慣れてきたせいもあって、子供たちは完全に「はしゃぎ」モード。

和室の続き間を走り回りたくて、ちょっと目を離すとすぐに脱走&逃走。
それを、
「Arrete!(=Stop!)」だの「Reviens!(=Come back!)」だの言って制しようとするママたち。
そして、それは、ほぼ徒労(;_;)


先生は、予想していたかのように、ギターだの、ハンドベルだの用意してくれていたのだけれど・・・
ゴメンナサイ(;△;)

みんなの関心は「どうやって発話につなげるか」。

先生の提案で、都合がつけば、フランス語の授業がある某私立小学校でフランス語を教えている(教えていた?)というフランス人先生に来てもらうという案が出る。

わーーー!それが実現できるなら、すごく素敵♪

先生方もお忙しくて、今のところ、月1回しか開催できていないのだけれど、なんとか月2回開催にしたいところ。

そのためにも、他にも同じような(小さい頃から仏語に慣れている)子がいないか、みんなでスカウト活動。
見つけたらナンパ(笑)

放っておくと、仏語離れが加速してしまうルルー。
綱渡りだけれど、なんとか細々とでもつなげたい!

久々に真面目な記事だったわ♪ うふふ~ん♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年05月16日 (水) | 編集 |
今週末の日曜日、地元のイベント会場で、ゴスペルサークルの一員としてステージ立つことになっているワタシ。
ゴスペルの自主練習に加え、自分がやっているフランス語サークルの準備やら、プリスクールの運動会やら・・・とにかく今週は午前も午後も予定が詰まっていてグッタリ(=_=)

英語もフランス語も何もせず。

さすがにこれじゃマズイかな~と、絵本棚の、表紙が見える本を並べ替えた。
すると、ルルーもすぐに食らいつく♪

Blankie (Leslie Patricelli board books) Who Stole the Cookies? (ナレーション・巻末ソングCD付) アプリコットPicture Bookシリーズ 8

「Who stole the cookies?」は、みなさんのブログで評判がよかったのでずいぶん前に購入したものの、まるで反応なし。
一時期、CDをかけながしてみたけれど、口ずさむこともなく・・・。
長らく、お蔵入りになっていた。

ベッドに持ち込み、目一杯盛り上げながら、キャラによって声色も変えて読んでみた。

キャッキャと声を上げて笑うルルー。
やったーー!お蔵入り脱出!

ちょうどそのとき、寝室に入ってきたダンナにワタシが叫ぶ。

ワタシ 「Show me your foot !!」
ルルー 「きゃ~! Show me your foot, daddy !!」
ダンナ (・_・)?

キョトン顔のダンナの足を捕まえて、無理やり足裏を見る。

ワタシ 「Daddy stole the cookies!」
ルルー 「Yeah! It's (was) Daddy!」

相変わらずダンナがキョトン顔なのを見たルルーが、ダンナに本を読んで聞かせていた。
へ~。
こういう繰り返しのものだと、すぐに言えるんだね。

まだまだお蔵入りの本がいっぱい。
次は何を登場させようか~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年05月07日 (月) | 編集 |
少し前から、「しりとり」がブームになっているルルー。
ちょっと暇だと、すぐに「しりとりやろ~♪」と言ってくる。

で、このしりとりが、日本語の語彙を増やすにはもってこい!

ルルーが意外に色々な言葉を知っていることに気づいて嬉しい反面、
大人にとってもなかなか頭を使うことに。

というのも、ある程度、ルルーが言葉を見つけられそうな語尾になるように考えないと、思いつくままに言っていたら、行き詰ったルルーが嫌になりそうだから。

それに、ルルーの知らない言葉を出すにしても、ある程度想像しやすいものや、説明しやすいものにする必要がある。

「り」と来て「リトマス試験紙!」とか言いたくなる自分をぐっとこらえる。

で、すべてが順調かというと・・・

ワタシ 「し、し・・・湿布! ルルーは『ぷ』ね」
ルルー 「ぷ・・・ぷ・・・Pumpkin!」

言っているうちに、「ぷ」が日本語の「ぷ」ではなく、フォニックスの「p」になってしまったらしい。

「ん」が付いたから、ルルーの負けだと言おうとしたその瞬間・・・

ルルー 「Pumpkin! はい。ママは『n』ね」

Σ( ̄□ ̄) え? こら、待て。それは反則技では・・・?

みかん、だいこん、ライオンやキリンが負けなのは理解しているルルー。
純粋に、Pumpkinは「ん」で終わっていないと思ったらしい。
うん。正しいよ。正しいんだけど・・・

面白いので、英語しりとりできるかな~?と思って、ノッてみた。

ワタシ 「エヌ・・・エヌ・・・ Nuts!」
ルルー 「つ・・・つ・・・つくえ!」

こらーーー ヽ(`Д´)ノ

時々英単語がはさまってくるしりとりはややこしい。。。


もう一つ。
最近、BSでやっている「CAT CHAT」がお気に入りのルルー。
今朝、連休中に録画したものを見た。
なんだかやけに日本語訳が出てくる。

ワタシは、「なんだかな~(=_=)」とモヤモヤしていた。
すると、テレビを見ていたルルーが、

ルルー 「ママ、Skeltonはガイコツだって」

そうだね。
 ・・・CAT CHAT を見て日本語を学ぶ・・・なんか妙な感じ(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年05月04日 (金) | 編集 |
1ヶ月くらい前、ルルーはダンナと一緒に、「The Wizard of Oz」のDVDを見ていた。
音声は英語で字幕が日本語。

ダンナ 「ドロシーはこれ?」
ルルー 「違うよ。Dorothyだよ」
ダンナ 「だから、これがドロシーでしょ?」
ルルー 「違う!それはDorothyなの!」

ちっとも会話がかみ合ってない。
ルルーは、「ドロシー=Dorothy」だということが分かっていない。

ワタシ 「ダンナ・・・ルルーは字幕は読めないってば。ドロシーはDorothyなのさ。」

ダンナ 「ああ!そっか。これがドロスィ(Dorothy)なんだね?」
ルルー 「ち・が・う!! Dorothy」
ダンナ 「ドーシー(Dorothy)?」
ルルー 「もう(怒)! DOROTHY!!!」

ダンナの発音に、まだ分からないのか!とキレ気味のルルー。
ちょっと可哀相なダンナ。
わかるよ、うんうん。難しいよね(・_・;)


で・・・先日実家にて・・・

ルルー 「お誕生日に、ディズニーランドに行くんだよ~♪」
ばあちゃん(以下、「ばあ」) 「ディズニーには何がいるの?」
ルルー 「あのね~、ミッキーと~」
ばあ  「うんうん。ミッキーマウスがいるね~」
ルルー 「Donaldと~」
ばあ  「ダ?ダノ?」
ルルー 「あと、Cindrellaと~、Briar Roseと~」
ばあ  (・_・)?????

結局、ミッキーマウス以外は何のことだかさっぱりわからなかったばあちゃん。
ごめんね。。。

こういうの、普通に幼稚園に通っていたら、友達との会話から学習するんだろうけれど、家では、ワタシがそのままで理解してしまうから、わざわざカタカナ発音での言い方を教えたりしていなかった。

でも、このままだと、周りの人との会話が成立しない(-_-;) あらま。
カタカナ発音を教えることも必要なのね、と学んだ今回の帰省でした。
ちゃんちゃん♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年05月01日 (火) | 編集 |
4月24日からワタシの実家に帰省しているルルー。
帰省する新幹線の中で、ルルーに説明。

ワタシ 「ばあちゃんはね、日本語だけ分かるから、ばあちゃんと話すときは頑張って日本語で話してね。」
ルルー 「分かった。じゃあ、ママとは英語でも日本語でもどっちでもいい?」
ワタシ 「いいよー」

ところがどっこい!
帰省直前までは、週4でプリに行っていたのに、急にどっぷり日本語環境になった反動なのか、
「どうしたルルー?」と言いたくなるほど、英語で話すルルー。

もちろん、ばあちゃんには通じないので日本語なのだけれど、ワタシにはやたらと英語で話しかけ、独り言も英語。
おまけに、そのうち、ばあちゃんとワタシが話していたら、
「Speak english, please!」とか言いだした。

皆さんのブログで、「子供は子供なりに、場を見て切り替えているみたい」というのをよく目にしていたのだけれど・・・
全く切り替えなしのルルー。

ををゥ・・・ (=_=;)

帰省して5日目に妹一家がやってきて、日本語を話す人が圧倒的になったらようやく日本語のみになった。
やれやれ~。

はっ! そういえば、この1週間、一言もフランス語を話してない!
それもヤバい~(><)
仏語の忘却、早いからな~(><)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。