--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月30日 (金) | 編集 |
唐突な話だけど・・・

ダンナがこの間、ポツリとつぶやいた。

「これだけ英語やってたら、地元の小学校に行くのがもったいなく思えてきた」

(=_=)

多分ね、みなさんのブログ見て、公立小学校の英語の授業の悲惨さが(ある意味)面白くて、あれこれ喋ったからかなー。

ダンナさん、私立の小学校に行ったから英語が伸びるわけでも、英語環境がバッチリ整っているわけでもないんだよ~(^^;)
インターとかに行くなら別だけど、そうでないなら、ひとえに、各家庭の努力にかかっているような・・・。

で、ふと気づいたことが。

うちの場合、万が一夫婦が不仲になって離婚することになったら、ルルーは旦那が連れて行くという約束になっている。(詳しいことは突っ込まないでね~♪)

となると・・・
旦那に素敵な次の奥さんが現れて、ルルーと仲良くなってくれたとしても・・・
英語もフランス語もスペイン語も取り組んでくれるとは・・・考えにくい。

えー!( ̄□ ̄)もったいない。ルルーは楽しそうなのに。

かといって、ダンナの再婚相手にまで口を挟めるはずはなく・・・
ということはつまり!!!
まずは夫婦仲良く! (え?当たり前?)


さて~、お風呂で色々な言葉で10まで数えるのが、ルルーとワタシのお楽しみなのだけれど、最近新鮮味がない。

ワタシ 「ルルー、何か他の言葉で10まで数えてみる? 何語がいい?」
ルルー 「オランダ語!」

(=_=) お、おらんだご・・・?

未知の世界・・・You tube で見つかるかなー・・・おらんだご・・・(テンション低め。苦笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月29日 (木) | 編集 |
いつも、「使えない!」「こんな本すら置いてない!」と悪態をつきまくっているワタシ。
ええ、ええ、ほんとに。
埼玉県は外国語図書が少なーーーーーーい!
とはいえ、全くないわけではなくて・・・少しなら、あるの。少しなら。

先日行った丸善で「Kids Mart」という英語絵本のカタログをもらってきて見たいたら、ルルーが「これを読みたい!」と指差したのが「The Little Red Hen」
もう一つワタシが気になっている本とともに買おうとして・・・もしや?と検索したら、ありました!図書館に!

取り寄せ予約をして、取りに行ったら・・・デカっ!
まさかのBig book!

library-books1.jpg

英語が2冊(上)
スペイン語が2冊(右)
フランス語が1冊(左下)

フランス語は自分が見てみたかっただけなので、ルルーに見せる予定は特になし。

スペイン語は、以前読んで大ウケしたカンガルーの本と、No,David!
今、なぜかフランス語の「immediatement!」(今すぐに!)という単語がブーム。
Davidの中身を見たら、同じ単語「inmediatamente!」が使われていたので、発音が違うという面白さでハマるかな~?と思って。

英語は、韻を踏んでいてとっても心地いいわ~♪
ルルーはHenのが見たかったみたいだけど、Kittensがいいよ~♪

library-books2.jpg

最近、ちょっと、文字数の多い本ばかりになっていた気がするので、ここらで、簡単なものを読んで、音やリズムを楽しもうかと(^^)
今日は早めにベッドにいくぞー!

Three Little Kittens (Read-Along):Cd + Book SetThree Little Kittens (Read-Along):Cd + Book Set
(2007/06/04)
Paul Galdone

商品詳細を見る

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月28日 (水) | 編集 |
先月のカードの請求額に驚き、「1ヶ月の予算を決めて、本やDVDを買う」なんてことを記事にしようとしていた矢先に、
なおぱぱさん→りゅうママさんとリレーされたお得情報を見て・・・ポチっとしてしまった「Mr.Men&Little Miss」のDVD。

  なおぱぱさんの記事 :「Little Miss Complete Collectionの値段が下がった!
  りゅうママさんの記事:「賢くDVDを買うって大切・・・

あああ・・・今なおぱぱさんの記事を読み返したら、これって1970年代の映像なのね??
ルルー、苦手かも~(><) しまった・・・まあ、届いてからだな。

で、ふと、maomaoさんちでブームとなり、最近Wondermamaさんちでもブームになりつつある「Lazy town」のことを思いだし、思わずポチ!

その他にも、「The secret garden(邦題:秘密の花園)」が3£以下だったり、お正月の帰省用に色々な番組が入っているヤツを買ったり、Winnie the Poohを1枚買ったり・・・
「ついで買い」って恐ろしい。

で! 私の中での今回の目玉は、Something Special Mr. Tumble
Mr.Tumbleは、手話を使いながら話す。
毎回、お友だちを訪ねるのだけれど、彼らも手話を使うことが多い。

ルルーは、ワタシが再放送で見ていた「オレンジデイズ」を見てから手話に興味津々。

アメリカ手話とイギリス手話は違うらしいのだけれど、
「Thank you」や「meet」は同じだった。あとは知らないけど(笑)
ハンディキャップも個性の一つってこと、感じて欲しいな~と思う。
日本ではまだまだこういう番組はないもん。
英語に興味があるから、こういう番組も見られるんだよね、と思うと嬉しいな。

You Tube でもフルバージョンがいくつも見られる。

   にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月27日 (火) | 編集 |
以前、Carriexxxさんの記事で、Magic School Bus のフォニックス本のセットを見て、Market Placeで手に入れた。

   Carriexxxさんの過去記事:「Magic School Bus これなら読める♪♪

届いたものを見て、「こりゃあ、うちの子は興味ないだろうな~。またお蔵入りか・・・」なんて思っていたワタシ。
でも、せっかくあるんだから、と思って、ある日、ベッドの隣にそっと置いておいた。
それを見つけたルルー。 しめしめ(^^)

「読んで」というので読んでみた。
正直、ワタシにはちっとも面白くない。
でも、ルルーはそれなりに気に入ったようで、「これ読んで」と時々持ってきては、1~3冊を読んでいる。

意外だわ(^^)

なんとか、キャラたちに馴染んでもらって、大きくなったらDVDや本へとつなげたい。


で、これまた以前、Wondermamaさんの記事で、Amazonでタイムセールをやっているということを知った。

  Wondermamaさんの過去記事:「amazonのタイムセールで♪

そのときに、ワタシも何か掘り出し物を!と、リンクが張られていた子供向け本のところを探しまくり・・・

「DK Readers」というシリーズを知った。
理科系の本がいっぱい。
理科系の「Step into reading」とか、理科系の「I can read book」といった感じ。

bugsbugs-ants.jpg
bugsbugs-butterfly.jpg

これで、レベル2。

Bugs Bugs Bugs! (Dk Readers. Level 2)Rockets and Spaceships (Dk Readers. Level 1)右のはレベル1なのだけれど、大きなレベル差は感じなかった。文字数も大差ないし、あとは使っている単語の難易度なんだろうか?

むしろ、レベル2の虫の方が、身近な分だけ理解しやすいかもしれない


ワタシ自身は、理科系が大の苦手なので、こういうのに興味を持ってくれるのは嬉しい~。
大の虫嫌いで、こういうリアルな写真は見るのも嫌だけど、そこは大人の理性でグッ!とこらえ、頑張ります~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月25日 (日) | 編集 |
無料&予約不要ということで、行ってきました「丸善本店の英語絵本読み聞かせ会」

30分前に着いたらまだ会場がつくられておらず、トイレに行って戻ったら、エスカレーターを降りた脇に、小さい小さいスペースが作られていた。
それはそれは小さかった。我が目を疑ったほど(笑)

久々に行った書店。しかも洋書売り場!さらに、本日洋書が全部20%オフ!
ということで、本を見たくて仕方のないワタシは、ソワソワ。
友達ママが来たので、ルルーを彼女に託し(笑)、洋書の立ち読みに向かった。
いや、向かうはずだった。

絵本コーナーに向かう途中、ガーデニングやインテリアの可愛い写真に見とれて立ち止まっていたら、声が聞こえてきた。

「はい!じゃあみんな、始めるよー。 今日は、何のテーマかみんな知ってる~?」

( ̄□ ̄)えっ?!日本語?

「美味しいっていうとき、英語でなんていうか知ってる?」

( ̄□ ̄)まだ日本語??

(子供の声で)「Yummy!」

「そう! Yummy!」

(子供の声で)「Itchy! キャッキャッキャ(笑い声)」

Σ( ̄□ ̄) うげっ!あの声はルルー!うちの子がふざけてるっ!

それでも、洋書見たさに戻らないでいたら・・・

(ルルーの声) 「Today is a turkey day!」
(先生の声)  「?? What did you say?」
(ルルー)   「It's a turkey day!」

ヽ(`Д´)ノ コラ、ルルー! ふざけるな~っ! 先生、皆さん、ゴメンナサイ~っ!
先日、Thanksgivingのパーティーをやったものですから~(と、心の中で言い訳)

というわけで、後ろ髪を引かれながら、読み聞かせコーナーに戻る。

なぜだか、Itchyブームのルルー。
質問をされるとすぐに「Itchy!」と答えては、キャッキャと笑っていた。
はあ・・・(;△;)

読み聞かせ会では、結構何冊も読んでもらった。 4冊しか思い出せないけど、確かもう1冊くらいあったような・・・

Cookie Count: A Tasty Pop-upThe Very Hungry Caterpillar board bookI Will Never Not Ever Eat a Tomato (Charlie and Lola)Today Is Monday board book


Cookie count や Hungry caterpillar を読んでいた時は全部英語だった。
Charlie and Lora の本や、もう1冊、ちょっと長めのものを読んでいたときは、英語に日本語が混ざる感じ。

例えば・・・
「It's so heavy that he can't bring ...そりゃそうだよね、こんなに入れたら運べないよ。」
という感じ。

ルルーにとっては、後半の英語部分は不要だけど、それを言われることが邪魔になるのかどうかは不明。
親としては、「何それ?混ぜないでよー!」と思ったけれど、ずーっと英語だと厳しい子には、なんとなく言ってることがわかっていいのかなあ・・・。

でも、heavy とか bring とか、そういうのはジェスチャーで十分伝えられると思うんだけどな。

でも、こういう読み聞かせ会は貴重だから、日程の都合があえば、また行きたいな~と思う。

それより、読み聞かせが終わってからの洋書絵本コーナーが刺激的だった。
素敵なバリトン・ヴォイスでCurious Georgeを読み聞かせているパパがいたり、熱心に本を探している小学生さんがいたり・・・
そして、極めつけは、ルルーより小さい子(同じ学年だとしてもきっと早生まれ)が、ひとりで本を音読していて

女の子 「ママ、これよめる。買ってもいい?」
ママ  「うーん」
女の子 「買い過ぎ?」
ママ  「じゃあ、2冊までなら選んでいいよ」
女の子 「はーい♡」

Biscuit (My First I Can Read)彼女は、
Biscuit (My First I Can Read)
これ↑を抱きしめていて、あと1冊をどうしようか悩んでいた


なぜそんなに読めるーっ?! 

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月24日 (土) | 編集 |
しりとりが大好きなルルー。
そして、国旗カードが好きなルルー。
そうなると・・・ええ、国の名前でしりとりをします(ダンナと)。

ルルー 「いくよー。じゃ、じゃ、ジャマイカ」
ダンナ 「か、か、カンボジア」
 ・・・(続く)

ルルー 「る、る、ルクセンブルク!」
ダンナ 「く、く、クウェート」
ルルー 「と、と、トンガ」
ダンナ 「が、が・・・が・・・が・・・」

追い込まれるダンナ。助け舟も出せないワタシ。

ルルー 「パパ、国じゃなくてもいいよ。(小声で)ガソリンスタンドとか」

ダンナ敗北(笑)

トンガは、100均で買った国旗カードには入ってないんだけどな。どこで覚えたんだろう??


国旗カードは、一時期のブームは去り、もうカード片手に私たちに「答えろ」と迫ってくることはなくなった。
代わりにブームになりつつあるのが、同じく100均で買った「たしざん・ひきざんカード」

とはいえ、数の感覚がいまいちなルルーは、まだまだ自分では計算できない。

calcul-pinecone.jpg
本当は、100玉そろばんを買いたかったのだけれど、今すぐ計算したいルルーを放っておくわけにはいかない。
そこで・・・松ぼっくりで計算することに。

100均で買った(300円だったけど)カゴに入った松ぼっくりを、100均で買ったミニトングでつまみ、
「3・・・いくよ、1,2,3」と松ぼっくりを並べ、
「たす・・・4? いくよー。1,2,3,4」と並べて
全部でいくつ? と。

数えるだけで答えが出るので嬉しそうなルルー。

う~ん、本当は100玉でやったほうが、数(量)の感覚がつかめるだろうけど~。
ま、いいや、とりあえず(笑)


この記事が更新される頃、ワタシは丸善本店(丸の内)の洋書コーナーで、英語絵本の読み聞かせ会に参加してます。
丸善本店は初めてなので、どきどき♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2012年11月24日 (土) | 編集 |
ルルーのスペイン語熱が続いている我が家。

今日は、「これ読んで~」と、Davidシリーズのクリスマスのお話を持ってきた。

Llego La Navidad, David! / It's Christmas, David!It's Christmas, David!


左がスペイン語版、右が英語版。

これ、一昨年のクリスマスシーズンに、Wondermamaさんがスペイン語版を買ったと記事にされているのを見て、Wondermamaさんと全く同じ理由でスペイン語版を買ったワタシ。
だって、スペイン語版の方が、英語版より1000円安いんですもの~♪
    → Wondermamaさんの過去記事:「No!David!のクリスマス版みたいだけど…?

で、ルルーのリクエストにより2回読んだ。
ルルーからは、「Muy bien!」(=Very good!)という賛辞が。
「実際には、途中、発音がわからないところも、意味がさっぱりわからないところも、調べもせずに適当に読んでるんだよ~(^^;)」とか思いつつ、知らんぷり(笑)


そして、今、ちょっと厄介なことになっている。

単語を覚えたら大喜びで使うのが子供の習性。
ルルーがすぐに「Porque?」(=Why?)と聞いてくる。
あああ(=_=) 厄介な単語を覚えたもんだ。
・・・質問に解答するほどのボキャブラリーは、ワタシにはないよ・・・。

そして、誰に教わったんだか、ワタシが何かスペイン語で聞くと、ルルーはすぐにこう答える。
「Con mucho gusto!」(喜んで!)

あんた、居酒屋の店員かいっ!


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月21日 (水) | 編集 |
もうすぐThanksgivingですね~。

誰か「そうですね」って言って。(笑)

ええ、日本ではちっとも馴染みのないThanksgivingですが、プリスクールでやるので、子供たちは「もうすぐThanksgiving!」と盛り上がっています。

ターキーの首に、V字みたいな骨が1つだけあって、それを年長者2組が、あっちからとこっちからで引っ張り合い、ちぎれたあとの長さを測って、長いほうが勝ち!というゲームがあるそうで・・・
買った人は欲しいモノがもらえるとか・・・。

ルルーは年少なので、まだやりませんが、その話をよくします。

で・・・
Thanksgivingを盛り上げるべく、本を何冊も買ったワタシ。
届いてみると、その良し悪しは、予想とは違った結果に。

<第1位>
Dora's Thanksgiving (Dora the Explorer)Dora's Thanksgiving (Dora the Explorer)
商品詳細を見る
Doraが感謝している人を当てるクイズ形式で話が進むので、やけに興奮して答えてくれました。
文章量も多すぎず少なすぎず。
Doraが好きなら、かなりおすすめです


dora-thanksgiving.jpg

<第2位>
Clifford's Thanksgiving Visit (Clifford the Big Red Dog)Clifford's Thanksgiving Visit (Clifford the Big Red Dog)
商品詳細を見る
感謝する相手ということでまずは大変な思いをしてお母さんのところへ行くクリフォード。お母さんと仲良くご飯を食べたら、Emily Elizabethに会いたくて、家に戻るクリフォード。そしてそれはEmily Elizabethも同じこと。
最後のページ、Emily~をハグしそうなクリフォードの格好に大喜び♪


<第3位>
Thanksgiving Is for Giving Thanks (Reading Railroad Books)Thanksgiving Is for Giving Thanks (Reading Railroad Books)
商品詳細を見る
ThanksgivingはThanksと伝えるための日だということがさらりと書かれ、「I'm thankful for ~」という言葉が何度も何度も使われ、自分を取り巻く人、物、状態に対して、どんどんお礼を言っていく感じの本。
英語が得意な方なら、話を広げられそうです。


さて、プリスクールでは木曜日にThanksgivingのパーティーをします。
みんなで分けあってランチを食べるので、親は1品持ち寄りです。
去年はフルーツポンチを持参しました。
今年は、お魚の竜田揚げを作って持っていきます。

ε=(・д・`*)ハァ… お料理上手じゃないので、こういうのドキドキします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月19日 (月) | 編集 |
先日、プリスクールに送っていったとき、アシスタントの先生から
「ルルーちゃんって、おうちでは、日本語と英語とフランス語の全部話してますか?」と聞かれた。

(・_・)は、はい・・・。

え~っと・・・本人の気の向くままに。

プリスクール生でも、あまりおうちで英語を話す子は多くないみたい。
学校で英語だと、それだけで疲れるから、これ以上おうちでまで話したくないっていう子もいるらしい。

えーっと、ルルーは、1歳半からずっと、ママが気の向くままに語りかける状態で育ちましたので・・・。

そんなわけで、最近、慣れすぎて意識していなかったけれど、そういえば、家でも英語の比率が上がってきているような気が・・・しないでもない(観察力なし。苦笑)

一番顕著なのは、対ダンナ。

お風呂に入っているときは、ルルーがずっと英語で通し、旦那にもそれを要求するらしいので、100%英語。
「お風呂でパパと英語話してるの?」とルルーに聞いたら、
「He is my student.」という返事。
ダンナ、頑張れ(笑)

日曜の昼下がり、ルルーは「自分の生徒」を従えて公園に。
行く時も英語で、帰ってきた時も英語を喋っていたので、公園でも英語を通したのだと思う。
目立ちたくない性格なのに、公園でも英語に付き合わされただろうダンナ・・・お疲れさま♪(^^;)


ところで、ルルーはここのところ、頻繁にスペイン語を話したがるようになった。
昼寝から起きた第1声が
「これ(スペイン語の絵辞典)で、何かを調べる」
だった。

ワタシ 「何を調べる?」
ルルー 「レーズン」

( ・_・)/ ぱらぱら・・・

ワタシ 「Las pasas」
ルルー 「ラス・パサス」
ワタシ 「Si! Muy bien! Quieres comer pasas?」(不定冠詞が思いつかず)

意味がわかっていないルルーに向かって、
食べるジェスチャーをしながら、「comer」と言い、
絵じてんを指差しながら「pasas」と言う。

ブンブンとうなづくルルー。

ワタシ 「(手を広げながら)Muchas pasas?」(たくさんのレーズン)
    「(指でちょっとを示しながら)un poco de pasas?」(少しのレーズン)

ルルー 「ムーチャス・パサス! ムーチャス!ムーチャス!」

この程度だけど、というか、この程度だから、というか、楽しさ優先♪ ジェスチャー万歳!(笑)

Mi Primer Libro De Palabras En Espanol (My First Sticker Books)Mi Primer Libro De Palabras En Espanol (My First Sticker Books)
(1993/05)
Angela Wilkes、Rubi Borgia 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月19日 (月) | 編集 |
先日、めでたく、○○回目の誕生日を迎えました。

たくさんお祝いの言葉やらプレゼントやらを頂いて、幸せいっぱいのワタシ。
幸せ気分のまま、IKEAから来たカタログを開く。
同封されているいつものチラシ。
いつもはそのままゴミ箱へ。

でも、幸せなときって、心に余裕があるんだと思う。

便秘でさ、亡くなる子供がいるんだってさ・・・(=_=)そか、そだね・・・

ルルーがお腹いっぱい食べられるのって、清潔なお水を飲めるのって、日本に生まれたからで・・・それはもう偶然で・・・

一緒に考える機会にしたいと思った。

ルルー 「ママ、それ何? IKEA??」
ワタシ 「ううん。IKEAから来たお手紙。読んでみるから聞いててね。」

ルルー(=_=) 沈黙(理解不能な感じ)

ワタシ 「あのね、世界にはね、お腹痛くてピーピーになったら、死んじゃう子供がいるんだよ」
ルルー 「IKEA新三郷に?」
ワタシ 「ううん。世界に」
ルルー 「世界って何?」
ワタシ 「地球儀持ってきて~」
ルルー 「はーい」
ワタシ 「これが世界。ルルーは、いつもお腹いっぱい食べられるけど、それは日本だからで、1日に1回も食べられない子供がいっぱい、っていう国もあるんだ」

ここは? ここは? と聞かれ、
「食べられると思う」だの「その国の子供たちは、なかなかお腹いっぱいになれないかも」だの答えていたら、

ルルー 「大きい国は食べられる。小さい国は食べられない。日本は大きいから食べられる。ってこと」

ワタシ 「ううん、大きさじゃないんだよー」

はあ・・・(@_@)大変。
まあ、1回では理解できないのさっ♪


最近、色々なことを理解できるようになったので、その分、説明することもいっぱい。

今日は、BS-NHKを見ていて、ミッツ・マングローブさんを見たルルー。

ルルー 「ママ、あれは男の人?女の人?」(あれは、って失礼ですが)
ワタシ 「男の人だけど、女の人の格好をしているの」
ルルー 「なんで?」
ワタシ 「えー・・・」

思わず、Facebookでつぶやいてみる。
友達からの提案は、「趣味」「変装」「仕事」
今回は「仕事」を採用することにしました(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月14日 (水) | 編集 |
最近、facebook三昧のワタシ。
ワタシの旦那は男ばかりの三人兄弟の長男で、弟たちの奥さんもそれぞれFacebookをやっている。

以前、その、末の弟の奥さんが、Facebookでお友達から子供に対する丁寧な対応を絶賛されていたときに、こう言っていた。

「いえいえ。大したことはしてないですよ~(;^^A 社会から預かった子供を、社会の役にたつようにしてお返しするだけです」と。

親のエゴ丸出しで子育てしているワタシは、10才近く年下の彼女のそのセリフに感銘を受けた。

で、ふと思い出したことがある。


この夏、はまりにはまった、BS-FOX238の「アメリカ's ネクスト トップモデル シーズン9」
ある回で、すでにモデル兼俳優として活動している男性が、広告CMの作り方のアドバイスに来ていたとき、シーズン9に参加している女の子たちにこう言った。

「君たちが、CMに出るようになれば、君たちはそのルックスを社会の役にたてることができるんだ」


また、別のドキュメンタリーで、「神の手を持つ」と称されるお医者さんがこう言っていた。

「神様がワタシにこの手をくださったのだから、みんなのために使わないと」

こういう考え方って、ベースにはキリスト教の考えがあるのかな。

こういう考え方、すごくいい!と思う。

将来、もし「何のために勉強するの?」と聞かれたら、「社会の役に立つ人間になるため」って答えようと思った。

もちろん、勉強だけに限ったことじゃない。
自分のどういう側面を伸ばすことが、社会の役にたつことになるのか。
まだわからないなら、色々なことを経験するのがいいと思う。
その中で、自分のどういう面を伸ばすといいのか、見えてくるに違いない~。

ルルーが社会の役に立つ人になれるよう、親のワタシはサポートしてゆこう。


舌の根も乾かないうちに、いつものようにエゴ丸出しになりそうなので(笑)、忘れないために、ブログに書いてみた。がんばれ、ワタシ!(笑)

いやあ、実は、この話が翻って、「ワタシは今、社会の役に立っているか? どういう能力を活かすべきか」とか考えていまして・・・。
これがまた、「その能力でしょ?」と思うものと、「でも、それはイヤなの~」という理由とが戦っていまして・・・。
 その話はまたいつか(;^^A


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月12日 (月) | 編集 |
ルルーは、土曜日にパパと一緒に、ある教会のお料理会へ行ってきた。
プリスクールのママ友がずいぶん前から誘ってくれていたイベントだ。

ママ友は以前からそこの教会のイベントに時々参加していて、この夏にやったサマーキャンプはとってもよかったらしい。
本当は、ワタシがルルーと一緒に行くはずだったのだけれど、前日の夕方にワタシが熱を出して、急遽ダンナがピンチヒッターに。

「お料理できるかな~?」なんて心配しながら送り出してから、肝心なことをすっかり忘れてた。
アメリカから来ている牧師さんの奥さんが教えてくださるということだったけれど・・・誰か日本語に訳してくれる人っているんだっけ??
オール・イングリッシュだったらどうしよう~(汗)

ええ、ルルーのことは心配してません。
心配なのはダンナです(笑)

帰ってきたダンナが言うには、英語だったけれど、まあ言っていることは「大体」、「なんとなく」わかったとのこと。
で、ルルーは英語で歌を歌いまくり、それはそれは伸び伸びと遊んできたのだそうな。

まだ4才という年齢のせいもあるだろうけれど、幾分かはこの子の性格だと思う。
ルルーって、外国の方々に対して身構える感じがあまりない。

プリスクールのママ友の話に、お子さんがプリの先生以外の外国の方とは緊張してしまって話そうとしないらしく、「どうやったらいいのかな?」と相談されたこともあるのだけれど、よくわからない。
なんせ、ワタシ自身が外国の方が苦手で、極力避けちゃうくらいの性格で・・・(=_=)
「なんのために外国語勉強したの?」と突っ込まれかねないような状態なので・・・


そこの教会は、通ってきている信者さんのほとんどが英語を話せるそうで、日本語で話しかければ日本語で返ってくるけれど、英語で話しかければ英語で返事がくるらしい。
まあ、ダンナは、日本語の通じる人にあえて英語で話しかけたりはしないのだけど、ルルーにとっては、日本語でも英語でもみんなにお返事してもらえて、そりゃあ、気楽だったろうな~と。
ルルーは次のイベントにも行く気満々。
じゃあ、来年はサマーキャンプにも行ってみよう♪

さて・・・昨日記事にしたとおり、ちーーーっともThanksgivingの本が届かないので、本棚はもうクリスマス仕様にしてみた。
bookshelf-english2012winter.jpg

ワタシのお気に入りは
I'm Not Santa!I'm Not Santa!
(2009/10/20)
Jonathan Allen

商品詳細を見る

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月11日 (日) | 編集 |
最近、Amazonと紀伊国屋の値段を比べて、紀伊国屋で買うことが多いのだけれど・・・紀伊國屋の一番の問題点は、「在庫有り」商品が少ないこと。

ワタシの欲しい本がとりわけそういうことなのかもしれないけれど、ほとんどが「海外の問屋に在庫有り」の取り寄せ。

そんなこともすっかり忘れ、陽気に注文していたら・・・
ハロウィンが過ぎてもハロウィン用に注文した本が届きませんけど~?(^^;)

で、こりゃいかん!とばかりに今度はThanksgivingの本をAmazonで注文したのだけれど、
Doraの本は在庫有りなのだけれど、もう一つの「The Thanksgiving door」が、在庫1点で注文したつもりが、誰かに先を越されたらしく、「一時的に在庫切れ」
紀伊国屋ではもう取り扱っていないところをみると、もしや絶版?!(涙)
で、そのほかの注文の影響で、Doraもまだ届かない。

いやいや、そのうち、Doraだけ先に届けてくれるんだろうけど、早く~っ!!

そんなわけで、もう1冊、「Thanksgiving is for giving thanks」を、マーケットプレイスで日本の業者さんから買うことに。ところがこちらも、注文確定時に知らされた発送予想が「11月16日~19日」
早く~っ!

なんかこう、タイミングが悪いというか・・・
まあ、ワタシがのんびりしすぎだったんだろうけどさ。。。

というわけで、「クリスマスの本で欲しいモノがあれば、もう注文しなくてはならない!」とネットサーフィン中なのでした。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月10日 (土) | 編集 |
先日、ルルーが言い間違いをして、始めることになった「読みの練習」

  過去記事はこちら → 「言い間違い 早すぎる?遅すぎる?

ルルーがプリスクールからもらってきたのは、この本の「A book」

 ← Amazon.com のリンクから、中身が見えます。

これを読めるようになると、次に「B book」がもらえ・・・という具合に進むもの。

「難しいからイヤ(始めたくない)」と言っていた割に、A book をもらったルルーは誇らしげで、みんなに自慢して回っていた(苦笑)
公園でも最初の30分くらいはずっとこれを手にしたまま遊んでいた。

そんなに嬉しかったのか・・・

お友達のママにも「嬉しそうだね~」と言われ・・・(^^;) ええ、そうみたいです・・・

で、実はこれ、おそらく卒業までにZまではいかないと思う。
そんなわけで、学校から、1アルファベットごとに、カラーコピーさせてもらっておうちで読む練習をするのだけれど、カラーコピーすると1冊あたり300円かかる。

で・・・A~Zのセットを日本のアマゾンで買うと高い(新品で約10,000円。中古で6,000円)
けど、上記のAmazon.comで買うなら、3,200円くらい。送料を入れて計算しても、26冊で割ったら、1冊170円くらい。

もっと言えば、この26冊分を1冊にまとめた本があって、472ページというとてつもなく分厚い本なのだけれど、それが1,300円くらい。
で、全部をCDに入れたものが1,150円くらい。

こっちで買っちゃっていいのか、スクールに問い合わせようかと。
Big book の方が圧倒的に安いけれど、子供の「1冊ずつ進む喜び」を考えると、1冊タイプなんだろうな~。持ち歩けるし。

 

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月09日 (金) | 編集 |
今日、プリのママたちと話した、この話題。

大阪市では、小1から「カリキュラムとして」「教科」として、英語を始めることになりそう。
まだ、全部の市立小学校ではなく、一部の市立小学校らしいけど。

これを知ったのは、3日前の日経新聞

こちらは、FNN(フジテレビ)での報道内容

目標の設定で
「小6で英検5~3級」 は、まあともかく、
「中3で英検2級~準1級」というのは・・・これまた大きな目標を掲げたね~(^^)

全体の何割の子供がクリアすれば、一応目標達成になるのかなあ?

ま、それはさておき・・・
親としてはどうだろう?
同じ市立小学校なら、やらない小学校より、やってくれる小学校の方がいい、と人気が集まるかな?
(越境入学できるのかな? できないとしたら、境い目付近の賃貸に住む親子が、区内に引っ越したりするかな?)

大阪でこういうことが始まって、どのくらいの自治体が追随するだろうか?

で、「埼玉は意識低いからな~」だの、「県内にORTを所蔵している図書館すら存在しない」だのと愚痴ってみる。

他の自治体の反応に期待!
というか・・・目覚めよ、埼玉!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月09日 (金) | 編集 |
この本が、気になって、気になって・・・気になりすぎます。

既発売のハードカバーも、未発売のペーパーバックも読者のコメントがないけれど・・・

Newspaper Boy and Origami Girl!Newspaper Boy and Origami Girl!
(2013/07/23)
Michael Foreman

商品詳細を見る


内容紹介がこれ↓
「When a group of bullies steal a poor newspaper boy's money, his bag suddenly flies into the air and the newspapers transform into Origami Girl. Joey is whisked away on a hair-raising chase with his new superhero friend in order to confront the bullies!」

レビューがこれ↓
"Michael Foreman deserves all the applause he gets." --Independent
"Michael Foreman has a flair for turning a book into a special occasion." --Quentin Blake

ね? 気になるでしょう?
誰か、買ってみてくださいよ~。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月08日 (木) | 編集 |
一見順調に見えるルルーの英仏の取り組み。

我が家の最大の問題は・・・言語が、「人」や「場所」で区切られていないということでしょうか。
結局、DVDとCDの他は、私一人が、日本語と英語とフランス語とを語りかけてきた我が家。
きっと、それが原因。

一時期、「もうダメか~(><)」と思ったフランス語にやる気を見せているルルー。
意外に文章で話せたりして、ワタシも驚くと同時に喜んでいたんだけれど・・・。

最近、家でも頻繁にフランス語で話し出すルルー。
しかも、ダンナがいるときに。

一昨日の晩も、ご飯のときに、
「パパ、まだ食べちゃダメだよ。スープ(味噌汁)を待ってて」みたいなことを、ダンナに、フランス語で言うルルー。
当然、理解できずにポカンとするダンナ。
見かねて訳すワタシ。

ワタシ 「ルルー, Ton papa ne parle pas le francais...Tu le sais, hein?」
(パパはフランス語は話さないって、わかってるでしょ?)

ルルー 「D'accord.」(=OK)


なのに今朝もまた、朝ごはんのホットケーキをテーブルに置いたら、

ルルー 「C'est pour qui?」(これは誰用?)
ワタシ 「C'est pour tout le monde.」(みんな用)
ダンナ  (・_・)きょとん

こういうとき、
「『パパがいるときは日本語』というルールを作ったほうがいいんだろうか?」と思う反面、
せっかくルルーがやる気になっているのに、そのやる気を削ぐようなことをしたくないと思ってしまう。

で、昨日・・・どうやらプリスクールでもフランス語を話していたらしく、
先生2人ともに
「今日、ルルーちゃんがフランス語を教えてくれましたよ。え~っと、なんだっけ~(^^;) What did you say, ルルー?」と言われた。

バイリンガルアシスタントの先生がお二方ともフランス語がわかるから、平気になっちゃってるのかなあ?
(お一人は、フランスにも2年いたので話せるし、もうお一人もカナダ留学中に勉強されたそうで・・・)
英語の質問にフランス語で答えるようなおちゃらけた態度が出るようなら要注意だ!(と思う)


でも、よく考えたら、「パパがいるときは日本語ルール」を作ってしまうと、「パパと英語」もできなくなってしまう。
パパが相手だと、パパを生徒に見立て、ルルーが気持ちよく先生役をできて、すごくいいんだけどな・・・。

とすれば・・・「その人がわかる言葉で話す」ってのが正しいのかな。
伝えてみよう・・・

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月08日 (木) | 編集 |
すみません。今、コメント機能がうまく作動していないみたいです。FC2に問い合わせているのですが。
皆さんのPCからは投稿できますか?

そんなわけで、お返事が遅れています。ご了承ください。。。

追記:色々試した結果、URL欄にサイトのアドレスを入力するとコメントが固まって反映されないことを突き止めました。FC2に連絡を入れますが、直るのに時間がかかるかもしれません。恐れ入りますが、当分の間、コメントの際はURL欄を空白にして送信してください。

追記: 11月8日16時現在
トラブル直ってます~♪ はあ、よかった(^^)
2012年11月08日 (木) | 編集 |
ルルーの通うプリスクールでは、年少後半~年中さんくらいになると、「アルファベットブック」というものを読む練習を始める。

例えば、Aの場合、 「A is for alligator that ~」という具合に、Aから始まる単語についての内容で、中身がどうのこうのというより、単語を読む練習をするためのもの。

で、ルルーと仲のいいお友だち(年中さん)は、学校側から「そろそろ始めませんか?」と言われていたのだけれど、本人が「まだいい」と言っていたらしい。
そこで、「仲のいいルルーが始めれば、一緒に始めるんじゃないかな?」と言われ、ルルーに聞いてみたのが数日前のこと。

ワタシ 「ルルー、『A book 一緒にやろうよ』ってNanaちゃん(仮名)が言ってるけど、やる?」
ルルー 「ううん、いい(-_-)」
ワタシ 「なんで?」
ルルー 「難しいから」
ワタシ 「でも、先生も、ルルーちゃんならもうできるよって言ってたよ?」
ルルー 「いい。やらない(-_-)」

う~ん、やらないかー。

すると今日、NanaちゃんがA bookの練習を聞かせてくれた。
を!Nanaちゃん、ひとりで始めたのね?(^^)
「聞いてて」と言われ、おとなしく聞いていたルルー。
そこに、先生がやってきた。

先生  「Oh! Good job, Nana! ルルー、You want to try A book ?」

ルルーはすかさず否定!

ルルー 「No!」
先生  「Why?」
ルルー 「Because it's too late to start.」

(・_・) え?

ええ、ルルーは、おそらく、「It's too early to start.」と言いたかったに違いない。
earlyという単語を知らなかったのか、知っていたけれど間違ってしまったのか。

当然、先生のお返事は・・・

「ルルー、始めるのに遅いなんてことはないんだよ」

「I know you can do it.」だのなんだのと、温かい目で畳み込まれ、結局やることになっていた。
笑える・・・

そんなわけで、「読み」の練習が始まるみたいです。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月05日 (月) | 編集 |
すでにFacebookで公開しているけれど、記録に残したいのでこちらでも♪

dear-santa.jpg

数日前、せっせと紙に何かを書いているルルー。

ルルー 「ママー、wantはどうやって書くの?」
ワタシ 「え~? W! A! N! T! Ok?」
ルルー 「OK~」

なんだろう?と思ったら、ルルーがサンタにお手紙を書いていた。
読んでもらったところ・・・

「I'm Sara. OK? So, Santa, I want a new toy. So I want a ball. I love you.」

でももっと長いよ?と思って覗き込むと・・・そこまで書いたら疲れたのか、以降は無意味なアルファベットの羅列。

「want」が「waint」になっている箇所があるし、それよりなにより・・・単語の区切りがない(苦笑)

でも、去年は、プリの先生にスペルを習って書いたと思われる
「SANTA Ribbon I ♡U」
だったことを思えば、自分で考えて、自分で書いたんだから進歩だな~♪ と。

こういう、時期ものって、1年の進歩が見えて楽しいわ~。

ところで、家の中にまだ残っている「ハロウィンステッカー」を指差しては、
「Mommy, Halloween is finished. So You have to take off them. And stick here Thanks giving stickers.」と言うのだけれど、100均にはそんなものはない。
というか、すっかり市民権を得たハロウィンとはちがって、Thanks giving をやる、クリスチャンではない日本人なんてのがいったいどれだけいるというのか・・・。

とりあえず、たどたどしい英語で説明を試みるワタシ。

ワタシ 「ルルー、In Japan, we don't celebrate thanks giving. So we can't buy thanks giving stickers.」(むちゃくちゃでゴメンナサイ)

ルルー 「But in America, we can buy thanks giving stickers! 」

こらまて、なぜアメリカ側に立った発言なんだー?

このあと、もう一度、「But we live in Japan. So, in Japan, ・・・」と同じ説明(?)を繰り返し、クリスマスのステッカーを貼ることを提案して、ルルーを納得させた。

そんなわけで、まだ11月になったばかりなのに、そろそろクリスマス気分な我が家。
12月までに息切れしそうだー。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2012年11月05日 (月) | 編集 |
この2週間くらい、急にすごくフランス語に積極的になってきた。
朝、ワタシがお弁当を作っている間(8時~9時)は、いつもNHKを見ていたのだけれど、ここのところずっとフランス語のDVDを見ている。
「読んで~」と持ってくる本もフランス語が増えてきた。
そうなると、発言もかなり頻繁にフランス語で言うように。

もちろん、今のルルーにとっては、英語の方がボキャブラリーも豊富。
フランス語だと、なかなか言いたいことが言えない(当たり前だけど)。
それでも、一生懸命文章を作ろうとしていて、ワタシは親なので、文章がおかしくても間違っていても、ムスメが何を言いたいかはわかる。

DVDの影響なのか、本の影響なのか、ワタシが使ったことのない言い方をするときもあって、嬉しくなった。

で・・・IKEAで、またぬいぐるみを買ってしまったルルー。
(というか、ワタシ?笑)

ハリネズミの小さいやつで、ルルーは「Monsieur Pique-Pique」(日本語で言うなら、チクチクさん)と名づけて可愛がっている。
可愛がっているのだけれど・・・旅行から帰ってきたら、持っていったはずのムシューピックピックがいない!(><)
朝から大捜索中。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。