2014年07月06日 (日) | 編集 |
ルルーのことでなくて、自分のことです(^^;)

実はワタシ、外国語を話すことがすごく怖いんです。

周りに英語を話せる子がいなかった、田舎の小・中・高時代。
田舎ゆえ、「英語を話しそうな外国の方」にお会いする機会もなく、周りからは、「カタカナ英語発音ではない」というだけで大絶賛される状態。

それが大学に行ったら・・・英語が話せる子がいっぱい。
高校で留学したって子もいっぱい。

留学って大学生がするもので、高校生で留学する人が沢山いることも知りませんでした。。。

話せる子が沢山いる環境に置かれ、恥ずかしくて話せなくなるワタシ。
そこから・・・話すことが「苦手の極致」に。

苦手で話さないから、まあ、上達もしないわけで・・・

子供への話しかけが平気だったのは、おそらく、タエさんがブログに、「『あら?知らなかった?ママは英語を話すのよ?』という感じでいく」と、ハッタリをかけることを書いてらっしゃったから。
当時2才未満のルルーには、ママの英語のレベルなんてわからないだろう、という気安さで平気に。

「英語を話すのは苦手で、極力話したくない。外国の方を見ると、固まって貝みたいになるの」とママ友に言っても誰も信じてくれない。
「だって、ルルーちゃんには英語の本を読み聞かせしてるでしょ~?」と。

それとこれとは別なのーーー(T_T)

昨年の秋、ママ友と一緒に、クリスチャン・アカデミーのバザーに行った時のこと。
日本人と思って声をかけたスタッフが、日本語を話さない人だと分かっても、ただ、お値段を聞くだけなのに、日本語で通したワタシ。
カフェテリアでケーキを売っていた学生さんが日本語がよく分からないと判明しても、身振り手振りと日本語で会話したワタシ。
チェリーケーキか、ブルーベリーケーキか、くらいの会話なのにも関わらず。

それを見た、ママ友がむちゃくちゃ驚いて一言。
「本当だったんだね・・・」

とはいえ、ルルーがいるときは、その様子を見せまいと必死で頑張ってます。

ルルーがプリスクールに入って分かったこと。
「プリに入れれば、外国人との会話が平気になるわけではない」ってこと。

スクールの中では英語を話すけれど、「スクール以外では英語を話したがらない」というお子さんが結構います。

ワタシの場合は、
「相手の言っていることはわかるけれど、自分の英語力では言いたいことが言えないから言いたくない」感じ。

子供の場合はどうなんだろう?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
2014年07月06日 (日) | 編集 |
昨日は、ランドセルを買ったあと、
月に1度開催されている、丸善丸の内本店の「英語絵本読み聞かせ」へ。

前回の記事「丸善、初のオールイングリッシュ読み聞かせ」で、「実はワタシもその場にいました!」とコメントしてくださった方が4名いらっしゃって、「今回、ひょっとして会えちゃうんじゃ?」という、期待と不安(?)の入り混じった気持ちで会場へ。

実はワタシ…、「人と出会う」ことに異様に緊張するタイプでして(笑)、到着するなり…

(;_;) お腹がいたい・・・

トイレと売り場を行ったり来たり。

前回、英語を話せる子が多くて、「オールイングリッシュ」だったことに驚いたのだけれど、今回はさらに、ネイティブのパパかママをお持ちのお子さんが何人も来ていた。
なんだか、だんだんスゴイことになってきている感じ。
この調子だと、以前のように「日本語も交えて」っぽくはならないんだろうなあ~(^^)

「どの方が、コメントをくださったんだろう?」 キョロキョロ(・_・ ) ( ・_・) う、いたたた(腹痛)

あるママが、後ろの方をしきりに気にされている様子。
「あ!あの方かな?」 遠くから見つめるワタシ。
あれ~?目が合わないわ? 痛むお腹を抑えながら、さらに見つめるワタシ!
軽く手をあげたその方。
ん? 視線が違う?
・・・お友達を探していただけらしい… (*>_<*) キャー!

始まったら、私語をするのはためらわれるので、終わってから探すことに。

ところが…そのあと、本棚の陰で、友だちから相談ちっくな話を受けたり、ついつい本を真剣に探してしまったりしているうちに…
「あ、あれ??」 解散してる?
ワタワタ、アワアワ・・・ ど、どうしよう?? どの人なのか、探せてない(焦)

そして、「今回は諦めて、次回勇気を出して声をかけよう」と思ったそのとき…

「あの・・・ひょっとして・・・」
若くてキレイな方が目の前に!!

前回コメントをくださったMilkyさんでした \(^0^)/

ありがとう、Milkyさん! 小心者のワタシはすでに諦めていました(苦笑)

Milkyさんのお子さんはすごく自然に英語を話されていて、すごいです。
しかも、プリに通ったわけでも、帰国子女なわけでもない、純「親子英語Kids」

そこに、「ひょっとしてブログの・・・」と声をかけてきてくださったのが、ことままさんでした♪

HYmamaさんがご都合で不参加だったとMilkyさんから伺ったので、だとしたら、前列にいた男の子はメイさんの息子さんなんでしょうか…(と、今さら想像。笑)

今回は、最近のディズニー映画に絡めた本を多く読んだようで、
マレフィセント絡みで、Sleeping Beauty、 Snow Queen と、Frozen 、そのあと Little Mermaid。。。
途中、子供たちによる「Let it go!」の大合唱。

今回も楽しめました~(^^)

ワタシ、友だちに笑われるほど緊張していたので、まともにお話できなくて(;_;)
次回はもう少しリラックスして、ペコリとご挨拶できるかも( =_=)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2014年07月05日 (土) | 編集 |
ルルーの住んでいるところでは、小学校は選択制。
いくつかの候補校の中から、自分で選べる仕組み。

「選ばないなら、ここ♪」と言う、基本学区があるのだけれど、その小学校の1年生の人数が27人と聞き、「6年間クラス替えなし?」とビビったワタシは、もう1校と比較して決めることに。

 ↓(過去記事はこちら)
 「小学校を選ばなきゃ

基本の学校であるA小の学校公開日は、プリの遠足とかぶってしまったので、会社を休んだダンナだけが行くことに。

ダンナいわく、「感じよかったよー。すれ違う子供たちがみんな挨拶してくれて。 教頭先生が、『挨拶や礼儀に力を入れているんですよ』って言ってたよー」と。

そして今日、比較することにしたB小へ。
こちらは、2~6年生は2クラス、1年生は3クラス。
最初に気になったのはトイレ。 お掃除はきちんとされているようで好感度UP♪

クラスも見たけれど、正直なところ、何を見ればいいのかよく分からず、ぼーっと見学してしまった。
で、楽しみにしていたのは図書室♪
英語の本は…なかった(笑)
それに、小さい。
ダンナもワタシも、母校の図書室が大きかったので、二人して「小さいね…」とつぶやく。

「A小の図書室はどうだった?」とダンナに聞いたけれど、「見てないー」という返事。むむむ。

結局、ワタシはA小を見ていないから比較ができず仕舞。
ダンナはというと、「A小は規律がある感じ。B小は人数が多い分、元気な感じだね」と言ったものの、
「そういえば、A小は放課を見ていないから、ひょっとしたらA小も元気なのかも」という・・・。

結局、「ピン!」とくるものは特になく、提出期限ギリギリの11月の学校公開日を見てから決めることに。

それより驚いたのは、父兄の格好のラフさ(笑)
ルルーのプリがある地域(お隣の市)は、教育熱心な方が多く、世帯年収も高めなせいか、小学校の参観となれば、保護者は結構きちんとした格好らしい。
ママ友いわく、「キレイめなカジュアルで行ったら、みんなすごくきちんとしてきていて、『せめてジャケットを着てこればよかった』と思ったわ」だそうな。

ところが今日、B小でワタシは見た。
麦わら帽のお父さんを(笑)
他のお母さん方も、「The 普段着」(^^;)

2駅違うだけなのに、ギャップがすごい(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2014年07月01日 (火) | 編集 |
また、更新するのを忘れてました・・・ (๑≧౪≦) てへぺろ(古っ!笑)

ルルーは、教えなくても1歳10ヶ月の頃にはお箸で麺を食べられる子だった。
豆もつまめた。
そんなわけで、勝手に「この子は、教えなくても自然にできる子」と思い込んでいたワタシ。

昨夜、突然熱を出したルルーに告げられた病名、それは、ちまたで大流行中の「溶連菌(またの名をプール熱)」 (>△<)ノ

もう熱も下がって元気なのに、登園するわけにはいかない。
最近お気にりの、「Sarah & Duck」↓と、かなりハマっている「Case closed」を見てもまだ時間が余る。



退屈したルルーが、DVDをかけながら、ワタシの隣でお絵かきしているのを見て・・・ビックリ!

鉛筆の持ち方が変!!

正しくは、親指と人差し指で鉛筆を支えて、中指が下支えになるはず。
ルルーは、親指と中指で支えているので、人差し指は…飾り?(^□^;)

親指と人差し指だけで鉛筆を持って、ぐるぐると丸を書かせてみたり、波線を書かせてみたりしたのだけれど、その程度ならやれるみたい。
そこで、ネットで迷路を探して、運筆の練習にしようとしたワタシ。
「迷路だー!」と喜ぶルルー。
でも、ワタシが目を離すとすぐに、元の持ち方で書いている。
迷路を解く方に意識がいくので、指のことはすぐ忘れてしまうらしい。。。ムムム。

どうやったら直るんだろう~(T_T) 誰かーーーーっ。

ところで、迷路を探していたら、すごく便利なサイトに出会ってしまった♪
ちょうど、机の上に置く、ひらがな表とカタカナ表を探していたら、このサイトにばっちり可愛いものが。
しかも、書き順記載のものもある(^^)
早速、プリントアウト&ラミネートした。

ああ、親切な方がいるもんだわ~。

迷路はこちら → 「めいろやさん
表やワークはこちら → 「ぷりんときっず

でも、ワークをするより、まずは鉛筆の持ち方でしょー?!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ