--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年12月23日 (水) | 編集 |
Aもいい、Bもいいと言ってきたスクール探し。

  過去記事→ 英語「を」学ぶのか、英語「で」学ぶのか

実は、Bスクールは体験のあと教室長からご連絡をいただけるということだったのだけど、連絡が来ないまま。
クリスマス会の直前で忙しいのだろうと思い、クリスマス会が終わってから電話した。
(この、電話した・・・のくだりが、前の記事です「自分が発した英語に愕然(涙)」)

 あわよくば、場所が便利なBスクールで、「英語『で』学ぶレッスン」ができないか、こちらがいいと思うテキストを使えないか、相談するつもりでいた。

でも、そこで、大きな「目的の違い」をお互いに確認することになる。

Bスクールは、基本的に、「英検」を目安にクラスを編成し、「英検を毎年1級ずつ進級するつもり」で頑張ろう、ということらしい。
Bスクールは、英検の合格をひとつの売りにしているから、しごく当然といえば、当然。

「英検の合格」を目標とするならば、英検に出やすい単語を中心とし、文法を学習していく。。。
きっとすごく効率的。
でも、それは、希望していることじゃない。

問題に答えさせることを前提として作られた文章を読む、読んで答える・・・
うーん(><)
もっとね、英検には出そうにないことでいいの。
読書は、楽しい、それでいい。 もちろん、comprehensionのレッスンは欲しいけれど、それが全て的なのは・・・違うの。

Bスクールの教室長いわく、「セミプライベートなら、ご要望をそのままお受けできるのですが」

(・_・) あ、ええ。。。 ごもっとも!(苦笑)
3人のセミプライベートだと、50分のレッスンで、1回あたり 7,000円以上。 無理です。スミマセン

ワタシたち3人以外にも生徒さんが集まるような、集客のできるクラスでないと、本部の許可が降りない。
いわゆる「英検を目指すわけでもないクラス」の需要を本部がどう判断するかというところや、
仮にOKが出たとしても、今までやったことのないクラスなので、ご希望に添えているのかどうか・・・

と、あちらさんが及び腰( ̄_ ̄)

「英検に直結しなくていいから、子供たちがワクワクするような、知的好奇心を刺激されたり、世界に興味を持ったり、社会とか宇宙とか、動物のこととか・・・その中で、文法とを学んだり、より豊かな表現力を磨けるようなえっと、えっと・・・」

伝え方が悪かったのか、需要として少数派なのか。 

要望に沿ったものをやってもうなら、セミプライベート → お金がない
お金がないからグループレッスンでそういうことをやっているところ → あった!!(A) → 結構なお値段がする → お金がないから無理
もっと安くてそういうグループレッスンをやっているところ → 見つからない
新しいクラスを作ってもらって、希望に沿ってもらう(B)  → わがまま過ぎ(爆)

迷走してます。してますともっ!!

今まで、ルルーは「帰国子女レベルではない」と思って敬遠していた。
でも、あちこち体験レッスンに行っても、同じような年齢で、同じようなレベルで(できれば、ルルーよりもう少しできる子)、希望するレッスンが似ている子供たち(&その親たち)に会えない。
おこがましいけれども、帰国子女クラスのあるところに、体験に行ってみようかと検討中・・・

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月23日 (水) | 編集 |
聞きたいことがあって、先日体験レッスンを受けたBスクールに電話した。

Bスクールと言えば、このあたりには何校もある、中堅の(?)英語教室。
当然、ネイティブもいるけれど、日本人の先生もいるし、事務スタッフもいる。
だから、完全に油断していた。

(事前に言っておきます。ワタシ、考えるより先に、口が動いちゃうタイプです)

トゥルル トゥルル トゥルル (呼び出し音)

「Hello. This is B English school. May I help you? 」

Σ( ̄□ ̄) マジかっ!!

えーっと、えーっと・・・

ワタシ 「Hmm... Excuse me. Can you speak japanese?」

Σ( ̄□ ̄) ああっ!せめて、「Do you ~?」だろ、ワタシっ!

相手  「Hmm... Not really.」

Σ( ̄□ ̄) ええっ!?

この時点で頭まっしろ。

英語教室ってのは、英語がわからない人が通うんじゃないのっ?!
日本人スタッフが何人もいるなかで、日本語がよくわからない先生が電話に出るってアリ?? ひーっ!!

沈黙が苦手なワタシ。
電話のときの定形句ってなんだっけーーーーっ?! と必死で思い出そうとするも、頭の中で答えを導き出す前に、口が動き出してしまった。

「My name is Mrs.○○」

をを。。。 ををゥ。。。

こんな言い方をしたところで、さらにパニック!
「May I speak to ~」とかいう言い方が出るはずもなく、

ワタシ 「Is Mr. △△ there ?」

軽っ! 知り合いかいっ! (自分でこれ↑を言いながら、心の中で響いている自己ツッコミ)

これで解放される!と思ったのも束の間、お話したい相手は電話応対中。

ワタシ 「OK. I'll call him back a little bit later.」

Σ( ̄△ ̄) ああっ!もう!なんなの、ワタシ!!
向こうからかかってきているわけでもないのに、call back 宣言。

相手(おそらく、先日の体験レッスンの先生)が優しい声で、「Oh. Thank you.」と言ってくれたので、
「Thank you. Bye.」と答えて、通話を終えた。

疲れた・・・。
ガッカリな自分にグッタリ (-_-)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2015年12月22日 (火) | 編集 |
いつも、サンタから2個届く(だけ)のクリスマスプレゼント。
今年は「親から」も加わったことで、プレゼントバブルが・・・という記事を以前書いたのだけれど・・・

まだ続きます(><)

先日、プリスクールのクリスマスパーティーで行われる「プレゼント交換」用のもの(予算750円程度)を探しに行ったとき、
クリスマス商品がどんどん割引されているのを見つけてしまったワタシ。

どうしても、どうしても、欲しくなってしまった50%オフのぬいぐるみ。
「肩にねずみを乗せて、本を手にしたトナカイが、クリスマスストーリーを読む」というやつ。
なんと、12分の物語(長っ!!)

ぬいぐるみが動くのが可愛くて、もう、店頭で釘付けに。
50%オフだって~♡

ダンナが知ったら、呆れるかも(><) でも、欲しい~!(ワタシが)

で・・・。ええ、買っちゃいました(^^;)

そうすると、問題は「誰から?」というところで。
さすがにサンタが3つくれるのは厳しい。
でも、親から、にしてしまったら、来年以降も期待してしまうかもしれない。

で、思いついたのが・・・「Elfからの、今年だけの特別なものにしよう!」ということ。
ネットで調べれば、色々なフォーマットがあるもので・・・

Free Printable Letter From Santa & Elf

このページの 「Letter From Elf」
というのをクリックすると、Wordで編集できるフォーマットが出てきます。

Jangle という、Head Elf からのお手紙♡

「毎年、それぞれのElfが、『My favorite kid of the world』を選ぶのだけれど、今年、僕は君を選びました!」という手紙を作成。

いやあ、プレゼントの数もバブルだけれど、評価そのものがバブル(苦笑)
そこまでいい子じゃなかったのに・・・( ̄_ ̄)

そんなわけで、「余分にプレゼント買っちゃった」という、無計画な方が、ワタシ以外にもいるとしたら、是非、やってみてください(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月21日 (月) | 編集 |
大人ですが、「ごっこ遊び」が好きです。

子供に付き合う「ごっこ遊び」ではなく、大人の「ごっこ遊び」が。
ダイニングはカフェっぽくしたい、とか
子供のスペースは、教室っぽくしたい、とか
自分の部屋は、雑貨屋さんっぽくしたい、とか。

だから、「子供と英語」と思うと、
スクールで使いそうなものが欲しくなる。
ゲームっぽいものが欲しくなる。

で、今、欲しいモノがこれ↓

早押しボタン(動物の鳴き声)

さて、本題へ(笑)

以前、「クリティカルシンキングの基礎を学ぶ」という触れ込みの、某スクールのレッスンに行ったことが。
その時、「I like ~. Because ~.」や、「I think ~. Because ~」という形で、自分の意見を説明するというのを繰り返した。

で、そのときからふと思っていることが。
普段のルルーは、「何かのテーマについて、意識して自分の意見を表明する、説明する」ということが少ない、ということ。
思い出したのがこの2冊↓
 
これ、相当好きだったな~。 話したい!って感じだったな~。

で、Amazonで「learning resources」と入力して、見つけたこれが気になる。

「数個のサイコロを振って、出た目からお話を想像して作る」というもの。
正解なんてないから気楽だろうし、サイコロを振るというのが楽しそう。

で、もう2つ、気になるものが。
 

左のは、Speakers Box
絵のカードと文字のカードがあって、絵のカードには「What could happen next?」と書いてある。
文字の方は、「Would you rather train a lion or an elephant? Why?」といった質問が書かれている。

右のは、Ungame(アンゲーム)というもの。
英語版もあるけれど、例文が見られないので、日本語版をリンク。
「カツミくんとヒロシくんは いいおともだちです。 いいおともだち ってどんなおともだちのことですか?」とか
「マサルくんには大好きな本があります。 あなたのおきにいりの本や物語について教えてください」とか。
トランプみたいな紙に質問が書いてある。

この二つは、紙だから、買わなくても作れちゃうんじゃないかな?と。
ベッドサイドに箱を置いて、毎晩1枚引いて、子供の話を聞く、っていいんじゃないかと思った。
ルルーにとっても、意識して話すのはいいと思う。

ワタシの場合、英文で書くとなると、「自分の作る質問文の英語が正しいのか」問題が発生するのだけれど・・・(^^;)
えーっと、そこはどうやってクリアしよう・・・?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

2015年12月20日 (日) | 編集 |
「センスのいい子」って何かと言うと・・・「費用対効果」ならぬ「労力対効果」のいい子、のこと♡
言葉を変えると、「インプット対効果」のいい子、のこと。

語弊と誤解を恐れずに(笑)、話をざっくりと単純化。
インプットの「質」と「量」が「掛け算」の関係だとして、

100の効果を出すために、
「質1」のときは「量が100」必要 ・・・ 1×100=100
「質が、0.5」のときは、「量が200」必要 ・・・ 0.5×200=100

インプットの「質が同じ」ならば、答えとして出る数字の差は、「インプットの量」の差だ。

実際のお友だちにのママに
時々、「ルルーちゃんは英語がよくできる」と褒めていただくのだけれど、今のルルーが、ちょっとできるように見えるのは、おそらく、「今までの圧倒的な量」のため。

CDをかけた時間、
絵本を読み聞かせた時間、
下手なりに語りかけた時間、
英語でTVやDVDを見た時間、
今までに子供自身が読んだ本の数。

周りのお友だちに比べると、「量」が圧倒的に多い。
見方を変えれば、この量でこの成果なのだから、それほど効率のいい子ではないと思う。
そこまでやらなくて、同じくらいの子がいるし(苦笑)

で、「やっぱり、『センスのいい子』っているんだな~」と思えるお子さんがいる。
うちと比べたら、おうちでの取り組みも、スクールで過ごす時間も、ワーク系も、本を読む量も、圧倒的に少ない。
普通の子だったら、おうちでの取り組みがほとんどないような状況で、スクールが週5から週1になったら、あっという間にできなくなるだろうけれど、そんな感じはない。

ママが英語が得意なわけでもなく、すごく工夫をしている様子もないので、「ものすごく質のいい取り組み」的なものも多分ない。

「その量で、この成果、っていいな~」と思ったりする。

ただいまの方程式・・・「質×量×センス」(爆)

「センスのいい子」と同じことで似たような成果をあげられるのは、同じくセンスのいい子だけだろうから、「センスが普通」というその他大勢にとっては、
「質を上げる」か「量を増やす」か、あるいはその両方か。

で、相談されても、ワタシの回答が「量でしょ、量!」みたいなことになる。
「センス」は、どうしようもない。
「質」は、質がいいかどうかを見極める力が必要で、力がないなら勘とか運とか(笑)が必要になる
でも、「量」は増やせるでしょ?と。

で、小学生になり、やることも増え・・・
ルルーにとっては、そろそろ「量」はここら辺が限界でして。
となると、残るは「質」のみ

家庭での取り組みの質を高めるにはどうしたらいいのか。
質を見極める力がワタシになかったとしたら・・・え? 勘と運?
いやいや、「先輩たちの教え」があるじゃないかっ!!

そう。 ブログ徘徊って、「質のいい方法/効率のいいやり方」を探すためのものなのかもしれない!(今頃?)

ということで、先輩方のブログを思い返す!改めて読む!
素敵! 面白そう!! 良さそう!! ・・・だけど、面倒くさそう(T_T)
と、失礼なことを思ったりする。
その面倒くさそうなことを、楽しんでできるかどうか、いや、面倒くさっ!と思いながらもやれるかどうか。

うーん、うーん。
とりあえず、質のいいやり方でやれるようになるまでは、量MAXで!(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2015年12月20日 (日) | 編集 |
先日から、記事ランキングで何日か連続で1位になっていたのを、非常に心苦しく思っていました。

一度、このタイトルで記事をアップしたすぐ直後に、
「この記事を読むかもしれない、実社会のママ友、知り合いママたちの中には、気分を害する人もいるのではないか?」と悩み、直後に、撤回したんです。

ただ、一度アップしたために、ブログ村では記事名が残ってしまって・・・。

読みに来てくださった皆さん、すみませんでした。

外に出てみると、ルルーのプリがいかにいいところだったのかがわかった、ということと、ルルーにとっては、幼稚園以上の存在だったという話なのですが。。。

これだけだと、「何が気持ちを害することになるの?」と思われることと思います。
説明できなくてスミマセン。

この件に関しては、何度も推敲して、納得がいったらアップしたいと思います。

本当にすみません
2015年12月19日 (土) | 編集 |
Amazonで、100円だの、300円だの、と盛り上がっている時に、酔っ払ったせいでついつい覗いてしまった1,000円均一。

そこで見つけたこの本に、ワタシがハマっちゃった♡

Mr. Bing が、「朝食用に」と「ドーナツ」を買ってきたのだけれど、食べるのはやめて、他の活用法を模索することに。
Arnieと名乗るそのドーナツと話し合った結果、ペットの犬(正確には「ドーナツ犬」)として、飼うことに。

arnie1.jpg
arnie.jpg
arnie3.jpg

この、適当な感じがすごく好き~♡

もう定価に戻っちゃっているので、この記事を見たからといって、買う人はまずいないだろうけど(笑)、どこかの本屋で見たら、是非読んじゃってみてください♪

他のも読みたいけれど、定価じゃ買えないよーーー(涙)

   にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2015年12月18日 (金) | 編集 |
この間から、体験レッスンが続いた我が家。
行ってきた2校の感想を。

<様子>
★Aスクール
 先日も書いたとおり、理科の実験とかをして、ものすごく楽しそう。
 ただ、ルルーが言うには、「ほかの子はあまり話さない」のだそうな。
 これはルルーの評価であって、おそらく「量」のことだから、「量は少なくとも質のいいことを話している」お子さんがいる可能性も否定できないのだけれど、なんせ見学ができないからわからない。

★Bスクール
 レベルがほぼ同じ3人での体験レッスン(レベルチェック)。
 ものすごく楽しそうなのは、気心がしれたメンバーだったのと、レベルが揃っていたからだと思う。
 ずーっと、キャッキャキャッキャ言う声が聞こえてきた。
 レッスンが終わって出てきても、3人で英語で話しながら遊んでいて、ママたちで、「そうそう!この感じがいいのよね!」と。

<レッスンの性質>
★Aスクール: 英語「」学ぶ
★Bスクール: 英語「」学ぶ

<交通の便 と 安全面>
★Aスクール: 駅からの道が暗い。待てるスペースがないので、万が一早くついたら、外で待つしかない。治安が心配で、大きくなったからといって、一人では通わせられる気がしない
★Bスクール: 駅から徒歩0分。待ち合いスペースがあって、安心。 大きくなったら、一人で行ける。

<感想>

ざっくりと言うなら、
Aスクールでは、「算数、理科、社会」を学んでいて、Bスクールでは「国語」を学んでいる感じ。

「英語を教える」のは、どのレベルの子供であっても、対応の仕方があると思う。
「英語で教える」となると、子供側にある程度の英語力が必要で、しかも、どのくらい積極的に関わってくるか、という子供側の性格とかも関係してくるかな。

場所的に便利で安全なBスクールで、「英語を」だけでなく「英語で」のレッスンも可能であればそれが理想的なのだけれど、
「英語で」のレッスンの準備は、「英語を」のレッスンの準備よりも、格段に大変だろうし、ノウハウの蓄積も必要だったり、そういうことが得意な先生かどうか、も。。。

だから、「英語を」のノウハウしかないだろうBスクールに「英語で」のレッスンを求めても、例えば、理科だったり算数だったり歴史だったり、そういう楽しいはずのレッスンが、「受け身で聞くだけ」のレッスンにもなりかねない、と思ったりする。

難しい~( ̄_ ̄)

この話、続きます→

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月15日 (火) | 編集 |
本が大好きなので、特に用がなくても、Amazonをぶらぶらしている。

先日、何がきっかけだったか忘れたけれど、絵が好きなので「Tony Ross」で検索をしていて、見つけた300円のバーゲン本!

これが~~~
可愛いのっ(>▽<)ノ

色んなお話の主人公たちが生徒で、先生は「Miss Good Fairy」
中身検索を見れば、第一章の何ページかが見られます。

ヘンゼルとグレーテルが、学校にお菓子を持ってこないように注意されたり、スリーピングビューティーが「起きなさい」と怒られたり、ジャックが魔法の豆を show and tell で見せるんだと言っていたり、赤ずきんが忠告を聞かない子で、「いうことを聞かないと、いつかトラブルに巻き込まれますよ」と注意されていたり。

寝る前の読み聞かせで、「毎晩1章ずつ」ということにしたので、まだ1章しか読んでいないけれど、すごく楽しみ。

いつも、役ごとに声色を変えているのだけれど、登場人物が多すぎて限界越え(T_T)
とりあえず、 Miss Good Fairy は特徴あるいい声にできたので、本を閉じたあとも、絵本を読む感じで続けている。

「 "Well, it's time to sleep, ルルー" said Miss Good Fairy.」
「 "Have a sweet dream, ルルー." said Miss Good Fairy.」

あまり昔話に強くないので、登場人物紹介に出てくるTrollとかが、一体なんの話の登場人物なのかがまだわからない(^^;)

作者は、Horrid Henry を書いた人だったので、全体的に、あんな感じ♪ (感想が、適当でスミマセン)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月15日 (火) | 編集 |
先日、非常にガックリしてしまった体験レッスン。
  (過去記事 「ルルーの課題とスクールの体験」)

「レベルチェックの結果、アフタースクールの体験OK」というお返事をいただいたので、早速行ってきた。

が・・・(=_=)
ワタクシ、開始時刻を30分間違えていたようで・・・。

ムスメもワタシも遅刻が嫌いで、早め早めに動くので、結局は「10分遅れ」の到着。
スクールに電話がつながらず、
遅れての参加は迷惑をかけるから別の日にしたほうがいいのか、10分程度なら今日参加したほうがいいのかわからないまま顔を出した。

「大丈夫です!」ということで、ルルーだけそそくさと招き入れられ、
「6時半に迎えに来てください」と言われてドアが閉まった。

そもそも遅刻が大嫌いなルルー。
初めてのクラスなのに、遅刻で・・・緊張もするだろうし、テンションも下がっているに違いない。泣くかも。。。

マックで100円コーヒーを飲みながら、ひょっとしたら泣いているかもしれないルルーや、ルルーに泣かれてご迷惑がかかっているかもしれないレッスンのことに思いを馳せた。

6時20分頃にスクールに戻ると、中から楽しげな笑い声と、興奮や歓喜の声。

「そっか! 見学はできないけれど、もう少し早めに戻って、声を聞いていればレッスンの様子がわかったのに!」と慌てて聞き耳を立てるワタシ。

ここで、問題が。

どれがルルーの声なのか、今ひとつ確信が持てない(笑)
「この声かなー?」という声が本当にルルーの声であるとしたら、相当盛り上がっている、という印象で、寒空の中、まだまだ延長している様子のレッスンを外から聞いていた。

で、そこに、ほかの、お迎えの方がみえた。

ワタシ 「今日体験でお世話になっています。あの~。なんだか、サイエンスをやっているみたいなんですけれど、こういうの、結構やってるんですか?」

Aさん 「結構ちょくちょくやってますよ。あとは、歴史上の人物を学んだりとか」

(≧▽≦)ノ いやーん、何それ!楽しそうじゃないの~っ!

レッスン後、まずはネイティブの先生から、今日は何をやったのかの説明。
ちゃんと、「仮説→実験→考察」という手順を踏んでいる。
その説明を聞いただけで、楽しかっただろうなあ・・・ということがわかる。

次に、個人的に、ルルーの様子を、アシスタント(?)の先生から聞く。
すごく積極的に参加&発言していたらしい。
よかった。いつもどおりに過ごせたのね(^^)♡

見学ができないということは、ルルーの言うことが頼り。 ・・・頼りない(苦笑)
ワタシ  「他のおともだちはどんな感じだった?」
ルルー 「うーん。みんなそんなに話してなかった。ルルーが一番話してた。」

うーん (ー_ー;) それは、しゃべる「量」の話だよね?

得られた情報、それだけ(爆) 小1の観察力、そんなもんか・・・( ̄_ ̄;)

メンバー的に、小2の子が一人いるだけで、ほとんど中学年~高学年。
お姉さんたちがどんな感じなのか、この目で見たかったなあ・・・。

とりあえず、今日も体験なので、総括はそれが終わってからかな。

体験が立て込んで、英語学童に行けないのがイヤらしくて、「ちっとも行けないじゃん」とクレームが。

はい・・・。 スミマセン。
とりあえず今日で、スクール系の体験は終わり。
オンラインの体験は・・・年明けに考えよう。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月13日 (日) | 編集 |
今日の記事、リアル世界のママ仲間さんたちに教えたくて書いています。
が、お近くの図書館にあるようなら是非手にとってみてください(^^)♪

久々に、S市の中央図書館に行ってきました!

----------------
<Pクラスのママさんたちへ> (Pクラス=年少少&年少)

ぐりとぐらの作者が書いている「What's in my Lunch box」
ぐるんぱのようちえんの英語版「Groompa's kindergarten (CD付き)」

---------------
<卒園生のママたちへ>

S市の図書館、かなり充実してきています。
低学年の読み物でも、
① The Zack files
② Franny K.Stein
③ A Diary of Wimpy kid
④ A to Z mysteries
⑤ Daisy
⑥ Nate the great
が揃っています。

「読みやすさ」では、圧倒的に⑥「Nate the great」が簡単なので、まずはNateを。
Nateのあとに読めるような本が、S市図書館にはまだないな~という印象です。
文字ばかりが苦手だったら、同じ市内にあるM図書館で、ORTのLevel 6~8を

lib-4.jpg

lib-2.jpg

lib-3.jpg

lib-5.jpg

------------------
<Dolphin Readers>

今回初めて見つけました。
見開きで、左に文章、右に問題や迷路などなど。

【Level 1】
lib-6.jpg lib-7.jpg
lib-8.jpg lib-9.jpg

【Level 4】
lib2-1.jpg
lib2-2.jpg
lib2-6.jpg
lib2-7.jpg
lib2-5.jpg

画像がうまくアップできなかったけれど、「過去形に直しましょう」とかの問題もありました

★Level 1 は、文字が気になり始めた子にぴったり。
読み聞かせしたり、指で単語を追いながら読んだりしてみるといいと思います。
ただ、右ページの問題は、文字をなぞらせたり、線で結ぶとかなので、書き込まれないよう、指でなぞってくださいねー

★Level 4 は、自力読みに慣れてきた子むけ。 ママが読めるなら、何歳でも。
 このシリーズは、自然科学系の話もあります。
 いわゆるワーク系に興味が湧きにくい子も、試してみる価値ありです♪
 Level 4 のワークは、K2(年長)の後半向けかな~という印象です。

 問題部分をさせて、わからないと、続きを読むこと自体が嫌になってしまいかねないので、お子さんの様子を見て、気が進まないようなら無理をせず、本文を楽しんでください。

薄い本で、買うと500円くらいするので、借りるのがオススメ。
子供が書き込んでしまわないように、注意しましょう!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月10日 (木) | 編集 |
いつも、ルルーがもらえるクリスマスプレゼントは2個

毎年、あまりにもしょぼいものをリクエストする(リボン、ボール、サイコロ)ので、
ついついワタシが「プレゼントらしきもの」を選んでしまって、
レゴだの、木琴だのを追加していた。

で、今年。

ルルーのリクエストは、最終的に、「たまごっち」
早速、ポチっ♡

これで、OK~♪ と思ったのだけれど・・・届いてみたら、小さい。
当たり前だけど。
過剰包装があふれるこの世の中、このお値段だからもっと過剰に包装されてくるのかと思ったのに~(><)

210cmもある、我が家の大きいクリスマスツリーの下に、手のひらサイズのたまごっち1個??・・・
と思い始めてしまったワタシ。

しかも、「そういえば、ワタシがサンタのこと知ったのは小2だったな・・・」なんて思うと、「あと何回、『本気でサンタ』が出来るんだろう?」なんていうセンチメンタルな気分になってしまい・・・

で、
「ダイアリーがほしいの」と言っていたルルー
  ↓
その前から欲しがっていた万年筆を追加するワタシ

とか、

ずーーーーっと前からカートに入りっぱなしだった「英語版人生ゲーム」のお値段が下がる
   ↓
在庫1の表示で判断を急かされる

などが重なり、なんだか今年は、バブル到来(T_T)

子供を慎ましやかに育てたいダンナが聞いたら、卒倒するかも。

そんなわけで、クリスマスプレゼントにするはずだった「おしりたんてい」の絵本は、1月の英検後に先延ばし決定!

プレゼントは、こちらですっ! ドルルルルっ(=ドラムロール)

   

あと、なんか、「犬にもプレゼントをもらえませんか?」的なことをサンタへの手紙に書いていたので、犬のおもちゃを・・・。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月10日 (木) | 編集 |
いやいや、今回は、なおぱぱさんに非常にいいサイトを教えていただきました!

多読の話になると時々見かける、数値の数々。 そして、文字数のカウント。

「テキトーがモットー」なので、気にしていませんでしたが、実社会でのママ友さんたちからしょっちゅう聞こえる
「何を読めばいいのかわからない」の声。

いつもコメントをくださる方々の多くは先輩方なので、おそらくこれは「当たり前」の部類なのかと思いますが、
ワタシのブログに来てくださっている「読むONLY」の方の中には、「知らなかったわ!」という方がいらっしゃるかもっ!
(いらっしゃるだろうか・・・? ^^;)

ということで、ご紹介させてください~♪

---------------------------------------------------------------------
AR Book Finder (http://www.arbookfind.com/)

以下は手順
①あなたは?という問が表示される。Parentにマークして次へ

②上の方にタブみたいなのが出ているので「Collection」をクリック

③「Libralian's pick」(=図書館司書さんによるオススメ)をクリック

④何年のものでもいいので、お子さんの年齢やレベルに合わせて、「Lower grades(低学年)」、「Middle grades(中学年)」「Upper grades(高学年)」をクリック

本の一覧が出ます
本の横に指数が表示されます

⑤BLに注目! BLとは、Book Level のこと。本の難易度です。
 数字が低い方が使われている単語などが容易であることを示します

 読んだことのある本があれば、そのBLを参考にすると、ほかの本を探しやすいです

 低学年の、BL「1~2」あたりなら、未就学児でも読めるレベル(=幼児への読み聞かせも簡単)です

ちなみに・・・なおぱぱさんの、この記事↓のコメント欄で教えていただきました♡
多読への道 Part2: Leveled reader からチャプターブックへ

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月08日 (火) | 編集 |
ルルーの状態をざっくり言うと、
「間違っていても、とりあえず、言いたいことは言う」

「言いたいことを言える」わけではなく、「言いたいことは、間違った英語であってもとりあえず言う」

プリスクールって、長時間だから「レッスン」というより「生活」なわけで、いちいち間違いにこだわっていたら何も言えなくなるから、とりあえず言う。
先生方も、「その言い方は違うよ」とかは言わずに、「ああ、そうなの?○○なのね?」っていう返事のときに正しく言おうとしてくれる感じ。
子供たちは、よっぽど繊細な子じゃなければ、訂正に気づいていないかも(苦笑)

というわけで、ルルーの英語は、ものすごく「大雑把」
だから、この先、「自分の感想や意見を、正しい英語で、きちんと表現する」ことが課題だと思う。
それは、Speakingにおいても、writingにおいても。

なので、今、「テーマ学習や、Show and tell、ディスカッション」などを通して、「自分の感想や意見を、正しい英語で、きちんと表現する」ことができるような「レッスン」をしてくれるところを探している。

で、今週と来週は、体験レッスンを入れていて、今日は一校目。

小学生向けのインテンシブコースを希望していたのだけれど、
「一度基礎クラスに来て、レベルや授業態度を学校側が見て、OKが出ないと、インテンシブコースの体験はできない」というのがスクールのルールらしい。

「そこをなんとか」的なことをワタシが言ったので(爆)、「万が一にでも日本語が出たりしないか」とか「クラスには積極的に参加できる方か」とかたくさん質問を受けたけれど、それでもやっぱりダメだったので、とりあえず、基礎クラスの体験に行くことに。

ここで、気づいたことが。
 スクール側としては、経験則で、
「プリスクール卒と言ってもレベルは様々だから、レベルが保証されるわけではない」こと
「英語は話せても、レッスンを壊すような協調性のない行動を取る子が少なからずいる」こと
を感じていて、
「親の言う子供の評価はあてにならない」と思っているのだ、ということ。

規則は規則なので、行ってきた。

(T_T) ええ、ええ。 規則なので仕方ないんですけども・・・。
ルルーは、Santaとかelfとかreindeerとかの単語を「習って」きました。

疲れているところをわざわざ電車に乗せて連れて行ったので、思わず、「ゴメンね」と謝ってしまいました。
「Never mind ! That's OK ! It was fun.」
と言ってくれました・・・( ̄_ ̄;)

「話してみたら、お友達が、『??』っていう顔だったから、なるべくわかりやすいように話した」のだそうで・・・。
迎えに行った時に、発音が、ちょっと日本語寄りだったので、ひょっとしたら、発音まで「わかりやすく」とか思ったのかも?

体験レッスンが 1,000円。
外でごはんを食べて 1,200円
ダンナに牛丼を手土産で 450円
タクシーに乗って 730円

しめて、3,380円なり(+交通費)

どよーーーん(=_=) そんだけあれば、本がいっぱい買えた。

それでも、今日のところは評判のいいスクールで、ワタシの中では、「大本命」というつもりでいたので、「この目で確かめたい!」気持ちがあり、インテンシブの体験も行くつもり。
見学できないので、厳密には、「この目で」確かめることはできないのだけれど。。。

来週は、もう1つのスクールの見学で、
そっちは、同じプリスクールを卒業して、レベルがほぼ同じお友だち2人と一緒に、3人だけでの体験レッスンなので、少し気が楽。
何より、近いし(^^)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月07日 (月) | 編集 |
当たり前のことだけど、本やDVDの好みには個人差があって、どれだけ周りで
「面白かったー!」「めちゃくちゃハマった~!」と大好評でも、自分ちの子は全く反応してくれないものはある。

それは、単に好みの問題だったり、年齢や理解度の問題だったり。

理由が後者なら、早すぎたものは、いつか見てくれる(読んでくれる)こともあるだろう。
でも、理由が前者の場合は、もう、どうにもこうにも・・・。
基本的には「お蔵入り」になる。

親子ブログをウロウロしていて、どなたかが勧めていたとしても、
基本的には、ちゃんと自分でも中身検索をしたりして、「面白そう♡ ルルーも読むかも♡」と思って買っているので、誰のせいでもない(笑)
強いて言うなら、ワタシの勘が外れただけ。

昔だと、「Hi-5」 ちーっともハマってくれなかった。
救いだったのは、買ったのがフルセットでなくて、安かったシーズン4だけだったこと。
でも、ひょっとしたら、評判のよかったらしいシーズン1を見ていたら違ったのかも?(苦笑)

で、最近の顕著な例は、「13-Story tree house」
面白そうだったのに~(><)
沢山のお子さんたちがハマったって言ってるのに~!! 
ルルーが言うには、「ゴチャゴチャしてて見にくい」だそうで。。。
読み聞かせならいけるかと、挑戦してみたけれど、つまらなさそうな顔をされて、断念。
くーっ(><)

で、断念する前に注文していて、届いた「Tom Gates」
416ページもあって、マーケットプレイスで買うなら1,000円もしないくらいだし、中身を見たら、面白そうだ!
ユーモアがあるやつなら楽しめるはず!と思っていたのだけれど・・・
というかイギリスでは相当売れた本なんだけど!評判いいんだけどーーーっ?
こちらも撃沈。

でも、裏を返せば、きっと、「13-story tree house」みたいなのが好きな人は、この「Tom Gates」も楽しいんだと思う~。

「最近、Amazonが色々と安く売ってるよ~」という話を聞き、物色してきた、バーゲンコーナー♡
今日、第一弾で6冊届いた。
books-bargain-1.jpg
「Lunch Lady」は、以前からもっと読みたい!と言われていたので、安心して買った500円。(ほぼ半額!)
ほかのは、
今回自分で見つけて(初めて知って)買った本が2冊。
有名なものが1冊(Stink)。
他のブロガーさんのところで見つけて気になっていた本が2冊。

さてさて、どうなるかな~(^^;) ドキドキ♡

ちなみに、Lunch Lady は、届くやいなや速攻で読み終えた。 マンガだから、だと思う(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月06日 (日) | 編集 |
そろそろ、サンタへ手紙を書いてもらわないと。。。と思っていたら、ルルー自ら、紙を出してきた。

ルルー 「ママ。。。サンタさんは本当に、パパやママがダメって思ったものはくれないの?」
ワタシ  「うーん。多分そうだと思うけど~。でも、自分のお手紙だから、自分の思ったように書いてみたら?」
ルルー 「ママ、英語と日本語、どっちが上手になってほしい?」

( ̄□ ̄)? どっちが・・・? もちろん、両方です!

ルルー 「英語は○○(英語学童)に行ってるから、日本語だな!」

( ̄_ ̄) 日本語は、小学校でやってて、はなまるにも行ってるよね? そこはノーカウント?

というより、一体何の話をしているんだろう??

で、書き始めたサンタへの手紙。

ん?? 動詞の使い方がおかしいよ?

ワタシが、
「こういう言い方はしないんじゃないかなー」 とか
「これは下書きにして、新しい紙にちゃんと書いたら?」 とか言ったことが、ルルーにとっては面白くなかったらしく、断固拒否。

「書き直せばいいんでしょ!」的に、荒く消して、ろくに考えもせず、また書き出した。
さっきよりも、さらに変!(><)

いつも、サンタへの手紙は、多少おかしなところがあっても、「可愛いわ~。キューン♡」という思いで見ていたワタシ。

でも、今回は・・・どよーん。

ライティング、どんだけ弱いんだか。
言いたいことを、正しく文章にする力が足りていないこととか、動詞の語彙が少ないこととか、基本的な文法が分かっていないこととか、あれこれ考えてしまった。
ライティングの力が伸びないというのならまだしも、ライティングの力が落ちる、ってどういうことよー(=_=)

ライティングに限ったことではなく、これって、頭の中で思ったことをそのまま書いたんだろうから、だとしたら、話す方も、まずいわ。

letter-santa.jpg

Dear Santa Claus
I got a dog named cocoa.
She is a maltease & poodle.
This year I couldn't pick.
So I will let you pick.
I picked two things, 1, tamagochi, 2, a learning pad.
The learning pad is to help me learn more about japanese.
Oh, and I have a dog. We're going to give her a present.
But we don't know what we can give her.
So if you don't mind, I want you to get a present for her please?

サンタさん(=ワタシ)は落ち込みましたが、気を取り直して、要望をチェック!

たまごっちか、Learning Pad (日本語)・・・。
サンタに選ばせるのね?
Learning Pad って言われてもなー。

「英語と日本語どっちが上手になってほしい?」という質問や、「サンタさん、作れるかなー?」という独り言の意味が、ようやくわかった。
Learning Pad のことだったのかー。

たまごっちは、すぐに飽きてポイっとされるのが目に見えているから、イヤだったのだけれど、「失敗も経験のうち」と自分に言い聞かせ、さっき、ネットで注文した。
誕生日からずっと欲しがってたもんね・・・

Portable North Pole のサンタビデオも、それに合わせて、たまごっちの画像を入れて編集。

いよいよクリスマス! という気分になってきたぞ~♡

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月04日 (金) | 編集 |
ルルーは「はなまる学習塾」というところに通っている。
詳しいことはわからないけれど、毎回、最初に四字熟語とか名文とかを叫ぶらしい。

説明会のときの説明によれば、「特に男の子なんですけれど、パワーが有り余っているので、大きい声を出すことで、一旦そのパワーを放出すると、落ち着いて授業が聞けるんです」とか。

そんなわけで、毎回、「四面楚歌っ!一網打尽っ!」などなどと叫んでいるらしい。

「パワーの発散」ということなので、放置しているのだけれど、先日
「春はあげもの!」とか言っていたので(ただしくは、春はあけぼの)、ルルーの理解度は、ざっくりというか、適当というか・・・( ̄_ ̄;)

でも、子供ってこういうのが好きなんだな~、と思って、少し前に早口言葉を教えてみた。

ワタシ  「かえるピョコピョコ 三ぴょこぴょこ!合わせてピョコピョコ 六ぴょこぴょこ!」
ルルー 「かえるピョコピョコ 三ぴょこぴょこ!合わせてポコポコ・・・ああああっ!!」

相当練習したらしく、3日後には言えるようになった。

ワタシ  「東京特許許可局!」
ルルー 「とうきょうとっきょきょきゃ・・・・ああああっ!!」

ふっ ( ̄∀ ̄)

調子に乗って、英語も教えてみた。
これ、誰に聞いたんだっけ・・・塾の先生かなあ?学校の先生かなあ?

ワタシ  「She sells seashells at the seashore!」
ルルー 「She sells she.... (=人=) She sells sea cells... ( ̄人 ̄)」

ふっ ( ̄∀ ̄)

勝ち誇った気でいたのも束の間、また数日後には言えるようになっていた。

で、昨日、お風呂場で・・・

ルルー 「She sells T shirt at the seashore! キャッキャッキャ!」

( ̄_ ̄) 面白い?

一応、気分を害さないためにウケてみた。 すると・・・

ルルー 「牛乳 is new! キャッキャッキャ!」

( ̄_ ̄) こういうダジャレ的なくだらないことを教えるのは、プリの校長だろう・・・

ルルー 「Milk is silk! くっくっく (笑)」

(=_=) ・・・

で、今のブームはというと・・・
ワタシが練習しているゴスペルの歌(Joyful Joyful)にラップがあって、そのノリが面白いらしいので、親子2人で、ずっと叫んでいる。

「Joyful, Joyful, Lord we adore thee.
And in my life, I put none before thee.
Cause Since I was a young-star, I came to know
That you were the only way to go!」

ラップっていいな、と思った。
英語のリズムや、強弱が、大げさなほど強調されていて。

で、問題はというと・・・ムスメのほうがあっという間に言えるようになって、ワタシの方が舌が回らないっ(><)
RAPできるようになりたいのにっ(><)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2015年12月04日 (金) | 編集 |
「本さえ置いておけば読む」という状態が、パタリと止まったルルー。

読むものといえば、コナン(英語版、マンガ)くらい。
このままではいかん!

ということで、自力読みを待つのをやめ、一旦、読み聞かせを再開(^^)

まずは、買ったままお蔵入りになっていた、「Scholastic Branches」シリーズの「Missy」
絵も多いので、あっという間に終わる。
Missy-1.jpg Missy-2.jpg

次の日からは、同じくお蔵入りになっていた、「Mallory」を、1チャプターずつ

YTJでアニーの練習をしているので、アニーがブームのルルー
School Play でアニーをすることになった子供たちのお話なので、楽しそう。
Mallory-1.jpg Mallory-2.jpg

ただ・・・Malloryになると、ワタシの読み聞かせの限界で、ところどころ構文が取れず、読みながら、「ん?これは、どこでブレス(息継ぎ?)」みたいなことに。。。

で、昨日は本棚から、「Frogosaurus VS The Bog Monster」という本を見つけて持ってきた。
今年の、クリスチャンアカデミーのバザーで見つけた100円の本。
簡単なのだけれど、悪いヤツが出てくるのを怖がるので、こっちも1チャプターずつ
BogMonster.jpg

  

って、今見てビックリ!! Bog Monster 、通常650円のところ、ただいま(12/4 朝10時現在)100円!!!
なんでーーーっ(><)? あまぞーーーん!! 中古100円で買ったのに。しくしく

このシリーズの、これ↓が面白そうなのに、こっちは安くない(=_=)


読み聞かせを続けていけば、また自分で読み出す気がするので、またちょこちょこと物色中♡
注: コメント欄に書きましたが、念のため。 Bog Monster は56ページの薄い本です~。100円だったから買いましたが、定価なら慎重に~(><)!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。