--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年02月26日 (金) | 編集 |
昨日は、はじめて「がいこくご」というのが時間割に載っていた。

1学期に一度、「ALTの先生と一緒に給食」というのがあって、そのときはものすごく楽しかったらしく、全開で喋っていたらしい。
そのあと、何人ものママさんたちに、その時のこと(「うちの子がびっくりしてて~」等々)を言われた。

今回も、ルルーは前日からワクワク。
しかも、「えいご」ではなく「がいこくご」と書いてあったので、
「○○ちゃん(日中ハーフ)も喜ぶかも。中国語やるかな~?」と言っていた。

お迎えに行って・・・
あれ? 特に何も言わないなあ・・・

ワタシ  「今日、外国語の時間があったんでしょ? 楽しかった?」
ルルー 「うーん (ー_ー;) かんたんすぎて・・・」
ワタシ  「中国語とかもやった?」
ルルー 「ううん、音楽室で 『I'm happy.』とか『I'm sad.』とか…」

まあね、そうでしょうとも。
英語を全くやったことのない子が楽しめるように、というものでないといけないからね。

2020年から「正式教科」だとすると、小6から教科になるのね・・・。
小3から、歌を歌ったり・・・とかをするのね・・・。
教えてくださる先生やクラスメートに対して、不快な態度や尊大な態度を取らないように、きちんと話しておく必要があるかも。

ルルー  「いつごろになったら、ルルーにちょうどぴったりになる?」

( ̄_ ̄) うーん、うーん。いつだろう~?

ちなみに、ワタシ自身は、小2~小6の5年間、週1回のレッスンに通っていて、結構英語が出来る気になっていたら、中1の2学期にもう知らないことが出てきて驚いたのだけれど(苦笑)、
ルルーがこのまま英語を続けていったとしたら、どんな感じなんだろう?

ワタシが子供の頃(しかも田舎)は、小学生のうちから英語の教室に行っている子が珍しくて、クラスに1~2人くらい。
それも、小6の段階で、うちの小学校では一番英語に強かったはずのワタシでそれだから、たかがしれている。

今は、全くやっていない子から、結構ガッツリやっている子までのバラつきがスゴイから、先生もやりにくいだろうなあ・・・。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月22日 (月) | 編集 |
ルルーは、映画を映画館で最初から最後まで見られた試しがない。

必ず途中で一度「ママ、トイレ」と言い出す。

しかも・・・
「Frozen (アナと雪の女王)」のときは、あと少しでエルサが雪山に登り始めるかも、というタイミング。
あやうく、Let it go!を聞きそびれそうになった。

「Inside out (インサイドヘッド)」のときは、ぼちぼちクライマックスがくるでしょ?というタイミング。
トイレから戻ったら、「ああ、ワタシたちがいないあいだに、泣き所があったのね」という感じ。

懲りてしまったのもあり、アメリカのアマゾンで安く売っていたこともあり、Paddingtonは、映画館ではなくDVDで見ることにした。

すごくよかった~♡
Paddington可愛いし~。 ハラハラしたし、ホロリとしたし♡

アメリカのDVDなので、英語音声に英語字幕を出して見た。(字幕がないと、ワタシが理解できないから)
ルルーは、ワタシがインターナショナルスクールのバザーで500円で買ってきたこれ↓

でミサンガを編みながら見ていた。

晩ご飯を作りながら見ていたのに、ハラハラしてキャーキャー(><)言うワタシと一緒に、ルルーもギャーギャー騒いでいて、映画館だったら声を出せなかったから、家で見るのもいいな~と思う。

残念だったのは…買ったリージョンフリーのプレーヤーの画質が悪すぎたこと。
むっちゃストレス!!
それこそ、すぐにでも買い換えたいくらい(><)
次は絶対にHDMI対応のものにするっ!!

Youtubeに公式予告編があった~♡
ただ、まだ映画を見ていない人は、笑える部分のネタバレがあるから、見ないことをおすすめします!


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2016年02月22日 (月) | 編集 |
今日でしたよ、二次試験 (^^;)

集合時刻は10:45。 
極度の方向音痴&子供が突然「トイレ!」と言い出して下車することになった場合を考えると、家を出発するのは9時10分。

どっちかというとワクワクしているムスメ。
どっちかというと、緊張してお腹が痛いワタシ。

同じ会場、同じ集合時刻のお友だちと待ち合わせして、一緒に行った。

今回の会場はすごくよかった。
面接室の近くに保護者控え室があるので、子供が迷わずに親元に帰ってこられる。
素晴らしい~♪
前回(3級)のときとは大違い! ここら辺は、会場次第なのね。
  →「英検二次試験 色々と失敗(後編)


受付を済ませ、受験者控え室についていく。
やっぱりちょっと目立つ。
チラチラ見てくる中学生の皆さん。
ところがどっこい!
小1(ルルー)、小1(お友達)、小学中学年くらいの子、小学1~2年の子、と4人続くというミラクル。
これで、目立たない! と思いきや・・・余計に目立つ(笑)

ルルーは、面接カードに自ら記入する気はさらさらなくて、席に着くなり持ってきた本を読み始めた。
本といっても、コミックブック。
 
要するに漫画形式だから、2冊あってもあっという間に読み終わる。
暇・・・暇・・・

ルルー 「もう読んじゃった」
ワタシ  「同じやつをもう1回読んだら?」
ルルー 「朝も読んだもん」
ワタシ  「うーん、あとは、ママの本しかないよー」
ルルー 「字ばっかり、いっぱい」
ワタシ  「でもね~、中身は簡単だよ?」

とルルーに見せながら、ワタシが持ってきた本を小さい声で読み始めた。

読み始めたら、後ろにいたルルーのお友達も、気になるみたいでこっちを見ている。
二人に見えるように本を開き、小声で読み聞かせ。
その様子が気になるようで奥にいた子が覗いている。

いや・・・その子にまで聞こえるような声では読めないし(><)

申し訳ないので、
「ここまでね~」と本を畳む。

順番が来て、ルルーたちは面接室前へ移動。
親も保護者控え室へ移動。

そろそろかな~?と控え室から顔を出したら、ルルーが面接室から出てきた。

ワタシ  「どうだった?」
ルルー 「あんまり分からなかった。 ママ、“オンライン・マップ”って何?」

( ̄_ ̄) え? ピンと来なかった??

ルルー 「あのね、全部3とか2かも・・・」

面接カードに、面接官用のマークシートがついていて、一番いいのが「5」、一番低いのが「1」という話をしたので、そのことを言っているらしい。

ワタシ  「そ、そっかー。 4番と5番の問題は? ルルーへの質問でしょ?」
ルルー 「なんかよく聞こえなくて、分からなかった」
ワタシ  「え?どんな質問だった?」
ルルー 「だから、それがよく分からなかったの。よく聞こえなくて、もう1回言ってもらったんだけど。」
ワタシ  「声が小さかったの?」
ルルー 「ううん、声は大きいけど、モゴモゴしていてよく分からなかったの」

( ̄_ ̄) うーん、そっか~。

で、そのあと、一緒に行ったお友達が「簡単だった~」と戻ってきた。
話を聞いたら、同じ問題(Online map)。
質問されたことも覚えていて、説明してくれた。
ああ~、ばっちり分かってるね~。

お友だちの反応に、ちょっと不安げな顔になるルルー。

そのあと、
「文章を読むのは大丈夫だったと思う」と言い、
お友達が「5番目の質問は、こういうので・・・」と説明しているのを聞いたら思い出したようで、
「ルルーはこうやって答えた」と言っていたので、とりあえず、5番目は黙り込んだわけではないことが判明。

予防線を張っているのかな?とも思ったのだけれど、
4日ぶりに帰ってきたダンナにも、「ダメかも・・・」と弱気なことを言っていたので、本人的には結構不安なのだと思う。

とにもかくにも、もう終わったことなので、あとは結果を待つのみ~(^^;)
ギリギリでもいいので受かりますように~!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月20日 (土) | 編集 |
ルルーが、WKEの絵本に無反応だったことで、何を読めばいいかわからなくなったワタシ。

よく聞く「ORT」とか「CTP」とかが何なのかを調べたのは、この頃だった、と思う。

ところが、これらを買おうとすると、結構お金がかかる。
しかも、タエさんが、「そういった高額のものを買わなくても、他にも選択肢がある」と、購入を勧めていなかった。

で、タエさんの真似をして買ったBrand New Readers

他の方のブログでも紹介されていて、「これがいいのね~♡」とワクワクした。

が。。。撃沈 _| ̄|○

あちこちのサイトで賞賛されていた、Sight Word Readers

またもや。。。撃沈 _| ̄|○

で、どうしたかと言うと、それならいっそのこと高額なものに手を出してでも!とCTPに手を出した。

結果は・・・

撃沈 _| ̄|○

ちまたで「よかった!」と言われ、評価の高かったものがことごとく撃沈。
勇気を出して、高額なCTPに手を出したのに撃沈。
もう、この時点で、ORTに手を出す勇気は出ない。

そうなると、ピンポイントで見つけるしかなくて、そりゃもうあちこちのブログにお邪魔した。

で、「絵本の追っかけ」が始まる。
Carrieさんちのyunちゃんだ。

yunちゃんが好きな絵本は、ルルーが好きになる確率90%
そりゃもう、真似をしまくった。
そのうち、本の趣味が離れていくのだけれど、幼少期は、知られたらビビられるだろう、くらい、同じ本を買っていた(笑)
だって、ヒット率がよかったんだもん。

親子英語のブログは沢山ある。
あちこちウロウロしていくうちに、自分の中で「勉強になるブログ」「共感できるブログ」「仲良くなりたくなるブログ」とか色々出てきて、「読み逃げしてスミマセン!」というブログもあれば、「コメントしすぎてウザくなっていませんように」というブログまで。

今もそうだけれど、見たい、読みたいブログが沢山あるので、「ブログ村のランキング」を、上から順に見ていくパターン。
必然的に「当時、よく見ていたブログ」は、「当時、ランキング上位にいたブログ」だったりする。
もうブログをやめてらっしゃる方もいて、さみしいのだけれど、それも仕方ない。

をっと。。。干渉に浸りそうになっちゃった(^^;)

実はね、一度、よく見に行っていたブログ、示唆を与えていただいたブログの筆者の方々のお名前をここに沢山書いたのだけれど、載せるのはやめました。
お礼の意味を込めて、、、と思ったのだけれど、「仲良しクラブ」的な誤解を避けたい気もしたし、当時(人によっては今も)やたらとコメントしていたので、きっとご本人たちには伝わっているはず!(と、信じたい。笑)
「そういえば、Cassisさんは、ちょくちょくコメントを残していたわ」と思ってくださったあなた!!
お世話になりました(笑)

 なんだか終わりそうな雰囲気だけれど・・・
 → つづく!
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月20日 (土) | 編集 |
英語の核になるものが欲しくて、検討を始めた頃、ワタシの心は、割とあっさりとワールドワイドキッズ(WKE)に傾いた。
その頃には、タエさん以外のブログも見るようになっていて、「いいな~」と思ったブログの方の多くがWKEユーザーだったから。

あと、「天才を育てよう!」という妙な意気込みで、家庭保育園を揃え、まったく活用できなかったワタシは、ダンナから見たら「前科者」。
「どうせまた無駄になるんでしょ?」と、教材を買うことに反対だったダンナを説得するには、金額は少しでも低いに越したことはなかった。
ディズニー(DWE)とワールドワイドキッズ(WKE)の金額を考えると、DWEは説得不可能に思えた。
というわけで、高額商品だというのに、まともに中身を比較検討していない(爆)

そんなとき、なおぱぱさんの記事を読んだ。
WKEの良さは、「幼児と英語で遊ぶための、親の語りかけをサポートする」点にある、と。

「パペットがなかったら、買っていなかったかも」と思う。

パペットを手にはめると、元演劇部の血が騒ぐ。
どうしていいかわからない、語りかけが、一気に華やいだ。
「ルルーがウケてくれればそれでいい」という、適当さ。

子供が小さい頃の語りかけ、って実は微妙な空気が流れる。
というのも、語りかけたところで、返事が返ってこないから
それが、パペットがいると、一人芝居ができるから、微妙な空気を回避できる。

ワタシ(ミミ役)  「Mani~♡ Look at that apple. It looks yummy~♪」
ワタシ(マニ役) 「Oh, yes!! Do you like apples, Mimi ?」
ワタシ(ミミ)    「YES !! I like apples !! That is mine !!」
ワタシ(マニ)   「Nooooo !! That is mine !!」

そのあとは、「Mine !」「Mine !」とリンゴの取り合い。 ルルーの目の前で、つつきあい。

ルルーがリンゴを手にしようものなら、パペット2体(右手と左手)で「Mine !」「Mine !」とリンゴを取りに行くふりをしながら、くすぐる。
そりゃもう、ウケまくる(笑)。

言語を混乱させないために、パペットやぬいぐるみに担当言語を決めたから、我が家には、やたらとパペットとぬいぐるみがいた。
  (→「多言語取り組みの助っ人たち」)

で、このパペットたちを使った一人芝居は、ものすごく効果的にルルーの発話につながった。

そもそも、返事が返ってこないのは、なんて返事をしたらいいのかわからないから
目の前で、「質問→答え(返事)」の流れが見られるので、答え方を教えているようなものだ。

しかも、ろくに英語が話せないワタシは、一度ウケたら、同じセリフの同じやり取りを延々と繰り返す。
この遊びによるインプット力は強力だった。

長い目で見れば、このときのインプットの「結果」部分は、大したことないのだけれど、日常に外国語が入ってきたのを体感した。

ところが、WKEも順風満帆じゃなかった。
ルルーはWKEの絵本には見向きもしない。

ここから、絵本探しの旅が始まった。

 → つづく

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月20日 (土) | 編集 |
Lalyaさんのまとめ記事を、感慨深く読んだ。
参考にしてきたブログがすごく似ていて、ちょっとしたガッツリと「同志」感が生まれました(笑)

「『うちはこうだったよ』ってまとめたい」とLaylaさんに言ったまま、全くまとめないままだったから、ちょっと、懐かしく思い返したくて♡

Laylaさんと同じで、ワタシも、土台になっているのは「タエさん
失礼な言い方になるのは承知で言うと、「高卒で、英語は全くダメで」というママさんが、おうちで英語の取り組みをして、息子さん(キリくん)がものすごく英語ができるようになっている、という状況は、「それならうちもやれるかも!」と勇気づけてくれた。

CDを聞いて、DVDを見て、絵本を読んで・・・と言うのは驚かなかったし、自作のカードも、すごい!とは思えど驚かなかったけれど、ものすごくびっくりしたのは「語りかけ」だった。

「英語ができない、というママによる語りかけ」

過去記事で語りかけの様子を読んだけれど、最初の頃のタエさんは、冗談抜きで「英語で話す」というようなレベルではなかった。
(本当に、失礼だわ、ワタシ ><)
「正しい英語なのかどうかもわからない」とタエさんはおっしゃっていて、正直に言うと、「それ、やっちゃっていいの?」と思った。
でも、ものすごく英語が出来るようになったキリ君が登場していたことで、「それ、やっちゃっていいんだ」と思い始める。

で、話しかけよう!と思ったものの、話せない。
何を話していいのかわからない。

で、語りかけ系の本を何冊も買ったものの、どれもこれも、初心者なワタシにはハードルが高くて使えない。
行き着いたのが、「井原さんちの英語で子育て」
(これも、Laylaさんちとかぶっている。)

ワタシがタエさんから学んだ、3つのポイント

① モジモジせず、「ママは話せるのよ」という雰囲気を出す (堂々としたハッタリ)
② ずっと英語にしようとせず、時間を区切って語りかける (ご飯のとき、お風呂の時 etc)
③ DVDは見せっぱなしにしない。隣で一緒に見ながら、独り言のように英語でつぶやいたりする
  (英語のDVDのときは、相槌も英語)

最初の頃の語りかけ、ってこんなレベル

<ごはんのとき>
「ルルー、Let's eat!」 「Yummy?」 「I like this one. Miam, miam (←と言いながら食べる)」
当然、ルルーはキョトン顔(笑)

<お風呂のとき>
「だ~だん!だ~だん!(と言いながらおもちゃを上に持ち上げて、落とす) Splash !!」
あとは、洗う時に、体の部位を言うだけ。
「Right foot, left foot ... belly bottom...」

<お散歩のとき>
「Look! That flower is beautiful !」 (その後困って無言)
「Look! That car is big !」 この繰り返し(苦笑)

<DVDのとき>
「Ha! Ha! Ha! He is funny~!」

言えることが少ないから、かなり言葉に詰まる。 もう、そこらへんは、身振り手振りの世界。

でも、「ワタシが英語で言えることが少ない」のは、ルルーにとっては決して悪くなかった。
むしろ、ワタシが英語が話せないからこそ、ルルーの英語の発話は早かった、と言える。

毎日、同じようなセリフしか聞かないから、覚えてしまったのだと思う。
ワタシが難しいことは言えないから、ルルーは簡単な英語ばかり繰り返し聞いた。

とはいえ、この当時、うちは、フランス語でも語りかけをしていて、
(「井原さんちの英語で子育て」のフレーズを、フランス人の先生に短期レッスンをお願いして、仏語に訳してもらった)
DVDもCDもフランス語を先に始めたので、ルルーの興味も発話も、フランス語に偏っていた。

で、英語どうしよう~? と悩んでいたときに、なおパパさんのブログの影響を受けた。

→つづく

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月19日 (金) | 編集 |
最近は、「YoutubeとかNetflixを、『Cromecast』というワイヤレスのものを使って、i-padからTVに飛ばして見る
というパターンが多くなったので、滅多にDVDを見ることはなくなったのだけれど、
親子英語を始めてからというもの、リージョンフリーのDVDプレーヤーほど我が家で活躍したものはなかった。

かれこれ5年以上使っていたプレーヤーが壊れたのが、1ヶ月くらい前。

そんなことはすっかり忘れて、アメリカのAmazonでDVD(Paddington)を買ったワタシ。
届いたけど、見られなーーーい (><)

ずっと、次はポータブルかな~、なんて思っていたところに、Laylaさんの、「ポータブルにDVDを入れて、画面を閉じてしまえば簡単にかけ流しが出来る」という記事。
そっか!!

というわけで、ずっとポータブルを探していたのだけれど、画質がどうのこうのとか、判断がつかない。
大きい画面のにしてしまおう!と、ポチっとする直前で、「カスタマーQ&A」を見ていて、「PALに対応していない」の文字を発見!

危ない~っ(><)
リージョンフリーでもNTSC/PALの(自動)切り替えがないものがあるのかっ(><)

うちは、アメリカ(リージョン1/NTSC)と、イギリス・フランス(リージョン2/PAL)が半々だから、PALに対応していないと困る。

そこから、調べまくっているのだけれど、
安い!と思ったら、バッテリー内蔵じゃなかったりして、決め手にかけ・・・

よくよく考えたら、DVDはほとんど家で見るのだから、据置でいいか~。
ポータブルは「車の中&帰省用」として、必要ならば追加しよう。

ということで・・・。

さっき、楽天でポチ♡

1年保証がついて、送料込みで3280円。
楽天スーパーポイントが「2472ポイント」貯まっていたので、一気に使う。

802円♡ 安っ♪

 どなたか、
① AC電源 + 内蔵バッテリー +車のシガーソケットの電源(DC?)
② 9インチ以上のモニター
③ 駆動時間2時間以上
④ リージョンフリー、NTSC/PAL

で1万円未満のポータブルDVDプレーヤーをご存知でしたら、教えてください~(人頼み。笑)

追記: この購入は失敗でした(T_T) まず、画質がとにかく荒い!! 以前のものは、「HDMI」対応ではあるものの、TVとの相性が悪くてHDMIでは移せず、結局「赤白黄」の線でつないでいたので、今回は、HDMI対応でないものでいいか~と安いものを選びました。が・・・HDMI対応の機種の方が、たとえ赤白黄の線でつなぐ場合でも、画質がいいです。 さらに!リモコンの感応度が低い! 正面で、近くからでないと反応しないっていう…(=_=) 
そんなわけで、商品リンクも外しました。 


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月15日 (月) | 編集 |
以前、「なんでDaisyの本が216円なの~っ?」と書いたことがあるのだけれど、謎が解けました。

World Book Day 2016

こんなのを毎年やっていたとは知らなかった。
イギリスの団体の企画みたいです。

で、毎年、その年の 「1£ブック」が選ばれていて、要するに今年は、「Daisy and the trouble with Jack」がその中の1冊だった、というわけ。

で、同じくDahlの本が選ばれていて、日本のアマゾンでも、今180円で予約注文中。

 

この、World Book Day 2016 の公式ページに行くと、
「The BIG Little Book Corner」というところに、ルルーとワタシのお気に入り 「ブルーカンガルー」をはじめとする4冊の絵本朗読動画がある。
可愛いので、未就学児さん~1年生くらいのお子さんは見てみてください~♡

未就学児向けとして、1£ブックに選ばれている「Supertato」という本の絵がキュートで気になる~。
日本だと、全て未発売。 32ページで1,300円くらい (><)
選ばれている本↓は、16ページしかないけれど、1£のお値段なら見たいな~♡ アマゾンさーーんっ♡

 にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月14日 (日) | 編集 |
Facebookで、「オックスフォードリーディングツリー日本広報部」さんが紹介していた記事。

子供が描いた本が、ORTとして出版されるというコンペティティション!
市販されるわけではなく、製本される、ということらしい。
入選作は製本に加え、ORTのウェブページに掲載。
文章が英語、っていうことでハードルが上がりますが・・・ORTが好きなら挑戦の価値あるはずっ♪

ルルーは興奮しているけれど。。。さすがに入選は無理だと思う(笑)
でも、本にしてもらいたい!と真剣に文章や絵を考えるのは、いい経験だよね??

詳細は下記・・・
 (出典:オックスフォードリーディングツリー日本広報部 Facebookページ)

----------------------------
【オックスフォード・リーディング・ツリー誕生30周年記念コンペティションのお知らせ】

子供たちが描いたオリジナルORTが本になるチャンス!(締切:2016年4月30日必着)(*注1)

カテゴリー:
4歳から6歳の部
6歳から8歳の部

審査員:ロデリック・ハント氏(ORT著者)、アレックス・ブリクタ氏(ORTイラストレーター)
賞品:優秀賞30名はエントリーされた本を製本いたします。更に、最優秀賞2名にはORTイラストレーターのアレックス・ブリクタ氏による「直筆表紙」をプレゼント!

注1) お申し込みはメールまたは郵送にて弊社イギリス本社まで直接お送りいただきます。郵送の場合は余裕をもってご送付ください。

お申込み手順:
1) 専用ウェブサイトより「エントリーブックレット」をダウンロードしてください。
2) 表紙も含め、このエントリーブックレットにオリジナルのORTを描いてください。
3) 鉛筆、クレヨン、ペン以外は使用しないでください。(のり、絵の具、シールなども使用不可。)
4) 作品は記入済の指定のエントリーフォームを添えて、Eメールまたは郵送にてお送り下さい。(送料はご負担ください。)

お申込み方法の詳細は下記キャンペーンスペシャルウェブサイト(英語)をご覧ください。

【オックスフォード・リーディング・ツリー30周年記念
キャンペーン特設サイト】(英語)
www.oxfordprimary.co.uk/ReadingTree30

送付先:
Oxford Reading Tree 30th Birthday Competition
Primary Education Division, Oxford University Press
Great Clarendon Street, Oxford OX2 6DP, UK
または、oxfordprimary@oup.comまで。

その他注意事項
●氏名、年齢、学校名などはわかりやすく記入してください。
●応募は指定のエントリー用紙をご記入の上、必ず期日までにお送りください。
●応募はお一人一作品とさせていただきます。(クラスで一つの作品の応募も可)
●作品は必ず手描きでお願いいたします。
●応募いただいた作品のご返却は出来かねます。予めご了承ください。
●入賞者は2016年6月にウェブサイトにて発表いたします。
●入賞作品は2016年秋にウェブサイトに掲載いたします。

www.oxfordprimary.co.uk/ReadingTree30

--------------------------------------
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月11日 (木) | 編集 |
時間の使い方がちっこも効率的でない我が家は、休日となると・・・90%の確率でダラダラしている。

実は、朝起きたときは衝撃的なことが。

昨夜、スマホでネットサーフィンをしながらベッドに入ったら、そのまま寝てしまい、朝起きたら、スマホがベッドとベッドの間に挟まる感じで落ちかかっていた。
で、電源を入れたら・・・・

(≧△≦)ノ な、なにこれっ?

スマホのロック画面(=最初の画面)の壁紙が、エッチな漫画(?)のページみたいなのになってるっ(涙)

ヤダヤダヤダヤダ (>△<) 助けて~~~っ!!

何がどうなったら、こんなことが起きるのか。
ネットで直し方を調べて、壁紙を変えようとしても変わらない。
今度は、「変えようとしても変わらない」というトラブルの対処法を調べて・・・ という感じで悪戦苦闘。
ようやく変えられたのだけれど、もう力尽きて、今日1日が終わった気分。 しくしく

ルルーは、朝から宿題。
学校の宿題のあと、アマゾンから届いていた本を読み↓


そのあと、3日分溜まっている塾の宿題。

で、ルルーが宿題をやっている間に、アメリカのアマゾンから届いている本をワタシが開けた。


気になるルルー。
宿題終わらせろ~、と思うワタシ。

横から覗き込んでいたルルーが一言。

「え・・・白黒だ」

ダメなんかいっ!
最近、Scholastic Branches シリーズを買うことが多くて、カラー慣れしちゃってたからなのか、白黒だと、ちょっと読む気が落ちるらしい。

とか言いながら、チャプター1と2を音読し始めた。

( ̄_ ̄) 宿題やれーーー

ワタシ  「ちょっと?? 先に宿題終わらせれば??」
ルルー  「じゃあ、ママ読んでていいよー」

読みたいわけじゃないけれど、読んでみた。

ワタシ  「くくっ(笑)」
ルルー 「何?」
ワタシ  「ん~? あのさ・・・ (本を見せながら、少し読む)」
ルルー 「そのまま続けて読んで。」

宿題しながら?? ワタシ、CD役?

ルルーが塾の宿題(計算、銘文の書き写し)をしている横で、本を音読するワタシ。

そのあとは、
犬の散歩に行こうとしたら寒くて中止。
児童館に行くというので車で送って行ったら、「閉まってた」と歩いて帰ってきて終わり。

で、結局、YoutubeでStar darlings を見て、NetflixでStrawberry shortcake を見て・・・

祝日だというのに塾がお休みじゃないので、このあと送ってきます~。

FBで、いちご狩りだのスケートだのに行っているお友達の写真を見て、ガッカリするワタシ。
ああいう、楽しい休日の過ごし方をしないとね・・・( ̄_ ̄;) 出不精な親でゴメンー


 *「Bad Kitty」は、我が家は3冊セットをアメリカのアマゾンで♪ 「The New York Times Bestselling Series」と本に書いてあって、アメリカでは売れたシリーズらしい。 日本での知名度ないけど(苦笑)
日本のAmazonでは中身が見られないので、見たい場合はアメリカのアマゾンで~(^^;)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月10日 (水) | 編集 |
いわゆる「王道」の「親子英語スタイル」と言えば、
「絵本の読み聞かせ」+「CDかけ流し」+「DVD」+「語りかけ」

CDは、もともと「歌だけ」のCDとかはほとんど持っていないので、「もうこれは卒業だな~」というものがないのだけれど、
本やDVDは、「もう卒業だな」というものが出てくる。

愛着が湧いていて手放せないものも多いのだけれど、ここのところ「断捨離」気分だから、「手放そう」という気になってきた。

絵本は、夏の終わりに一度、ママ友相手にフリマを開催。
嫁入りしていった。

で、今度はDVD。
ずっと、ヤフオクで売ろうと思っていたのだけれど、身近な人の役にたつのもいいか、と思って、ルルーの母校であるプリスクールに寄付することにした。

とりあえず、昨日渡してきた第1段。
校長もマネージャーも不在だったので、アシスタントの先生に託してきた。

自分でいうのもなんだけど、「いいものあげたな」って思う(爆)

donation-dvds.jpg donation-books.jpg

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月08日 (月) | 編集 |
先週は、ルルーがインフルエンザでダウン。

金曜の夜に微熱が出たかと思ったら、そこからは9度超えが続き、土、日、月・・・
火曜日に熱が下がったと思ったのも束の間、夕方からまた発熱して火、水・・・
ようやく熱が下がったのは木曜日(=_=;) ひーっ

熱だけでなく、再発熱後は咳がひどくて、ひょっとしてインフルエンザ以外の何かもあったんじゃ・・・?っていう・・・

30分~1時間おきに、むせこんで嘔吐くので、ワタシも何もできずじまいの1週間。
読みかけだったお片づけの本を読み、やる気がアップ!

日曜日は、せっせ、せっせと、食器を捨て続けた。
45リットルの袋3つ半。

「ときめくものだけを残す」という方法で、「ときめかないもの」を捨てまくった。
が・・・
今まで、「ときめくものはあまり使わず、ときめかないものをよく使う」という状態だったらしく、
「よく使うもの」がなくなってしまって、むっちゃ不便(=_=;) あれ?あれれ?


ダンナが用事で出かけてしまい、ワタシは1日中食器を捨て続けていたので、ルルーは完全放置。

途中、庭でローズマリーや、レモンの若芽、ミニバラの枝を摘んできて、「実験~♡」とか言いながら、水の中でつつきまくって香水(?)を作っていたけれど、それ以外はYou tube & i-pad 三昧。

「Star Darlings」というアニメのシリーズが気に入ったらしく、延々と見続けていた。
聞いたことなかったけど、「The 女の子」というタイプの子なら、こういうの好きかも♪

   Disney 【Star Darlings】 ←公式サイト
   
プリキュアにはハマらなかったルルー。
海外のこういうものの方が、ストーリーが単純なのかなあ?

1話が3~6分くらいなのもいいらしい。 (←ルルー談)

メインのキャラクターとなる女の子が12人もいる段階で、記憶力の下がったワタシは完全に引き気味。
でも、ハマったなら、本を投入してあげよう!と思ったのだけれど…


発売日が5月31日、って先すぎる!
でも1冊ずつ買うと高い!

ワタシ  「どのキャラクターが好きなの?」
ルルー 「Vivica!」

・・・キャラクター一覧を見る。
いないじゃん!
もっとよく見る・・・  悪役かいっ!

公式サイトのキャラクター紹介欄の表記は、 Vivica (The mean girl)

なんてストレートな(笑)

で、調べたのだけれど、これ、本が先行して発売されていて、プロモは始まっているけれど、アメリカのディズニーチャンネルで初放送が、2016年1月29日(第1回)、3月25日(第2回)だそうな。
ってことは、今見られる動画って。。。これ何??(・_・)?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
2016年02月03日 (水) | 編集 |
英検2級に受からないことが分かり、改めて気づいたことが色々と。

「ライティングが始まる前に」というのは、確かに大きな理由だったけれど、それ以上に、「『すごーい』って言われたい自分」がいたような気が。

結局、リスニングを1度しただけで過去問をやることもしないままだったのに、自分の中に「英検に振り回された」感がスゴイ。
きっと、欲に目がくらんでいたに違いない(笑)

「実力が伴って受けた」わけでもなければ、
「合否は別として、テストを通じて学ぶものもある」と考えたわけでも、「今の力を見る指標として受けてみる」わけでもなく、ただただ、「すごーーい」と言われたかったんだ。ワタシがね?(苦)

「鼻をへし折られる」のは、これで2度目。
  1度目は、生後6~7ヶ月のとき (過去記事:実は「天才を育てよう」と思っていた
そしてやっぱり、今回も、この鼻はへし折られて良かったのだと思う。
目の中に入っていた、にごりまくったコンタクトレンズがポロリと落ちた感じ。

「2級を受ける」と決めてから、「ある程度むずかしめの本を読まないと、力がつかない」と、心のどこかで思っていた。
新聞っぽいものとか、ちょっと背伸びをするような本とか。

わたしのその心を感じたのか、犬が来たから(9月)か、たまごっちが来たから(12月)かは分からないけれど、気づくと、「本さえおいておけば勝手にどんどん読む」はずのルルーが、それほど読まなくなっていた。


ルルーは、ライティングが、ものすごく弱い。
それはもう、「あのね、単語と単語の間にはスペースがいるんだよ?」レベル(笑)
そんなわけで、ライティングが入ってしまう以上、2級を受けられるようになるのは随分先になるだろう。

だったら、時間的な余裕はたっぷり。
仕切りなおそう♡

こういうときは、「原点回帰」 & 「やってみたいことにチャレンジ!」

原点回帰は本。
勉強になるものを読むことも大事だけれど、楽しくなくちゃ意味がない。
もともと、ワタシが絵本が大好きで、絵本を読むのが大好きで、どんどん買っただけ。
レベル的にどうのこうのとかじゃなくて、可愛いなって思う本、楽しいなって思う本、感情移入しちゃう本・・・
もっと、好きなものを感覚的に買おう。

一方で、少しずつでも力を付けるという意味では、足りないものも補わないと、と思う。
今回、年下だけれど、合格しているだろうお子さんの読んでいる本を見て気づいたのは、ルルーは、「小説以外の本」をほとんど読んでいないこと。
読むかどうかはわからないけれど、目に触れるように意識してみよう。

そういえばワタシも、「小説は好きだけど評論は苦手」で、「コラムは好きだけど、(小)論文は苦手」で・・・
結局、親の好みは子供に反映するってわけね。
(あ、ちゃんと子供の特性を見ていらっしゃるママは、親の好みとは別にお子さんの好みのものを投入できていらっしゃるのかと)

「やってみたいことにチャレンジ」は、maomaoさんの真似をして、ライティングの取り組み!
書き写すってすごくいいと思った。
特に、ルルーみたいな、「書けない子」にとっては、まずは「型を学ぶ」というか・・・
なんかこう・・・存分に楽しめる感じがするのだけれど、「やらされている」って思ったらつまらないよねえ・・・。
なんかこう・・・写経みたいな感じにできないかな~。


そんなこんなで、色々と反省したり、次のことにワクワクしたり。

「Valentine」の本を探したり、図書館に予約を入れたり、ライティングやリーディングのワークブックを検索したり。。。
検索三昧の一日。

ルルーは、熱がぶり返したのと、気持ち悪くて30分~1時間起きに目が覚めて泣けてくるのとでヘロヘロだけど(-_-;)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月02日 (火) | 編集 |
まあ、ルルーの点数を公表済みなので、いまさら言うまでもありませんが、
本日、合格点の発表。

2級の合格点・・・高っ!!!(><)

いつもは45点前後。 ルルーの点数は45点。
かすかな望みを抱いていましたが… 今回の合格点は49点!!!

Σ( ̄□ ̄) 高っ!!!

ってことは、いつもより簡単だったってことね??

なんかもう、この点数だと悔しくない(=_=)

とりあえず、準2級は受かりました。あとは、2次~♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
2016年02月01日 (月) | 編集 |
ムスメの隣の席の子がインフルエンザにかかったと聞き、「ヤバイのでは?」と思ったのも束の間、
金曜日の夜に微熱が出て、土曜の朝には高熱になり・・・

インフルエンザ B型 でした! _| ̄|○ がくっ

これが1週間前だったら、英検が受けられなかったので、考えようによってはラッキー♪
だなんて思っていたら…

そうでした。
実はこの日曜日は、通っている理科の実験教室の「サイエンス学会(=発表会)」
がーーーん ( ̄□ ̄;)

白衣を着て発表する姿、可愛くて萌えるのに~。(って、ポイントはそこなのか?)

それに! 土曜日は、ワタシが参加しているゴスペルの新年会だったのに~(T_T)

いつもは、「パパLOVE」のルルーも、具合が悪い時は「I need you, mom !」なので、おいてはゆけまい・・・

昨夜は、9度台後半でヘロヘロだったのだけれど、「本が読みたい」とリクエスト。
ちょうど図書館から簡単めな本を借りてきていた。

というわけで、
  

Mo Willems さんの本は大好きなので、内容的には簡単でも(いや、むしろ面白いのに簡単だから?)、いつでも大喜び。
最近は、Piggie と Gerald の役を決めて、2人で読む。

最後の「Kitten's~」は、お月様を見て、大きなミルクボウルだと思った子猫ちゃんのお話。
レベル的には、「My first I can read」シリーズの「Biscuit」と同じくらいかな。

絵本って、もう滅多に読まないけれど、体が疲れているとき、心が疲れているときは、きっと癒しの効果があると思う。

絵本、大好きだ~♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。