2010年04月08日 (木) | 編集 |
 久々に映画を観た。
私は、気に入ったら同じ映画を何十回でも見ちゃうタイプなので、映画はもっぱらDVDで観る。

ハリーポッターは好きなのだけれど、
「壮大なスペクタクル」とか、「アクション」とかは苦手で、ストーリーというより、主人公自身がどういう人なのか気になるようなものが好き。

 で…そうなると、あまりアメリカの映画で気に入るものが少なくて、日本だとミニシアター系でやるようなのが好き。

 せっかくなので、フランス語を聞きながら…となると、選ぶものはフランス映画。
でも、フランス映画は、結末が「は??? これで終わり??」となることが多くて、好きなような、嫌いなような…。


地上5センチの恋心 [DVD]
 今回観たのは、「地上5センチの恋心」

「笑顔でいよう」「楽しく生きよう」と思わせてくれた。
「幸せかどうかは自分次第」なんだと。

原題は、「Odette TOULEMONDE」
主人公の女性の名前。

Odetteは、バレエ「白鳥の湖」の主役「オデット」と同じ。
Tout le mondeは、そのまま英単語に変換すると「All the world」
意味するところは「みんな」「Everybody」だ。
かなり珍しい名字。
彼女の名前の意味するところは、「みんなのオデット」

確かにそう。

邦題に「恋心」とあるけれど、この映画は、いわゆる恋愛ものではありません。
最近、心から笑ってないな、疲れてるなと感じる方は、是非。

非常に残念なのは、フランス語字幕がないこと。
きっと何度も観るだろうから、きちんと台詞を文字でも確認したかったなあ…

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可