2009年11月18日 (水) | 編集 |
 ややこしいけれど、先週行ったのが「英語“育児”サークル」で、この火曜日に行ったのが「“親子”英語サークル」。
 両方とも月2回なのだけれど、まあ…こういうことでもないと、家にこもりがちになるのでね。

 最初はモジモジしていたけれど、だんだんノリノリになるのがルルーのパターン。
「Are you ready?」の掛け声に、腕を突き上げて「Yeah!」と叫ぶルルー。

Head, Shoulder, Knees and Toes♪も、家で私が歌っていたので、嬉しそうに踊っている。
相変わらず、「Eyes、ears、mouth」は飛ばして最初っから「nose」で待機しているけれど。

 ルルーは楽しそうだから、いいの。
 英語を期待して参加しているわけでもなくて、お友達とワイワイする場がほしかっただけだし。
でも・・・もやもやすることが溜まってきた。

 言葉は「道具」だから、発音よりも「言おうとすることを伝える」ことの方が大事ってことは承知しているつもり。
 でも・・・
大学が外語大で、素晴らしく発音のいい友人に囲まれた生活をしていた私は、どうしても、モヤモヤしてしまう。

 文句を言うつもりなんてない。発音のいい人やネイティブの音しか聞き取れないようでは、言葉として使えないことも多々ある。

 けどね~~~。
どっちのサークルも、先生の「L」と「R」が・・・(>_<)
育児サークルの方は、まだ、「先生も気をつけていはいるけども、ときどき」レベルだからいいけれど、親子英語の方は、「LもRも、R!」みたいな感じ。

「おなか」は「berry」になっちゃってるし。

「berry?それじゃあ果物じゃん?!」と、思って調べてみれば、やっぱりbellyだし。

いくら安くともお金を払っている身の上としては、やっぱりビミョー。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可