2009年11月19日 (木) | 編集 |
今日は、フランス語の先生アン(仮名)が来てくれた日。
彼女はいつも、色々と役に立つことを教えてくれる。

アンが言うには、小さい子は、フランス語の「R」を発音できないのだそうな。
ノドの筋肉が発達するまでは発音できないから、ルルーが発音できなくても心配しないでいいとのこと。

言われてみれば、ルルーは「Trotro」を「トォトォ」と言っている。

ネイティブの子も同じで、アンも小さい頃は「R」が発音できなくて(って、子どもは皆できないので)、よく大人にからかわれていたらしい。


 また、フランス人は赤ちゃんや小さい子どもと喋るとき、「これでもか!」くらい、大げさなというか、ちょっと変わったというか、言葉一つ一つ、音の一つ一つを強調した喋り方をするのだそうな。
 で、「それが大事だ」という専門家の記事を読んだ、と。
そのように話すことで、それを聞いた子供はシラブルを意識したり、単語の区切りを学んだりしてゆくらしい。
 フランスでも「子ども相手の話し方をせず、子どもにも大人と同じように話しかけるべきだ」という説を主張する人もいて、どちらが真実と思うかは、まあ、人それぞれなのだけれど、私はアンの説明に納得した。

 というわけで、私にとっては非常に充実したレッスンだったのだけれど、例によって例のごとく、ルルーはアンのことを「ママを独り占めするヤツ」扱いで・・・(=_=)

 でも今日は、アンに「どうぞ」とお菓子を一つあげることができたし、最後まで大泣きはしないで済んだ。

 クリスマス前には、「BELLE LA CLEA」さんで注文した、アルファベットパズルとフランス語の幼児用ファーストパソコンとフランス語を話す目覚まし時計が届く予定。
 気に入って遊んでくれるといいなあ・・・。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 外国語ブログ 親子外国語へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
Cassissさん
このたびは ブログ訪問&コメントをありがとうございました♪
マルチリンガル育児いいですね。

フランス語ができるなんて素敵!!
私も旅行の際、フランス語会話の本を片手に 簡単な言葉に挑戦してみましたが・・・

発音が全くわかりませんでした。
カタカナでは表現できない発音ですよね。

私自身 『R』の発音ができないし、 ボンジュールも なんだかちょっと違うぞ~。  ・・・なんて

何度トライしてみてもRは変な発音になってしまう。
何というか・・・・ 汚い感じの音になる(笑)

そらから・・
お子さんの年齢、うちの次女と同じなんですね。わが子は1歳4ヶ月なんです。

また、ブログ読ませていただきますね♪
2009/11/19(Thu) 09:37 | URL  | K-chan #Zr2/WiYY[ 編集]
こちらこそ~♪
こんにちは。
わざわざ来てくださったんですね。ありがとうございます。

> 発音が全くわかりませんでした。
> カタカナでは表現できない発音ですよね。

そうですね~。カタカナには限界が(^^;)

> 何度トライしてみてもRは変な発音になってしまう。
> 何というか・・・・ 汚い感じの音になる(笑)

あ!でも、汚い音が出せる人は、そのうち出せるようになるそうです。(大学時代の先生談)

> お子さんの年齢、うちの次女と同じなんですね。わが子は1歳4ヶ月なんです。

をう!そうでしたか!!言葉が出始めて楽しい時期ですよね♪
うちは、二人目が欲しいな~と思っているところです。

こちらこそ、またブログ拝見させていただきます!
ご訪問、ありがとうございました!!
2009/11/19(Thu) 14:14 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可