2011年01月28日 (金) | 編集 |
英語で言うところの、CTPやORTみたいな、幼児向けの文章の短い本のシリーズというのが、フランスにはない。
いや、あるのかもしれないけれど、調べても見つけられない。

TROTROは短いけれど、オチの意味が、まだルルーには分からない。
ペネロペは、もう少し難しいので、まだ意味が分からない。

今日、本棚の前で遊んでいたルルーが、急に1冊の本を持ってきた。
それが、Tony Rossの「Petite princesse」
もともとは、イギリスの絵本で「Little princess」

親子英語の誰かのブログで読んで、ずいぶん前にDVDと絵本を買っていたもの。
おそらく、当時ルルーは1歳10ヶ月~2才くらいだったと思うけれど、DVDを見せたら・・・無視。
そんなわけで、本も見向きもされず、本棚で眠っていた。

お宝発見!
Tony RossのPetite princesseその1 Je veux manger
内容としては、
「s'il te plait(=please)を言いなさい」というもの。
途中で怪物が出てきたりして、ルルーさん大興奮♪
3回読んで、他の本も「読む~」と持ってきた。

が・・・「こっちの方が安いから」と買ってみた方(大きい本)は、難しすぎて絶対にムリ。
どのくらい難しいかというと・・・
Tony RossのPetite princesseその2 Je n'aime pas la salade
←このくらい(笑)

中身検索があれば、こんなことにならなかったのに~(><)

次回の注文で、簡単な方を買おう。
アマゾンのコメント欄を読んだら、学校で「読み」の導入の本として採用されているらしい。

英語版なら、日本のアマゾンで買える。
ちなみに、ここで紹介するのは「簡単バージョン」の方。
  

検索する場合、「TV」というTVシリーズの赤いシールがついている本は難しい方なのでお間違えなく。

イギリスなら、Audiobookがある。↓ TVシリーズの話らしい(=長い。1話15分)
 

フランスだと、14話入ったヤツが12ユーロくらい(税抜き後価格)で買える。
ただし、送料が、13ユーロ(基本送料)+1.98ユーロ(1商品ごと)かかるけど(笑)



にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可