--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月09日 (水) | 編集 |
なんか、いつも、発音に関しては強気な発言を繰り返してきた。

が・・・先日、きちんと言えていないことを初めて認識した。
先日って言っても、年末なんだけど(笑)

妹と子供たちがクリスマスケーキを作っているときにDVDを回していて、そのときにルルーに向かってちょこっとだけ英語で話しかけたところがあったのだけれど・・・

自分の発音にビックリ!
録画を見るまでもなく、発音した瞬間に「あれーー?!言えてない!!」と思った。
ずっと、「言えているつもり」でいて、自分の音をちゃんと聞いていなかった。
冷静になったら・・・いやもう、崩れまくり。

英語を言わなくなってから早15年以上。
そりゃあ、言えなくもなるわ。

言っていないと、口の周りの筋肉が衰えて、思うように口が動かない。
これは、フランス語に関しても同じで、「なんで言えないの~? こんな発音、前は余裕だったのに(><)」と思うことがしょっちゅう。

思えば、中学や高校は、週に英語が何コマもあるわけで、教科書を読むのが回ってこなかったとしても、単語は書かずに口に出して覚える派だったので、多少は口にする。
それに、週1で、例の「発音に厳しい英語教室」へ通っていたので、少なくともそこではきっちり口を動かしていたはず。

大学の時も、部活のメンバーが「酔うと英語」だったし、「酔うと外国語カラオケ」だったので、まあ動かしていたんだろう。

ただ、「どういう発音なのか分かっていない」のではなくて、「分かっているけれど、思っている音を出せない」という状態なので、例えば、「sh」と発音すべきところが「s」の音になる(Sheと言うべきところがSeeみたいな音になる)みたいなことはなくて、「sh」と言っているのだけれど、「ああ、この音は正しくない~。完成度が70%っていう感じ~」という・・・
伝わるだろうか?
「Big」とか「Book」とかの「B」の破裂音が「違うなー。もっと強くないと!」みたいな・・・。
伝わる??

多分、ネイティブか、ちゃんと発音を学んで身につけた人以外には・・・そんなにバレないと思うけれど、英語を口にするたびに「ああ、こうじゃないのに」と思うのは、結構ストレスが溜まる。

毎晩の読み聞かせがねえ・・・(=_=)
ま、読み聞かせの良し悪しに、ママの発音は関係ないらしいから、気にしないようにするしかないのだけれど。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。