--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月17日 (木) | 編集 |
(長文です。前半です)

この1週間くらいで、言語の切り替えや、それに関するルールについて、興味深い記事を立て続けに読んだ。

一つは、覇織さんの「バイリンガル教育のマイナスイメージを避ける
(↑タイトルはこうですが、中身は主に言語の切り替えやルールの話です)

もう一つは、Marinkoさんの「生活の中での英語⇔日本語の切り替え
(↑昨年末の記事を今頃読みました)

ワタシ、この手の記事を読むと、頭の中がグルグルするタイプです(苦笑)

なかでも一番考えさせられたのが、覇織さんの記事内にあった、「英語と日本語を混ぜて使わない」という部分。
こういうのってよく聞く話。
実は覇織さんご本人からそのことを聞いたこともある。
が、そのときは、理解していなかった。 いわゆる、ルー語みたいに混ぜるのはダメということなのかと思っていた。

----------------以下引用-----------------
『英語のDVDを観ている時に、日本語でコメントするのはNG。というようなルールです。
「ママは英語を聞いている時は英語で考えてるの。だから、日本語で話されると分かんなくなっちゃうから、英語にしてね。」と言い聞かせました。

これは、「I want to go to お風呂。」というチャンポンを否定するわけではないんです。

英語で何かをする時は英語、日本語で何かをする時は日本語、というルールです。英語で話していたのに、唐突に日本語を文単位で混ぜてくるのはダメ、という事です。

「ねえねえ、これ見て。すごく上手に出来たの。I'm happy! ママはどう思う?」みたいな言い方ですね。分かる英語だけを、突然英語で言う。これは我が家ではダメです。日本語で話している時は、「嬉しい!」と言えばよろしい。

逆に、"Mommy, when I went to the park, I wanted to play with my friend, えーと、それでね、でもね、I couldn't talk to them." もダメ。"well, ... " "then," "but" と言わないと英語は伝わりません。おかしい言い方なだけであって、伝わってないよ。と教えます。』
----------------引用ここまで-----------------

で、この2つあとくらいの記事で、覇織さんは、このルールをまず親自身が徹底することで、ルールは0歳からでも教えられるとおっしゃっています。

Marinkoさんは、子供に「ルールはこう」と口で説明することはしないけれど、親自身がルールを守っていれば、子供は理解すると書いてらっしゃいました。

で、我が家はというと・・・「英語(フランス語)を話しているときに、文単位で日本語を混ぜる」ということはないけれども、「日本語で話しているときに、文単位で英語やフランス語を混ぜる」は、日常茶飯事 (/>д<)/
あと、英語(フランス語)のDVDを見ているときに日本語で話したりは・・・する(笑)

この、「英語のDVDを見ているときに、日本語で話しかけたりしない」というのは、タエさんもおっしゃっていたこと。

というわけで、ここ数日、かなり意識しているけれど、これが結構厳しい~(><)
忙しいときとか、「それどころじゃない」感じ。

で、これだけだとそんなに頭がグルグルしないのだけれど、もう一点についてはこの後の記事で。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
んん~~~なるほど~~。
うちは英語のDVD見てても何してても日本語だわ^^;
絵本の読み聞かせしてるときくらい英語にしてみようかな。
ちょっとずつルールが定着するとよさそう♪
次の記事も興味津々です~。
2011/02/18(Fri) 09:16 | URL  | maomao #-[ 編集]
それは私もかなり気をつけてました!
でもたっくんには微妙なときがあります(>_<)
自分の英語モードが続かないというか。

りゅうちんが4歳ぐらいまではネイティブに囲まれて働いてたので、家に帰っても英語ってそんな苦痛じゃなかったんですよね~。
今は家に入ったから英語に、って忘れてしまいます。

あっ外でも英語、まだ実践できず(汗)(^-^;


でもそういう混ぜ方、してるママを何人か知ってます…
ずぅっと英語にしようと思ったら無口になるからって(^_^;)
2011/02/18(Fri) 12:31 | URL  | りゅうママ #-[ 編集]
maomaoさんへ
うちは、ダンナさんがそうです。
でも、「DVDを見てるから日本語禁止」とダンナに強いるのは無茶は話で(フランス語に対応できないですからねえ。笑)、
かといって、「ダンナがいるからDVDは見ちゃダメ」というのも、娘に気の毒な話で・・・(笑)

ワタシは、最初のうちは(タエさんの記事を読んでいたので)その点に気をつけていたんですが、なかなか「DVDの間ずっと」は厳しいです。
絵本の間は、実践してます~♪
おっしゃるとおり、我が家もちょっとずつでも定着できたら、って思います(^^)
2011/02/18(Fri) 14:35 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
りゅうママさんへ
わたし、そのりゅうママさんのお友達と全く同じ感想です。
ずっと英語(フランス語)にしようと思ったら、超無口になっちゃいます。
覇織さんは「それでもやるべき」とおっしゃっていましたが(^^;)
このルールを徹底するには、親の英語(仏語)レベルのブラッシュアップも欠かせなくなるという・・・(;_;) 二重の意味で厳しい(爆)

りゅうママさんでも英語モードが続かなくなることがあるんですね。
そう思うと、子供に、「英語に常に触れている環境を継続して与える」っていうことの大事さが分かる気がします。
大人になってからの英語って、どうやってやればいいんでしょう~(><)?
2011/02/18(Fri) 14:41 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。