--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月08日 (火) | 編集 |
「復活1本目の記事がこれ?」という感じですが・・・
やっぱり、やっぱり・・・タイトル変更します!!

実は、以前からかなり気になっていたブログタイトル。
そもそもは、10ヶ国語マスターを目指している親子さんのブログに触発されて始めたため、同じく「マルチリンガル」を標榜していたものの・・・うちって、「マルチリンガル」っていうより「トリリンガル」(笑)

で・・・たまたま本屋で、大学院時代の学長(現在は別の大学の学長)が出した新書を発見。
世界に通用する子供の育て方 (フォレスト2545新書)世界に通用する子供の育て方 (フォレスト2545新書)
(2011/01/07)
中嶋嶺雄

商品詳細を見る
パラパラと立ち読みして、「プルリリンガリズム Plurilingualism」という単語を発見。

「プルリリンガル(複言語)」と「マルチリンガル(多言語)」って、どう違うのよ?
というわけで・・・
広島大学 柳瀬陽介氏の論文(「複言語主義(plurilingualism)批評の試み」『中国地区英語教育学会研究紀要』37, 61-70)より抜粋(一部、見やすくするため改行を加えた)

-----------------------<以下、抜粋>------------------------
『この複言語主義と混同されやすい概念として多言語主義(multilingualism)がある。欧州評議会(言語政策部門)は多言語主義を社会の状況を表す用語複言語主義を個々人が持つ能力・価値を表す用語であると区別している。

 つまり、多言語主義とは、ある社会においていくつかの言語が共存している(そのうちいくつかは公用語として認定されている)状態を表している。だが、その社会の成員の個々人がそれら全ての言語において習熟しているかどうかは問題ではない(実際問題として、多数の公用語全てに高度な習熟を示す人間は例外的存在に過ぎない)。

 それに対して複言語主義とは、ある人間が、一つ以上の言語に、たとえ部分的とはいえ開かれて、ある程度の複合的な能力を持ち、コミュニケーションのための言語を自分の第一言語だけに限定しない価値観を有していることを意味している。

 多言語主義は国家の社会的制度を語るために、複言語主義は個々人の教育を語るためにそれぞれ有効な用語といえるだろう。』
-----------------------<以上、抜粋>------------------------

というわけで・・・その意味では、バイリンガルもトリリンガルも、プルリリンガリズムということに。

本当は、多言語話者を意味する「polyglot」という単語があることも、つい最近になって知ったのだけれど、最初にタイトルをつけたときに、
「マルチリンガル multilingual」+「ガール girl」で、「マルチリンガール」という、かなりダジャレな造語にしただけに、ポリグロットという響きはしっくりこなくて・・・。

一見して、「ぷるりん♪」とした女の子と間違えられそうなのだけれど(笑)、プルリリンガルを採用することにしました~。

とはいえ、「複言語」という言葉は、一般に知られていないので、検索に数多くひっかかるべく(笑)、サブタイトル等では「多言語」「マルチリンガル」も使っちゃいます。

というわけで、今後とも、よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
私は英語育児を始めてから、環境によって言語に与える影響が大きく違うって気付いた人です。復言語と多言語の違い、、、あったんですね^^;勉強になります☆「プルリリンガル」の響き、Cassisさん親子に合ってる気がする♪←音は関係ないんでしたね^^;
2011/03/08(Tue) 07:07 | URL  | cotton #-[ 編集]
世の中のいろんな言語が学べるのって素敵ですよね。
そんな環境に置いてあげたい、と思います。
うちはたまたまパパがそういう趣味があって
イタリア語やアラビア語やマレー語など
マニアックな言語の番組を見てたりします^^
その影響は子供にも出るわけで・・・(笑)
プルリリンガル、いい響きです♪
2011/03/08(Tue) 07:50 | URL  | maomao #-[ 編集]
プルリリンガル…

初めて聞いた言葉だったので、
とても可愛いイメージです。
Cassisさんとルルーちゃんのイメージが
これからは想起されそうです。

マルチリンガルとの違いについて
お勉強になりました。

プルリリンガルという言葉をこのブログから
ぜひ普及させていってくださいませ。
楽しみにしています。
2011/03/08(Tue) 14:04 | URL  | うらら #mQop/nM.[ 編集]
良い感じ~♪♪
プルリリンガルかぁ。。。
意味はもちろん響きもCassisさんちにあってるかも☆
また一層楽しくなりそうですね^^
2011/03/08(Tue) 21:05 | URL  | Carrie #sCdCES4I[ 編集]
こんな言葉があるんですね、「複言語」も"plurilingual"勉強になりました。「ぷるりん♪」のイメージで記憶しちゃいそうです。(笑
2011/03/08(Tue) 21:40 | URL  | ものぐさハハ #-[ 編集]
こんにちは!私も先週末にこの本買いました☆

でも、、、プルリンガルのところも含めて、めっちゃ飛ばして
読んでいて、「どこに書いてあったーーーー??(汗)」と探しながらもう一度読むいい機会を与えてもらったと思ってます。
ありがとう。
プルリンガルっていう言葉が日本で定着するころには
たくさんのプルリンガルの子ができてるんだろうね。
2011/03/10(Thu) 10:27 | URL  | hirokai #N.vW.TCs[ 編集]
cottonさんへ
> 環境によって言語に与える影響が大きく違うって気付いた人です

え(;^^A ワタシ、気付ききっていない人です。
言われて見れば・・・たしかに(苦笑)
我が家に合ってますか? えへへ。なんか嬉しいです♪
ちょっとウキウキしている感じの音で気に入ってます(ま、音は関係ないんですけど。笑)
2011/03/10(Thu) 18:58 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
maomaoさんへ
イタリア語、アラビア語、マレー語・・・羨ましいです。
ダンナさんと是非お話してみたいです~~!
アラビア語は、是非やってみたい言語なんですけれど、NHKのTV講座を見ても、あのミミズみたいな表記に凹んでしまって~(><)
マニアックな言語は、武器になると思います~!

「ある人間が、一つ以上の言語に、たとえ部分的とはいえ開かれて・・・」という論文の表現に基づくなら、ダンナさんは立派なプルリリンガルGuyですね♪(笑)
2011/03/10(Thu) 19:06 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
うららさんへ
珍しい響き、大好きなので、「プルリリンガル」気に入ってます~♪
うららさんちも、プルリリンガル仲間です。これからも、よろしくお願いいたします(^^)

本屋で立ち読みしなかったら、この言葉を知ることはなかったと思います。本屋さんって楽しいです~♪
2011/03/10(Thu) 19:14 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
Carrieさんへ
可愛いでしょ~(^^)
うちの子、ちょっとムッチリしているので、音の感じもピッタリです(笑)
実家暮らしで、この2週間、全く何の働きかけもできていないので、自宅に戻ったら仕切り直しです♪
2011/03/10(Thu) 19:17 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
ものぐさハハさんへ
最初に「ぷるりん♪」を連想したので、記事を書くまで「プルリ・リンガル」ではなく「プルリンガル」と勘違いしてました(笑)
可愛いでしょ?(^^)
印象に残りやすい音っていうのは、普及するのに向いていそうです。
2011/03/10(Thu) 19:19 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
hirokaiさんへ
買ったんですね~。
hirokaiさんちとは、買うものがよくカブりますね~。
ワタシは、オークションで手に入れようとしたんですが・・・寝過ごして落札できませんでした(;_;)
ルルーたちが大きくなるころには、プルリリンガルも、もっと市民権を得ている気がします~(^^)v
2011/03/10(Thu) 19:22 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。