2011年06月05日 (日) | 編集 |
先日、Marinkoさんの「【中学校英語】授業中のエピソード」という記事と、それを読んだNoryさんの「英語育児を阻む問題」とを読んだ。

で、そういえば、中1の時、英語の先生に1年間無視されたな~(^^;)と思い出した。

無視というと語弊があるかな。
正確には「順番を飛ばされた」だな。

中1の1学期、英語の授業で、(全員で読むとかでなく、個々人単位で)初めて声を出したのが「Yes, it is.」だった。

先生 「Is this a pencil?」
生徒 「Yes, it is.」

というやりとりを、教室の端の子から順々に言っていくという・・・。

みんなが次々に答えていく中、すごーーーーく迷っていたワタシ。
今、習っているのは、例えば・・・「Yes! It! Is!」みたいな感じで、一語一語はっきりと分けて言うような・・・。

でも、小2から通い始めた英語教室では、最初の頃こそ、学校のようにしていたかもしれないけれど、だいぶ前から it is がつながった感じの言い方で返事をしていた。
「イティーズ」でもなく、もっと「t」が流れた・・・強いてカタカナで書くなら「イリーズ」みたいな感じ。

当時、自分の中ではそっちが自然な感じだったので、「イット!イズ!」みたいな言い方で読むのがすごく違和感があって、「あわせるべき? でもいつもの言い方で言ったからといって、"Yes, it is." と答えているんだから、間違ってない。」と・・・。

前の席の子が順々に当たっていって、いよいよ自分の番。

ワタシはいつもの言い方で答えた。

先生、固まる。

とりあえず、動じる様子は見せず、「はい。答えましたけど。何でしょうか?」みたいな態度をとってみた。

で、そこから1年間。
「教科書を読む」とか、「先生が定型文の質問をして、生徒が定型文の答えを返す」みたいなヤツは、クラス全員、とか「はい、この列の人、読んで」とかのときでも、全部見事に飛ばされるという・・・(笑)
ワタシの前の子が読み終わったら、先生が、「はい、次、○○さん」とワタシの後ろの子の名を呼ぶという・・・(苦笑)

先生が、どういう心境で、どういう理由で飛ばしていたのかは知る由もないけれど、
基本的に、「目立つの大好きっ子」だったので、平気♪
「先生がワタシだけを飛ばす=特別扱い」ってことよ~(笑)という能天気さ。
それに、「ワタシは何も間違ってない」と思っていたので、合わせる気0(ゼロ)だったし。

ま、先生がワタシのことを気に入らなかったのは確か。
中学最初の中間テストで、文章で答える問題全部、ピリオドを付け忘れて「-7点」。
答案を渡されるときに「結局100点じゃないし」って言われたから。

でも、自慢げにした記憶も、でしゃばった記憶もない。
普通に先生が質問している段階では手を挙げないようにしていた。(ま、挙げたところで当てられることはないけれど)
誰も答えられなくて、「誰か分かる人~?」と言われたら挙げる。
先生を含め、他の人の発音についてどうのこうのと言ったこともない。
先生が間違った発音を教えていたときでも、無言を貫いた。

そこら辺は「礼儀」だと思っていたので。
まあ、ワタシの「礼儀」は先生には伝わっていなかっただろうけど。

Marinkoさんの記事のように、先生に「ほどほどに」って言われていたら、猛反発していただろうな~とか、
Noryさんの記事をよんで、それはさすがのワタシでもツライかも・・・(;_;)とか、考えてハラハラ。

「我が子の身に起きたら?」と想像して悶々。

例えば、「音楽がすごく出来る」とか「ピアノが超うまい」とかで、もめたっていうような話はきいたことがない。
なんで英語だけそうなるんだろう??

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
驚きました!
先日コメントで「1年間一度も当てられなかった…」って書かれていたのがとっても気になっていたのですが、こういうことだったんですね!!

これは完全に教師によるいじめで、大問題にも繋がりかねないような内容だと思うのですが、よく1年間耐えられましたね、すごいです。
読みながらドキドキしてしまいました(><)

ある意味こういうのって、先生の性格や器の大きさによって左右されるということでもあるってこと…
学年が上がり先生が替わる度にこういう緊張感を持たなきゃならないかと思うと、親も子も強くなくては…ですね。

2011/06/06(Mon) 00:57 | URL  | Marinko #f8oSFHGM[ 編集]
これはかなりショッキングですね。
私も中学に行く前からネイティブに習ってたのでネイティブ発音は少しは分かっていましたが、さすがに授業で発する勇気はありませんでした。
もし発していても先生は気にしなかったのではと思ってたけど、これを読んでたらどうなってるかわからないな。って正直思いました。
当時の中高の先生でネイティブ的な発音をしている先生は一人もいませんでした、もしかしたら先生の中にはできるけどあえてしてなかった可能性もあるのかなとも思うのですが。

少しは改善されていることを期待しつつもMarinkoさんの記事をみると、やはり先生によってはまだまだ対応できないのかなとも。

15年程前に事務の仕事をしていた時、通訳の日本人女性が職場にいたんですが、いつも周りの人達が影で「舌巻きすぎ!」とか言ってたのを思い出しました。ちょっとネイティブチックな発音をしていただけでとりたてて過ぎるっていうものではなかったんですけどね^^;日本人のネイティブ的発音に対する嫌悪感ってなかなか消えないですね。。。
2011/06/06(Mon) 10:27 | URL  | Nory #CjR4k1/2[ 編集]
なんて子どもな先生!そして大人な中1Cassisさん!
教師って、教職に就く前にもっと社会勉強が必要だと常々思います。大学出て、試験に受かったからって、ちょっと研修しただけで、『先生』って呼ばれて、人を教えるって、無理があるように思います。互いに『先生』って呼び合う姿も気持ち悪いです。
2011/06/06(Mon) 10:33 | URL  | ものぐさハハ #-[ 編集]
すごい!
ものぐさハハさんに同感!大人な対応のCassisさんに脱帽です。

私たちが子どもの頃って、ほんと今では考えられないような教師っていましたよね…。

私が中学生のときは、小学生の頃から教会でネイティブのレッスンを受けていた女の子が本当にきれいな発音だったのを思い出しました。みな「ほぅ」とため息をつくような感じで、ちゃかしたり、なんだりはありませんでしたね。
2011/06/06(Mon) 15:02 | URL  | なおぱぱ #-[ 編集]
Marinkoさんへ
いえいえ。いじめだなんて~(^^;)
ワタシの言い方が「ワタシはできる」と思っている風で、鼻についたということだと思うんですが、
「ワタシはできるから飛ばされている」と思っていたので、自分だけ飛ばされるという状況に優越感すら感じていたんです(爆)
なので、へっちゃらです~♪
友達に「うぜー」とか言われたほうが大変だったと思います。
Marinkoさんちのお兄ちゃんはスゴイです。
2011/06/06(Mon) 16:38 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
Noryさんへ
割と皆さん、「できることを隠している」ものなんですね。
「能ある鷹は爪を隠す」ということでしょうか(;^^A

ワタシの中1の時の英語の先生って、もともと音楽の先生だったんです。なのになぜか、音楽と英語と両方教えていました。
高校3年のときは、すごーーーーく発音のいい先生でした。
英語に関する知識も豊富で、すごくよかったです~。
当たり外れは、ありますよね(;^^A
2011/06/06(Mon) 16:55 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
ものぐさハハさんへ
あ、いやいや。
過去を振りかえってのことですし、自分のことなので、きっと、かなり美化しちゃってます(爆)

この先生、ツッパリ(懐かしい・・・)の子にはすごくいい先生で・・・。
ま、でも、私への態度は明らかに大人気ないですけれど(苦笑)
思うに、中学校って、「世の中の理不尽さ」を学ぶには、すごくいい場だと思います(皮肉。笑)

2011/06/06(Mon) 17:05 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
なおぱぱさんへ
あはは。確かに! 竹刀を持ってうろうろしている先生とか。
うちの中学、何回も頭髪の校則違反をすると、先生に前髪を切られたりしてましたし(笑)

ワタシの「大人な対応」は、自分のことだし、振り返ってみてのことだし、美化しちゃっているかも(;^^A

ところで、教会って、英語教室みたいなこともやっているんですね。
みんなのため息を誘うような感じ・・・。
きっとその彼女自身も魅力的な子だったんでしょうね~。
2011/06/06(Mon) 17:15 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
え~~~!!
そんな先生いるんだ~~!!
びっくりです。

前回の記事でもそうですけど
Cassisさんのお人柄に惹かれるわ~。
私だったら嫌な先生!って言って
めちゃ機嫌悪くなると思います><
私の中学の英語の先生ってどんな人だったかな~
思い出せません~~^^;
2011/06/08(Wed) 16:33 | URL  | maomao #-[ 編集]
maomaoさんへ
いやいや。ワタシも嫌ってましたよ~!
でも、「いくらワタシのことが嫌いでも、通知表には5(5段階評価)しかつけられないでしょ?」と思ってました(笑)

もともと音楽の先生なのに、なぜか英語も担当してまして・・・。
英語が専門じゃないから、余計にイヤだったのかもしれません。

ワタシ、中学の時って先生に反発してばかりだったので、結構先生のことは覚えているんです~(^^;)
maomaoさんは記憶がない、ということは・・・可もなく不可もない先生だったんでしょうね~(笑)
2011/06/08(Wed) 19:24 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
私も他の方のブログで1年間無視されたっていうのは読んでたけど、この記事気づきませんでした!

え~・・・っていうかこれって大問題やん!!
って感じです。
にしても大人ですねえ・・ 私だったら文句言ってたかも(笑)
私は英語大嫌いっ子だったので、そういう状況になったら・・っていうのは想像しづらいんですが^^;

先生も人間だし、いろんな人がいるのは当たり前なんだろうけど・・・。
何で先生になったの?って聞きたい・・・。
2011/06/09(Thu) 12:09 | URL  | りゅうママ #-[ 編集]
りゅうママさんへ
あ、いやいや。ワタシ結構平気でした(笑)
「ワタシがすごく出来るから、必要ないから当てないのよね~。フフン♪」くらいの(爆)

が、毎回飛ばされるので、クラスメイトもやはり違和感を覚えるようで、飛ばされるたびに視線が集まるんです。
それがまた快感で(爆)
先生も、やめるタイミングが見つけられなくなったのかもしれないです。
この先生とは、とにかく相性が合わなかったです~(><)
2011/06/09(Thu) 16:46 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
おぉぉぉ。。。
先生にもいろんな方がいらっしゃいますもんねぇ。。。

自分より生徒の方が発音が良くてショックだったのか!?
何なんだろう。。。
でも、それでCassisさんが傷付かなくて良かったわぁって
思います。

うち、Kite(上の子)の昨年度の担任がひどい先生!?で
外国語学習のときにKiteが調子に乗ってネイティブの先生と
普通に英語でしゃべっていたら、常に隣りに寄って来て、
「だまれ!」って言ってたらしいです(汗)
何度も、、、、、。まぁ、調子に乗ってたんだろうけど、うちの子も、、、。

何なんですかねぇ、、、ホント英語だけ、特に
生徒ができたらダメなわけ!?ってところですねぇ。。。

2011/06/14(Tue) 23:49 | URL  | hirokai #16obk1ZM[ 編集]
hirokaiさんへ
えええええ!!!? Kite君の先生の方がよっぱどヒドイです(><)
「だまれ!」って一体・・・。 いやいや、多少調子に乗っていたっていいと思います。
それが子供ですもん。

ワタシ、「だまれ」って言われたらめげてたかも(;_;)
(まあ、そもそもワタシはネイティブとフリートークできるような力はないんですが・・・。笑)

ほんと。
生徒のほうが出来たらダメって・・・。
自分が頑張る努力すればいいのに。立場にまかせて潰そうとするのはどうよ??
って感じですねえー(=_=)
2011/06/16(Thu) 09:06 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可