--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年09月05日 (月) | 編集 |
頭がいい親の3歳からの子育て―楽しい漢字遊びで幼児脳がみるみる伸びる頭がいい親の3歳からの子育て―楽しい漢字遊びで幼児脳がみるみる伸びる
(2007/06)
石井 勲

商品詳細を見る

何がきっかけだったのか忘れたけれど、アマゾンで見つけて、販売価格「1円(!)」で購入した。
ま、送料が250円だから、251円だけど。

実に面白かった~!
羅列しちゃうと・・・

右脳は機械的記銘能力(丸覚え)、左脳は論理的記銘能力。
「右脳優位である0~6歳の時期は、ひらがなよりも漢字の方が覚えやすい。」

「ひらがな」は、それ自体が意味をもつものではないのに対し、「漢字」は、それ自体が意味を持つ。
右脳優位の子供は、その漢字の複雑さを目印に覚えていってしまう。
「ひらがな」を見たときには、言語脳である左脳しか反応しないのに対して、「漢字」の場合は、右脳と左脳の両方で処理される。
理由は、
(1)漢字が複雑な形なので逆に図形的なイメージで捉えやすいこと、
(2)それ自体が意味を持つため、見た瞬間に言葉の内容をイメージとして浮かべることができること


小学1年生の段階で、成績上位の者の語彙が約7000語なのに対して、下位の者の語彙は約2000語。
その差は3倍以上。
「人間は、言葉があってこそ初めて考えることができる」
「理解したり表現したりしようとする内容が、高度に、また複雑になればなるほど、その内容に見合った豊かな語彙が必要になる」

具体的には、
子供への実験で、黄色い縞模様のある蝶の標本を見せて観察させたあと、数時間してから沢山の蝶の標本を見せて、「さっき見た蝶はどれ?」と質問した例。
「黄色」や「縞(しま)」という言葉をすでに知っている子供は、すぐに正しく指すことができるのに、それらの言葉を知らない子供は首をかしげてしまう。

「この蝶は黄色い」「この蝶は縞がある」と認識できるのは、そうした特長を頭の中で言葉に置き換えることができるからであって、同じものを目にしても、表現する言葉を持たないと、色も模様もはっきりと認識することができない。

「知能は幼児期に言葉によって作られる」(フランスの言語・心理学者の言葉)

「漢字を教えるのではなくて、漢字で教える」
つまり、漢字が目的なのではなくて、漢字は手段。
より高度なこと、より複雑なことを理解し、表現するための手段として、漢字を用いる。

子供たちは、「さんかくけい」と教えられるより、「三角形」と教えてもらうほうがよっぽど分かりやすい。
そして、漢字で学ぶことによって、論理力や推論する力がつく。
「六角形は、角が6つあるのだな」とか「蜘蛛」という字に初めて触れたときに、すでに知っている「蟻」という字と比較して「虫という字がついているから、これも虫の1つなんだろう」など。

---そして、ここからが、親子英語の人にも興味深いかもという話。---
(p.182-184)
もともと漢字は表意文字。
中国語を示すためのもの。
でも、日本人はこれ(漢字)を日本語を示すものとして使っている。
「山」と言う字を見れば「やま」と読む。
とするならば、日本人が漢字を日本語で読むことが出来るのと同様、世界中の人々が漢字を自国の言葉で読むことが可能。
英米人は「山」を「マウンテン」と読めばよく、フランス人は「山」を「モン」と読めばいい。

それに、日本人にとっては、「足」も「脚」も「あし」だけれど、英米人は、「足(foot)」「脚(leg)」、英米人の方が漢字を理解しやすいとも言える。

「みる」には「見、看、視、観」などがあって、「みる」では違いが分かりにくいけれど、「look, see, watch, observe」と、英単語を対応させて学ぶことができる。
---------------------------------------------------------------------

漢字カードでの遊び方や、漢字カードを作る際の注意事項なども載っている本書。
アマゾンでも中古はびっくりするほど安い。 興味のある方は是非、実際に読んでみるのをお勧めします。

漢字カードを作ってみようと思った。
まずは、毎日目にする「机」から。(1日に1つの漢字で十分らしい)
日・英・仏・西を書いたカードを机に貼るつもり。

できたらお見せします♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
あ~、なるほど~。
英語育児やってる家庭ならではの「日本語逆輸入」って感じですね。
look, see, watchのちがいを知ってるからこそ、見、看、視が分かるってことですよね?? はは~。そんな知恵をくれる本が1円とは。。。
ちょっと話は違うんですが、うちの娘は土地柄、山にある「大文字」を見せてよくあやしていたので、2歳くらいから漢字の「大」だけは認識あります(笑)
2011/09/05(Mon) 22:26 | URL  | cotton #-[ 編集]
うんうん!漢字は幼児には早いなんてことはないのよね~♪
うちもお遊び感覚で取り入れているのでこれは朗報^^

確かにさんかくけい!より三角形よね!
難しいことを考えてる時で頭の中で難しい言葉が飛び交ってるし
ほんとなるほどだらけでした☆
それが1円とは(笑)
2011/09/05(Mon) 22:34 | URL  | Carrie #sCdCES4I[ 編集]
いわゆる石井式ですね。

子供には、ひらながなより漢字の方が覚えやすいとは聞いたことがあります。

だから石井式の幼稚園では、わざわざ、ひらがなを漢字に変える作業をするんですね~。
2011/09/06(Tue) 07:44 | URL  | るきぽ #162nOX/s[ 編集]
へえ~~実に興味深いお話ですね♪
言葉についてはほんとに奥が深いし、
子どもの成長を通じていろんな可能性を見ますものね~。
一度読んでみたい!
2011/09/06(Tue) 17:30 | URL  | maomao #-[ 編集]
漢字って大切なのですね。
先日は、私のブログにコメントしてくだってありがとうございました。コメントのお知らせが来ない設定になっていて、すぐに気がつかなくてごめんなさい。さっきお返事を書きました。

漢字のお話、とても参考になりました。
漢字混じりの文章の方が、ひらがなだけで書かれた文章よりも、視覚的にパッと理解できるので、漢字力って大切なのですね。私もこの本、読んでみたいです。
2011/09/06(Tue) 18:40 | URL  | ミカリュス・ブルガリス #-[ 編集]
面白そうな本ですね。積読に追加です。
あ、ユダヤ式もまだ読んでませんでした。@@
2011/09/06(Tue) 19:58 | URL  | ものぐさハハ #-[ 編集]
cottonさんへ
そうなんですよね。1円って一体・・・。アマゾンUKなんかでも、たまに、0.01ポンドとかありますもんね(笑)
娘さんの「大」の話、面白いですね~。まあ、要するにそういうことですよー(^^)
今日は娘が早くに寝てしまったので(7時。笑)、今晩せっせとカード作成しようかと。
2011/09/06(Tue) 20:19 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
Carrieさんへ
そうそう。以前、Carrieさんが紹介されていた漢字カルタのときから、すごく気になっていたんです~。
漢字をやるには、3歳が一番ばっちり!らしいので、yunちゃんは、ちょうどいいときに遊びだしてたってことですよー。
ほんと、1円とはねえ(笑)
ワタシにとっては、すごく色々と気付きがあって、これは買ってよかったです~。
2011/09/06(Tue) 20:22 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
るきぽさんへ
そうです、石井式です! さすが、るきぽさん!ご存知でしたか~。ワタシは全然知らなくて、今回が初耳でした。

漢字かな混じりの文にわざわざ自分で直したりするかというと、そんな気は起きないんですけれど(笑)、漢字遊びくらいならやれるかな~と思って。
カード作成、励んでみます♪
2011/09/06(Tue) 20:26 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
maomaoさんへ
ええ(^^) 是非、図書館で探してみてください♪
読んだあとの感想としては、「漢字で教えてあげなきゃ勿体無いわ」でした。
maomaoさんちの弟くんや、うちのルルーは、今、ちょうどいい時期みたいです~♪
弟くんは、美的センスがあるってことは、右脳がいい働きをしているんだろうから、漢字をやるにはすごくいいかも!
2011/09/06(Tue) 20:30 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
ミカリュス・ブルガリスさんへ
コメント、気付いてくださってありがとうございます♪

> 漢字混じりの文章の方が、ひらがなだけで書かれた文章よりも、視覚的にパッと理解できるので

そう!まさにそういうことが書かれていました!
小さいうちは特にそうですが、漢字が分かる→文を読める→知識を得る→漢字力・読解力が上がる・・・の繰り返し。
小1で語彙力に3倍の差があるというのは、かなり驚きました。
オペラ座界隈の古本屋さんにも置いてあるといいんですけれど・・・。
2011/09/06(Tue) 20:36 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
ものぐさハハさんへ
あははは!タイプ似てるかも~! 買っちゃうと安心して、結構「放置プレイ」ですよね(笑)
ワタシも、実は結構前に届いていたのに、長いこと積んでありました(;^^A
じゃあ、積読本に追加しといてください(笑)
2011/09/06(Tue) 20:38 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
うちで持っている「めばえ教室」の教材の2~3歳用の教材にも漢字カードが入ってるんですよね。(確か(^^ゞ)ひらがなより先!!最初はアレ?と思ったのですが、漢字ではなく、記号と思えば幼児期でも早くないですよね。

親子英語をやっていて、幼児は暗記が凄い!!(忘れるのも超早ですが)とウスウス感じていたので納得です。

オススメの本を読んでみたいと思います(^_-)
2011/09/07(Wed) 09:07 | URL  | masyaまま #rNcjSUII[ 編集]
masyaままさんへ
へえええ!「めばえ」もそうなんですか~。
昨日友達にこの話をしたら、「公文がそういう考えでやってるよね」って言われました。
ワタシが知らなかっただけで、結構、その手の取り組みとしては有名な方法だったみたいです。
是非読んでみてください。
実は、家庭保育園のカードも漢字が書いてあるんですが、この本を先に読んでいたら違ったかな~って思ってるんです。(結局、一度も活用されることのないまま押入れin!苦笑)
2011/09/07(Wed) 10:16 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。