2012年01月13日 (金) | 編集 |
本屋さんに行くと、無意識のうちに、似たような本をいくつも買っていることがある。
で、「ああ、今ワタシってこういうのを求めているんだな~」と気付く。

ここのところのワタシは、「子供の自立」「心が強い子」に関心があるらしい(笑)

2ヶ月前くらいに買ったのが

わが子を「メシが食える大人」に育てる (廣済堂ファミリー新書)わが子を「メシが食える大人」に育てる (廣済堂ファミリー新書)
(2010/07/17)
高濱 正伸

商品詳細を見る

書店で見つけて、定価買いした。

小学校低学年までに、5つの基礎力を身につけさせることが肝心という内容で、
① ことばの力
② 自分で考える力
③ 思い浮かべる力
④ 試そうとする力
⑤ やり抜く力

これだけを聞いたら、なんとも当たり前のように感じるのだけれど、
全てが「大人社会でやっていく(食っていく)ために」という視点で書かれている。
ビジネスパーソンに必要な能力はこういうこと。
だから、今、それを意識して、こういう学習の仕方をする必要がある
」といった具合に。

勉強が出来たって、社会に出たらやっていけない人はいっぱいいる。
なぜか?
自立ができていないから。
今、「指示待ち族」が多いのは、子供の頃から「自分で考える習慣」がないから。

正直言って、自分にも思い当たる部分があったり、「ワタシは違うぞ」と思ったり。

途中で、私立中学の入試問題や、算数オリンピックの予選問題があったりして、かなり本気でやってみたり。
面白かった♪

参考になるところは沢山あって、・・・とか言いつつ、ダンナに貸して戻ってきたらもうかなり忘却の彼方だったので、もう一度読み返したい。

で、とりあえず今、心してかかりたいと思っていることが2点。

<1つ目>
結論を急がない & 失敗経験をさせる

「叱られた人間の脳はやる気をなくしてしまう」らしく、叱られた人間には「やらされ感」が出る。
「やらされ感」と表裏一体になっているのが、子供の「万能感」(=親に言えばなんでもやってくれるという意識)
 言い換えると、「やらされ感」は「義務感」「万能感」は「甘え」
 親の顔色を見ながら勉強して、普段の生活は甘え放題。
 社会に出た途端、万能感はつぶされ、残るのは仕事の義務感だけ。


 いやーーー (/>д<)/ おそろしや~。

 「結論を急いでいる」という自覚はない。
 でも、母子密着すぎて、ルルーは失敗経験が少ないかも。
 何でも自分でしたがるルルー。
 怖がっているのはワタシだ。

 そんなわけで、まずは・・・包丁かな♪
 きちんと使い方を教えた上で、やらせてみよう!

<2つ目>
聞く姿勢 & 話し方

 「聞く態度」の見本は親。

 ・子供が話すときは顔を見る
 ・話の合間に相槌をうつ
 ・時々、「それで、そのあとどうなったの?」と問いかけもする

 意識して、きちんとやっていると、子供の中にも、親から何か言われたときに「自分もそうしなきゃ」という意識が少しずつ芽生えるらしい。
 いい加減に聞き流しているようなら、「きちんとこちらを見なさい」と注意する。
 そうして、子供は、体で覚えてゆく・・・

 う~ん。 そうしているつもりだったけれど、パソコンをしていると、目を合わせて聞いていないこともあるわ。改めよう。

 で、一番ドキっとしたのが、「話し方」に関する部分。

 「不必要なあいまい表現は、思考のゆるさにつながります」
 「ワタシ的に」とか「っていうか」と言いながらつなげる文章とか。。。

 確かに( =_=)
 深く考えることをしなくなってから、どんどんと日本語が適当になってきた実感がある。

 以前、法律系の勉強をしていたときに、うまく書けなくて苦労した。
 普段から、あやふやな思考の仕方をしてしまっているから、文章が論理的につながらず、常に甘くて、失点した。

 まずは、自分がきちんと話そう。
 子は親の鏡。

 できるかな~(-_-;) とほほー

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
 
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
わあ、朝からドドドーンです^^
>「不必要なあいまい表現は、思考のゆるさにつながります」
>「ワタシ的に」とか「っていうか」

私、この「ワタシ的に」をめっちゃ使う人><
「っていうか」は「というか」と言い換えますがやっぱりよく使う(汗
思考のゆるさね~。思い当たるふしある^^;
私も目線あわせてとか、もっと気をつけないとなあ。
朝から目が覚めました^^
2012/01/13(Fri) 07:13 | URL  | cotton #-[ 編集]
この本私も気になってました。勉強は出来てほしいけど、仕事ができる能力はまた似て非なるものなんですよね。

子は親の鏡。

耳に痛いですが、ほんとその通りですね。今年は我が家は早起き、挨拶を実践中ですが、やはり私がやればまだまだ子供達はそういうものになるようで自然にやってす。今のうちに叱らずに習慣にしたいですが、できるか!自分ですね。

2012/01/13(Fri) 09:55 | URL  | うらら #-[ 編集]
きゃ~~~身につまされます~~。
うちのお姉ちゃん、めっちゃ小さいことでも
「どうしたらいい?」って私に聞くんです・・
もう5年生になるんだから自分で考えなくちゃ、
頭で考えなさい!って叱っています・・・
私もこういう本、読まなくちゃダメですねぇ・・・
私が娘をそうさせてるんだなぁ。
2012/01/13(Fri) 11:06 | URL  | maomao #-[ 編集]
cottonさんへ
でしょ~?ワタシも、その一節に胸をズキュンと撃たれました(;_;)
きっと「わたしも・・・」という人が沢山いるに違いないです(笑)
とはいえ、実践が難しそうな反面、「目を見て聞く」とか「あいまいな言い方をしない」とかは、今日からでもやる(意識する)ことができることなので、やってみようと思いますp(^-^)q
2012/01/13(Fri) 15:23 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
うららさんへ
そうなんですよ。何のためにするのか分からずに勉強するのではなく、ゆくゆく、自分で食っていくために必要な能力を身につけられるよう意識して勉強する、っていう・・・。

早起き、挨拶、素晴らしいですね♪
うちの子、最近、朝の挨拶が適当になってきているので、親の方ももっと自覚的に、挨拶をしたいなって思います。
早起き・・・早起きも・・・うちはまずは早寝からかな(苦笑)
2012/01/13(Fri) 15:29 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
maomaoさんへ
それに関しては、ワタシも反省することが沢山あって・・・。
この本より前に読んだ本に、すごく身につまされる話があったので、今度はそれも載せますね~。

子供たちの人生はまだまだこれから。遅いなんてことはないですもんね♪
2012/01/13(Fri) 15:33 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
うちはあんまり叱ったりしないんです。だからもーすっごい甘えん坊になっている気がする。。。
で、あんまり叱らないからわたしやパパがちょっとでも厳しい言葉で注意とすぐ号泣です。(笑)

穏やかなのではなくて、ただただ叱るのが下手なんですよね。すぐ泣いちゃうから、叱りにくいというのもある。。。「ママ、怒らないでー!」ってすぐに泣くから怒れなくなっちゃうんですよねぇぇ。

あと、失敗を恐れているのはわたしなのかな。すぐにサポートしてしまっているかもしれない。

いろいろ考えさせられました!
こういう記事好きです!またお願いしまーす!
2012/01/13(Fri) 21:18 | URL  | シオママ #-[ 編集]
シオママさんへ
うちもあんまり叱らないです。叱るようなこともあまりしないので(爆)
でもやっぱり、うちは、すぐに助けを出しすぎているように思います。一人っ子の特徴かな。
シオちゃんは泣くタイプなんですね。
うちは、以前は泣いていたんですが、最近は反抗し始めました(笑)
2012/01/13(Fri) 22:21 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可