2012年05月04日 (金) | 編集 |
1ヶ月くらい前、ルルーはダンナと一緒に、「The Wizard of Oz」のDVDを見ていた。
音声は英語で字幕が日本語。

ダンナ 「ドロシーはこれ?」
ルルー 「違うよ。Dorothyだよ」
ダンナ 「だから、これがドロシーでしょ?」
ルルー 「違う!それはDorothyなの!」

ちっとも会話がかみ合ってない。
ルルーは、「ドロシー=Dorothy」だということが分かっていない。

ワタシ 「ダンナ・・・ルルーは字幕は読めないってば。ドロシーはDorothyなのさ。」

ダンナ 「ああ!そっか。これがドロスィ(Dorothy)なんだね?」
ルルー 「ち・が・う!! Dorothy」
ダンナ 「ドーシー(Dorothy)?」
ルルー 「もう(怒)! DOROTHY!!!」

ダンナの発音に、まだ分からないのか!とキレ気味のルルー。
ちょっと可哀相なダンナ。
わかるよ、うんうん。難しいよね(・_・;)


で・・・先日実家にて・・・

ルルー 「お誕生日に、ディズニーランドに行くんだよ~♪」
ばあちゃん(以下、「ばあ」) 「ディズニーには何がいるの?」
ルルー 「あのね~、ミッキーと~」
ばあ  「うんうん。ミッキーマウスがいるね~」
ルルー 「Donaldと~」
ばあ  「ダ?ダノ?」
ルルー 「あと、Cindrellaと~、Briar Roseと~」
ばあ  (・_・)?????

結局、ミッキーマウス以外は何のことだかさっぱりわからなかったばあちゃん。
ごめんね。。。

こういうの、普通に幼稚園に通っていたら、友達との会話から学習するんだろうけれど、家では、ワタシがそのままで理解してしまうから、わざわざカタカナ発音での言い方を教えたりしていなかった。

でも、このままだと、周りの人との会話が成立しない(-_-;) あらま。
カタカナ発音を教えることも必要なのね、と学んだ今回の帰省でした。
ちゃんちゃん♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
アハハ、分かる~(^^)
うちも多々、そういう場面に出くわします。
ばぁばたちの聞き間違いにも笑える私(笑)

たっくんは段々カタカナへの変換方法が分かってきた様子…

それもまた微妙な話なんですけどねぇ(^_^;)
2012/05/04(Fri) 05:49 | URL  | りゅうママ #-[ 編集]
お久しぶりです!

うちも英語でしか知らないキャラクターなんかは
英語発音なので、たまに、じいちゃん、ばあちゃんから
「発音良すぎてわからないわー」と言われています。

完全に言語を切り替えるのは
中々難しいみたいですね。
2012/05/04(Fri) 07:59 | URL  | チョロ #-[ 編集]
外来語も多いので、カタカナ発音は必要ですよね。
ウチも娘とダンナの間で、会話が成立せずに、私が横から「日本語では、トイレットペーパーでしょ。」と助け船を出したことがあり。。唯一思いついた外来語がトイレットペーパーな訳なんですけど。。
2012/05/05(Sat) 14:48 | URL  | ものぐさハハ #-[ 編集]
それ、わかるぅ~。
我が家も全く同じ問題につきあたりました~。

でも、子どもって、順応性が高いから、まわりに合わせて、上手に使い分けていくのですよね。

まわりの大人やお友達が、発音しているように、マネして、あっと言う間に、英語で覚えたキャラクターの名前も、色や形、動物の名前、鳴き声までも、日本語化していきました。(悲)

でも、プリとか、その後もインターとか、英語環境の学校に通い続けると、維持できるのでしょうね。

我が家は、日本の保育園、小学校から、フランスの現地校だったので、英語に関しては、カタカナ発音大得意になってしまいました~。

小さい頃の英語育児のおかげで、耳だけはなんとか維持しているようですが。。。
2012/05/05(Sat) 18:54 | URL  | ミカリュス・ブルガリス #-[ 編集]
あ~~~~^^;
ルルーちゃん、すっかり英語耳なんですね^^
うちもたまに英語が飛び出すときは
ばあばやじいじは「は??」って感じで
まさか英語を言ったことも気づいていない様子でしたわ^^;
2012/05/06(Sun) 08:44 | URL  | maomao #-[ 編集]
うちもよくありました~^^
まわりの大人に申し訳ない感、私もあったなぁ(笑)

でもきっとうまく使い分けていくようになるんじゃないかな。
yunもMcDonald is マクドナルド.って祖父母に説明しています。
きっと友達の間では当たり前の様にマクドナルドで会話していくんでしょうね。

カタカナ英語じゃない全く違う英語も日本語に変換しては
英語が解らない人に一生懸命説明しているのをみると
両方知っていることが楽しいって思える時期なのかもしれません。
でも両方を知らない友達がほとんどだと知った時どう思うんだろう。。。



2012/05/06(Sun) 10:00 | URL  | Carriexxx #sCdCES4I[ 編集]
りゅうママさんへ
やっぱり・・・。きっと親子英語では、あるあるネタなんだろうな~と思いました(^^;)
帰省のときって、ほんとに、ルルーの言っていることが伝わらなくて、通訳状態でして・・・(苦笑)

たっくん、変換方式がわかってきたんですか?
うちは変換しようとして失敗し、花びらを「はなび~ら」と言う逆バージョンがおこってます(爆)
2012/05/07(Mon) 01:20 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
チョロさんへ
お久しぶりです~♪
台所育児、順調ですか?

そうなんですよね。言語でしか知らないキャラクターとか単語ってね~(;^^A
孫が大好きなじいちゃんばあちゃんが、必死で理解しようとする姿に、申し訳無さを感じちゃいます(;^^A
2012/05/07(Mon) 01:23 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
ものぐさハハさんへ
そう!外来語って、かえってややこしいですよね(;_;)

その、「日本語では○○」って助け舟を出すパターン、うちもあります~(><)
なんでこんなこと言ってるんだ、ワタシ!? って自分にツッコミ入れたくなりますよね(笑)
2012/05/07(Mon) 01:39 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
ミカリュス・ブルガリスさんへ
もう少し大きくなったら日本語化していくんですかね~。
うまく伝わらなくて、伝えようとした結果、日本語がおかしくなったりして、今、すごく妙な状態に(苦笑)

フランス語で覚えた単語も、カタカナ仏語に変換できるんでしょうか?
だとしたら、変換力ってスゴイものですね~(^^)
2012/05/07(Mon) 01:48 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
maomaoさんへ
帰省していた時にルルーが歌を歌っていて、
義父「ををー。フランス語でうたわれるとなんだかさっぱりわからんな~」
ワタシ「おとうさん、今のは英語です」
とかありました(笑)
英語耳というより、ルー大柴状態を放置しすぎたのかな~と(-_-;)
2012/05/07(Mon) 01:51 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
Carriexxxさんへ
「McDonald is マクドナルド」?! アハハハハ!
そうか~。両方把握していたら、そういうことになるんですね。
うちは、多くの単語で、どうもつながっていないみたいです(―_―;)

うちも今、いろいろ知っているのが楽しいみたいで、やたらと、「ルルーは英語とフランス語とスペイン語♪」と言うんです。
ただ、大人が「○○はスペイン語でなんていうの?」と質問をしてくるのには対応できないので、悔しそうというか、微妙な顔をしています~(苦笑)。
2012/05/07(Mon) 01:58 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
フランス語も。
フランス語の単語も、日本では、カタカナ化させて説明するかもです。
Merci なら、メルシーって。
今、特に、思春期なので、英語も、フランス語も、日本でネイティブっぽく発音するのは、かえって恥ずかしいのかもしれません。
2012/05/07(Mon) 04:19 | URL  | ミカリュス・ブルガリス #-[ 編集]
ミカリュス・ブルガリスさんへ
なるほどー。思春期だと、また別の事情が出てくるんですね(^^;)
確かに、そういうことあるかもしれないですね~。
2012/05/07(Mon) 17:13 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可