2009年12月10日 (木) | 編集 |
ただいま1才6ヶ月のルルー。 オウム返しが楽しいお年頃。
心の琴線に触れれば、なんでもオウム返ししてくれて、親としても楽しい時期。

寝るときはいつも、nounoursと呼んでいるクマのぬいぐるみと一緒のルルー。

眠くなると、「ヌヌー」と言い出す。
そこで、いつも、大げさに探すふりをしながら、
「Coucou! Nounours! Ou es-tu?」 (おーい、クマちゃん、どこにいるの?)
と、やっていた。

数日前から、「tu」のところだけ声を合わせて「ちゅ?」と探すようになっていたのだけれど、今日は「うえちゅ?(Ou es-tu?)」と言いながら、手を敬礼みたいにおでこにあてて、捜していた。

可愛い・・・(親ばか)


数日前から、お皿や器が空っぽになると、「ないね~」と言ってから、流しに運んでくれるようになっていたルルー。
「ないね~」というたびに、
「Tu es tres bien! Tu as tout mange!」(おりこうさんだね。全部食べたね)
と言っていたら、今日は、「ないね~」の代わりに、「モンジェ、モンジェ(mange!mange!)」と言っていた。

可愛い・・・(続・親ばか)


ここ数日、時々「ちゅり」と言っていて、分かってあげられなかったのだけれど、今日になって、「tree」と言っていることが判明。
最近テレビによくクリスマスツリーが映っているかららしい。
家にあるクリスマスツリーをよく指差していたので「Christmas tree!」と答えていたからかな。
ただし、ルルーの中では、「ちゅり」は、クリスマスツリーのみであって、他の木は「き」だけど。


と、ここまではいいのだけれど、お風呂でサカナすくいをするときの網を「It's a net.」と答えているのだけれど、ルルーは毎度「ネッチュ」という。
その発音は、さながら、以前流行した「さるゲッチュ」。
「ネット」と発音して教えたのなら「ネッチュ」となるのも分かるけど、「net」と答えているのに、なぜネッチュ?

コレって、放っておけばそのうち直るものなのか?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可