--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年10月26日 (金) | 編集 |
先日買ったTOY STORYの本がいい感じだ。

文章が簡単で、短くて・・・字がデカイ!(笑)

livre-toy5.jpg
 5話入って、765円♪
基本的にはどの話も、「おもちゃたちが捨てられたり自ら出て行ったりしたところに、友達に見せかけた悪いおもちゃがつけこんで閉じ込めたりして・・・真の友達が助けに来て救出」という、水戸黄門バリのワンパターン。
それもまた、理解しやすくていいのんじゃないだろうか?
時々持ってくるので、時々読んでいるのだけれど・・・毎回注意されるのは・・・
「Woody」の発音(ToT)

Woodの最後にyをつけた感じで発音しているのだけれど、ルルーは
「It's not ウッディ! It's ウディ」と、かなりご立腹の様子。
Woodyの単語が出るたびに、ルルーが納得いかないと言い直しさせられて、話が滞る。

「発音に文句を言うようになったか~」と感慨深いワタシ。


Five Toy Tales (Disney/Pixar Toy Story) (Step into Reading)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
うぉ~~クレームかぁ^^;
ちょっと切ないような気もしますが、
発音について語れるくらい成長してるのも
すごいですね♪♪
うちもともくんに生活基本文カードの文句を
間違えて読んだら(私は気づかず)
「違う!!」とすかさず否定されました(=_=)
やっぱり英語耳に関しては子供は長けてるなぁ。
2012/10/26(Fri) 13:47 | URL  | maomao #-[ 編集]
maomaoさんへ
ほんと、子供の耳はすごいですね(すごくない部分もあるけれど。笑)

ルルーが言うには、「W」の音が違うのだそうで、ワタシの「W」は「U(う)」になっていると。
で、フォニックスの「W」の音を練習させられます。
その練習では文句言われないんですけれど・・・
ってか、めんどくさいです(爆)

ともくんもですかー。子供って、間違いに厳しいですよね(苦笑)
2012/10/26(Fri) 17:39 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
NoTitle
私はトイストーリーを英語でしか見たことがなく、Woodyといえば私の中ではカタカナでも「ウディ」でした。
数年前に子供のお友達に「ウディがさ・・・」と言ったら「違うよ。ウッディだよ」と注意されてしまいました。
確かに子供は厳しいですね!
2012/10/27(Sat) 16:24 | URL  | skywishes #-[ 編集]
skywishesさんへ
あはは。逆パターンですね(^^)

「W」のフォニックスの音で、ウとワのあいだみたいな音を出せと言われまして・・・言われてみれば確かに、と理解はできるんですが、「彼の名はウッディだ」という先入観のせいなのか、すぐに「ウッディ」って読んじゃうんです~(^^;)

ほんと、子供は厳しいです~
2012/10/27(Sat) 20:25 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
NoTitle
うんうん、感慨深いですね〜^^
ルルーちゃんしっかり細かい音まで聞いてますね!
なんかしっかり身に付いていってる感じするなあ^^
うちの娘はそのあたりは多分疎そう(笑)
2012/10/28(Sun) 08:27 | URL  | cotton #-[ 編集]
cottonさんへ
プリで先月だか今月だか、TOY STORYのDVDを見たらしくて、それで耳に覚えがあるんだと思います~。

発音を注意されると、「自分のことは棚に置いといて、人のことだけ言うのかー!」と言いたくなるけど(笑)。
うちの子も、適当なところは適当なまま・・・子供って、全てにおいてアンバランスで笑えますね~(^^)
2012/10/28(Sun) 21:32 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。