2014年05月13日 (火) | 編集 |
1歳5ヶ月のとき、英語より先にフランス語の取り組みを始めたルルー。

まあ、取り組みと言っても、(ワタシが)DVDをかけたり、(ワタシが)歌を歌ったり、(ワタシが)一方的に語りかけたり、だったけど(^^;)

その後、「仏>英」の状態でプリスクールに入り、あっという間にフランス語を話さなくり、DVDも見なくなった時期もあったけれど、「ルルーの気の向いたときだけフランス語の絵本を読む」「良さそうなCDを見つけたら車で流してみる」・・・という感じで、細々と続けてきた。

4歳のとき、奇跡的にも地元で、日仏家庭の方と一緒にネイティブに教わる「フランス語サークル」が始まった。

けれど、ルルーはすでに「乗り気」とは言えない状態で、楽しいようなそうでもないような感じが続き、「行きたくない」と大泣きして、サークルを抜けた。

あれから1年2ヶ月。

最近急に「やる気」になっている気がする。

今年の母の日。
ダンナがいなかったので、2人だけで「パン屋さんで朝ごはん」をしに行った時に、「Bon appetit~」(召し上がれ、とか、いただきますみたいなもの)と声を合わせて言ったのをきっかけに、ルルーはフランス語モード。

「言いたいことの95%は言えない」くらいの力だけに、ワタシたちの会話は、ルルーが3才の頃とあまり変わらない。
それでもルルーは楽しそうだった。

途中で英語を話したワタシに、「En francais !(フランス語で!)」と言うほど。

そして今日。
2ヶ月ぶりに参加したフランス語サークルでのルルーは、今までとは違っていた。
一生懸命なのが伝わってきた。

ほぼ同い年の女の子3人組の中では、ルルーが一番、フランス語のボキャブラリーが少ない。
インプットの質も量も劣るので、差はますます開くに違いないと思う。

それでも、一生懸命先生の話を聞こうとしている姿が愛しい。
拙くても、話そうとしている姿が愛しい。

これからも、ルルーにとって、フランス語に関わることが「楽しいこと」の一つで有り続けますように・・・♪

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可