2014年06月04日 (水) | 編集 |
ブログを休んでいる間の出来事と言えば、キッザニア。

<第1回>
6人のグループを組めば、EAPという英語プログラムに参加できるということで、プリスクールのお友達と一緒にグループ予約をした。
今はまた、少しシステムが違うのだけれど、当時のEAPは、曜日によってアクティビティが異なっていて、5つの英語アクティビティを体験できるというもの。

外国人スタッフがリーダーとなって、グループをアクティビティに連れて行ってくれるシステムで、
「何時にどのアクティビティに参加」というのが決まっているので
①待ち時間がない
②親がいなくても大丈夫
という・・・。

ワタシたちのリーダーになってくれたのはインド系の方。
ほんのわずかな訛りがある程度で、とにかく優しく面倒をみてくださった。

ああ、楽だわ~。
ワタシたちは、子供たちのあとをついて行って写真を撮るだけ。

プリスクールの先生とは違う外国人の方だからなのか、全体的に子供たちの口数は少ない。
そんな中、ルルーと、仲の良い1学年下のSちゃんだけが、しょうもないことを言ってはしゃいでいた。

ルルーはこういうとき、ちっとも物怖じしないので助かる~♪

参加アクティビティ: ピザ職人、デザートの商品開発、マジックショー、ラジオ局、音楽スタジオ

<2回目>
前回のグループの満足っぷりを聞いた他のママも行きたがったので、2グループ12名での参加。
Facebookで募って、先着順にしたら、ルルーの参加する1グループ目は、1回目のメンバーとほぼ同じ。
2グループ目は年少さん中心のグループになった。

今回のリーダーは、素晴らしく聞き取りやすい英語を話す男性だった。
あとで、オーストラリアの方だと聞いてビックリ。 オーストラリア英語の影などまるでなかった。
1回目のリーダーさんは、親切だったけれど、その分、「そこまでしてくれなくてもいいよ」というくらい、子供たちの世話を焼いてくれる人だった。
そんなわけで、子供たちは甘え気味。
2回目のリーダーさんは、「てきぱきと行動する」ように促してくれる。
おかげで、一つ一つのアクティビティに余裕があった。
ルルーは2回目なので、前回よりもテンションが高い。
リーダーさんにあれこれ話しかけていた。
ルルーって、ほんとに誰でも平気なんだな~と実感。

参加アクティビティ: バーガーショップ、デザート商品開発、消防署、宅配便、歯科医院
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可