2014年07月06日 (日) | 編集 |
ルルーのことでなくて、自分のことです(^^;)

実はワタシ、外国語を話すことがすごく怖いんです。

周りに英語を話せる子がいなかった、田舎の小・中・高時代。
田舎ゆえ、「英語を話しそうな外国の方」にお会いする機会もなく、周りからは、「カタカナ英語発音ではない」というだけで大絶賛される状態。

それが大学に行ったら・・・英語が話せる子がいっぱい。
高校で留学したって子もいっぱい。

留学って大学生がするもので、高校生で留学する人が沢山いることも知りませんでした。。。

話せる子が沢山いる環境に置かれ、恥ずかしくて話せなくなるワタシ。
そこから・・・話すことが「苦手の極致」に。

苦手で話さないから、まあ、上達もしないわけで・・・

子供への話しかけが平気だったのは、おそらく、タエさんがブログに、「『あら?知らなかった?ママは英語を話すのよ?』という感じでいく」と、ハッタリをかけることを書いてらっしゃったから。
当時2才未満のルルーには、ママの英語のレベルなんてわからないだろう、という気安さで平気に。

「英語を話すのは苦手で、極力話したくない。外国の方を見ると、固まって貝みたいになるの」とママ友に言っても誰も信じてくれない。
「だって、ルルーちゃんには英語の本を読み聞かせしてるでしょ~?」と。

それとこれとは別なのーーー(T_T)

昨年の秋、ママ友と一緒に、クリスチャン・アカデミーのバザーに行った時のこと。
日本人と思って声をかけたスタッフが、日本語を話さない人だと分かっても、ただ、お値段を聞くだけなのに、日本語で通したワタシ。
カフェテリアでケーキを売っていた学生さんが日本語がよく分からないと判明しても、身振り手振りと日本語で会話したワタシ。
チェリーケーキか、ブルーベリーケーキか、くらいの会話なのにも関わらず。

それを見た、ママ友がむちゃくちゃ驚いて一言。
「本当だったんだね・・・」

とはいえ、ルルーがいるときは、その様子を見せまいと必死で頑張ってます。

ルルーがプリスクールに入って分かったこと。
「プリに入れれば、外国人との会話が平気になるわけではない」ってこと。

スクールの中では英語を話すけれど、「スクール以外では英語を話したがらない」というお子さんが結構います。

ワタシの場合は、
「相手の言っていることはわかるけれど、自分の英語力では言いたいことが言えないから言いたくない」感じ。

子供の場合はどうなんだろう?

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そんな苦手な雰囲気、確かに全然出てないです(笑)

私も出来なかった昔の名残で?トラウマで?条件反射で???人前で話すのは苦手です(;A´▽`A
なんで今の仕事してるねんって感じですが…┐('~`;)┌
2014/07/06(Sun) 19:16 | URL  | りゅうママ #-[ 編集]
Cassisさんは、英語もフランス語もペラペラ話しているイメージなので意外です。

私もフランス語は何を言っているか聞き取れても、正しく話せる自信がないので本当に必要なときにしか使えませんよ。なので気持ちはよくわかります。
2014/07/07(Mon) 12:18 | URL  | チョロ #-[ 編集]
すごい意外です!
全然そんな雰囲気がブログからは伝わってきません~。

私は見知らぬ人と喋るのが元々あまり好きではなかったんですが、仕事を通じてだいぶ慣れてきました。今でもあまり得意ではないですけど(^^; やはりトレーニングで慣れていく面があると思います。
2014/07/07(Mon) 20:10 | URL  | なおぱぱ #-[ 編集]
ホント意外です!
1つ前の記事と、この記事と、もの凄く意外です。
Cassisさんは、どなたとでもお友達になれて、英語もフランス語もちょろりとスペイン語も、堂々と話されるだろうと思い込んでいました。

私自身は、人見知りで、あがり症で、雑談が苦手な聞き役で、、今勝手にちょっと共感してます。(^^ゞ
2014/07/08(Tue) 00:01 | URL  | ものぐさハハ #-[ 編集]
みなさんと同じく私も驚きました!
Cassisさん、ペラペラなイメージです。
『固まって貝になる』と聞いて、うちのパパのことかと思いました。。。

私は真逆で、外国人が相手でも「言葉なんて最終的に通じればいい」って勢いで片言でガンガンいっちゃうほう(早期教育を受けたから抵抗がない?)で、子供には「間違った英語を教えてはいけない」と思って一切語り掛けず貝になる…という親なので、
「これがもし本当なら私と真逆だわっ☆」と色んな意味で心底驚きましたが、Cassisさん、英語力もフランス語力も高いのに勿体ない~♪

(パパから「お前みたいなのは日本人じゃない」と言われた私が言うのもなんですが…^^;)
2014/07/14(Mon) 14:30 | URL  | う~にゃママ #-[ 編集]
りゅうママさんへ
ええ、普段はそんな素振りを全く出してません~(笑)

りゅうママさんでも、そうですかー。
三つ子の魂・・・じゃないけれど、そういう感覚って刷り込まれちゃうのかも(^^;)

英語が上達すれば平気になるとかでもないので、どうしたらいいものやら~と思います・・・(苦笑)
2014/08/31(Sun) 11:49 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
チョロさんへ
えへへ。ペラペラなイメージなのは、ブログ上での態度が大きいからかも(爆)

大学で、できる人たちを沢山見ちゃってからというもの、本当に引っ込み思案に拍車がかかってしまいました。
フランス留学中に、先生がワタシのことを「Elle est timide.」と評した時、日本人留学生たちがいっせいに「えっ?!」と声を挙げ、先生に「qu'est-ce qui se passe ?!」と聞かれてました(笑)
2014/08/31(Sun) 11:52 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
なおぱぱさんへ
トレーニングなんですね~。 実はワタシ、相槌がうまいらしいんです。大学院のときに、仏語のクラスで「相槌の天才」というあだ名がつきました(笑)

よくわからないのに相槌をうっている間に話が進んで、意見を求められ、適当にウダウダしているうちに話が終わり・・・さっぱり何の話をしていたか理解できないまま、という・・・。
2014/08/31(Sun) 11:58 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
ものぐさハハさんへ
えーーーーっ!意外です、ものぐさハハさん!
性格が積極的っていう方って、意外に少ないんだな~と驚きました。

いやあ、ワタシも共感してます。そうなんだー。。。

トレーニングを積むことで徐々に平気になるのであれば、積みたいんですが、逃げ腰です(爆)
2014/08/31(Sun) 12:00 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
う~にゃママさんへ
あああ。ワタシ、う~にゃママさんみたいな性格の人に憧れます~。
言葉は道具なんだから、使わなければ意味がない!と思うんです。
積極的な性格だったら、友達も出来て、留学中も成果が上がっただろうし~と。

パパさんの言ってること分かります~。日本では珍しいですよね♪
2014/08/31(Sun) 12:04 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可