--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年09月05日 (土) | 編集 |
ルルーの通っていたプリスクールに学童保育ができたのは、今年になってから。

1つ上の学年の子たちは、卒園したら日本語環境になるので、「聞くことはできても、言いたいことがなかなか言えなくなる」という、1年生ギャップが大きかった。

幸運なことに、ルルーは、卒園してもそのまま通い続けることができたので、英語に関しては、「小学生になって、会話力が落ちていく」というようなことにはならずに済んだ。

そう。そっちはね、よかったの。

問題は、小学校でして・・・( ̄_ ̄)

もともと「優等生タイプ」のルルーは失敗を極端に恐れる。
「給食はなるべく完食しましょう」という先生の言葉を、必要以上にナーバスに受け止めてしまった。

さらに、失敗しないように、と緊張を重ねた結果、むちゃくちゃ快便だったはずのルルーが、毎日のように、お腹を壊すことに。
ストレス、おそるべし。

小学校の休み時間は短いので、授業と授業の間にはなかなかトイレに行けず、行けるのは給食の時間。
でも、毎日給食になるとトイレに行くルルーを見て、先生が注意をしたらしい。

多分、給食が嫌でトイレを理由に食べないで済むようにしているのだと思われたのだろう。

プリスクールの時は、アシスタントの先生たちが、すごく子供を観察してくれていて、例えば、お腹が痛いのだとしても、「食べ過ぎなのか、他に理由があるのか、おうちで何かあったのか」と背景にまで思いを馳せてくれていた。

小学校は、そういう感じじゃない。

小学校の担任の先生には、連絡帳を通じて、「ずーっとお腹を壊しているので、頻繁にトイレにいきたがるかも」と伝えた。
先生からは、「新しい環境でストレスもあるかも」とお返事があり、とりあえず、それ以降、「ずる休みと疑われて即怒られる」ことにはなっていないみたい。

それでも、給食はかなりのストレスらしくて、ルルーは毎朝、「お腹がいたい」とトイレにこもり、朝ごはんもほんの少ししか食べない。
「できれば休みたい」という顔で、「お腹がいたい」と毎日訴えてくる。
うひょー(><) これぞまさに、一種の「登校拒否」!

集団登校がなく、近くに子どももいないので、毎朝、学校まで一緒に歩く。
ワタシのカバンの中には、ルルーのお気に入りの「モルモットのぬいぐるみ」

ワタシ  「ルルーちゃん、寒いモルね~」
ルルー 「え?モル、寒いの?」
ワタシ  「寒いモル~(><) 風邪をひいたかもしれないモル」
ルルー 「じゃあ、おうちに帰ったら、ママに温かいものをもらってね」
ワタシ  「わかったモル♡」

ずーっと、モルモットとごっこ遊び。
お友達には見られないように、こっそりと。

それでもギリギリ。
毎日が綱渡り。

ストレスは、免疫力を低下させるのだと痛感した。
1年に1度くらいしか熱を出さないので有名だったルルーが、4月からの半年で、もう何度熱を出したことか。
溶連菌に何度もかかり、リンゴ病にもかかり、「風邪で高熱&鼻水ずるずる」もしょっちゅう。

新学期が始まって4日目。 ルルーはまた、39度の熱でハァハァいってます(T_T)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
ルルーちゃん、心配ですね。
小学校の担任の先生はきびしい先生なんですか?

6月に息子を日本の小学校に体験入学させてみて
日本の小学校は、1クラスの人数が多いから
低学年の先生は生徒全員をみるのが大変だろうなと思いました。

ルルーちゃんのストレスが取り除かれることを願ってます。
2015/09/05(Sat) 01:46 | URL  | チョロ #-[ 編集]
NoTitle
公立小学校の先生は、私立の幼稚園の先生方とはカナリ違いますよね。

息子のクラスにも、知人のクラスにも、小学校に入った途端、登校拒否というお子さんが数人いました。「担任の先生が怖い」が理由でした。親御さんが毎日車で学校まで送って行って、玄関まで抱っこで連れて行く→子供は号泣で下駄箱にしがみ付いて教室への入室拒否で大変だったそうです。

1年生の先生ですと、最初が肝心としょっぱなから厳しい指導な先生と、慣れるまでは様子見と言う先生とで指導方法がかなり違います。公立校でクラスごとで指導に差がでるのはどうでしょう?と思ってしまいます。

息子の学校では、給食に関しては本当に、各担任の先生により指導がマチマチです。残しても全然OKなクラスと、絶対ダメなクラスがあります。もう、運が全てです。

ルルーちゃん、学校に早く慣れるといいですね。
Cassisさんも頑張ってますよね。
応援してます!!


2015/09/05(Sat) 07:38 | URL  | ☆masyaまま☆ #o3m6c5KA[ 編集]
NoTitle
ううう・・・ルル―ちゃん大丈夫かな。
うちもやっぱり幼稚園とのギャップを
感じているようでした。
やっぱり先生の態度はぜんぜん違いますね。
先生にもよるとは思うけど・・・

ちょっと先生と連絡を密にして
しばらく様子をよく見てもらうといいかも
しれませんね。

お大事にしてください。

2015/09/05(Sat) 07:39 | URL  | maomao #-[ 編集]
チョロさんへ
おお!一時帰国時は体験入学されたんですね~♪
ルルーの小学校は小さくて、1クラス25人なんです。

給食以外は、先生も認めてくださっていてどちらかというと、「もっとリーダーに」という感じに言われているのですが、それが余計に「優等生でいなくては」と思っちゃうみたいで~(><) 優等生でなくてもいいんですけどもっ。
もまれて、徐々にたくましくなってほしいです。
2015/09/05(Sat) 10:03 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
masyaままさんへ
厳しい先生みたいです~。
やんちゃな子にとっては、最初はビシっと!という先生がいいらしいんですけれど、うちはナーバスなタイプで(;^^A

個人面談のときに、失敗を恐れてビクビクしていて、体調を崩していることは話していて、先生も「失敗してもいいのにねえ。失敗する場だからね。」と言ってらっしゃるんですが、肝心のルルーが・・・へろへろです(-_-;)

頑張りすぎてるから、「頑張れ」とも言えないので、「肩の力を抜けーーー!」という感じです~
2015/09/05(Sat) 10:08 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
maomaoさんへ
入学してからずっとお腹を壊し続けている、という状況で、GW明けから特にひどいので、あまりに調子が悪いと、連絡帳に書くを繰り返している感じです(-_-;)

とりあえず、「ひどくお腹を壊しているので、あまり食べないかもしれません」と連絡帳に書くと、ルルーが安心するみたいで。。。

お熱の方は、溶連菌でした~(><)ノ
2015/09/05(Sat) 10:12 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
NoTitle
ストレスおそるべし。ほんとにそうですよねf(^^;
ちなみにりゅうちんのときの1年生の担任はめちゃめちゃ怖い先生だったんです。
それはそれはおそろしく…(ーー;)
たっくんの先生は同じ1年生のママで、物腰も柔らかく、優しい~先生なので良かった。

私はりゅうちんのほうが心配だったんですが、今はたっくんのほうがずっとストレスを感じるタイプだと思うので優しい先生で本当に良かった💦💦💦
2015/09/06(Sun) 16:18 | URL  | りゅうママ #-[ 編集]
りゅうママさんへ
えっ!そんなに恐ろしかったんですか。ぶるぶる。。。
去年の1年生の先生が怖かったらしく、ほかのママが、「違った。よかった~」って言ってたんですが、結局今年も厳しい先生だったようで(苦笑)

ずーっと下痢ばっかりしてるので、なんとか、立て直してあげたいけども~(><) 難しいもんですね~
2015/09/06(Sun) 21:08 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。