2015年09月14日 (月) | 編集 |
ルルーをプリスクールに入れることにした一番の理由は、子育てに煮詰まっていたからだけど(笑)、もう一つの理由は、英語では会話がままならないワタシではどうしようもない「喋る」という部分をお任せしたかったから。

で、その当時(ルルー3才直前)のイメージだと、
「プリスクールにいれれば、英語はもうバッチリになって、小学生以降は、ほうっておいても大丈夫」だった。

いやいや、今考えると、その認識自体がおかしいんだけれども、でも、プリに預ける親の感覚って、結構そんなものだと思う。

で、今、ママ友たちと話すこと。
「いやいや、その先こそが大事だね」

幼稚園児の話すことなんて、たかが知れていて、大したことなんて言っていない。
結局、小学生になって、文法的なことも少しずつ学んで、本も読み・・・ はあ・・・

GWの前にはもう、「前みたいには話せない。話したくても英語が出てこない」と言い出す子が出る。

小学生にもなると、周りと自分を比較する目も養われてきて、そうなると、英語に対する「苦手意識」がどんどん刷り込まれてゆく。
やらなくっちゃと思っても、苦手だから、気が向かなくて・・・みたいなスパイラル。

「プリスクールが終わったのに、なんでまだ英語をやらないといけないの?」と言い出す子。
「英語キライだし」と言い出す子。

あっと言う間の英語離れを見て、親も焦る。

英語離れを起こすお友達、英語なんてキライだと言い出すお友達を見ると、ワタシも切ない。
何か、楽しいことと結びつかないかなー(><)?

プリスクールのその先にあるものが「英語ギライ」だとしたら、こんなに切ない話はない。
いや、まあ、ぶっちゃけ、「好き」である必要はないのだけれど、「英語がそこにあるのが当たり前」というふうにもならないらしい。
「英語がそこにあるのが当たり前」になるかどうかは、やっぱり、「おうちに、『英語があるのが当たり前』の環境があるかどうか」だと思う。

小学生になって、子供が少し読めるようになって、親は「読めるようになってきたから読め、読め」とすすめるけれど、肝心なのは「まだ一人では読めない頃」じゃないかと思う。

英語の苦手なママたちは、「どんな本を選んだらいいかわからないから」って言う。
でも、田舎町ならともかく、本当にその気があれば、洋書の絵本が大量に置いてあるお店が、東京にはある。
国際こども図書館に行ったら、教えてくれる人もいるはず。
英語の読み聞かせの会も、あちこちでちょくちょく開催されている。

その、ほんのちょっとの「やるか、やらないか」だと思う。

キツいことを言うけど、子供が「読んで」って言った時に、下手でも「読もうか!」と読んでもらえるか、「ママは英語ができないから読めない」と言われてしまうかの差は大きいと思う。
英語が苦手なママこそ、子供が小さいうちに、絵本を読み始めたらいいと思う。
同じ本を何回も何回も読む頃に。 まだ、単語が少ない絵本を楽しむ頃に。 まだ、ママの英語がどうかなんて子供がわからないうちに(笑)。

「英語が苦手」と言うわりに、子供に、むずかしめの本を与えようとするママがいる。
「わかるか、わからないか」よりも、「たのしいか、たのしくないか」だよ~っ(><)と、思ったりする。

と、いうことを、今さら言っても、もう遅いわけで。
遅いか? いや、今から英語に興味を持ってわくわくしている子なら、遅くない。
今から始める英語が、きっと、楽しくて仕方ないだろう。

でも、もう「イヤ」になっちゃってたら???

色々と質問をしてくださる方がいる。 しかも、今がチャンス!くらいの年齢のママで。
ほとんどは、「英語が苦手」なママたち。(得意な人なら、ワタシに聞かないか。笑)
いつも、親子英語のブログを見に行くことを、勧めてる。
ワタシがそうだったから。

英語が苦手でも取り組んでるママたちが沢山いるよー。
参考になる話がきっとあるよー。
みんながどんな本を読んできたかわかるよーーー!

「ルルーちゃんみたいに・・・」と言ってくださるけれど、この「オススメ」はあまり届かない。
忙しいんだろうな。ブログって言っても沢山あるし、面倒なんだろうな。

でも、まさにその、ちょっとしたことを「やるか、やらないか」だと思うのーーー(><)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
プリスクールあるあるですねf(^^;
今まで丸投げだったから、急に家でやろうと思っても、英語が苦手なママならなおさら、子どもの英語力の把握も難しくて選ぶワークやwebレッスンの内容もどう選んでいいか分からないんじゃないかなぁ?
正直、英語が出てきてない、って気づいてから慌てても遅いですよねf(^^; 英語は落ちるという前提で卒園と同時に頑張らないとダメな気がします。
そうじゃないと、あとが親も子どもも大変f(^^;

うちもやり直ししてるんで分かります… 落ちてからは、しんどい(笑)
2015/09/16(Wed) 08:15 | URL  | りゅうママ #-[ 編集]
りゅうママさんへ
これ、あるあるなんですねっ!!
いやあ、ワタシの周りは、急にドタバタと、あたふたしてます。
なので、年長のオピニオンリーダーみたいなママに伝えました。「今のうちに、環境を整えて!!」と。
彼女から、「親の覚悟が必要ってことね」との返事。
ほんとにそう!と思って。。。

英語力が落ちるとは思っていても、もっと緩やかに落ちていくのだと思っていたんです。
あっという間に、ガタン!と落ちる感じで・・・
うちはというと、周りの子が話せなくなった結果、「話す相手」がいなくなる、っていう状況に。
ワタシの英語力が追いつかなくなってきて、家で英語を話さなくなってきた&家でワークをしなくなったので、ムスメの英語力の把握が難しくなってきました。
うちも、仕切り直しが必要です(><)
2015/09/16(Wed) 09:22 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
NoTitle
息子やまわりの子供たちの言葉の発達をみていても
その言葉が「当たり前」にある環境って本当に大切だと思います。
そして、バイリンガルやマルチリンガルの場合だと
やっぱり親が「当たり前」の環境を密かに作ってあげなくてはいけないんじゃないかなと思っています。
わたしもたまにどうやったら子供が親の母国語や英語を話せるようになるかと質問してくる人がいますが、その傍らで、子供が自分の母国語を話してくれないからと言って、子供にフランス語で話しているのをみて、それじゃあ無理でしょ・・・と思ったりしています。
言葉は日々の積み重ねなので、急によくなる方法なんてないですよね。あるなら私が知りたいです(笑)お互い頑張りましょう!
2015/09/18(Fri) 02:07 | URL  | チョロ #-[ 編集]
チョロさんへ
そうですねー。日々手探り。
たった一つの正解なんてものはないし(^^;)

日々の積み重ねというのは、まさにおっしゃるとおり。
ムスメにフランス語を!と思った当初は、自分も頑張っていたんですが、話しかけをやめてしまったらもう、ぜんぜんフランス語なんて出てきません~(T_T)

ワタシのことです(苦笑)まあ、ルルーも話せなくなっちゃいましたけども・・・
2015/09/18(Fri) 22:00 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可