2015年10月03日 (土) | 編集 |
年長の夏まで、ワーク系は全くやっていなかったルルー。
いわゆる「机に向かって問題を解く」という習慣はついていなかった。

「小学校に入ってから」が気になって仕方なかった頃、中学受験予定のムスメさんを持つママ友が「学習習慣」の重要性について教えてくれた。

小学校に入る前の時期は、
楽しくて、あっという間にできてしまうワークこそ、「1日1ページ」と制限する。
「もっとやりたい!まだやりたりない!」くらいでちょうどいい、と。

例えば、ベネッセの「しまじろう」は、楽しいし、簡単。
ほうっておけば、子どもは2~3日で1ヶ月分のワークを終えてしまう。
でも、それを「1日1ページ」とすることで、毎日机に向かう習慣がつく、と。

というわけで、その夏から、
「しまじろう」と、「100words」(←当時、親子英語ブログで大人気だった)を毎日1ページずつすることに。

言われたとおり、あっという間に、「毎日机に向かう」というスタイルが定着した。

問題は、そのあとに。
100 wordsも終えて、次にワタシが買ったのは「Big workbook」
分厚い! 1日1ページとか言っていたら、いったいいつ終わるやら・・・。
 

そんなわけで、「しまじろうは1日1単元だけど、Big workbook は、1ページ以上なら、何ページやってもいいよ♡」 と言ってみた。
いやあ、進む、進む。
そんなに楽しい?

で、ある日、ルルーがブチギレた!

(>□<) 「ママっ!いい加減にして!マル付けしてよっ!」

(^_^;) え… そ、そんなに溜めてたっけ?

「面倒くさがりの女王」なワタシ。
「明日(丸付け)やろーっと♡」と貯め続け、ルルーがブチギレした時点で、「230ページ」。

予備校の先生をしていたママ友に、
「すぐに間違いを指摘して正さなければ、教育的効果は半減どころかそれ以下だ。」と指摘される。

(^^;) えーっと、えーっとね?? (言い訳モード)

で、ワタシの丸付けを待っているあいだに・・・ルルーは小学生になってしまい、英語ワークブックはそのまま。 やらなくなった。

小学生になったルルー。
毎日やることは、
①学校の宿題(音読、ワーク1~2ページ) ②「コラショ」(ベネッセ) ③はなまる学習会の宿題2ページ

あとは、英語学童の宿題があったり、サタデークラスの宿題があったり。

一つ一つは、2~3分もあれば出来る。
なのに、ルルーは毎日不満でいっぱい。 ものすごい負担感らしい。

頑張っていたけれど、ついに「コラショ」が進まなくなった。
9月号が3割も終わっていないうちに10月号が届く。

ワタシ  「コラショはもうやらないの? 赤ペン先生のお手紙もらわなくていいの?」
ルルー 「いい」
ワタシ  「やらないなら、もうやめるよ?」
ルルー 「いいよ」

Σ(@_@) えっ?! いいの? シール貯めてたじゃん? 楽しみにしてたじゃんっ?!

なんとか続かせようと思ったワタシ。

ワタシ  「コラショやめるなら、その代わりに、英語のワークブックだよ?いいの?」
ルルー 「いいよー」

Σ(@△@) いいんかいっ!!

売り言葉に買い言葉的な展開はマズくないか?
よく考えもせずに発言した自分に反省。

自分が言い出したことだし~(@△@) ぴよぴよ

最近、Yuzyママさんのモンテッソーリの取り組みを見て、あれこれ思う所のあるワタシ。
我が家の塾とか取り組みについて、再考し始めて、頭の中がぐるぐる@@@

今日の記事、グダグダでごめんなさい。
頭の中が、グダグダなんです~(T_T)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
こんばんは。「うん、分かる分かる〜」と読み進めていて、最後に自分の名前が出てきて椅子から転げ落ちそうになりました(笑)。

モンテッソーリ教育は、日本の学校とは逆行している部分もあり、なかなか理想と現実が追いつかない場面もあるんですよね。混乱させてしまっていたら、申し訳ありません^^;

娘5歳にして、しょっちゅう売り言葉に買い言葉の我が家ですが、結局行き着くところは、娘のやりたいこと。といっても、やりたいことだけで日々過ごすことはできないので、やりたくないことをいかに楽しくやらせるか・・・こんなことが、永遠の課題になっている気がしています^^;
2015/10/04(Sun) 00:01 | URL  | Yuzyママ #K0v2UoR6[ 編集]
NoTitle
我が家もコラショやってますよ。
やはり取り組むまでにはひと悶着あることが多いです。
そのグダグダ言っている間にやっていれば
もう終わっているのにとよく思います。
うちの息子の場合は物欲がものすごいので
「やらないんだったら、やめるからね(怒)」と言えば
「やるよ」になるんですが、ルルーちゃんの場合はそうもいかないんですね。うーん、難しいですね。
よく本なんかに書いてある
「自分から進んで勉強する子」にはどうやったらなるんだろうと
疑問に思う今日この頃です。
2015/10/04(Sun) 04:23 | URL  | チョロ #-[ 編集]
Yuzyママさんへ
勝手に名前を出しちゃってごめんなさい~っ(><)
転げ落ちてケガしていませんように~っ(笑)

いや、昔、モンテの本を読んだりしてたんです。
で、最近のYuzyママさんのブログ(姉妹ブログの方も)を読んで、Yuzyママさんちにあって我が家にないのは、
「今、目の前にいる、その子を見る」っていうことかな、と。

見ているようで見ていなかった、と思ったんです。
で~…(って、記事がいくつもかけちゃうくらいなんです。笑)

一足飛びにはいかないけれど、意識改革を目指そう!と思っているところです~(^^)
2015/10/04(Sun) 09:38 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
チョロさんへ
コラショは、学校の教科書にがっつり合わせて作っているから、学校でやることと同じようなこと、同じようなテストになるんです。

なので、ルルーにとっては、目新しさとか発見とかが少ないみたいで、段々「楽しい」よりも「面倒」に(><)

今日聞いたら、やっぱり「やめる」と…。
ならば、あっさりとやめてしまって、次へ進もう!と思います(^^)

英語のワークは「やる」って言うんですよ…何が違うんだろう?
2015/10/04(Sun) 09:45 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
NoTitle
「そんなに負担?」というタイトルに、ルルーちゃんが学校の宿題を学童でちゃんと済ませているという話を思い出して、「皆さん大変そうですが、ウチのルルーちゃんは全然大変じゃないざますー。」という内容だとひがみモードで読み進めちゃいました。違いましたね。(^^ゞ
でも、英語のワーク、学校の宿題、花まる学習会も(?)ちゃんとやっているなら、コラショが合わないだけかもしれませんね。ウチのハナコも宿題だけでもさっさと済ませてくれれば、とても楽なのですがぁ。
2015/10/04(Sun) 10:18 | URL  | ものぐさハハ #-[ 編集]
ものぐさハハさんへ
そっか!
挑発的なタイトルでした?(苦笑)
いやー、学童があるのは週3で、その日はいいんですが、それ以外の4日が。。。( TДT)

だんだん、やらずに済まそうとし始めたんです。シルバーウィークからそうかも。。。
計算カードを暗唱、とかは、やらずに勝手にハンコを押してましたっ(ー_ー;)
2015/10/04(Sun) 10:41 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/05(Mon) 00:45 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可