--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年12月18日 (金) | 編集 |
この間から、体験レッスンが続いた我が家。
行ってきた2校の感想を。

<様子>
★Aスクール
 先日も書いたとおり、理科の実験とかをして、ものすごく楽しそう。
 ただ、ルルーが言うには、「ほかの子はあまり話さない」のだそうな。
 これはルルーの評価であって、おそらく「量」のことだから、「量は少なくとも質のいいことを話している」お子さんがいる可能性も否定できないのだけれど、なんせ見学ができないからわからない。

★Bスクール
 レベルがほぼ同じ3人での体験レッスン(レベルチェック)。
 ものすごく楽しそうなのは、気心がしれたメンバーだったのと、レベルが揃っていたからだと思う。
 ずーっと、キャッキャキャッキャ言う声が聞こえてきた。
 レッスンが終わって出てきても、3人で英語で話しながら遊んでいて、ママたちで、「そうそう!この感じがいいのよね!」と。

<レッスンの性質>
★Aスクール: 英語「」学ぶ
★Bスクール: 英語「」学ぶ

<交通の便 と 安全面>
★Aスクール: 駅からの道が暗い。待てるスペースがないので、万が一早くついたら、外で待つしかない。治安が心配で、大きくなったからといって、一人では通わせられる気がしない
★Bスクール: 駅から徒歩0分。待ち合いスペースがあって、安心。 大きくなったら、一人で行ける。

<感想>

ざっくりと言うなら、
Aスクールでは、「算数、理科、社会」を学んでいて、Bスクールでは「国語」を学んでいる感じ。

「英語を教える」のは、どのレベルの子供であっても、対応の仕方があると思う。
「英語で教える」となると、子供側にある程度の英語力が必要で、しかも、どのくらい積極的に関わってくるか、という子供側の性格とかも関係してくるかな。

場所的に便利で安全なBスクールで、「英語を」だけでなく「英語で」のレッスンも可能であればそれが理想的なのだけれど、
「英語で」のレッスンの準備は、「英語を」のレッスンの準備よりも、格段に大変だろうし、ノウハウの蓄積も必要だったり、そういうことが得意な先生かどうか、も。。。

だから、「英語を」のノウハウしかないだろうBスクールに「英語で」のレッスンを求めても、例えば、理科だったり算数だったり歴史だったり、そういう楽しいはずのレッスンが、「受け身で聞くだけ」のレッスンにもなりかねない、と思ったりする。

難しい~( ̄_ ̄)

この話、続きます→

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
おおお、これは確かに難しい問題ですね。
先日「英語で学ぶって理想的♪」とコメントしたのですが、それには私の中に1回のレッスンで英語も理科も学べて一石二鳥♪という欲張りな考えがあったかも知れません。それだと極端な話、英語で理科や社会の話ができても、「英語を」習っていないので、とんでもないブロークン・イングリッシュとなる可能性もありますよね。学校でもどの教科も国語が基礎!と言うし。。
とても考えさせられる記事です。続きが気になります!
2015/12/18(Fri) 13:38 | URL  | ものぐさハハ #-[ 編集]
こんにちは
すごく興味深いです。
しっかりと両方のスクールを分析されていますね。
交通の便や将来一人で行けるかどうかも大切ですよね。

私はよく「英語で学ぶことが英語以外のことも学べて楽しめてお得だ」とよくブログに書いています。
幼児期はそれで良かったと思っています。
でも、小学校に入ると「正しい言葉の使い方」も気になってきていますし、実はオンラインレッスンでも少しずつそういった内容を入れていきたいなと企んでいます。

「英語で学ぶ」ばかり、「英語を学ぶ」ばかりではなくどちらもバランス良くできればいいかなと思っています。

ただ避けたいのは「英語=学ぶもの」という意識を持たせてしまうことですが、Cassisさんのお家ではそれは心配ないかなと思います。

ルルーちゃんは、お家で好きな動画や洋書を楽しんでらっしゃるわけだし、そこで十分英語で好きなことを学んでらっしゃる気もします。

「英語を学ぶ」スクールに行ったとしてもプラスに働きそうですね。

でも「英語で学ぶ」スクールって貴重だから、行かせてあげたい気持ちもわかります。

私も同じ立場だったら悩むだろうなぁ。

どちらを選択されてもきっと価値のあるものになると思います♪
2015/12/18(Fri) 14:34 | URL  | チャンディ #-[ 編集]
ものぐさハハさんへ
「一石二鳥!」っていう感覚、分かります~。わたしも、そう思います(^^)♡
Aも、「英語を」の部分はあるだろうから、そういう意味ではA!なんですけれど、お値段、場所、年齢の幅の広さ、とか色々ほかの要素が絡んできて・・・
Aにするなら、いつでも大丈夫なんですが、Bにするならは、自分たちだけのクラスを新設してもらうことになるので、タイムリミットが「年明け早々」なんです(焦)
2015/12/18(Fri) 15:44 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
チャンディさんへ
プリスクール時代は、まさに「英語で学ぶ」だったので、楽しくて、それでよかったんですけれど、
小学生になったら、少しずつ幼児英語を脱却して、正しい英語で・・・と思うのは、同じですね(^^)

おっしゃるとおり、「英語で」をやっているスクールって、滅多にないんですよね~(><) そう思うと、遠くてもお値段が高くても、Aも捨てがたくて(><)

楽しいこと、面白いことこそ、日英両方で♡は、キープしていきたいな、と思います~♪
2015/12/18(Fri) 15:53 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
うちの場合は
日常会話がある程度出来るようになってからは、アカデミックな英語の取り組みに少しずつ移行していきました。そうなった時に私は英語ができないので外注するしかなかったのですが、英語を教える普通の英会話教室で、英語で他教科を教えてもらっていました。でも、一番力を入れたのは、ネイティヴの国語に当たる教科としてのEnglishです。reading、writing、comprehension、grammarなど。これらを同時にではなく、それぞれのクラスという形で。他教科にしてもEnglishにしても「教科・アカデミック」ということが共通している点です。Bのスクール、「英語を」というのが普通に英会話としてのものでなく、アカデミックな学習をされているのでしたら、そのスクールでEnglishを学ぶことはルルーちゃんにとって、大きなステップになる気もします。国語と同じで、他ジャンルの読み物もどんどん出てきますから、それこそ一石二鳥?なんて思ったり。すみません、勝手なことばかり。。悩ましく難しい選択ですが、どちらもルルーちゃんにとって楽しいものであると良いですね(b゚v`*)
2015/12/19(Sat) 00:43 | URL  | Camay #-[ 編集]
せっかく話せるのだから英語で学ぶがいいですよねぇ~。
でも他にいろんな要素もあるし。
うちは外のスクール未経験なので楽しそうなのが羨ましい(^^)

全然関係ないんですけど「大きくなったからといって、1人で通わせられる気がしない」というところ。
先週日本語学校で「からといって」の文型をやったんですよね。これいい例文だなと…(笑) 次回使わせてもらいます(笑)
2015/12/19(Sat) 08:54 | URL  | りゅうママ #-[ 編集]
Camayさんへ
Bのスクールは、前回はレベルテストだったので、絵などを見て、そこに描かれている状況を説明する形で、やっていました。
きちんとしたセンテンスをということは意識されているようなのですが、どの程度、こちらの希望に合わせたレッスンをしてもらえるかは、まだちょっと未知数なんです~。
ある程度は、お願いして、そこからは、やってみて。。。という部分もあるかな、と思います♪
ただ、一緒に受けたメンバーは、今まで同じプリで過ごしてきたので、「出来ていること」、「これからの課題」が共有されているので、話が進めやすいんです(^^)

こうしてブログに書いたことで、他の方の意見が聞けるのはとってもありがたいです~♪
頭の中、かなりグルグルしているので(苦笑)

年明けには決めないと~っ!ということで、余計に頭の中が
グルグルに~(><)
2015/12/20(Sun) 10:45 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
りゅうママさんへ
外のスクールに全く頼ることなく、あれだけ出来るように導いたりゅうママさんはすごいです~っ!!

でっ!!! 食いつきどころ、そこですか(爆)
じゃあ、くだらない例文を一つ!
「お金を貢いだからといって、つきあえるとは限らない」(笑)
2015/12/20(Sun) 10:56 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。