--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年12月20日 (日) | 編集 |
「センスのいい子」って何かと言うと・・・「費用対効果」ならぬ「労力対効果」のいい子、のこと♡
言葉を変えると、「インプット対効果」のいい子、のこと。

語弊と誤解を恐れずに(笑)、話をざっくりと単純化。
インプットの「質」と「量」が「掛け算」の関係だとして、

100の効果を出すために、
「質1」のときは「量が100」必要 ・・・ 1×100=100
「質が、0.5」のときは、「量が200」必要 ・・・ 0.5×200=100

インプットの「質が同じ」ならば、答えとして出る数字の差は、「インプットの量」の差だ。

実際のお友だちにのママに
時々、「ルルーちゃんは英語がよくできる」と褒めていただくのだけれど、今のルルーが、ちょっとできるように見えるのは、おそらく、「今までの圧倒的な量」のため。

CDをかけた時間、
絵本を読み聞かせた時間、
下手なりに語りかけた時間、
英語でTVやDVDを見た時間、
今までに子供自身が読んだ本の数。

周りのお友だちに比べると、「量」が圧倒的に多い。
見方を変えれば、この量でこの成果なのだから、それほど効率のいい子ではないと思う。
そこまでやらなくて、同じくらいの子がいるし(苦笑)

で、「やっぱり、『センスのいい子』っているんだな~」と思えるお子さんがいる。
うちと比べたら、おうちでの取り組みも、スクールで過ごす時間も、ワーク系も、本を読む量も、圧倒的に少ない。
普通の子だったら、おうちでの取り組みがほとんどないような状況で、スクールが週5から週1になったら、あっという間にできなくなるだろうけれど、そんな感じはない。

ママが英語が得意なわけでもなく、すごく工夫をしている様子もないので、「ものすごく質のいい取り組み」的なものも多分ない。

「その量で、この成果、っていいな~」と思ったりする。

ただいまの方程式・・・「質×量×センス」(爆)

「センスのいい子」と同じことで似たような成果をあげられるのは、同じくセンスのいい子だけだろうから、「センスが普通」というその他大勢にとっては、
「質を上げる」か「量を増やす」か、あるいはその両方か。

で、相談されても、ワタシの回答が「量でしょ、量!」みたいなことになる。
「センス」は、どうしようもない。
「質」は、質がいいかどうかを見極める力が必要で、力がないなら勘とか運とか(笑)が必要になる
でも、「量」は増やせるでしょ?と。

で、小学生になり、やることも増え・・・
ルルーにとっては、そろそろ「量」はここら辺が限界でして。
となると、残るは「質」のみ

家庭での取り組みの質を高めるにはどうしたらいいのか。
質を見極める力がワタシになかったとしたら・・・え? 勘と運?
いやいや、「先輩たちの教え」があるじゃないかっ!!

そう。 ブログ徘徊って、「質のいい方法/効率のいいやり方」を探すためのものなのかもしれない!(今頃?)

ということで、先輩方のブログを思い返す!改めて読む!
素敵! 面白そう!! 良さそう!! ・・・だけど、面倒くさそう(T_T)
と、失礼なことを思ったりする。
その面倒くさそうなことを、楽しんでできるかどうか、いや、面倒くさっ!と思いながらもやれるかどうか。

うーん、うーん。
とりあえず、質のいいやり方でやれるようになるまでは、量MAXで!(笑)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いますね~、センスのいい子。同じことをしても吸収力が全く違う子だったり、何もしていないようなのに優秀だったり。

私も、今日お友だちと話していて、Leoのことほめて貰ったけど、みんなはまだ何も始めていないだけで、今からでも始めれば100にも200にもなると話したばかりだったので、またも奇遇ですね( *´艸`)
Leoはみんなより英語に触れる量が多かっただけ。
みんなよりスタートが早かっただけ。
みんなも同じことしてたら、Leoがいかに普通の子かってことがすぐに解るのになって思います。
凡人の子はやっぱり凡人💦
我が家は地道に頑張るしかなさそうです(*_*)
2015/12/20(Sun) 17:45 | URL  | Layla #-[ 編集]
小学生になると、やる事多くて時間なくなりますよね。
学校の宿題、習い事、遊ぶ時間など
どれも子供にとって大切ですしね。
今までのように英語に時間が取れなくなることで、
英語力が落ちてしまうのではないかと、
私もすごく不安でした。
Cassisさんの仰るような質のいい効果的な方法、
私はどうだったかな?と振り返ってみると
基本、あまり深く考えずに突っ走ってたなぁと。
それで失敗することも多々ありましたし。苦笑
でも、良い機会なので小学生になってからの
不安と暴走などについても
いつか記事にしてみようと思います。
ありがとうございました。



2015/12/21(Mon) 01:42 | URL  | Camay #Fk7K5uIk[ 編集]
Laylaさんへ
いろんなことのタイミングが似ますね~(笑)
そうなんですよねー。
始める前から、どこか、「うちには無理だろうな」って思ってるかな、っていう人がいて、「そんなことないよーーー!!」と思います。
うちも、はじめるのが早かったから・・・(^^;)

実は、ワタシ自身は、おそらく「センスのいい子」かな、って(爆)(←自分で言っちゃうところがイタイですね。笑)

でも、それにあぐらをかいて、全くやらなかったので、ウサギさんはカメさんに負けるのでした(^^;)
2015/12/21(Mon) 08:53 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
Camayさんへ
おお!「小学生になってからの不安と暴走」!
興味あります!(笑)
先日コメントしてくださった、「アカデミックな英語」のレッスンに至るまで、、、ってことですかね?わくわく♡

中学受験をする、しない、の問題もあり、するなら余計に、短時間で効果的な~!とかを意識したくなるしで・・・。
この1年、あっという間だったので、試行錯誤しているうちに3年間くらいはあっという間に過ぎ去りそうです(苦笑)
2015/12/21(Mon) 09:11 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
いや、もう、ほんとに…おっしゃる通りすごく共感しながら読ませていただきました。
私も思います、『何もしなくても読めるようになりました』とか『英語のテレビを見せていたら意味がわかるようになりました』とか…ただの天才じゃないかと。。。(羨)
同じようにやってできる子はやっぱりただの天才じゃないかと。。。(羨)
少なくとも私自身は早期教育うけたけれど、自然に英語が読めるようにもならなかったし、テレビを見ていて意味がわかるようにはなりませんでした(´⌒`)
うちの娘はDQが平均値なので、教材で効率よくやってなかったら、我が家の取り組みのぬるさじゃ今一言も話せてないんじゃないか位思います
かけ流しも4千時間は超えているはずだけど、全くペラペラになる気配はありません!(←当たり前?!)

でもペラペラキッズの親御さんって、気の遠くなるような労力を注いでおられますよね、とても真似できません(尊敬しかないです、はい)
2015/12/24(Thu) 21:42 | URL  | う~にゃママ #JalddpaA[ 編集]
う~にゃママさんへ
ほんとにね~(><)
同じ結果を得るための労力が半分以下どころか、10分の1?! みたいな(笑)

実はワタシ、ルルーを身ごもる前に、「子供ができたら、天才児にするぞ!」という、バカなことを考えていまして(笑)、「家庭保育園」を買って、胎教らしきものもやったんですけれど、生後6ヶ月の診断「普通」を見て、すべてをやめるという・・・(飽きっぽくて。苦笑)

地道にコツコツ・・・。 って、たまに本を読んであげるくらいのことしかできなくなってきて・・・質をあげる具体策が全く見えないまま、「創意工夫」という四文字だけが、頭の中で踊ってます~。 
2015/12/25(Fri) 03:27 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。