--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年08月22日 (月) | 編集 |
<YA 3日目>

 もう驚かない。 予想通り、今日も、Mimiの第一声は「ほんとに行きたくない」だった。
妹が仕事でいないので、ワタシがお弁当を作り、ダンナに会場まで送ってもらう予定。
ドタバタと準備をしているワタシ。
朝から準備万端のルルー。
「ほんとに行きたくない」とつぶやき続けるMimi。

バアちゃんが、
「ほら、見てごらん。 Mimiちゃんにとって、これがいい経験になると思って、誘ってくれて、お弁当を作ってくれて。 そういう、Mimiのことを思ってくれている人の気持ちを感じないと。 人と人は、気持ちで繋がっているんだよ。」
と、Mimiに語りかけているのがドア越しに聞こえた。

あれこれ笑いを取りつつ、盛り上げて、最終日は、ハイタッチで受付へ送り出した。
あれだけ「やりたくない」と言いながら、最終日を迎えられたことにちょっとウルっとくる。

YAの最終日午前の練習は、ショーのためのものじゃない。
「心を開いてみよう」 「人と違ってもいいんだよ」 というメッセージのワークショップ。
裏を返せば・・・
教えてくれるものを見よう見まねでやることの多い最初の2日間と違って、心が開けない子にとっては、一番やりたくないワークショップ。
むしろ心の扉がしまっちゃうようなワークショップ。

最初っから、「3日目が一番、きびしいと思う」と妹には伝えてあった。
それはMimiだけでなく、ルルーにとっても同じこと。
去年と同じく、「舞台の上手(かみて)から下手(しもて)へ、好きなように踊ったり歩いたり・・・」というところでは、ダッシュで走り去っていた。

そのあと、Mimi、はじめての脱落。
YAに申し出たようで、ボランティアスタッフの人と一緒に客席からみんなを見ていた。
誰も責めない。誰も無理強いはしない。
今すぐわからなくてもいい。 心を開くことの素晴らしさを、人生の中でいつか感じる日がくればいい。 YAは、そんな感じ。

ひとり、観客席から見ていたMimiは、あのとき何を考えていたんだろう?

当たり前だけれど、YAは、参加する子供の心の持ち方で、全然違うんだと思った。
メッセージを受け取る力、感受性、心を開きやすい性格なのか否か、タイミング・・・
それは、これを見る親にとっても同じかな、と思う。
メッセージを受け取ろうと思って見るのか、成果のみを求めて見るのか、批判的な目で見るのか・・・

ものすごく積極的だった去年のルルー。
少し、紗に構えた感じになった今年のルルー。

去年のルルーのように、心から楽しむという経験をしてほしくてMimiに声をかけたけれど、
Mimiにとっては、「イヤなことでも頑張ってなんとかやりとげる」という経験になった。

ワタシは、心の中で、ルルーに申し訳なく思った。
ワタシがMimiにかかりっきりになって、ルルーのそばにいてあげられなかったこと。
不安なMimiがルルーを探して隣に来ることで、常にMimiと一緒に動くことになったこと。

去年の、ショーの後のルルーは、本当にいい顔をしていた。
やりきった!っていう、満足感で、スッキリした顔だった。
今年は、モヤモヤした顔だった。
「楽しくなかったかな・・・来年、やるって言うかどうかわからないな」

名古屋会場の次の日から、ルルーが申し込めなかった埼玉会場が始まる。
去年は感動して、連日Facebookにアップし、「来年は是非やってみて!」と友達に勧めまくったけれど、「受け取り手」の心一つでこんなに違うんだ、と思ったら、今年は書けなかった。

最初っから紗に構えて取り組む子がいないといいな。。。
批判的なことを子供の前で言うママさんがいないといいな。。。

そう思いながら、過ごした。

(つづく) 最後は、比較です にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あまり内容は理解していないけど、なんだか楽しそう、近くであるなら(ないけど)ウチの子達にもやらせたいと思っていたヤングアメリカンズですが、向き不向きがあるんですねぇ。ヤングアメリカンズに限らず全てにおいて向き不向きはあるよと言われればそれまでですが。。(^^ゞ

Mimiちゃんのネガティブな感じは、ウチのタロウに似てるのかなぁなんで思いながら読みました。ウチのタロウは、やりたい気持ちはあっても完璧にできないことはやらない!って感じなんですよねぇ。ち、違います??

それにしても、ピンクパンツの人がツボでした。( ゚∀゚ )
2016/08/22(Mon) 21:51 | URL  | ものぐさハハ #-[ 編集]
ものぐさハハさんへ
確かに、向き不向き・・・ありますね(^^;)
Mimiは、完璧にできないならやらない、というより、自分の思うようにやりたいので、人に指示されてやることはやりたくない、っていう感じです(=_=)

ピンクパンツの人のピンクは、結構派手なピンクで、なんで白いズボンを履いちゃったんだろう・・・って(爆)
2016/08/23(Tue) 08:46 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
ご無沙汰しております。
YA参加されていたんですね!
我が家も今年初めてショーを観て感動したのですが、あの雰囲気は独特ですよね。

子供に参加させたい!と思いましたが、私が小さい頃に送り出されたら、嫌だったろうなぁ…と思います。
人前じゃなければいくらでも歌って踊れるのですが、人前ってだけで極度のあがり症で、ずっと下を向いてるタイプだったので…。

大人は良かれと思って送り出しても、どう感じて受け止めるかは本人次第。
難しいですよね…。

それでもYAで殻を破れた!という話は耳にしますし、今じゃなくてもMimiさんにとって今回の経験が、少しでもプラスに…何かのきっかけになってくれると良いですね。
2016/08/30(Tue) 19:50 | URL  | threetree #-[ 編集]
threetreeさんへ
はい~。参加してたんです(^^)へへ

そうですね~。子供の性格はそれぞれ違いますもんね。
これはこれで、きっといい経験だったと思います。

実は、YAの前日までは、山に行っていたんですが、魚つかみで意気揚々としているMimiに対して、ビビって泣くルルー、という立場がまったく反対の出来事がありまして、好きなこと・得意なことは人それぞれね、と痛感しました(苦笑)
2016/08/30(Tue) 21:15 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。