--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月13日 (土) | 編集 |
昨日は朝から「Trotro見る!」と言い張るルルー。
6巻セットのボックスを持ってきて、どれにしようかと思案顔。

そうしたら、ダンナが
「Vert? Orange?」(緑色のヤツ?オレンジのヤツ?)と聞いている。
しかも、フランス語で。

フランス語などやったことのないダンナ。
発音が、ちゃんと出来ていることに驚いた!

「今のばっちりだったね! 何で発音できるの?」と聞いたら、
「毎日あれだけ聞かされれば、言えるようにもなるだろう。・・・と思う・・・」との返事。

英語のヒアリングも今ひとつのダンナの口から思わぬ言葉。


今日の夜、いつものように、ルルーの寝かしつけ用のフランス語の童話CDをかけていたら、
ダンナが・・・

「Il a peur de Loup!」と言っている。
(しかも、これから先のセリフなので、聞いた音をリピートしたのではなく、記憶しているってこと。)

ワタシ 「!!!! 合ってるよ!!」

ダンナ 「何を言っているのか、さっぱりわからないけどね」

ワタシ 「『あいつ、オオカミが怖いんだってさ~!』ってバカにしてるんだよ」


そんなダンナがもう一つ言っているのが、
「おばかさ~ん」

TrotroのDVDの中のセリフがこう聞こえるのだそうな。

答えは、「Au bac a sable」(砂場でね)
音にすると、「オバカサ~ブル

惜しい!!

頭の固くなったであろう、四十路前のダンナがこの調子なんだから、そりゃルルーだって聞き取れるだろうよ。
という気分になってきた。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。