--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月23日 (火) | 編集 |
最近、フランス語も英語もほとんど語りかけしていないワタシ。

おかげで、新しい英仏の発語はあまり見られない。

Papa以外にもDaddyと言うようになったり、
「Papa, coming」(Papa is comingを聞いての発言)以外に、
「Papa, come」(Papa has comeを聞いて)と言ったり。

そのくらい?

それより、最近若干気になっているのが、
英語の場合、小さい子がちょっと単語を言ったりするのを耳にする人がいても、「まあ、親御さん熱心なのね」的な視線を向けられるだけなのだけれど、
仏語の場合は、何を言っているのか分からないから、一瞬「ぎょっ」とされることがあること。

ルルーは意識していないので、人がいようが、
どこ?は「Ou-es tu~?」と言うし、
いきなり寝転がって「Au secours!」(助けて~)と言うし、
どこかに行くときに「On y va!」(=Let's go)と言うし・・・

まあ、でもここら辺は、「あの子は一体何を言っているのかしら?」くらいで済む。

むしろ、ドキドキするのは、
滑り台のことを「Toboggan」(トボゴン)と覚えていて、公園とか児童館とかで、
「ボゴーン」と叫びながら近づいて行くこと。

他の子が、ビビっている。
まるで、脅しているかのよう。


あとは、何かを上手に出来たときに、大抵は「じょうず~」と言って拍手をしているのだけれど、時々「ぶらぼー」と言って拍手をして、私にもブラボーを要求してくること。

人がいるときに、自分の子供に向かって「ブラボー!」というのは・・・なかなか勇気がいります。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
すみません・・ボゴーンがツボにはまり大ウケしてしまいました(^^;
めっちゃ可愛いですねえ~~。

ブラボー要求も可愛いです。でもママは困りますね(笑)
2010/02/24(Wed) 10:36 | URL  | りゅうママ #-[ 編集]
りゅうママさんへ
滑り台、なんでこんなに可愛くない音なんだろう?と思います。
slideの方が、滑るツルツル感を感じるけれど、トボゴンだと、何か大砲のよう。

他の小さいお子さんがビビっていて、申し訳ない気持ちになります~(笑)
2010/02/24(Wed) 23:10 | URL  | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。